【男性向け・女性向け別】おすすめワークキャップアイテム計30選!

キャップのように気軽にかぶれる、かといってキャップ以上のおしゃれさも期待できる、そんな特徴が魅力のワークキャップについてご紹介します。キャップと聞くと定番的な形状が頭に思い浮かぶかもしれませんが、通常のものとは一線を画します。おしゃれにこだわりを持つ人であれば、チェックしておいて損のない存在でしょう。

同じワークキャップでも、男性と女性で売れ筋が異なります。そこで今回、男女それぞれにおすすめのランキングをご用意しました。DickiesニューエラDantonなど、目を引くブランドは少なくありません。おすすめをチェックして、間違いない一点を選び抜いてみてください。

目次

キャップとはどう違うの?ワークキャップならではの特徴と魅力

名称の通り、ワークキャップは一般的なキャップにも似た特徴を備えています。キャップとワークキャップは、どのように異なるのでしょうか。また、ワークキャップならではの魅力というのも、チェックしていきましょう。いくつかの項目にわけて、ご紹介します。

まずは特徴を知ろう!ワークキャップってどんな帽子?

ワークキャップは、一見すると普通のキャップにも近い印象です。長めのつばがあり、それこそザ・帽子といったシルエットでもあります。ですが、もちろん名前が違うだけにキャップとまったく同じというわけでもありません。ワークキャップには、ワークキャップだからこその定義があります。

まず特に大きな違いとしては、トップが平であるという点が挙げられます。キャップはアーチ状になっているので、大きな違いといえるでしょう。種類はわりと幅広いですが、円筒形のものが基本とされています。レイルロードキャップとも呼ばれています。

また基本形のものは、サイドにタックが入っているタイプが多いです。平天の周囲を4~6のタックがかこっており、どこかキャスケットに近いイメージでもあるでしょう。そのため、キャスケットの一部としてワークキャップタイプが挙げられるケースもあります。

いつ頃から使用されているのか…ワークキャップの発祥

発祥は、1900年代初頭のアメリカといわれています。当時の鉄道職員が仕事でかぶっていたことに始まり、ワークキャップの名がついたのです。前述でレイルロードキャップとも呼ばれるとご紹介しましたが、発祥に由来していたというわけですね。

鉄道とワークキャップ形状の関係が深いというわけでもありませんが、鉄道職員の作業着を生産する工場が、特にワークキャップタイプの帽子製造に力を入れていたことから、鉄道現場の定番的キャップになったといわれています。

それ以降、鉄道現場以外の作業場でもワークキャップが好まれるようになっていきました。すると次第に、レイルロードキャップはエンジニアキャップと名前を変えていきます。そしてさらに時代を経て、現在の「ワークキャップ」という名前が定着していきました。これが、ワークキャップの発祥と歴史になります。

キャップとどう使い分ける?ワークキャップの魅力を知ろう

似たような存在なら、普通のキャップでも良いのでは?そんな風にも思えてくるかもしれません。ですが、おしゃれにこだわるならやはりおすすめはコーデに応じて2種類を使い分けるという方法です。ワークキャップだからこその魅力を知って、うまく使いこなしましょう。

たとえば、無骨な味わいを備えているという点です。作業現場で働く人が汗水流しながら使う帽子だけに、たくましいイメージが印象的です。この特徴を活かして、使いこなしてみてはいかがでしょう。メンズコーデならより男らしく、そして女性はボーイッシュに着こなして、ワークキャップならではの雰囲気を楽しんでみては。

また、元がおしゃれのためのアイテムでないだけに、良い意味でのこなれ感を演出できます。格好つけた帽子、デザイン重視の帽子は、妙にがんばっている感が否めません。場合によっては、少々不格好でもあるでしょう。そこへきてワークキャップは、こなれた感じでさらっとかぶれます。着回しがしやすく、あらゆるコーデとマッチさせやすいでしょう。

数ある中からベストなチョイス!ワークキャップを選ぶポイント

キャップにも近い、比較的ベーシックなスタイルだけに、ワークキャップは数多くの種類が展開されています。そんな中から、どのように選べばベストなチョイスができるでしょうか。ワークキャップを見つけるときのポイントについて、押さえていきましょう。

ワークキャップの個性!天井の高さで選ぶ

ワークキャップをみて何より印象的なのが、やはりクラウン部分の形状や高さでしょう。それだけに、この平天の高さひとつで雰囲気はがらりと変わってきます。天井の高さで選んでみてはいかがでしょう。

たとえばクラウン部分が浅いものであれば、一般的なキャップにも近い雰囲気です。見た目はもちろん、かぶりやすさもキャップに近くなるため、初めてでも抵抗なく着こなせるのではないでしょうか。

逆に高めのアイテムを選択すれば、個性的なニュアンスを強調できます。ワークキャップらしい無骨な雰囲気が前に押し出されるため、コーデ全体のアクセントとして機能すること必至でしょう。ですが個性的な分、やはり合わせの難易度が上がるのも事実です。バランスを考えながら、扱ってください。

バリエーション多数!素材の種類に注目しよう

ワークキャップは、さまざまな素材で作られています。キャンバスがおなじみですが、デニム・ヒッコリー・ニット・ファー・麦わらなど、種類やサイズ感、質感などかなり幅広いです。そのため、素材感で選べばかなりこだわれることでしょう。

ワークキャップはフィット感が重要になってくるため、結構頭にしっくりきます。そのため素材感は、見た目の印象と同時に、着心地にも大きくかかわってきます。楽にかぶれるもの、自分的にしっくりくるものといった選び方をすれば、長時間でも気兼ねなく着用し続けられるでしょう。

特にこだわるべきは、深めにかぶれるタイプです。頭に触れる面積が大きくなるので、より一層重要な意味をもちます。テイストだけでなく、柔らかさにも注目してください。無論、深くかぶるなら柔らかいタイプの方がしっくりきます。コットンやニットなど、優しい風合いのものが好相性でしょう。

ワークキャップの大事なスパイス…ロゴ使いをチェック

一般的なキャップと同じく、ロゴを取り入れているワークキャップが少なくありません。帽子においてロゴは大きな主張ポイントとなるため、それこそ全体の雰囲気をも左右することでしょう。ロゴに注目しながら選ぶというのも、重要です。

ワークキャップの場合、正面でなくサイドにあしらっていることが多いです。キャップは前面ロゴが基本なので、その点特徴的に感じられるでしょう。さりげないサイドロゴが良い味をかもしていれば、高いセンスをかもせます。おしゃれ度の指標のような存在にすらなりかねないので、こだわっておいて損はありません。

メンズに人気のアイテムをチェック!男性向けワークキャップ15選

無骨なテイストが基本であるワークキャップだけに、男性は特にかぶりやすいでしょう。そのため、男性向けデザインは特に豊富に感じられます。その中でも、いったいどのようなものが人気なのでしょうか。チェックしていきましょう。

第15位 EXAS スタンダードスタイルレールキャップ

サイズ頭周り:約61cm(後ろでサイズ調節可能)・ツバの長さ:約6cm
高さ約9.5cm
カラーブラック・デニムネイビー・ネイビー
素材コットン(デニムブルーのみコットン70%・ポリエステル30%)

何にでも合わせられそうなシンプルイズベスト


シンプルさから第15位にピックアップしましたが、魅力面を考えれば、むしろこの順位は良い意味で不相応ともいえるでしょう。全体見回しても、ほぼ無地です。それゆえに、価格面もリーズナブルに設定されています。ですが、シンプルだからこそのクールさ、そしてさりげないこだわりは決して安っぽさを感じさせるようなものでもありません。

サイドの生地使いや、背面のサイズ調整部分がさりげなく映える、計算された一点のように感じられます。またシンプルだからこそ、あらゆるファッションにマッチするという特長も備えています。ファッション初心者、ワークキャップ初心者でも安心して重宝できるアイテムでしょう。


第14位 FILA ワークキャップ ベーシックコットンツイル

サイズ頭周り:約57~59cm・ツバ幅:約7cm
高さ約8cm
カラーブラック・ネイビー
素材コットン

さわやかカジュアルからスポーツシーンにまで


スポーティーブランドのFILAが展開するワークキャップです。定番のロゴが堂々と一度られており、一目でFILAアイテムと分かる仕様になっています。通常、ここまででかでかとロゴを押し出してしまうとださくも見えてしまうものですが、その心配はいりません。多くの人に知られる定番ブランドだからこその好印象が相まって、絶妙に仕上がっています。

また、実際スポーツシーンで活用しても良いでしょう。日差しの強い中でのテニスや、ビーチでのスポーツにも向いているかもしれません。スポーティーな雰囲気は、マッチすることうけあいです。あらゆるシーンで、役立ててみてください。


第13位 Lovechic キャップ メンズ ワークキャップ

サイズ頭周り:56-60cm・ツバの長さ:6cm
高さ10cm
カラーダークグレーA・ネイビー-A・ネイビー-B・ブラック-A・ブラック-B・ブロンズ-A
素材100%綿

高さある仕様がワークキャップならではの無骨感をアップ


ジャストフィット系のワークキャップより、やや高さを設けている点が特徴的なラインとなっています。しっかりとした円筒形になっており、このジャンルらしい無骨感が何とも魅力的です。シャープな色味を多く揃えているため、まさにオトコを上げる一点となってくれるのではないでしょうか。

デザイン面についても、外せない特徴です。2パターン用意されており、イーグルのバッジ、もしくはベルトをあしらった仕様のそれぞれです。クールさなら前者、カジュアル路線なら後者といったイメージで選ぶと良いかもしれません。


第12位 TakaoAwayキャンバス ワッペン&ポケット付き ロゴプリント入り ワークキャップ

サイズ58.5cm~61.5cm
高さ不明
カラーベージュ
素材綿100%

無二の存在感!こだわりをぎゅっと凝縮


もともと鉄道員の仕事用キャップであっただけに、シンプル路線が基本のワークキャップ。ですがそんなシルエットにあえてこだわりをぎゅっと詰め込んだタイプというのも、何とも目を引きます。どでかいワッペンやイングリッシュテキスト、さらにはサイドポケットまでとりつけた、個性派ワークキャップとなっています。

印象としては、とにかく男らしい感じです。しっかりとしたキャンバス生地も影響しているのか、まさに男のアイテムといった雰囲気が漂ってなりません。また事実KINGサイズ仕様になっており、メンズ向けに展開されるラインでもあります。カッコよさ、男らしさを追求したい人に、しっくりくる一点となるでしょう。


第11位 Casual fashion コットン100% ミリタリー調 マリン

サイズ55cm~61cm ※ゴム調節
高さ不明
カラーホワイト・ブラック・カーキ・グリーン・チャコール・グレー
素材コットン100%

スウェット風の生地感がおもしろい


コットン100%でできたワークキャップは多いですが、スウェット調に仕立てたタイプはあまりお目にかかれないことでしょう。こちらはいずれのカラー展開も、部屋着でお馴染みのスウェット風質感に仕上げています。ラフな雰囲気にワークキャップならではのクールさが相まって、絶妙なオーラをかもしれいます。

デザイン面についても、特徴的です。アンカーをあしらったマリン風デザインとなっており、どこかさわやかですらあります。レディース兼用なので、繊細な雰囲気も魅力となっています。さまざまなテイストを共存させた、ハイセンスな一点といえるでしょう。ゴムによるフィット感も相まって、楽に着こなせる手放せない帽子となることでしょう。


第10位 Well-Tailoredキャップ ワークキャップ 帽子

サイズF(頭周り55-62cm)
高さ9cm
カラーグレー・ブラック・ネイビー
素材コットン100%

素朴なデザインとやさしい肌触りがくせになる


スウェット地に続き、やさしい質感が魅力的なアイテムをもう一点ご紹介します。やさしさという面から考えれば、こちらはまたさらに魅力感じられるかもしれません。というのも、タオル生地でお馴染みのパイル地を採用しているためです。肌触りはもちろん、タオルのような吸汗性にも期待できるクールエーバーがもちいられているので、快適必至です。

デザインは、かなりはっきりとした円筒形になっています。加えて、印象的なデザインが相まっていい意味で素朴です。ファッションのさりげないくずしとしても機能することでしょう。後頭部には7cmのサイズ調整がついています。頭の形を気にすることなく、積極的に注目してみてください。


第9位 B-WINDY ワークキャップ メッシュ ランニング メンズ

サイズ頭周り約52-60cm・ツバ約6cm
高さ約9cm
カラーブラック・チャコールグレー・ネイビー・ライトブラウン/アイボリー
素材ポリエステル100%

夏場でも快適に着用できるメッシュタイプ


さまざまにある素材の中でも、こちらは涼しげな印象が特長的です。何せ、メッシュ仕様になっているためです。メッシュといえばキャップが定番的ですが、そんな素材をワークキャップに取り入れています。もちろん同じキャップと名がつくアイテムなだけに、相性は悪くありません。季節に限らず着けられ、重宝しそうです。

スポーツシーンでも、役立ってくれそうです。帽子をかぶったまま運動すると、何かと頭の中が蒸れてしまいがちですが、これなら通気性によってクールに保てるでしょう。40グラムという軽量さも伴うので、プレイにも支障をきたしません。

第8位 FORBUSITE ワークキャップ メンズ ユニセックス

サイズつば/約6cm・頭回り/56~60cm
高さ約8cm
カラーイエロー・ブラック・アーミーグリーン・カーキ・ライトグレー
素材コットン90%・ポリエステル10%

愛着をもってもらえるようなカジュアル感


ザ・ワークキャップといえるような、キャンバス地を全面にあしらったアイテムです。全体がシンプルにまとめられているので、幅広いコーデで活躍することでしょう。アメカジからストリートまで、使い方はあなた次第です。とはいえ、デザインに手を抜いているといった印象はありません。さりげなく取り付けたタグや、サイドのボタンが活きており、センスが感じられます。

またこのアイテムは、デザイン重視ばかりでもありません。機能性にもこだわっており、オールシーズンで重宝したくなること必至です。というのも、つばを大きめに設置して、紫外線対策効果もプラスされているのです。メンズとはいえ、近年の温暖化には辛さをおぼえていることでしょう。このワークキャップで、安全快適を目指してください。

第7位 mont-bell GORE-TEXワークキャップ

サイズS・M
高さ不明
カラータイム・プライマリーブルー・ダークネイビー
素材ゴアテックスファブリクス・2レイヤー[表:70デニール・スパンライク・ナイロン・タッサー]、裏地:75デニール・ポリエステル・メッシュ

落ち着きあるシンプルで大人感を演出

仕事場でもちいられていた帽子アイテムだけに、ワークキャップはやはりアクティブなニュアンスが先行しがちです。そのため、何かと若者向けスタイルとの合わせがイメージされがちでしょう。ですが、デザインから色味まで落ち着いた仕様を意識することで、大人なコーデにも使いやすくなります。

縫い目の露出を抑え、きれいなシルエットにまとめる、さらに全体をワンカラーに統一することで、そのような雰囲気が実現されています。防水性も備えているため、ちょっとした雨の日でも頭周りは快適でしょう。歴史あるモンベルのセンスがふんだんにもちいられています。満足必至の、大人アイテムです。

第6位 BACKS シャンブレー& ヒッコリー ワークキャップ

サイズFREE 頭周り/約57~59cm (サイズ調節可) つば/約8cm
高さ約10cm
カラーネイビーシャンブレー・ネイビーヒッコリー・ブラックシャンブレー・ブラックヒッコリー
素材綿

各素材の質感を活かした絶妙カジュアルキャップ

ワークキャップの中でも、ある意味本格派といえるかもしれません。シャンブレーとヒッコリーという、こなれ感のある素材を採用することで、ワーク感が一層強調されています。まさに、ワークキャップらしいワークキャップとでも申しましょうか。ワークキャップ好きには、たまらないラインではないでしょうか。

とはいえ、だからといってコーデに使いにくいのかといえば、そうでもありません。カジュアルなデザインと長めのつば、そして高さを10cmに設定することで、カジュアルキャップとしての要素も色濃く反映されています。メンズカジュアルをワンランク押し上げる、絶妙な帽子となってくれるでしょう。

第5位 JINTN 迷彩柄 キャップ コットン uv帽子

サイズフリーサイズ
高さ不明
カラーグレー・ブラック
素材コットン

アーミーテイストをオン!迷彩デザインのワークキャップ

はっきりとしたコントラストで魅せる、迷彩柄が何とも印象的です。ワンポイントで入れるミリタリーは、男らしさを程よく押し上げてなりません。もちろん、コーデ全体と統一感を持たせても良いでしょう。オトコが持つワークキャップとして、理想的な一点といえます。かといってユニセックス路線でもあるため、そこまでくどい印象でもありません。

つばが長いので、一見すると普通のキャップのようにもみえます。人気のデザインと相まって、初心者でも使いやすく感じられることでしょう。ファッションの上ではもちろん、アウトドアやレジャーといった、アクティブなシーンにも見事マッチします。ひとつあれば、あらゆるコーデで活躍すること間違いありません。

第4位 TRIBAL 被り心地がいい コットン スウェットワークキャップ

サイズフリー
高さ約11cm
カラーインディゴブルー・オールドローズ・キナリベージュ・グリーン・グレー・チャコール・ネイビー・ブラウン・ブラック
素材コットン100%

大きめシルエットをアンニュイなテイストでまとめる

ここまでに紹介したワークキャップアイテムの中でも、特に際立つ約11cmの高さを誇る一点です。どこかハットにも近いシルエットにもなっており、独特の個性が演出されています。また、高さがあると同時に大きさも伴うわけですが、だからといってアンバランスな印象はありません。ソフトな生地感でアンニュイなテイストをつくりだしており、わりと楽な感覚で楽しめます。

このアイテムを語る上で、注目すべき点はデザインだけでもありません。もう一点、カラーバリエーションの豊富さもとても目を引きます。インディゴブルーやキナリベージュなど、繊細でセンス感じるカラーが展開されているので、きっと好みのものが見つかることでしょう。こだわって、選んでみてください。

第3位 アルファ インダストリーズ キャップ 帽子 ワークキャップ

サイズヘッドサイズ 57~59cm
高さ不明
カラークラシックブルー・ダークブラウン・ワイン・柄0~8、柄D~I(ショップ表記)
素材綿100%

さりげなくなじむ人気ブランドのロゴ

シャープでクールな、アルファインダストリーズのロゴを効果的にあしらったワークキャップとなっています。サイドの絶妙な位置に配置することで、そこまでくどくなくさりげない主張が実現されています。さすがは、MA-1をはじめとした名作ファッションアイテムを多数世に送り出すブランドといったところでしょう。

かぶり心地が比較的浅めになっているため、ワークキャップ初心者でも気兼ねなくかぶれるのではないでしょうか。それこそ、遠目にみると一般的なキャップのようでもあります。使い勝手の良い絶妙アイテム、きっとシーズン通して多用したくなることでしょう。

第2位 ONE OR EIGHT スウェット 切替えパターン ワークキャップ

サイズFREE 頭周り/約57~59cm (サイズ調節可)・つば/約7.5cm、XL 頭周り/約60~62cm (サイズ調節可)・つば/約7.5cm
高さ約9cm
カラーブラック・ネイビー
素材綿40%・ポリエステル39%・レーヨン21%(手洗い可)

センス感じる色使いで個性を放つスウェットキャップ

たてのブリーツが定番的なワークキャップですが、このアイテムは横にラインが入っています。さらにそれぞれ色の異なる生地を並べることで、特有のグラデーションを実現しています。他ではなかなかお目にかかれない、個性的な雰囲気が楽しめることでしょう。

素材には肌ざわりのよいスウェットを採用しています。長時間の着用でも楽にかぶり続けられるでしょう。また、かといってラフさばかりが強調されているわけでもありません。本体はソフトですが、長めのしっかりとしたつばを合わせることでシャープさも共存させています。お気に入り必至の、優秀な一点となるでしょう。

第1位 BEAMS リブ 切替 カノコ ワークキャップ

サイズONE SIZE 頭周り:54~60cm・つば:6cm
高さ約9.5cm
カラーLt.Grey
素材本体:綿100%、リブ部分:綿95%・ポリウレタン5%

良質ブランドから展開されるハイセンスな逸品

いわずと知れた人気ブランド、BEAMSのアイテムを第1位にピックアップ。ワークキャップにおいても、やはり格の違いを見せつけてくれています。定番的な形状の中で、独自のセンスをしっかり表現しているところは、さすがBEAMSと納得させられてなりません。

つるっとしたシンプルなシルエットですが、素材にスウェットを採用することで独自の雰囲気をかもしています。そして忘れてはならない、サイドのBEAMSロゴ。上質アイテムの証であるかのように、さりげなく、それでいて確かに主張しています。カジュアルコーデをワンランク上に押し上げる、絶妙なヘッドウェアとして機能することでしょう。

クールスタイルのワンポイントに…女性に人気のおすすめワークキャップ15選

男性向けの印象が強いワークキャップですが、女性においても高い人気を誇ります。キャップスタイルほどボーイッシュでなく、それでいて絶妙なクールさをかもすワークキャップは、ファッショニスタ御用達アイテムに他なりません。特に人気の高いものを、ランキング形式で特集しました。ご参考ください。

第15位 アクテール キャップ ミリタリー ワークキャップ

サイズフリーサイズ (約50-60cm:無段階調節)
高さ不明
カラー01. ブラック・02. カーキ グリーン
素材ポリエステル

形状と相性の良いミリタリースタイル

女性がワークキャップを活用する上でよく意識されるのが、ボーイッシュテイスト。ワークキャップはもともと鉄道作業員のための帽子であっただけに、男性的な印象が特徴的です。そんな個性を活かしたスタイルが、女性に人気となっているのです。

このワークキャップは、数ある中でクールさ際立つミリタリースタイルとなっています。かといってそこまでごつごつしくないので、あまり気構える必要はありません。男女兼用なので、女性も意識して作られており、そこまで抵抗は感じないはずです。無難な一点として、注目する価値ありでしょう。

第14位 LONTG キャップ ワークキャップ レディース 日よけ帽 ツバ付

サイズ頭周り:約56-58cm、ツバ:長さ約6.5cm*幅11cm、帽子直径:16cm
高さ9cm
カラーブラック
素材メッシュ綿

気軽に美容をサポートできる

女性にとって、帽子をかぶるのは何のためでしょうか。もちろん、ファッションが大前提かと思われますが、それだけでもないはずです。日差しを遮り、顔の美容を守りたい、そう考える人も少なくないことでしょう。ですが、暑い季節の帽子着用というのは、少々苦にも思えるものです。

このワークキャップは、日差しをしっかり遮る長めのつばと合わせて、メッシュ加工を施した本体部も特徴的となっています。これにより、日差しカットと蒸れの防止が同時に実現できるので、まさに暑い季節向けといった印象に仕上がっています。気軽な美容ケアとして、重宝してみてください。

第13位 GENTLY キャンバススタンダードワークキャップ

サイズ59cm・62cm
高さ9cm
カラーブラウン・ダークグレー・ベージュ
素材コットン / 100%

スタンダードデザインが着回しに最適

個性的な帽子は、ひとつかぶるだけでも大きなアピールになります。ですが反対に、合わせられるコーデが限られてくるため、着回しには適しません。その点、スタンダードなタイプであればあらゆるファッションとマッチさせやすく、普段使いが捗ります。

こちらのワークキャップは、無地デザインとなっています。さらに形状もスタンダードであるため、まさに着回し向きといった印象でしょう。カラーバリエーションもブラウン・ダークグレー・ベージュと抑えめを揃えているので、かぶる人を選びません。迷ったら、まずこれで間違いないでしょう。

第12位 BEN DAVIS ワークキャップ

サイズフリー
高さ不明
カラーブラック・ネイビー・カーキ・ベージュ・デニム・ヒッコリー
素材綿100%

しっかりとしたキャンバスがカジュアル向き

ストリートな印象が強いこちらは、ボーイッシュな着こなしを意識したいときに適しているでしょう。特徴的なゴリラのロゴひとつとっても、何とも男性的です。ですが、分かりやすいボーイッシュアイテムだからこそ、コーデのスパイスに効果的となります。かといって無骨過ぎず美しい質感でもあるため、抵抗を覚える必要もありません。

素材には、綿のキャンバス地がもちいられています。カジュアルファッションに適した質感なので、カジュアルとの相性が良好です。つばが長いので、目深にかぶったり、ななめかぶりしたりと、かぶり方のアレンジを楽しんでも良いでしょう。広い意味で、魅力的な一点です。

第11位 TITICACA ネイティブワークキャップ

サイズフリー
高さ不明
カラーマルチカラー・ネイビー
素材綿100%

さわやかな民族風テイストが新しい

柄物ワークキャップの中でも人気がある、民族風デザインとなっています。ですが、民族風というのは何かとパンチが強く、扱いにくいのが実際のところでしょう。コーデを間違えると、かなりアンバランスにもなりかねません。その点このチチカカのものは、初心者でも気兼ねなく挑戦できそうです。

というのも、本格的な民族テイストでありながら、良い意味でかすれたような発色に仕上げているためです。これにより、インパクトあるデザインもさりげなく表現されています。気分次第で、あらゆるファッションに合わせられるでしょう。

第10位 MR.KIMIX ワークキャップ 男女兼用

サイズフリー
高さ不明
カラーグリーン・ブラック・ベージュ・カーキ・ネイビー
素材コットン・ポリエステル

コーデを締める落ち着きあるデザイン

メンズものの中でもかなり落ち着いた部類に入るようなデザインですが、れっきとした男女兼用アイテムとなっています。いずれもファッションの締めや抑えとして重宝しそうですが、好みに合わせてカラーを検討してください。明るめの色味については、とくに使いやすいでしょう。

しっかりしているのは、デザインだけでもありません。生地感もまた、比較的厚めで耐久性ある印象です。そのため、紫外線を通しにくいという効果も期待できるでしょう。長いつば部分と合わさって、美意識の高い女性としては、何とも心強いアイテムです。

第9位 京都おかげさまで ミリタリー キャップ ワークキャップ

サイズ周囲約62cm
高さ約10cm
カラーブラック・ベージュ・ネイビー
素材コットン

さわやかにかぶれる薄手ワークキャップ

人気国産帽子メーカー、京都おかげさまでのアイテムです。さすがは今注目のブランドだけあって、クオリティの高いアイテムとなっています。生地感から縫い目、つくりまで、どこをとっても妥協がありません。日本の職人のプライドが窺える、芸術作品のような帽子ともいえるでしょう。

無地かつシンプルなだけあって、何ともさわやかな印象ですが、さわやかなのは見た目だけでもありません。実はこのワークキャップ、しっかりしたクオリティでありながら、生地は薄手のものを採用しています。暑い季節でもさわやかに着用できるので、快適に帽子ファッションが楽しめます。

第8位 カペルミュール サイクリング ワークキャップ

サイズつば:5.5cm・内周り:56cm
高さ7cm
カラーインディゴ
素材コットン(綿)100%

ゴージャスなブランドロゴが見事に主張

機能性アイテムも少なくないワークキャップですが、こちらはファッション性重視の一点といえるでしょう。インディゴのデニム生地と、ゴージャスなブランドロゴが相まって、何ともファッショナブルです。それこそ、コーデの締めとして格をワンランク高めてくれることでしょう。

また、ワークキャップの中でも比較的高さが低いという点も特徴的になっています。頭がすっぽりおさまり過ぎないので、楽にかぶれることでしょう。かたむきを調整することで、ニュアンスをアレンジしても良いかもしれません。おしゃれ女子の、強力な武器となることでしょう。

第7位 Champion ワークキャップ

サイズ57~59cm (FREE サイズ)
高さ7cm
カラーグレー・ブラック・ベージュ・カーキ・ネイビー
素材綿100%

有名スポーツブランドのスポーティーアイテム

1919年から続く歴史あるスポーツブランド、チャンピオンが手掛けるワークキャップです。デザイン自体は、そこまで特徴的でもありません。むしろ、かなりシンプルな部類に属するでしょう。ですが、その中にワンポイントブランドロゴをあしらうことにより、何ともブランド性が際立った印象となっています。計算されたシンプル、とでもいいましょうか。

シンプルという特徴は、使いやすさというメリットだけに留まりません。流行に流されないため飽きがきにくく、長く愛用することに繋げられます。品質は確かなので、長く持ち続けてきっと損はありません。おすすめの、一点といえるでしょう。

第6位 Smile LaLa スポーティ キャップ

サイズ55~60cm (FREE サイズ)
高さ不明
カラーブラック・ダークグリーン・ネイビー・ブラウン・オレンジ・アーミーグリーン
素材綿100%

上品なかわいらしさが魅力のカジュアルキャップ

ボーイッシュが印象的なワークキャップとはいえ、やはりかわいらしさも求めたいのが女性心といったところです。とはいえ、2つの個性を共存させるのは、容易でありません。このアイテムは、上品さのあるかわいらしさを表現しており、何とも絶妙に仕上がっています。

落ち着きある風合いの生地感、さりげなくあしらったボタン飾り、主張し過ぎない絶妙な生地の合わせなど、各所計算し尽くされています。6種のカラーが用意されているので、好みに合わせてこだわってチョイスしてみてください。

第5位 Smile YKK カジュアル キャップ メンズ ワークキャップ

サイズ周囲47-60cm 調整可能
高さ不明
カラーブラック
素材コットン混紡

ロックテイストなハードアイテムをオン

女性だからといって、繊細でやさしいアイテムばかりがマッチするとは限りません。男性が着用するにしてもなお無骨過ぎるぐらいの、ハードなタイプも場合によっては効果的です。洗い晒し風の生地と、ロックなステッチであしらわれたこちらは、活用の価値大いにありといったところでしょう。

アウトドアやスポーツ向けと紹介されていますが、いちファッションアイテムとして注目してみてください。コーデの締めやニュアンスのプラスアルファとして、役立つこと必至です。ファッションにマンネリを感じがち、そんな人は一点もっておいて損はないはずです。

第4位 M.H.A.style NEW YORK ロゴ刺繍ローキャップ ワークキャップ

サイズ頭周り 約52cm~62cm・つば約7cm
高さ約12cm
カラーA.ネイビー・B.ライトグレー×ネイビー・C.ピンク・D.ホワイト・E.ブラック・F.グレー・G.ネイビー・H.ホワイト
素材綿

人気ブランドのかわいらしいローキャップ展開

安定した人気を誇る、NYCのキャップ展開。ローキャップよりのアイテムにはなりますが、これらもまたワークキャップのひとつに位置づけられています。一般的なキャップ風でありながら、微妙に天井が抑えられています。はじめてワークキャップに挑戦するという人でも、選びやすいのではないでしょうか。

さすがは女性人気の高いNYCの展開だけあって、カラーバリエーションが特徴的です。パステルカラーが多く、また抑えめの色味でもどこかやさしい風合いが印象的でなりません。どれをチョイスしても、気に入ることうけあいです。要注目の、ローキャップ風アイテムです。

第3位 BASE STATION 星刺繍 ワークキャップ

サイズ99(FREE):内周50~65cm・つば6.5cm
高さ約8cm
カラーサンドベージュ(053)・ネイビー(093)・ブラック(019)
素材コットン100%

浅めが使いやすい刺繍をあしらったワークキャップ

シンプルながら繊細に仕上げた、品格ある女性に適したアイテムとなっています。上質な生地感は、それだけでもクオリティを感じさせてなりません。さらにそんな品の面を後押ししているのが、浅いつくりです。ちょこんと頭にのせるような感覚でかぶれるので、ワーク感は良い意味で抑えられています。

柄としては、サイドにワンポイントの刺繍が入っています。星をあしらったものとなっており、何ともかわいらしいです。サンドベージュ・ネイビー・ブラックそれぞれでまた違ったニュアンスが楽しめるので、複数持っておいてもおもしろいかもしれません。

第2位 TITICACA ツイード刺繍ワークキャップ

サイズフリー
高さ不明
カラーブラウン・レッド
素材アクリルなど

ツイード刺繍アイテムをハイセンスに着こなす

前述でも紹介したチチカカのアイテムですが、もう一品上位でもピックアップしたいと思います。民族風のテイストが特徴的な同ブランドですが、その場合、慣れない人は少々扱いにくさも覚えるでしょう。その点、このツイード刺繍が印象的なワークキャップは、適度な主張になっておりコーデしやすそうです。

チチカカのテーマは、「身に着けるだけでハッピーになれる民族調」だそうです。まさにこれも、そのひとつに挙げられるでしょう。合わせの簡単さも相まって、明るい気持ちで楽しめるはずです。いずれも落ち着いた風合いなので、ミスマッチも少ないでしょう。おしゃれ女子なら、持っておいて間違いないアイテムでしょう。

第1位 THE NORTH FACE ゴアテックスワークキャップ

サイズS・M・L
高さ不明
カラーブラック・オリーブ・クラシックカーキ×コズミックブルー・コズミッ・オリーブ(OL)
素材ナイロンスパンタッサー GORE-TEX Fabrics(表:ナイロン100%、中間層:ePTFE、裏:ナイロン100%)

デザイン性と機能性共に充実した贅沢アイテム

第1位でも、安定感ある人気ブランドアイテムをおすすめします。男女共に高い人気を誇るザ・ノース・フェイスの、機能性も充実したワークキャップアイテムです。計算し尽くされた上質な色合わせもさることながら、さすがはアウトドアブランドといわんばかりの機能面も目を引きます。

防水と透湿性に優れた特殊生地、そして水分の侵入を防ぐシームシーリング加工による接合が、他のアイテムとは一線を画します。実際に、山登りやキャンプ、スポーツに使用してもまず物足りなさは感じないことでしょう。

もちろん、ファッション要員としての魅力もかなりのものです。上質生地は、見栄えに関しても美しさを感じさせてなりません。きめ細やかな質感、そして研ぎ澄まされたつくりは、ファッション全体のレベルを押し上げてくれることでしょう。

コツを押さえてさらなる魅力演出!ワークキャップのおすすめのかぶり方

つばがついたワークキャップは、かぶり方ひとつで印象を大きくアレンジすることに繋げられます。おしゃれにこだわりを持つ人なら、きっとただ普通にかぶるだけでは物足りないはずです。どのようなコツが効果的なのでしょうか。おすすめのかぶり方について、押さえていきましょう。

かぶる深さにこだわる!こなれ感を出しておしゃれ上級者気分

高さが特徴であるワークキャップだけに、どのあたりの深さでかぶるかがポイントとなってきます。そして、よりこなれ感のあるおしゃれを主張したいなら、高さに左右されることなく、あえて浅めにかぶってみてください。内部に空洞を保つようなイメージでしょうか。

これにより、がんばり過ぎないおしゃれ上級者のような空気感を演出できます。また帽子を見せる面積が大きくなることで、小顔効果をアップさせる上でも有効に感じられるでしょう。顔の大きさに悩みがあるなら、特におすすめかもしれません。

ユーズド系アイテムを使いこなそう!ワークキャップの味を活かす

ワークキャップは、冒頭の通り仕事場において使われていた帽子がもととなったアイテムです。そのため、どちらかというときれいめよりユーズド感があるものの方が味わいは出やすいです。そしてそんなワークキャップらしさを活かすときにも、やはりかぶり方を工夫してみてください。

この場合も、かぶり方は浅めを意識すべきです。そしてさらに、あえて帽子をくしゅくしゅと押しつぶしたり曲げたりするなどして、シワ感を強調してください。ユーズド感+こなれ感の合わせ技で、ハイセンスな表現が楽しめます。

とはいえ、つぶすとはいえもちろん限度はあります。ワークキャップの素材や個性を考えながら、強さは調節しつつおこなってください。

かわいらしさを強調するなら…髪の見せ方で工夫

かわいいという魅力は、男女共通です。やはり女性において特に重要となる要素かもしれませんが、男性においても効果的なスパイスとなることでしょう。ワークキャップが役立つカジュアルファッションではなおのことです。

かわいらしさをアピールする上では、前髪を見せるようなかぶり方がおすすめです。これにより、少し幼さを表現できるためです。女性ならではのかわいさはもちろん、男性が崩しをプラスアルファする上でも効果的でしょう。気分や髪型に合わせて、意識してみてください。

まとめ

ワークキャップは、一般的なキャップにも近い扱いやすいタイプの帽子となっています。変わり種アイテムともなると、初心者は少し気構えてしまうかもしれませんが、ワークキャップなら抵抗なく手を伸ばせるのではないでしょうか。

もちろん、魅力はかぶりやすさだけでもありません。上記の通り、さまざまな特徴や良さを備えているので、こだわればこだわるほど、愛着が湧いてくること必至です。お気に入りをゲットして、ファッションの幅をさらに広げてみてはいかがでしょう。