【おすすめ宅配クリーニング業者15選】一番お得な宅配クリーニングはコレ!

皆さんは普段、どのくらいの頻度でクリーニングを利用していますか?季節の変わり目には衣類だけでなく、布団やシーツなどの大きな物も衣替えをしますから、クリーニングを利用することになりますよね。また、お仕事でスーツを着ている人や、男性で1人暮らしをしている人などは、クリーニングを頻繁に利用している人が多いでしょう。

しかし、クリーニング店に衣類を持って行ったり、受け取って持ち帰るという作業は、非常に手間がかかると思いませんか?ちょっとした衣類を近所のクリーニング店へ持って行くのであればまだ良いですが、布団や毛布といった大きな物をクリーニングしたい場合や、店舗が近所にない場合にはつい億劫になってしまうものですよね…。

そこでぜひ活用したいのが”宅配クリーニング”なんです!業者が洗濯物を自宅まで回収に来てくれ、仕上がったらまた自宅に届けてくれるというサービスなので、重い思いをしたり、遠くのクリーニング店までわざわざ出向く必要がありません。そのため、芸能人も頻繁に利用しているサービスなんですよ。そんな宅配クリーニングの利用者は年々増え続けていて、それにともない宅配クリーニング業者も数多く存在しているんです。

大手スーパーでおなじみの「AEON(イオン)」や、クリーニング業社の老舗「白洋舎」でも宅配サービスを導入していますから、もはや宅配クリーニングは勝ち組みだけが利用するものではなく、誰でも気軽に利用できる、身近なサービスと言えるでしょう。

目次

宅配クリーニングってどんなサービス?

宅配クリーニングは、クリーニングの依頼をすると業者が自宅まで集荷に来てくれ、仕上がったものを自宅に配達してくれるというクリーニングサービス。宅急便を使ってクリーニング店を利用するような感覚で、手軽にクリーニングを依頼できるのが大きなメリットとなっています。ですから、クリーニング店まで重い荷物を運んだり、指定された日に取りに行くなどの手間が一切かかりません。

特に助かるのが、布団や冬物衣類、ブーツなどの、かさばるうえに重さもある冬物。これらはクリーニングに出したくても、持って行くことを考えるだけで憂鬱になってしまいますよね。車がなければ運べませんし、車があったとしても積み下ろしの必要があります。さらに、クリーニング店が遠ければガソリン代もかかりますから、結果、「クリーニングに出さない」と決断するケースも多々あるでしょう。

しかし、宅配クリーニングであれば、どんなに大きなものでも気軽にクリーニングに出せて、衣類や寝具をいつも清潔に保つことができますよね。また、いっぺんにまとめてクリーンングを依頼できるので、数が多い時なんかも非常に助かるんです。

どうやって使うの?一般的な宅配クリーニングの利用方法

では、実際にどういった流れで利用するのかというのを紹介しますね。

宅配クリーニングは、パソコンやスマートフォンの申し込みサイトで登録を行いますので、登録のためにわざわざ店まで出向く必要はありません。パソコン操作やインターネットに苦手意識のある人でも、簡単な操作だけで依頼ができますから、誰にでも使うことができますよ。

会員登録

まずは、気に入った宅配クリーニング業者のサイトで会員登録をします。

氏名や住所、電話番号などの個人情報を登録することになりますが、この登録情報を元に集荷や配達の手配をしますので、正しい情報を登録しましょう。もちろん、各社セキュリティーや個人情報の取り扱いには厳重な注意を払っていますので、そこまで敏感になる必要はありません。

また、宅配クリーニングの支払い方法では「クレジットカード」「銀行振込」「代引き」の3種類が基本。もちろん、これも業者によって少し異なる場合もありますが、ほとんどの業者では2種類以上の支払い方法が用意されています。クレジットカード払いを希望する場合はカード番号の登録が必要ですが、不安な場合は銀行振込か代引きを選択すると安心ですね。

ただ、銀行振込の場合だと、宅配クリーニング業者側で振込確認ができてから作業が開始されるため、他の支払い方法に比べて時間がかかる場合があります。早くクリーニングを完了させたい場合は、クレジットカードか代引きで利用するのが良いでしょう。

集荷の依頼をする

会員登録が完了すればすぐに利用可能となりますので、さっそくクリーニングの依頼をします。

クリーニングの依頼と言っても、洗濯物の集荷に来て欲しい日時を指定するだけです。ほとんどの宅配クリーニングサービスでは、依頼の際に品物や数を入力する必要がありませんから、衣類1枚1枚を確認したり、自分で仕分けをしたりする必要がないんです。ですので、思い立った時に依頼をして、それから洗濯物を準備すればOK!

また、宅配クリーニング業者によっては、パソコンやスマホだけでなく、電話でも受け付けしてくれるところがありますから、画面操作がどうも苦手…という人は、電話受付対応の宅配クリーニング業者を選ぶと良いかもしれませんね。

クリーニングしたい物をまとめる

クリーニングに出したい洗濯物をまとめて準備をしますが、この時に気になるのが「入れ物」ではないでしょうか。これは宅配クリーニング業者によって異なりますが、業者が指定するダンボールにまとめて詰めるか、自宅にあるダンボールや紙袋を利用するのが一般的です。

ダンボールを希望する場合は、依頼の際に申し込みができるところもあり、集荷時に持って来てくれるサービスもありますので、自分の利用する業者ではどうするべきなのかを事前に確認しておくとスムーズですね。

集荷

指定した日時に集荷が来ますので、準備した洗濯物を渡します。

ここで料金が発生することはありませんので、うっかりお金を渡さないように気をつけましょう。また、万が一集荷に来た人が支払いを要求してきた場合は「宅配クリーニング業者に確認します」と言って断ってください。

クリーニング品の確認

集荷された洗濯物が宅配クリーニング業者の元に届くと、到着通知のメールが届きます。交通事情などによっても異なりますが、集荷してから2〜3日以内に連絡がくるのが一般的です。到着の連絡と共に、クリーニングの品物と料金明細も通知されますから、内容に誤りがないか確認をします。

クリーニング完了の連絡

宅配クリーニング業者でクリーニングが完了すると、今度は完了通知のメールが届きます。クリーニングに出した物にもよりますが、だいたい1週間以内に完了するのが一般的なよう。そして、仕上がった品物を宅配する日時を指定して到着を待ちます。

発送時には再度メールで教えてくれたり、発送状況が細かく確認できる業者も多いので安心です。

クリーニング品の配達

指定した日時にクリーニング品の宅配が来ますので、届いたら品物をしっかりと確認しましょう。そして、支払い方法で「代引き」を選択した場合は、このタイミングで支払いをします。

また、万が一品物の不足や破損があった場合は、速やかに宅配クリーニングサービスに連絡し、早急に対処してもらいましょう。

宅配クリーニングサービスを利用するメリットとデメリット

宅配クリーニングは”自宅に集荷や配達をしてくれる”というだけでもかなりメリットを感じられますが、もちろん他にも便利なポイントがたくさんあるんです。しかし、利便性があるからこそデメリットとなる部分もあります。ですので、実際に宅配クリーニングを利用する前に、メリットとデメリットの両方を知っておく必要があるでしょう。

そこで、ここでは宅配クリーニングのメリットとデメリットについてまとめてみました!

メリット

クリーニング店を利用するのに比べて、はるかに手間と時間がかからないというのが大きなポイントですが、その他にはどんなメリットがあるのでしょうか。通常クリーニング店では行なっていないサービスも利用できたりするので、クリーニングを憂鬱に思っている人はぜひチェックしてみてくださいね!

いつでもどこでも申し込みできる

基本的に、宅配クリーニングの依頼は全てインターネット上で行います。パソコンやスマホ、タブレットから申し込み手続きを行いますから、自宅はもちろん、仕事の合間や移動中の車内などでも可能。これによって、「わざわざ店まで行かないといけない」というストレスがなくなりますよね!

また、インターネット経由で24時間申し込みができますから、うっかり依頼するのを忘れてしまった場合でも安心です。電話での依頼も受け付けている会社がありますが、電話の場合は時間が決められていることが多いので、受付時間外の場合はインターネットが便利です。

自宅で全てが完結できる

宅配クリーニングサービスでは、集荷も宅配も自宅まで来てくれるので、家から一歩も出る必要がありません。そのため、仕事で忙しい人や、小さな子供がいて外出が難しいママ、歩行が苦になってきたシニア層の人たちにおすすめなんです。

また、近くにクリーニング店があるという場合でも、より時間を有効に使えるということで、宅配クリーニングを利用する人が多くなっています。

保管サービスが利用できる

宅配クリーニングでは、クリーニング業務だけでなく、品物の保管サービスも行なっているところが多々あります。これはその名の通り、クリーニングした品物をそのまま保管しておいてくれるというサービスで、家の収納スペースが十分でない場合や、クローゼットが服でいっぱいになっている人にとっては嬉しいサービスですよね。

特に冬物は厚みがあってかさばりますから、こういった保管サービスを上手に活用したいところです。宅配クリーニング業者によっては、衣類だけでなく布団まで保管してくれるところもありますから、自宅の押し入れやクローゼットを広々使うことができるでしょう。

また、保管してもらっている品物が必要になった場合は、ネットや電話で連絡すればいつでも返却が可能。その場合も、希望日時を指定すれば届けてくれますよ。

そして、保管と言っても、ただ保管しておくだけではないのです!ほとんどの宅配クリーニング業者では、最適な保管環境を保つためにエアコンを完備しており、季節や天候に合わせて調整をしてくれるんです。もちろん、色褪せなどを防ぐための遮光処理や室内灯の消灯、害虫などの駆除作業なども定期的に行われていますので、ある意味、自宅で保管するよりも良い環境だと言えますよね。

デメリット

今度は宅配クリーニングのデメリットを紹介していきましょう。24時間申し込みができ、クリーニング前に明確な料金もわかるため、確かに安心して利用できるサービスではありますが、業者の選び方や使い方を間違えると、逆に手間がかかってしまったり、クリーニング店よりもはるかに割高になる可能性があるので注意が必要です。

配送業者と宅配クリーニング業者の両方とやり取りしなければならない

クリーニングの依頼をすると、業者が集荷に来てくれるのが宅配クリーニングですが、実は、クロネコヤマトや佐川急便といった配達業者が品物を運び、宅配クリーニング業者はクリーニングをするだけというパターンがほとんど。つまり、2つの業者を使うこととなるのです。そうなると、スムーズに取引が行われれば全く問題ないのですが、何かしらのトラブルがあった際には、自分で責任の切り分けをする必要がで出てきます。

例えば、クリーニングを終えた品物が自宅に届いた際に、雨でダンボールが濡れ、中の衣類も濡れてしまっていたとしましょう。この場合、しっかりと荷物を保管できていなかった配送業者に問題があるものの、濡れてしまった衣類を再度クリーニングしてもらうには、どうしたら良いのか悩みますよね。

宅配クリーニング業者に被があれば無償でクリーニングをしてもらえますが、このケースだと配送業者に問題がありますから、配送業者が賠償してくれない限りは実費で再依頼をしなければなりません。

中には、配送業務まで一貫して行なっている宅配クリーニング業者もありますが、基本的には配送業者に委託しているところがほとんどなので、トラブルの際には少々手間がかかることを理解しておきましょう。

配送料がかかる場合は割高になる

宅配クリーニングは、集荷や配送までがサービスの一環になっているため、クリーニング店よりも少し割高になっています。しかし、重い荷物を運ぶ手間や、離れた店に行くことを考えれば、宅配クリーニングの方が良いという人もたくさんいるんですね。

一度にたくさんの洗濯物を依頼する時や、利用頻度が多い人だと、送料を無料にしてくれる業者もありますが、少量の洗濯物を依頼する場合は、クリーニング店よりもかなり割高になる可能性があるので注意が必要です。それでも、近所にクリーニング店がない場合は仕方がありませんが、行きつけの店があったり、特に来店が苦にならないという人は、安易に宅配クリーニングを使うのではなく、クリーニング店とうまく使い分けるのがおすすめですよ。

本当に大丈夫!?宅配クリーニングで不安に思うこと…

ここまで、宅配クリーニングのメリットとデメリットを紹介しましたが、おそらく、もっと他の不安を抱いている人も少なくないでしょう。宅配クリーニングを利用することで時間が有効に使えたり、重いものを運ぶ手間がなくなるのは良いのですが、肝心なクリーニングの技術についても不安がありますよね。

いくら便利なサービスでも、気に入っている衣類をダメにされては意味がありませんし、対面で業者に指摘ができないため、仕上がりも心配になるでしょう。そこで、多くの人が感じている宅配クリーニングの不安を取り上げてみましたので、今ある不安を解消し、安心して宅配クリーニングを活用してくださいね。

仕上がりに問題はないか

クリーニングに出すからには、ほとんどの人が仕上がりを気にするものですよね。しかも、宅配クリーニングではダンボールでの配送が一般的なので、たたみジワも気になるのが正直なところ…。

しかし、利用者のほとんどは宅配クリーニングの仕上がりに満足しており、極端なクレームなどは発生していないんだそう。そもそも、最近になって一気に増えてきた宅配クリーニング業者は、最新の設備を導入しているところがほとんどで、年十年も前の設備を使っているクリーニング店よりも圧倒的な技術力を持っています。

もちろん、長年の経験やノウハウを持っている職人さんもいますが、こういったベテラン達も宅配クリーニングを開業したり、他の業者と提携して宅配クリーニング業界に参戦する人が多いんです。

さらに、宅配クリーニング業者によっては、高度なクリーニング技術を売りにしているところさえありますから、仕上がりについては全く心配する必要がないと言えるでしょう。

また、自宅に届いた衣類は早めに開封し、数日吊るしておくことで、たたみジワを目立たなくすることができますよ。

紛失や破損などのトラブルがないか

破損や損失は、どんなに宅配クリーニング業者がしっかり保管をしていたとしても、宅配業者を利用している場合には危険度が上がってしまうトラブルだと言えます。一応、宅配クリーニング業者の方でも専用の集荷バッグを利用して、配送業者の他の荷物に紛れ込まないような工夫をしているところもありますが、だからと言って100%紛失や破損がないというわけではありません。

しかし、これはクリーニング店を利用した場合でも同じことが言えますよね。いくら対面で依頼ができると言っても、管理状況の悪い店では紛失や破損が発生しますから、一概に「宅配クリーニングだから」とは言えないでしょう。

そして、少しでもトラブルを防ぐためには、おかしいと思った段階で問い合わせをしましょう。宅配クリーニングでは自分で確認できる範囲が限られてはいるものの、問い合わせ先は配送業者か宅配クリーニング業者のどちらかです。とりあえず宅配クリーニング業者へ問い合わせをすれば、宅配クリーニング業者から配送業者へ確認してくれるケースもありますので、時間が経ってしまわないうちに連絡をするのがベストです!

どのくらいの日数がかかるのか

宅配クリーニングでは、集荷が来てから完了するまでに1週間ほどの期間を要するのが一般的です。もちろん、配送業者の交通事情や、依頼する品物によっても前後しますが、衣類などの場合は1週間以内に配達まで完了するのがほとんど。そのため、急いでクリーニングを依頼したい人には向かないサービスだと言えるでしょう。

しかし、スピード仕上げにも対応している宅配クリーニングがありますので、急ぎで依頼する可能性のある人は、仕上がりを早められるプランがある業者を選んでおくと安心ですね。

自分に合う宅配クリーニング会社の選び方

宅配クリーニングの不安要素が解決したところで、ここからは自分に合った宅配クリーニング業者の選び方を紹介していきます!デメリット部分でも紹介しましたが、宅配クリーニングは場合によっては割高になってしまい、思っている以上に費用がかかってしまうこともありますので、快適に利用するためにも自分に合った業者を選ぶことが大切になってきます。

ここでは4つのポイントを紹介しますが、これらをしっかり押さえておくことで、どんな人でも後悔しない業者を選ぶことができるんです。いざ選ぶとなれば低価格なところを利用したいのもわかりますが、対面でないという部分ではやはり信頼できる業者を選んだ方が安心ですし、せっかく利用するなら自分が納得できるサービスが良いですよね。

ということで、これから宅配クリーニングを利用する人も、すでに利用している人も、今一度業者選びの基準を見直してみましょう!

1.利用する目的を明確にする

宅配クリーニングを利用するうえで一番重要になるのが、利用する理由です。自分はなぜクリーニング店ではなく、宅配クリーニングを利用するのか、一番の目的は何なのかを明確にすることで、自分に合っている業者は自ずと絞られることになります。

例えば、最大のメリットでもある手間や時間の削減が目的なのであれば、集荷ようのダンボールを用意してくれる業者の方がより手間がかかりませんし、保管サービスの利用に魅力を感じているのであれば、長い期間保管してくれる業者を選ぶのが良いですよね。

このように、目的を明確にすると優先されるものが決まりますから、より希望に合った業者を選ぶことができるでしょう。

2.サービス内容がわかりやすく明確

宅配クリーニングでは、申し込みや希望日時の指定をパソコンやスマホで行うのが基本です。そのため、利用する宅配クリーニングのホームページが見にくかったり、使いずらいと感じる場合、依頼するのがだんだんと億劫になるかもしれません。また、説明がわかりにくければ間違った認識をしてしまい、予想外のトラブルに見舞われる可能性だってありますよね。依頼するまでに余計な時間がかかったり、トラブルで手間がかかったりすれば、宅配クリーニングの最大のメリットである手軽さが最大限に活かせなくなってしまいます

特に料金設定などが明確になっていないと、思っている以上の金額になってしまう場合もありますので、細かい部分までしっかり明記されている業者を選ぶようにしましょう。

3.賠償についての記載がされている

宅配クリーニングを利用するなら、誰もが信頼性のある安全な業者を選びたいですよね。そんな信頼性の基準となるのが賠償制度でしょう。大抵のクリーニング業者は、その地域のクリーニング協会に所属しているもので、クリーニング協会で設けられている賠償基準があります。その基準が利用者にとって必ず満足いく内容なのかどうかは別として、何の賠償制度もない業者よりははるかに信頼性があると言えるでしょう。

また、自社のホームページなどに、賠償の内容がしっかりと記載されている業者の方が、安心して利用できますよね。

4.専用バッグがあった方が便利

クリーニングの集荷前に意外と困るのがダンボールなんです。指定のダンボールを用意するのも手間ですが、自分で用意するとなると、スーパーやコンビニにもらいに行く必要がありますし、そもそも洗濯物や大きさに見合ったダンボールを探すのも一苦労ですよね。

ですので、ダンボールの用意が懸念される人は、業者側で専用バッグやダンボールを用意してくれるところを選ぶのがおすすめですよ。

おすすめの宅配クリーニング15社を徹底比較!

では、ここからは実際におすすめの宅配クリーニング業者を紹介していきますね!今回は15者をピックアップしてみましたが、どこも利用者が多く評判の良い業者となっています。それぞれサービスの特徴が違ったり、強みとしているものがあったりしますから、気になる宅配クリーニング業者を比較して、ぜひ自分にピッタリなところを見つけてくださいね。

N0.15 Nexcy(ネクシー)

おすすめ度★★☆☆☆
送料九州・四国・中国・関西:3,000円以上で送料無料
関東・信越・東海・北陸:4,000円以上で送料無料
北海道:6,000円以上で送料無料
料金スタンダードコース:Yシャツ/250円、コート/1700円、スーツ下/560円など
保管期間なし
対応地域全国

スマホアプリでの簡単操作が魅力!

Nexcy(ネクシー)は、創業80年以上の歴史あるクリーニング業者。それだけに、洗浄液のチェックを毎日欠かさないという徹底ぶりもあり、安心してクリーニングを依頼できますよ。また、宅配クリーニング業界の中でも珍しい「コンビニ発送」ができる業者なんです。ですので、出先からクリーニングを依頼したい場合にも活用でき、スマホから簡単に注文できるというのも大きな魅力となっています。
エリアにもよりますが、集荷から最速3日で完了するため、お急ぎの場合も大丈夫!クリーニング状況や利用履歴、請求金額などもスマホのアプリで随時確認でき、誰もが手軽に利用できる宅配クリーニング業者だと言えるでしょう。

N0.14 クリラボ

おすすめ度★★★☆☆
送料無料(一部離島は別途送料が必要)
料金
  • 初回限定!お試しトライアル10点:9,800円
  • 通常パック10点:10,800円
  • 通常パック20点:18,600円
保管期間最長6ヶ月無料
対応地域全国

完全個別クリーニングが大好評!

クリラボの最大の魅力となっているのが「完全個別クリーニング」。お客様ごとに洗濯物を分けて、全て個別でクリーニングを行ってくれるため、他の人の洗濯物と混ざることがありません。そのため、他人の物と一緒に洗われることに抵抗のある人や、大切な衣類をクリーニングする場合にとってもおすすめですよ!もちろん、衣類だけでなく布団なども完全個別洗いなので安心です。
また、47年もの間クリーニング技術の研究に取り組んできた会社ということもあり、クリーニングは静止乾燥方式を採用。生地に余計な負担をかけず、大切な衣類も綺麗に仕上げてくれます。送料が無料というのも嬉しいポイントとなっているので、クリラボのリピート率は90%以上を維持しているのです!

N0.13 FELISSIMO(フェリシモ)

おすすめ度★★★☆☆
送料無料
料金
  • ハイグレード5点パック:5,500円
  • ハイグレード10点パック:8,500円
  • ハイグレード15点パック:11,700円
  • プレミアム3点パック:11,800円
保管期間最長10ヶ月900円/月
対応地域全国

専用の宅配キットでダンボールの準備が不要

FELISSIMO(フェリシモ)では、布団や衣類はもちろんのこと、靴やブーツのクリーニングにも対応してくれます。集荷を依頼する際には自分で用意したダンボールでも対応してくれますが、1,000円で専用宅配キットを注文することができ、ダンボールなどの事前準備をせずにクリーニングを依頼できますよ!もともとはカタログ通販や家事サポートサービスの「カジサポ」を運営している会社なので、利用者も多く比較的安心して利用できるでしょう。
また、プレミアムパックでは生地に応じた洗浄方法でクリーニングを行い、ダメージ回避をしてくれるので、お気に入りのブランドやデリケートな素材のものを依頼するのにピッタリ。細部まで丁寧に仕上げてくれますから、少々値段が高くでも納得のいく仕上がりとなるでしょう。

N0.12 フランス屋

おすすめ度★★★☆☆
送料3,000円以上で送料無料
料金プライム会員価格

  • 5パック:2,980円
  • 10パック:4,980円
  • 15パック:6,980円
保管期間最長6ヶ月
対応地域全国

無料の宅配キットが付いたパック料金式宅配クリーニング

フランス屋では「無料会員」と「プライム会員」という会員制度を用意しており、プレミアム会員では月会費200円を支払うと会員価格でクリーニングを利用できるという宅配クリーニング。点数によって価格が決まっているパック式のプランがメインとなりますが、もちろん単品でも対応してくれます。ただ、保管サービスを利用する場合は料金が変わってくるので注意が必要です。
保管サービスにも”レギュラー”と”防虫・防カビ・抗菌オプション付き”の2種類があり、どんな衣類を保管するかによって選べるのも親切だと言えますね。
ただ、デラックス仕上げや黄ばみスッキリ加工などの追加加工を依頼した場合は、1点につき追加料金がかかりますので、他と比べると少々割高になるイメージはあります。

N0.11 洗宅倉庫

おすすめ度★★★☆☆
送料3,000円以上で送料無料(北海道・東北・一部離島は、4,000円以上)
料金シルバー会員料金
Yシャツ:220円、コート類1,390円〜、布団類8,980円〜など
保管期間最長9ヶ月
対応地域全国(沖縄を除く)

たくさん出したい人にお得な詰め放題サービスが大好評

”早くて安い”ことで知られている洗宅倉庫は、コンビニ発送にも対応した使いやすい宅配クリーニング業者です。一般会員・シルバー会員・ゴールド会員の3段階の会員制度が設けられており、いちばんメリットが大きいのがゴールド会員。他の会員に比べて低価格でクリーニングができるということと、洗濯物を詰め放題でクリーニングしてくれるサービスや、布団の専用バッグを用意してくれたりと、たくさんクリーニングに出したい人にとっても非常に嬉しいサービスが受けられるんです。
また、1点からの依頼にも対応してくれ、地域によっては最短2日で仕上げてくれるというハイスピードクリーニング。もちろん、何かの工程を省略しているわけではなく、しっかり丁寧に仕上げてくれますから、クリーニング技術の面でも人気のある宅配クリーニングなんですよ。

N0.10 dinos(ディノス)

おすすめ度★★★☆☆
送料無料
料金
  • プレミアム宅配クリーニング8点:14,040円
  • プレミアム宅配クリーニング11点:18,144円
保管期間最長9ヶ月無料
対応地域全国(一部地域を除く)

プレミアム仕上げサービスを基本とした宅配クリーニング

こちらは、ネット通販やカタログ通販でおなじみのdinos(ディノス)が運営している宅配クリーニング。少々料金が高いかな…と思うのも当然、dinos(ディノス)では全ての仕上がりがプレミアム対応となっているため、他の宅配クリーニング業者で用意されているプレミアムプラント比べれば、決して高くない値段なんですよ!また、通販を利用する延長でクリーニングを依頼できるとして、ディノスユーザーには非常に高く評価されているんです。
実際にクリーニングを行うのは、店舗も展開しているプロの職人たち。そのため、保管サービスについても徹底された環境の中で丁寧に保管してくれます!利用方法が簡単で良いという声も多いのですが、仕上がりまでに1ヶ月ほどかかってしまうのが難点…。ですので、急がず綺麗な仕上がりを重視したい人にはおすすめの業者でしょう。

N0.9 BELLE MAISON(ベルメゾン)

おすすめ度★★★☆☆
送料無料
料金
  • 通常便コース:7,790円〜11,300円
  • 保管コース:11,900円〜20,900円
  • プレミアムコース:12,900円〜27,900円
  • プレミアムコース(ハンガーボックス便):13,900円〜25,900円
保管期間最長9ヶ月
対応地域全国

高品質な仕上がりに自信あり!

こちらも、カタログ通販でおなじみのBELLE MAISON(ベルメゾン)が展開している宅配クリーニングサービス。通信販売と同じ感覚で利用できるという手軽さの他にも、とにかく仕上がりが綺麗ということで満足度の高い業者となっているんですよ!商品がクリーニング工場に届くとまずは検品を行うのですが、BELLE MAISON(ベルメゾン)ではこの検品に力を入れており、わずかなシミや汚れも見逃すことがありません。
また、送付する際には申込書を同封する仕組みになっていて、細かい指示や気になる点なども記載できるようになっているんです。申告した部分と、検品によってチェックされた部分を、職人技で丁寧にクリーニングしてくれるため、品物がダメになったり縮んで返ってくるといったトラブルも少ないのが魅力ですよ!

N0.8 REAQUA(リアクア)

おすすめ度★★★☆☆
送料1000円(8,000円以上で無料)
料金プレミアム会員料金
紳士スーツ上:690円、紳士スーツ下:460円、コート:1500円など
保管期間最長6ヶ月無料
対応地域全国(沖縄県を除く)

月額500円で保管サービスの延長も可能

REAQUA(リアクア)の宅配クリーニングは、REAQUA(リアクア)に認定されたクリーニング工場で衣類の洗浄を行なっているため、実績と信頼性が高いのが大きなポイント。全国の優良クリーニング工場とネットワークを結んでおり、プロフェッショナル集団が大切な衣類を丁寧にクリーニングしてくれますよ。2回目以降の依頼からはコンビニ発送が利用できるので、出張先や旅行先からの依頼も可能!ただ、布団を出すことができないのが残念なところ…。
また、無料保管期間は最長6ヶ月となりますが、毎月500円を支払えば最長24ヶ月まで延長ができるというのも人気のポイント。長期で不在になる場合や、引越しの間に利用する人も多いんですよ。

N0.7 クリコム

おすすめ度★★★★☆
送料3,000円以上で送料無料(北海道・九州は4,000円以上)
料金Yシャツ300円〜、コート類1500円〜、革ジャン9,500円〜など
保管期間1着200円ほど
対応地域全国(沖縄県・鹿児島県離島部除く)

革製品やお部屋のインテリア製品も対応!

クリコムは創業30年以上の歴史を持つクリーニング業者で、熟練した職人たちによってクリーニングを施している宅配クリーニング。利用者の中では特に”パンツ”と”Yシャツ”のラインプレスが好評で、シミ抜きについては98%という驚異の除去率を誇っているんですよ!
そして、クリコムのさらに凄いところは、衣類だけではなく革製品やインテリア製品も対応してくれるというところ。ネクタイやストールといった小物もクリーニングしてくれるので、大抵のものをクリーニングに出すことができるでしょう。そのため、「今まで洗えないと諦めていたものも綺麗になった!」という声が非常に多いんです。
最短5日と少々時間がかかるものの、その分こだわりのシミ抜き技術や完璧な仕上がりを実感できるため、顧客満足度にも相当の自信を持っています。

N0.6 My Cloak(マイクローク)

おすすめ度★★★☆☆
送料3点以上の利用で無料(離島は除く)
料金ブラウス1,000円〜、コート類2,000円〜、布団5,500円〜、スキー板7,000円〜など
保管期間最長10ヶ月
対応地域全国

保管サービスに重点を置く宅配クリーニングサービス

My Cloak(マイクローク)は、使用しない布団や衣類などを最長10ヶ月の間保管してくれるという、保管サービスに力を入れている宅配クリーニング。必要となる費用はクリーニング代金のみで、送料やシミ抜きにも追加料金がかかりません。ですので、料金体系も非常にわかりやすいのが特徴なんです。
品物の保管は、管理の行き届いた専用クロークで保管され、1点1点カルテを作成した上で品質チェックも行なってくれるんですよ!そのため、自己管理が大変な毛皮や着物なども安心して保管しておけます。さらに、預けた品物はネット上で写真を確認することができるので、長期間預けておいても安心ですよね。
また、保管場所に困るスノーボードや絨毯なども対応してくれますから、取り扱いアイテムが豊富なのも大きな魅力でしょう。

N0.5 白洋舎

おすすめ度★★★★☆
送料1,600円
料金Yシャツ380円、コート類19,000円、ジャンパー900円など
保管期間1着210円ほど
対応地域全国

老舗ならではの安心と品質

「クリーニングと言えば白洋舎」というイメージを持っている人も多いと思いますが、白洋舎は明治時代から続くクリーニングの老舗。それだけに、何と言っても知名度や安心感がずば抜けて高いのが特徴だと言えます。何かあった際のアフターサービスも充実しており、そういったサービスを自宅で受けられるというのが最大のメリットとなっています。
また、絨毯やーカーテンなどの大きなものもクリーニングしてくれ、絨毯については毛の長いものやペルシャ絨毯も綺麗に仕上げてくれるんですよ。
クリーニングだけではなく保管サービスも行なっていて、衣類1枚につき210円で保管してくれます。ただし、3月と9月の出庫時期までと、保管できる期間が決められているため、利用時期を見極める必要あり。

N0.4 イオン宅配クリーニング

おすすめ度★★★☆☆
送料無料
料金
  • 保管付宅配クリーニングパック(10点):8,900円
  • ぽわぽわ保管付宅配クリーニングパック(6点):6,000円
  • ぽわぽわ保管付宅配クリーニングパック(15点):12,000円
  • プレミアム仕上げ宅配クリーニングパック(6点):12,000円
  • ふわふわ保管付布団丸洗いパック(3点):13,000円
保管期間最長9ヶ月無料
対応地域全国

大手ならではの信頼性がある宅配クリーニング

大手スーパー事業を営むイオンが始めた宅配クリーニングは、仕上がり、サービス共に満足度の高いサービスとして人気があります。使用方法は、ホームページより希望のコース商品を購入し、必要事項を登録するとマイページが開設されますので、マイページで全ての以来や確認を行うという流れ。無料で最長9ヶ月の保管もしてくれるので、気軽にクリーゼットの整理もできますね!また、スーツ上下のクリーニングが低価格なので、男性の利用者も多いんだそうです。
ただ、ちょっと残念なのが依頼できない品物が意外と多いことと、完了までに3〜4週間かかるというところ。ですので、定番の衣類クリーニングで特に急いでいない人には、非常に使いやすいサービスだと言えます。

N0.3 せんたく便

おすすめ度★★★★☆
送料無料(沖縄、離島は1,000円)
料金
  • 10パック:5,092円
  • 5パック:3,592円
  • 10パックDX:6,092円
  • 5パックDX:4,592円
保管期間最長9ヶ月
対応地域全国

綺麗な仕上がりと無料のシミ抜きが自慢!

せんたく便は、滋賀県で50店舗以上のクリーニング店を展開している”ヨシハラクリーニング”が運営している宅配クリーニング。そのため、クリー二ングの仕上がりは実店舗同様にきれいで、おまけに無料のシミ抜きサービスも利用できるというのが特徴。また、料金設定も非常に明確で、通常の半額ほどの金額で利用できるという、とってもお得なサービスなんです!さらに、2回目以降の利用はリピート割引も適用になるため、使えば使うほどお得になる仕組み。
さらに、追加料金なしで長期保管してくれ、シーズン物のスキーウェアやダウンジャケットも、プラズマクラスターを常設した空間の中で大切に保管してくれます。価格の安さと仕上がりの満足度からして、初心者でも安心して利用できる宅配クリーニングと言えますね。

N0.2 リナビス

おすすめ度★★★★★
送料無料(北海道、沖縄、離島は別途)
料金
  • お試しコース:4,900円
  • 5点コース:7,000円
  • 10点コース:9,800円
  • 20点コース:16,000円
保管期間最長6ヶ月無料
対応地域全国

各種魅了サービスが豊富な宅配クリーニング

リナビスのこだわりは、乾燥機を使わずに自然乾燥でクリーニングを仕上げるという部分。できるだけ生地に負担をかけず高品質を目指しているため、職人によるプレス作業も文句なしの仕上がりですよ!職人が介在していたり、高品質な作業に制限があることから、会員数をある程度制限しているんだそう。
料金体系もシンプルでわかりやすく、点数が多いほどお得な金額となっています。また、2回目以降の利用からはスペシャル価格が適用になる仕組みなので、長く利用することでお得になっていくんですね。
撥水加工やシミ抜きなどのオプションについては原則無料。特にこちらから指示をしなくても、検品時にしっかりチェックするので、「シミ抜きしてもらえなかった」という心配もありません。ここまでのサービスをリーズナブルに受けられるのは、とても嬉しいサービスですよね!

N0.1 Lenet(リネット)

おすすめ度★★★★★
送料割引前の金額1,900円以上で無料
料金Yシャツ180円、ブラウス370円、ワンピース930円、カーディガン500円など
保管期間なし
対応地域全国

コンビニで24時間受け渡しが可能!

Lenet(リネット)が他の宅配サービスと違うのは、コンビニでの受け取りができるというところ。他の宅配クリーニングではコンビニ発送はできても、コンビニ受け取りには対応していないのがほとんどです。しかし、コンビニで受け取りができるということで、長期の出張や旅行先でもいつものサービスが利用できるとして、非常に使い勝手が良いのが魅力となっています。
もちろんその仕上がりも、アパレル使用の機器を導入していたり、熟練の職人技を施してくれるため、ブランド品などの生地が敏感なものでも満足のいく出来で返って来ますよ!また、コンビニ宅配なので送料がかかってしまうのですが、プレミアム会員では無料に。月会費が必要とはなるものの、長く利用するのであれば、断然プレミアム会員の方がお得にクリーニングを依頼できます。

もっとお得に利用したい!宅配クリーニングを賢く使うコツとは

宅配クリーニングは、クリーニング店と比べて少し割高なのが残念なところ。確かに配送サービスが受けられる分仕方がないのかもしれませんが、できることならお得に利用したいですよね!

ということで、宅配クリーニングを賢く、そしてお得に利用する方法を集めてみました。長年宅配クリーニングを利用している人の中には、ここで紹介するような使い方をしている人も多く、長く使い続けたからこそ得られた知恵とも言えます。ですので、これらの方法もぜひ参考にしてみてくださいね!

宅配クリーニングは2社を使い分けるべし

宅配クリーニングには大きく分けて2つの種類があります。1つはクリーニングに出す衣類の点数で料金が決まっている「パック料金式」で、もう一つは品物ごとに金額が決まっている「定価式」。

そして、「パック料金式」の業者は”衣替え時期用”、「定価式」の業者は”普段使い用”として使い分けると、年間のクリーニング費用がかなり節約できるんです。

まず、パック料金式の場合では「10点〇〇円」や「20点▲▲円」というように、数で金額が決まっています。つまり、どんな衣類を出しても一定金額でクリーニングができてしまうんですね。特に冬物のコートやロングコートなどは、1点で2,000円〜3,000円くらいかかりますから、衣替えの時期にまとめて依頼することで、かなり割安にクリーニングができることになるんです。

一方定価式の場合は、クリーニング店と同じくらいの金額で設定されている業者が多く、Yシャツは300円前後、スーツでも上下で1,500円ほど。これをパック料金式でクリーニングしてしまうと、かえって割高になってしまいますから、普段使いでは定価式の業者を利用するようにします。

このように、通年を通して2社を使い分けることによって、高くなりやすいクリーニング代を大幅に節約できるんですね!

クリーニングに出すべき衣類をしっかり見分けること

宅配クリーニングを利用する人の中には、便利だからといって何でもかんでもクリーニングに出してしまっている人も。しかし、お得に利用するのであれば、自宅で洗えるものは自宅で洗った方が費用が抑えられますよね。また、自宅で洗えると知らずにクリーニングに出している場合も多々ありますので、衣類についている洗濯マークを確認し、クリーニングに出すべきものと自宅で洗うものを、しっかりと見分けることが必要です。

《クリーニングに出すべき素材》

  • 毛(ウール)
  • 絹(シルク)
  • テンセル
  • レーヨン
  • ポリノジック
  • キュプラ
  • 毛皮
  • ビロード
  • ベロア
  • 起毛製品
  • レース類
  • 刺繍のあるもの
  • 芯地のあるもの
  • シワ加工・ちりめん加工
  • 装飾されているもの
  • ボタンが特殊なもの

また、自宅で洗濯できる素材であったとしても、ブランドの洋服や1万円以上の高額なものは、クリーニングに出すのがおすすめ。これは、実際にクリーニング店でもアドバイスしていることで、ブランド物や高い衣類の場合にはそもそも安い生地が使われていないんだそう。そのため、丁寧に洗わないと生地が傷んでしまい、長く着ることができなくなってしまうんですね。

宅配クリーニングの”保管サービス”を活用する

宅配クリーニングでは保管サービスが利用できるのも大きな魅力ですが、これをうまく活用すると、クローゼットの中をそのシーズンに必要な衣類だけにでき、広々と快適に利用ができるんですよ!

これは、衣替えのタイミングでクリーニングを依頼し、仕上がった衣類をそのまま宅配クリーニング業者で保管しておくというもの。しかしその場合には、各宅配クリーニング業者で設定されている”保管期間”を良く見る必要があって、「最大3ヶ月」などでは期間が短すぎます。うまくクローゼットの中をローテーションさせるには、最低でも6ヶ月以上の保存期間がある業者を利用し、季節が変わるごとに保管する衣類も変えていきましょう。

宅配クリーニングで季節の変わり目も快適!上手に活用して清潔な衣類をスッキリ収納ちゃおう!

いかがでしたでしょうか?宅配クリーニングはなんとなく高いイメージが根付いているものですが、こうして見るとクリーニング店とさほど変わらない金額で利用でき、しかも自宅集荷、支度配達が可能という、実に画期的なサービスなんですね!配送業社も品物を取り扱うことにはなりますが、何かあった場合でもしっかりとした対応をすれば、大きな損害を受けることはまずないでしょう。

また、保管サービスも非常に高く評価されていて、1人暮らしで十分な収納がない人や、クローゼットに服が入りきらない人、家族が多くて収納に頭を悩ませている人など、保管サービス目的で宅配クリーニングを利用する人も少なくないんですよ。

宅配クリーニングは年々利用者が増えていることから、今後ますます品質が高くなっていくことも予測されており、保管サービス以外の画期的なサービスが新たに誕生する可能性も十分に考えられます。そんな宅配クリーニングを上手に使いこなして、大切な衣類と収納の問題をスマートに解消してくださいね♪