TSUTAYA DISCASの評判・口コミはどう?宅配レンタルの体験談とメリット・デメリットのまとめ

DVDやCD、漫画などをレンタルするためにTSUTAYAを使っている人も多いでしょう。そのTSUTAYAが2002年から提供しているサービスが「TSUTAYA DISCAS」です。

この記事ではTSUTAYA DISCASの評判やメリット・デメリット、実際に筆者が使ってみた体験談などをまとめていきます。

TSUTAYA DISCASの公式サイトはこちら

TSUTAYA DISCAS(ツタヤディスカス)とは?

まず、TSUTAYA DISCASとはどのようなサービスか、箇条書きで説明すると下のようになります。

以下、それぞれの項目を詳しく説明していきます。

概要…宅配レンタル&配信のサービス

TSUTAYA DISCASは「宅配レンタルと配信」のサービスです。通常の店舗のTSUTAYAとは、下の点が違います。

  • 宅配…借りるのも返すのも宅配・郵便
  • 配信…パソコンやスマホを使う(来店も宅配もなし)

宅配・配信は、それぞれ対象とするジャンルが異なります。それぞれの対象ジャンルを説明していきます。

宅配レンタル対象…DVD・CD・コミック

宅配レンタルは、主に2つのジャンルに分かれています。

  1. DVD・CD(ブルーレイ含む)
  2. コミック

DVD・CDについては、動画と音楽という違いがありますが、プランは共通となっています。DVDもCDも同じジャンルとして扱われている、ということです。

一方、コミックについてはプランがまったく別になります。これはTSUTAYAの実店舗でもそうなので、TSUTAYAを利用している人だと納得できるでしょう。

配信サービス対象…動画・音楽

配信サービスでは、動画・音楽が対象となっています。要は「DVD・CDの中身」が対象ということです。

宅配との一番の違いは漫画があるかないかです。宅配は漫画がありますが、配信では漫画がありません。


以下、宅配・配信のさらに詳しい説明は、それぞれの段落でしていきます。

ここからは、先にTSUTAYA DISCASの評判を紹介します。

TSUTAYA DISCASの公式サイトはこちら

TSUTAYA DISCASの評判・クチコミ

TSUTAYA DISCASの評判はネット上ではTwitterの中で特に多く見られます。その中でも特に参考になるツイートを紹介させていただきます。

いい評判・口コミ

悪い評判・口コミ

「店舗のTSUTAYAの方がいい」という内容の評判

中立の評判・口コミ


*↑こちらはTSUTAYA DISCASに対する言及ではありませんが、面白かったので紹介させていただきます。

宅配レンタルのプラン・サービス

  • 進撃の巨人
  • 花のち晴れ
  • キングダム
  • スキップ・ビート!
  • 約束のネバーランド
  • 椿町ロンリープラネット
少年コミック

  • レベルE
  • ジョジョの奇妙な冒険
  • 鋼の錬金術師
  • GATE
  • 最遊記外伝
  • 最遊記 RELOAD
青年コミック

  • プラネテス
  • 専務 島耕作
  • 蟲師
  • JIN―仁―
  • 3月のライオン
少女コミック

  • 愛の野獣
  • 僕の初恋を君に捧ぐ
  • 蝶よ花よ
  • 黎明のアルカナ
  • あい・ひめ
  • 惚れない花嫁

その他、現時点でどのような作品がランキング上位に入っているかは、TSUTAYA DISCAS コミックレンタルのトップページで確認できます。

TSUTAYA DISCASに申し込む前に、まず自分が読みたい漫画やジャンルが揃っているかどうかをチェックしましょう。

TSUTAYA DISCASの公式サイトはこちら

配信サービスの内容・プラン


TSUTAYA DISCASの配信サービスは、下の2通りがあります。

以下、それぞれの配信サービスについて詳しく解説していきます。

動画見放題プラン

TSUTAYA DISCASの動画見放題プランの概要は下の通りです。

プラン2通り(動画見放題・月額見放題フル)
料金動画見放題…933円・月額見放題フル…2381円
ジャンル全般(月額フルはアダルトのみ)
作品数約32,000タイトル以上(月額フルは6万以上)

以下、各項目についての説明です。

プラン…2通り(動画見放題・月額見放題フル)

TSUTAYAの動画見放題プランは2通りあります。

  • 動画見放題…一般向け
  • 月額見放題フル[R18]…アダルト専門

内容が明確に違うので、どちらのプランを選ぶかで迷うことは特にないでしょう。

料金

月額料金はそれぞれ下のようになっています。

動画見放題933円(税抜)
月額見放題フル2381円(税抜)

それぞれ税込みだと「1008円、2571円」です。大体「1000円・2500円」と考えていいでしょう。

「月額見放題フル」のコスパは良い?悪い?

2500円の方の「月額見放題フル」は、コスパがいいのか悪いのか―。まず、アダルト動画の本数はそれぞれ下のようになっています。

  • 1000円の方…約2万本
  • 2500円の方…約6万本

料金も合わせて比較すると、下のようにいえます。

  • 料金が2.5倍になる(1000円→2500円)
  • アダルト動画の本数は3倍になる
  • しかし、一般動画は見れなくなる

こうして考えると、筆者としては「1000円のプランの方がコスパがいい」と考えます。ただ、この点はアダルト動画をどれだけ見たいかにもよるでしょう。

本数だけで比較するとそれほどコスパは良くないのですが、「貴重な作品」がどれだけあるかにもよります。この点は「何を持って貴重というか」が人によってまったく違うので、判断や好みが分かれるところでしょう。

作品数…約8000以上

動画見放題の作品数は、約8000タイトル以上です。公式サイトでは「新作・準新作などを除く約8,000タイトル」と書かれています。ジャンル別のタイトル数は下の通りです。

ジャンルタイトル数
洋画700
アジア映画200
国内テレビ250
海外テレビ50
邦画1500
アニメ300
アダルト5000

上記のデータは、下の画像を文字起こししたものです。

各ジャンルの下の方に小さい文字で「うち動画見放題対象…約○○タイトル」という風に数字が書かれています。これを一覧にしたものです。

「海外テレビのタイトルが少ない」と感じる人が多いでしょう。TSUTAYA動画配信「見放題・海外ドラマ」のページを見てみると、下のようなラインナップになっています。

(もちろん、ごく一部を切り取ったものです)

写っているタイトルをざっと書き出すと下記のようになります。

  • ウォーキング・デッド
  • クリミナル・マインド
  • GRIMM(グリム)
  • グレイズ・アナトミー
  • デスパレートな妻たち

人気作品は一通り揃っているという印象です。50タイトルということで、海外ドラママニアの人にとっては物足りないかもしれません。しかし、特にマニアではなく、有名作品でも「まだ見たことがないタイトルがある」という場合は、満足できるかと思います。

その他にどんな作品が見られるか

見放題作品を「人気順」で一覧にすると、2018年6月24日時点で、下のような作品がランキング上位に出ていました。

登場している作品タイトルを書き出すと下の通りです。

  • セッション
  • レ・ミゼラブル
  • バック・トゥ・ザ・フューチャー
  • 2012
  • 八日目の蝉
  • アイアンマン
  • アメイジング・スパイダーマン

実はこれらの上にひたすら「劇場版・名探偵コナン」が並んでいて、ベスト8ほどをコナンが独占していました。

特にコナンのキャンペーンや特集をやっていたわけでもないので理由は不明です。ただ、先に紹介した洋画の一覧のように、多くの人が見たがるようなヒット作は揃っています。

動画定額ポイントプラン

見放題プランとは別に、TSUTAYA DISCASの動画配信では「定額ポイントプラン」というものもあります。こちらは、見放題プランより作品数が多く「32,000タイトル以上」となっています。

ジャンル別のタイトル数は下の通りです。

ジャンルタイトル数
洋画4100
邦画4400
アジア映画280
国内テレビ790
海外テレビ470
アニメ2400
アダルト19000

月額料金については下の4通りがあります。

  • 990円
  • 1980円
  • 2970円
  • 3960円

料金はいずれも税別表示です。毎月固定の月額を払い、それより多めの動画ポイントをもらうことができます。もらえる動画ポイントは、月額ごとに下のようになっています。

月額定額動画ポイント
990円1300ポイント
1980円2600ポイント
2970円3900ポイント
3960円5200ポイント

このように、大体「月額の1.2倍くらいのポイント」をもらえます。ポイントはもちろん「1ポイント1円」の価値があります。

見放題プランとの一番の違いは「最新作も見られる」ということです。最新作を見たい人は、こちらの定額ポイントプランも併用するといいでしょう。

(定額プランでなくても都度払いでもいいですが、定額の方が約20%お得です)

音楽(DISCAS音楽配信)

TSUTAYA DISCASの音楽配信サービスは「DISCAS音楽配信」という名称です。このサービスの概要は下のようになっています。

料金1曲100円から&無料視聴も可
ジャンル邦楽・洋楽・HIPHOP・アニメなど全般
ラインナップ人気曲からレア曲まで
作品数約100万曲

以下、DISCAS音楽配信の基本情報について、詳しく説明していきます。

料金…1曲100円から&無料視聴も可

音楽配信の料金は1曲100円からとなっています。しかし、1曲ごとに購入する時は、ほぼすべて257円(税込み)です。上の画像は宇多田ヒカルのニューシングル「初恋」ですが、このような新作だけでなく、旧作でもアルバム曲でもすべて257円です。

(余談ですが、「First Love」を日本語にしたタイトルが大人になってからリリースされるというのが面白いですね)

「1曲100円」の意味について

「TSUTAYA DISCAS音楽配信」では、料金について「1曲100円から」とうたっています。ただ、これは「個別の曲の購入で、100円から買える」というわけではありません。

「アルバムなら、15曲1500円で買える」という意味です。たとえば下の画像の「猫は抱くもの」(水曜日のカンパネラ)がそうです。

15曲入りで「1543円」と書かれているのがわかるでしょう。わずかに1曲100円を超えていますが、ほぼ100円です。しかし、このアルバムの曲も個別で購入すると、1曲257円となります。

シングルでもアルバムでも1曲単位で購入しようとすると、ほぼすべて257円です。もちろん、アーティストの音楽活動を支援するにはこの方がいいでしょう。

ただ「好きな曲だけ買えば100円で買える」と期待すると、少々がっかりするかもしれない、ということです。

(この場合はブックオフやハードオフに行けば、昔のシングルなら100円で売っているものが大量にあります。欲しい曲が見つかるかどうかは別ですが)

ジャンル…邦楽・洋楽・HIPHOP・アニメなど全般

音楽配信のジャンルは下のようになっています。順番も表記も出てくるメニューそのままで書きます。

  • 洋楽
  • K-POP
  • J-POP
  • J-HIP HOP/R&B
  • レゲエ
  • アニメ

見ての通り、洋楽・Kポップが一番上に出てきます。この2つのジャンルで、TSUTAYAの音楽配信を利用する人が多いのかもしれません(そうでなければ、わざわざこの2ジャンルを上にもってくる理由がないでしょう)。

上のジャンル一覧を見て「演歌はないのか?」と思う人もいるでしょう。筆者も「配信だから、年配の人向けの演歌はないかも」と思いました。

しかし、森進一は下の画像のように381件もしっかりとヒットしました(知っている人も多いでしょうが、森進一はONE OK ROCKのボーカル・Takaのお父さんです)。

このように、演歌やクラシックなど、上のジャンル一覧に書かれていないジャンルの曲もあります。ただ、後述するようにB’zやZARDなどの有名歌手でも、曲がまったく収録されていない例があるので、ジャンルよりもアーティスト名に注意した方が良さそうです。

ラインナップ…人気曲からレア曲まで

ラインナップについては、最新のヒット曲から玄人向けのレア曲まで、幅広く揃っています。まず最新のヒット曲では、2018年6月24日時点で、シングルのランキング・ベスト5が下のようになっています。

  1. 闘う戦士(もの)たちへ愛を込めて(サザンオールスターズ)
  2. 初恋(宇多田ヒカル)
  3. U.S.A.(DA PUMP)
  4. Lemon(米津玄師)
  5. ドラえもん(星野源)

アルバムのベスト5は下の通りです。

  1. ナナツイロ REALiZE(IDOLISH7)
  2. 走り出す瞬間(けやき坂46)
  3. THE ASHTRAY(Suchmos)
  4. トマレのススメ(駒形友梨)
  5. The Best so Far..(セリーヌ・ディオン)

レア曲ではどのようなものがあるかというと、たとえば野狐禅(やこぜん)のラストライブのCDなどがあります。野狐禅は、2017年にアカデミー賞・優秀助演男優賞を受賞した竹原ピストルさんが、以前に組んでいたユニットです。

「野狐禅は有名だからレアじゃない」と思われそうなので、もう少し突っ込んでみます。たとえばHIPHOPでは「DJ OASIS」のアルバム「ウォーターワールド」があります。

DJ OASISは、日本のヒップホップの伝説的なグループ「キングギドラ」のDJです。つまり、ヒップホップ業界では超有名人なのです。

ただ、DJ OASISさんのソロアルバムとなると、特に若い世代だとヒップホップ好きでも聴いたことがない、ということもあるでしょう。

どのくらいで「レア曲」というかは定義が難しいのですが、とりあえずこのように「コアなファンを持っているアーティストの曲」も収録されているということです。

なお、作品数でいうとDISCAS音楽配信は全体で「約100万曲」となっています。

TSUTAYA DISCASのメリット・デメリット

メリット

借りる時も返す時も、スピードが早い

筆者が今回、コミックレンタルを使った時は、下のような流れになりました。

TSUTAYAが発送6月20日 14時23分
筆者宅に到着6月21日 11時頃
コンビニで返却6月21日 12時頃
TSUTAYA返却確認6月22日 12時38分

簡単に書くと「受け取る方も返却する方も、24時間あれば届く」ということです。そして、筆者は愛知県の過疎地に住んでいてこのスピードだったので、東京に住んでいる人などは、半日程度で届く可能性もあります。

(送り先は埼玉県でした)

ちなみに、筆者の住んでいる過疎地というのは、愛知県の西側の半島の先端です。東側ならともかく、西側でもこのスピードで届いたので、名古屋や関東の人なら、もっと早く届くでしょう。

近くにTSUTAYAの店舗がなくてもマンガを借りられる

映画・音楽に関しては「配信を使う」という手があります。しかし、マンガに関しては配信は使えません。

一応「Renta!」などのマンガの配信サービスもあるのですが、ジャンプなどの人気作品は購入するしかありません。新品の単行本と同じ価格になります。

「マンガは紙の書籍で読みたい」という人にとっては、「電子書籍で新品の単行本と同じ価格」というのは、コスパが悪く感じられるでしょう。また「何度も読むわけではない」という人の場合、「安い価格でレンタルできる方がいい」と思うはずです。

そうした人にとってはTSUTAYAのコミックレンタルが一番いいのですが、店舗が近くになければ店舗でのレンタルは使いにくくなります。このような場面で、TSUTAYA DISCASのコミックレンタルを使うメリットがあります。

なお「紙のマンガへのこだわりがない」という人の場合、Renta!のような電子書籍の漫画レンタルはおすすめです。ジャンプなどの作品はレンタルできなくても、その他の人気作品は48時間レンタルで読むことも、購入することも可能です。

Renta!については下の記事で詳しくまとめているので、興味があれば参考になさってみて下さい。

[関連記事 link=”https://waotas.jp/36758″ img_switch=”on”>

大量に借りると店舗で借りるより安い

TSUTAYAの店舗でDVDを借りる場合、旧作だと「7泊8日で108円」です。しかし、TSUTAYA DISCASならハイスピードで「借りて返して」を繰り返せば、月30枚程度は借りることができます。

この場合、たとえば一番基本的な「定額レンタル8」のプランの場合、月額約2000円で30枚を借りられることになります。一枚当たりの金額だと「約65円」です。

店舗でのレンタルの「1枚108円」と比べると、大幅に安くなることがわかるでしょう。「月30枚もDVDやCDを鑑賞する人」に限られますが、そのくらいのヘビーユーザーであれば、TSUTAYA DISCASを使うメリットが大きくなります。

デメリット

TSUTAYA DISCASを使って感じたデメリットは主に下の2点です。

以下、それぞれのデメリットについて説明していきます。

ログインの操作が何かと不便

当たり前ですが、TSUTAYA DISCASには「コミックレンタルの説明ページ」があります。そして、このページの一番下にある「会員登録(無料)」というボタンを押すと、ログイン画面に跳びます。

(まだ会員登録をしていない人は登録作業をしますが、会員登録をしている人ならパスワードだけを入力してログインします)

ログインが必要というのはいいのですが、漫画の説明ページから移動したのだから、普通はログイン後「漫画のページ」に跳ぶと思うでしょう。しかし、そうではなく「DVD」のページに跳ばされます。

Webの技術的に「ログイン後に跳ぶページが一箇所の方が簡単」というのはわかります。しかし、どう考えても漫画の説明ページから来た人は、漫画のページに跳ばすべきでしょう。

「ユーザーの利便性」という意味でもそうですが、その方がTSUTAYA DISCASの利益にもなるはずです。漫画のページに直接跳ばしてもらったユーザーの方が、そのまま漫画をレンタルする可能性が高いといえます。

「その方がいいとわかっていてもできない」ということはどんな会社でも個人でもあることなので、なかなか理想通りにはいかないというのはわかります。しかし、ユーザーの導線としては間違いなく「漫画のページに跳ばす方がいい」はずなので、今後TSUTAYAさんに余裕がある時に改善されることを期待します。

音楽配信は有名アーティストでも収録されていないことがある

TSUTAYA DISCASの音楽配信は、日本を代表するような有名アーティストでも収録されていないケースがあります。たとえばB’zです。下の画像のように「アーティスト名…B’z」で検索しても、ヒットするのは0件となります。

音楽配信ではなく「宅配レンタル」だと、下のようにB’zのアルバムやシングルが多数ヒットします。「宅配レンタルで聴ければいい」という人はいいのですが「音楽配信で聴きたい」という人にとってはデメリットでしょう。

B’zだけでなく、ビーイング系のアーティストは大体同じです。ZARDも下のように、音楽配信でヒットするのは0件となります。

ZARDもやはり「宅配レンタル」なら過去の作品がすべてヒットします。

下の画像のように、シングルCDがまだ「8cm」だった頃の曲から、すべて収録されています。

音楽配信については個々の音楽事務所の著作権に対する姿勢など、あらゆる事情によって決まるものでしょう。そのため「聴きたい人が多いから配信もしてほしい」というわけには、なかなかいかないかと思います。

また「現時点で収録されているアーティストだけ聴ければいい」という人もいるでしょう。そのため、この点は「万人にとってのデメリット」とはいえません。

ただ、B’z・ZARDレベルのアーティストでも配信曲が0件なので「自分が好きなアーティストが収録されているかどうか、事前に確認するべき」といえます。

TSUTAYA DISCASの公式サイトはこちら

TSUTAYA DISCASはこんな人におすすめ!3つのポイント

TSUTAYA DISCASは下のような人に特におすすめのサービスです。

以下、それぞれの理由を説明していきます。

店舗のTSUTAYAをすでに利用している人

TSUTAYA DISCASは単独で利用するより、実店舗のTSUTAYAと併用するのが一番便利だと感じます。人によって感じ方は違うでしょうが、筆者の場合はそう感じました。

例えばコミックレンタルなら下のような使い方が便利かと思います。

  • まず店舗で借りたいマンガを探す
  • なかったら宅配レンタルサービスを利用する

あるいはこの逆の順番でもいいでしょう。選択肢が2つあることで、より快適な方を選べるということです。

これはTSUTAYA DISCASと店舗の併用に限らず、人生のあらゆる場面で「選択肢が豊富な方がストレスが少なくなる」といえるでしょう。もちろん「選択肢が多すぎ」だと逆に困りますが、二択でストレスになることは、ほぼないといえます。

(人生を左右する二択だったら別ですが、店舗で借りるか宅配で借りるかというだけの話なので。選択肢が増えることには、ひたすらメリットしかないはずです)

ファミマ・Yahoo!などでTポイントを使っている人

Tポイントは共通ポイントの中でも特に規模が大きなものです。Tポイントも含め、有名な共通ポイントでは下のようなものがあります。

  • Tポイント
  • dポイント
  • 楽天スーパーポイント(Rポイント)
  • nanacoポイント
  • Pontaポイント
  • WAONポイント

これらの中で、一番知名度が高いのはTポイントでしょう。他のポイントは若者の間では知られていますが「お年寄りにも知られている」という点では、Tポイントがナンバーワンといえます。

TSUTAYAはもちろん、Yahoo!やその他のサービスで、Tポイントが貯まる&使えるものは多くあります。ソフトバンク携帯もその1つです。

こうしたTポイントが貯まりやすい&使いやすいサービスを利用している人なら、特にTSUTAYA DISCASを使うメリットが大きくなるでしょう。

動画・音楽・マンガをすべて楽しみたい人

TSUTAYA DISCASは動画・音楽・漫画というオールジャンルのサービスです。「1回の登録ですべてのコンテンツを楽しみたい」という人には、特に便利でしょう。

個別のジャンルだけ楽しむのであれば、それぞれ専用のサービスを申し込む方が、月額も安くコスパがいいという見方もあります。たとえば音楽だったら、ドコモが提供する「dヒッツ」などのサービスです。

dヒッツについては下の記事で詳しくまとめているので、音楽を集中的に聴きたい方は参考になさってみて下さい。

[関連記事 link=”https://waotas.jp/36023″ img_switch=”on”>

TSUTAYA DISCASに実際に登録して使ってみた!

実際に筆者もTSUTAYA DISCASを使ってみました。ここではその体験談と感想をまとめます。使ってみたサービスは下の3つです。

以下、それぞれの体験談を写真とともにまとめます。

コミック宅配レンタル


漫画レンタルは、このように黒いシューズケースのような袋で届きます。

最初に「アンビタッチ」を切る


袋のジッパー(チャック)は、このように白いプラスチックの針金&紐の中間のようなもので止められています。よく見る留め具です。

「アンビタッチ」といいますが、これはハサミで切ってしまって大丈夫です。返却する時の予備は中に入っています。

中身


中身はこんな感じです。漫画と説明書・納品書・返却時に使う送付状が入っています。

漫画


今回は試験的に3冊だけ借りました。『鋼の錬金術師』『進撃の巨人』『GANTZ』です。店舗でのレンタルと同様、全部ビニールのカバーがかかっています。

漫画の裏面


漫画の裏面も、このように「レンタル本」というシールやバーコードが貼られています。

漫画の中身


当たり前ですが、漫画の中身はまったく普通で快適に読めます。


タバコの臭いなどもついていません(タバコを吸っている人や、夏場に蚊取り線香を使っている人は、長期レンタルの時は注意した方がいいかもしれません)。

返却方法の説明

返却方法の説明も、このように紙で丁寧に書かれています。

送付書を記入


返却時はこの送付状に自分の情報だけ記入し、バッグのビニールの中に入れます。そして、コンビニに持っていくか、クロネコヤマトさんに電話をして集荷に来てもらいます。

アンビタッチで封をする


封をするためのアンビタッチがこのように同封されているので、これを使ってジッパーに封をします。そして、コンビニに持っていくか集荷を依頼しましょう(コンビニの方が楽なので筆者はコンビニ=セブンイレブンにしました)。

DVD宅配レンタル

まず、こんな感じの封筒で届きます。「こういう紙の封筒でDVDやCDが送れるんだな」と、映画を見る以上にそっちの方に好奇心を刺激されました。

中身のDVDを出したところ

中身はこういう風です。2枚1組になっています。

DVDのケース

DVDのケースは、店舗のTSUTAYAで借りる時と同様、ビニールケースになっています。


返却時の作業

いきなり返却方法のレポートになりますが、上のように封筒にわかりやすく書かれています。

自分宛の宛名部分を切り取る

このように、自分の宛名が印刷されていた部分を切り取ります。手で切り取れるようになっています。

シールで封筒に封をする

封筒もシールで簡単に封ができるようになっています。シールを剥がすと上の画像のように「入れ忘れ・私物混入はございませんか?」と、注意喚起の文章が出てきます。

紙の封筒なので何も混入しないとは思いますが、一応しっかり確認して封をしましょう。後はポストに投函するだけです。

投函する時、ポストの中に落ちる音がしたので「DVDなのに大丈夫か?」と思いましたが、よく考えたらTSUTAYAの店舗でも「返却ポスト」というのがありました。この辺はまったく問題ないのでしょう。

動画見放題

動画見放題は、パソコン・スマートフォン・タブレットの3種類の端末で試してみました。まずパソコンでは下のような感じです。

アメイジング・スパイダーマン

ダ・ヴィンチ・コード

スマートフォンでの表示

スマホでは、まずトップ画面が上のようになります。

ランキングページはこんな感じです。

これは個別のタイトルのページです。

実際に動画を再生しているシーンです。「10秒巻き戻し」「30秒早送り」などのボタンが左下にあります。

スマホで見るにはアプリが必要

当然のことながら、スマホで動画見放題のサービスを利用するには、アプリが必要です。アプリなしでWebページから見ようとすると、上の画像のようなエラーが出ます。

タブレット(iPad)での視聴

タブレット版のトップページは上のような感じです。作品を一覧しやすいという点で、スマホよりタブレットの方が便利です。特にiPad Proのようなサイズが大きいものは有利だと感じました。

個別の作品のページは上のようになっています。これは「下町ロケット」のものです。左側に画像とあらすじ、右側に各エピソードの一覧があります。


以下、写真が少々斜めになってしまったのですが、タブレットで再生しているシーンをデジカメで撮影したものです。

高校教師

一世を風靡した大ヒットドラマです。映像は少々古めですが、今でも色あせない名作です。特に最近亡くなった森田童子さんの代表曲「僕たちの失敗」の存在感が光っています。

俺はまだ本気出してないだけ

人気漫画『俺はまだ本気出してないだけ』を映画化した作品です。タイトルに魅かれて思わず観てしまいました。

筆者は過疎地に住んでいるため、ネット環境がADSLしかなく、たまに画面が止まることがありました。動画配信を快適に楽しみたいなら、光ファイバーがあった方がいいでしょう。

動画見放題のサービスについては、ドコモが提供するdTVも人気です。dTVについては下の記事で詳しくまとめています。

[関連記事 link=”https://waotas.jp/33377″ img_switch=”on”>

TSUTAYA DISCASの登録方法・解約方法

TSUTAYA DISCASは、登録方法も退会方法も簡単です。ここではそれぞれのやり方・流れを画像とともに説明していきます。

登録方法

TSUTAYA DISCASの登録の流れは「個人情報の入力」→「利用規約に同意」→「完了」というものです。非常に簡単なので、すぐに登録できるでしょう。

(以下、画像とともに説明していきます)

TSUTAYA DISCASのトップページに行く

個人情報を入力する


クレジットカードの情報も合わせて入力します。auかんたん決済やソフトバンクまとめて支払いなども使えます。

利用規約に同意して会員登録


一番下にある緑色の「会員登録する」というボタンを押します。

登録内容を確認


上の画像のような登録内容確認画面になります。


確認画面から進んだら、上のような画面が出て登録完了です。登録完了のメールがアドレスに届いているので確認しましょう。


登録が完了したらログインします。右側の黒い部分のマイメニューから、いろいろ操作できます。

解約方法

TSUTAYA DISCASを解約・退会するには、まずマイページの「休会する」のページに行きます。

そうすると、上のようにログイン画面が出ます。

ログインするとこのような画面になります。下の方にスクロールしていきます。

このように説明の文章と確認ボタンがあるので、確認ボタンを押して解約完了です。非常に簡単なので、誰でもスムーズに手続きできるでしょう。

なお、これは完全な退会ではなく「休会」です。しかし、これでも月額などの支払いは発生しないので、解約の目的は十分達成できるかと思います。

TSUTAYA DISCASの公式サイトはこちら

よくある質問

TSUTAYA DISCASの支払方法は?

TSUTAYA DISCASの支払方法は、大別すると下の2種類になります。

  • クレジットカード決済
  • 携帯キャリア決済

クレジットカードは、5大国際ブランドがすべて使えます。VISA・Master Card・JCBはもちろん、AMEX・Dinersも利用可能ということです。

携帯支払いについては、下の3大キャリアのものがすべて使えます。

  • ドコモケータイ払い
  • auかんたん決済
  • ソフトバンクまとめて支払い

デビットカードについては「VISA」は利用可能です。ただし、ジャパンネット銀行など一部の銀行のデビットカードは利用不可となります。ネット銀行だと引っかかりやすいと思ってください。

利用できない支払方法

TSUTAYA DISCASで使えない支払い方法は下の通りです。

  • デビットカード(VISA以外)
  • プリペイドカード
  • 楽天Edy(モバイル楽天Edy含む)
  • 銀行振込
  • コンビニ払い
  • 海外発行クレジットカード

基本的に「クレジットカード・携帯支払い以外は使えない」というルールです。

TSUTAYA DISCASに無料お試し期間はある?

TSUTAYA DISCASには31日間無料というシステムがあります。もしサービスに不満があった場合、この無料期間内に解約手続きをすれば、お金は一切かかりません。

TSUTAYA DISCASの契約解除の方法はこの記事でも解説していますが、手間はまったくかからず簡単です。TSUTAYA利用者の方や、動画見放題サービスなどに興味がある方は、一度試してみてもいいかと思います。

補足…「TSUTAYA TV動画配信」は、ツタヤディスカスに含まれる?

この記事で紹介している動画配信サービスは、正式名称を「TSUTAYA TV動画配信」といいます。「TSUTAYA TV」という文字が入っているので、別サービスなのではないか、と思うかもしれません。しかし、これもTSUTAYA DISCASのサービスの一部です。これは下の画像でわかります。

Googleの検索結果ですが、TSUTAYAが自ら書いたサイト紹介で下のように書かれています。

配信で映画を観るなら、TSUTAYA DISCAS! 話題の映画や海外ドラマ、人気映画を簡単に配信で観ることができます!

ここから「動画配信のサービスも、TSUTAYA DISCASの一部」ということがわかります。

まとめ


TSUTAYAディスカスは、動画やマンガ、音楽が好きな人にとっては鑑賞の選択肢が大きく広がるサービスです。最後に特にTSUTAYA DISCASがオススメの人の条件をまとめると、下記のようになります。

  • 店舗のTSUTAYAを利用している
  • ファミマやYahoo!など、Tポイントが貯まる・使えるサービスを利用している

この2つに該当する人で、マンガ・音楽・動画が好きな人は、TSUTAYA DISCASのサービスを一度チェックしてみるといいかと思います。

TSUTAYA DISCASの公式サイトはこちら