賢い人はみんな使ってる!フリマアプリおすすめ15選

フリマアプリは、若い世代を中心に大人気です。フリマアプリの利点は何といっても定価よりも安く商品を購入できること。商品状態もそこそこいい場合が多いので、賢い節約上手な人はフリマアプリを有効活用している人がとても多い印象です。

また、フリマアプリの利用目的も純粋な売買目的だけでなく、ちょっとしたお小遣い稼ぎやせどりで生計を立てる人もいるなど、多様化しています。今回は、純粋に要らないものを出品してほしい人が買うような、そういった用途でフリマアプリを使う人の方法をメインに紹介します!

目次

フリマアプリは個人間の売買・交換をインターネット上で実現するアプリ


フリマアプリとは、スマートフォンでフリーマーケット(以下:フリマ)ができるアプリです。では、フリマとは何でしょうか?改めて聞かれると正確に答えられない人もいると思います。日本フリーマーケット協会ホームページでは、フリマについて以下のように説明されています。

いわゆる「フリーマーケット」のルーツは、元来フランス各地で行われていた「蚤の市(Flea Market)」です。
「ものは、使える限り大切に」という、省資源・省エネルギーの思想と、環境保全まで含めた考え方で、不用品や再生が可能なものを公園や広場に持ち寄って売買・交換し再利用を図る市民レベルの知恵として各地に広がりました。

(中略)

また、日本フリーマーケット協会では、本来「蚤の市」と訳される「Flea Market」を日本で開催するにあたり、誰もが気軽に参加出来るように親しみをこめて『Market』とし、独自性・エンターテイメント性を提案していくため、商標登録・サービスマーク等の登録を行っています。

(引用:日本フリーマーケット協会ホームページ「フリーマーケットとは」)

つまり、日本でのフリマは、”不用品や再生可能なものを公園や広場に持ち寄って売買・交換する、誰もが気軽に参加できるイベント“を意味します。フリマアプリで売り場を公園や広場からインターネット上に移したことで、東京と大阪といった、遠距離間での売買・交換もできるようになったのです。

フリマアプリはなんでもあり!?

フリマアプリには、様々なジャンルの商品を幅広く扱う総合型フリマアプリと、特定のジャンルの商品に特化した特化型フリマアプリの2種類に大きく分けることができます。総合型フリマアプリでは、「こんなものも出品していいの?」というものまで出品されています。もちろん、今回紹介するものでもアプリによっては出品が認められない場合もあります。今回は、その例を少しだけ紹介します。

  1. ダウンロード版ゲームソフト、アプリのアカウントデータ
  2. レポートや卒業論文、夏休みの自由研究
  3. 模試の問題と解答の冊子

1. は「自分はゲームから卒業したいけど、課金しまくったアカウントを消してしまうのはもったいない」という人が、機種変更の際にゲームデータを引き継ぐために必要な情報を教えることでアカウントを売るそうです。また、2. の場合は見ず知らずの人の使いまわしならパクリもバレないという発想、3. は自分が持っていないパターンの非売品の問題を購入することで、新しい問題に触れることができるというものです。

このようなものがアリならフリマアプリは何でもあり!…というわけではありません。禁止されているものもいくつかあります。その代表例を紹介します。

  • 医薬品(カラコン、漢方薬など)
  • 金券・チケット類(クオカード、商品券、現金など)
  • 許認可のない化粧品類(手作りコスメなど)
  • 盗品や万引き、転売など、不正な経路で入手したもの
  • 知的財産権を侵害するもの(ブランドロゴを無断使用した商品、海賊版CD・DVD)
  • 危険性が高いもの、犯罪などに悪用される恐れがあるもの(エアガン、盗撮用小型カメラなど)

これらの商品は規約によってどのフリマアプリでも売れないことがほとんどなので、処分したい場合は地域で定められた方法に則って正しく処分してください。

フリマアプリの商品出品方法

フリマアプリは出品者と購入者で使い方が異なるので、目的ごとに紹介します。いずれのアプリも、初心者でも簡単に出品・購入できるようになっています。まず最初に紹介するのは、出品者の使い方です。

1. 売りたいものの写真を用意する

まずは売りたいものの写真を用意します。フリマアプリでは購入希望者が実際に商品本体を見たり触ったりすることができないため、写真の印象が売れ行きを大きく左右するといっても過言ではありません。

もし購入したメーカーの公式ホームページに売りたい商品の画像が見つかった場合、その写真は使うほうがベターです。公式ホームページに画像があってもなくても、手元にある商品の写真はいくつか撮りましょう。何を売るかにもよりますが、複数枚あると購入希望者も商品を吟味できるし、何より「想像していたのと違う!」という理由での返品が起こりにくくなります。

例えば洋服なら真正面・側面・バックスタイルは必須、商品状態によってはシミや付け替えた市販のボタンなど、購入当時の状態から変化している部分があれば、そこも写真は必須です。他にも本なら経年劣化による紙の日焼け、アクセサリーなどの金属製品なら細かいキズは写真が必要になります。

あと、服に関しては着用回数が多いほど状態は悪いと解釈されるのが一般的なので、自分で着用した様子を撮る”着画”はできるだけ避け、ブランドの公式ネットショップなどでモデルが着用している画像を探しましょう。

商品の見栄えをよくするために画像加工をする人も少なくありませんが、実物と色が変わってしまうとトラブルの元凶になりかねないので、ほどほどにしましょう。また、画像の無断転載もトラブルのもとになるのでやめましょう。

2. 商品名や説明文を決める

次に、商品一覧画面に掲載される商品名(見出し)と、商品ページにジャンプしたときに見る詳しい商品説明文を決めます。商品一覧画面に商品名が表示されるアプリと表示されないアプリがありますが、表示されるアプリでは見出しとなるので、わかりやすいアピールが重要になります。

商品一覧画面に表示される文字数には制限があるので、アピールしたい情報(ブランド名、数量限定商品であること、新品であることなど)は見出しの前半にもってくるようにしましょう。

詳しい商品説明文では、できる限り詳しく商品を説明しましょう。重要なのは、写真でわからないことが想像できること。例えば掃除機の場合は「音がすごく静かで、少し離れた部屋にいると掃除機をかけていても気づきません」とか「重さは●キロなので2階を掃除するときの階段の移動も楽です」とか、そういう情報があるとわかりやすいです。

3. 商品発送方法を決める

次に、商品の発送方法を決めます。発送方法は商品の重さや箱の大きさなどによって変わります。まず、A4サイズ以上の場合はゆうパック便またはヤマト 宅急便での配送になります。ダンボールを使う場合はほとんどがこのケースですまた、小物を配送するような場合、つまりA4サイズ以下の場合はレターパックや普通郵便などが一般的です。大きめの茶封筒や小さな小箱に入れる場合はこのパターンです。

簡単に包装しようと思えば100均アイテムでも簡単に包装できますが、割れ物や精密機器など振動に弱いもの、新品同様のものなど、取り扱いに十分な注意が必要なものの場合、多少お金がかかってもプチプチを買うなどして丁寧に梱包しましょう。包み方一つでも、購入者からの評価が変わってくる場合があります。

また送料を支払う人もこの場で確定しておきましょう。出品者であるあなたが支払うのか、それとも購入者が支払うのか。また購入者が払う場合は代引きなのか、それとも商品の料金に送料を上乗せする形で支払うのか。

これは発送方法によって変わると思いますが、着払いは必ず購入者やその家族が在宅している必要があるので、送料込みの料金設定にしたほうが、同じ購入者が送料を支払う場合でも購入者にとっては優しい選択です。

4. 販売価格を決める

一番大事なのが、なんといっても販売価格です。高く売りたい場合と安くてもいいから処分したい場合とでは、同じ商品でも値段設定は変わります。値下げ交渉をしてくる購入希望者も最近は多いので、あらかじめ値下げできるように本来の販売希望価格から値上げして価格設定をするか、最初から限界ぎりぎりの安さで価格設定をするかも出品者次第です。

初めての出品の場合は、商品に不相応な価格をつけてしまうことを防ぐためにも、その商品の新品状態での定価や類似品の出品相場はチェックしておいたほうがいいでしょう。

5. 出品する

いよいよ出品します。出品した後は購入希望者からの値下げ交渉や質問に答え、気に入ってくれた人がいればそのまま購入にこぎつけます。

購入されやすくなるには、質問などにできるだけ早く答えることが一番です。特に漫画などの同じ商品が大量に売られている可能性があるものの場合、レスポンスが早ければそちらに決まってしまうこともあります。

ずっとスマホに張り付いているのは無理だとしても、コメントの通知を見たら「あとで返せばいいや」と後回しにしないで、素早く返信するようにしましょう。

6. 出荷する

購入希望者が一定の手続きまで終えたら、いよいよ出荷です。出荷方法は発送方法によって異なるので割愛しますが、できるだけ早く発送しましょう。たとえ「決済確認から3日以内に発送」と詳細説明文に明記してあったとしても、決済確認当日に発送するのと3日後に発送するのとでは、購入者が出品者に対して抱く印象は全然違います。

そのため、できるだけ早く発送するためにも、出品者に発送方法の選択権がある場合は送り状を貼るだけの状態にしておくことをお勧めします。ただ、衣服類の場合は一度クリーニングに出すくらい慎重でも、トラブルをさけるためにはいいかもしれません。

購入者から商品受け取りのメッセージを受け取ったら、取引の評価をするのもお忘れなく!

フリマアプリの商品購入方法

次に紹介するのは、購入者の使い方です。購入手続きの手順などはアプリによって異なるので、事前に確認してください。

1. 商品を検索する

まずは商品を検索します。最初から細かく条件指定しないほうが、見落としは少なくて済みます。

最初から細かく条件指定しない理由は、商品のカテゴリーは出品者に依存するから。例えば赤と青のストライプ柄のマフラーを探すとします。商品検索するときの詳細条件で「マフラー 柄:ストライプ 色:赤」で一括検索すると、出品者がマフラーの色を青で登録していた場合、たとえ購入者が探しているマフラーそのものだとしてもヒットしないのです。それだったら、「マフラー」「マフラー 柄:ストライプ」で絞ったほうが欲しいアイテムが見つかる確率は高くなります。

2. 詳細説明文をチェックする

お目当ての商品を見つけたら、詳細説明文を隅から隅までチェックします。ここに出品者が伝えたい商品についての情報がすべて詰まっているので、しっかり読みましょう。もし購入後に「こんなこと知らなかったから返品したい」と思っても、説明文に書いてあれば読まなかった購入者が悪いことになるので返品はできません。

トラブル回避の意味以外でも、写真だけではわからない情報が掲載されていることも多いので、同じ商品や類似品が複数アプリに出品されている場合は、より詳しい商品情報に接して吟味したほうがいいでしょう。

3. 出品者のプロフィールをチェック

商品の詳細説明文には載っていない注意事項が書かれている場合もあるので、出品者の自己紹介文は必ずチェックしましょう。詳細説明文に載っていない注意事項というのは、出品する商品には依存しない、出品者自身の情報です。

たとえば「沖縄に住んでいるので、発送から商品の到着まで時間がかかります」とか「仕事の都合で平日日中はまったく返信できません」とか。すべての商品説明に書いてくれればありがたいのですが、毎回同じことを書くのも面倒なので、商品説明欄に「プロフィール文を確認お願いいたします」と書かれている場合も多いのです。

プロフィール文の確認依頼がなくても、もし何かがあったときに「見ていなかった」では購入者側の落ち度ととられかねないので、保険の意味でも確認しておきましょう。

4. 質問や値下げ交渉をする

商品の詳細説明文や出品者のプロフィール文を読んで気になることがあれば、出品者に質問しましょう。実際に商品を見たり触ったりすることができない分、ちょっとでも気になることがあれば数日間到着が遅れてもいいので、ちゃんと確認したほうがいいと思います。

また、値下げ交渉をするのもこのタイミングです。価格設定は出品者次第なので、交渉次第では安くなることがあります。値切り以外にも、発送方法の交渉(着払いを料金上乗せに変えてほしい、など)も出品者によっては応じてくれる可能性はあります。

「着払いでなければ即決で買うのに」という商品がある場合はその気持ちごと出品者に伝えてみたほうがいいでしょう。発送方法を変えるだけで即金で購入してくれる人がいるのであれば、発送方法を変えてくれる購入者は少なくないはずです。

5. 購入する

購入手続きをします。決済方法がコンビニ支払いや銀行支払いの場合、できるだけ早く振り込みに行きましょう。ほとんどのフリマアプリでは、アプリの運営サイドが着金を確認してからではないと出品者が出荷できないようになっているからです。

購入した商品が到着したら、商品の状態が詳細説明文のとおりかどうか確認し、問題がなければ出品者を評価して取引を終了しましょう。問題があった場合は、アプリの規則に従って、然るべき対応をとってください。

フリマアプリのメリット・デメリット

ここからは、フリマアプリのメリットとデメリットを紹介します。出品者と購入者どちらにもそれぞれメリット・デメリットがあるので、それぞれに対して1つずつピックアップしました!

1. 出品者のメリット:中古買取店以上の価格で買い取ってもらえる

街中には中古買取店がたくさんあります。特に本や漫画、ゲームの買取専門店は充実していて、フリマアプリのように数日間交渉する必要もなく、長くても30分ほどで査定も終わってその場で買い取ってもらえます。ですが、中古買取店の買取価格はびっくりするほど安い場合がほとんどです。

それに比べ、フリマアプリでは自分で価格設定できるので、購入相手が見つかりさえすれば買取価格に納得がいかないということはあり得ません。自分で宅配手続きをする手間を取ってもフリマアプリが人気な理由はここにあります。

2. 出品者のデメリット:手数料を取られる

フリマアプリのビジネスモデルは、出品者と購入者の間に立って取引の安全性を保障することと、購入料金の一部を手数料として運営会社がもらうことです。そのため、購入価格全額を出品者がもらえるわけではありません。

実際に商品の対価として欲しい金額と企業に払う手数料を考慮したうえで価格を計算することもできますが、当然販売価格も高くなるので買い手がつきにくくなります。手数料なしのアプリもあるので、そうしたアプリを選ぶのも少しでも儲けるためには重要なポイントです。

3. 購入者のメリット:市場に出回っていないものが手に入る

個人間の取引のメリットとして大きいのは、市場に出回っていないものが手に入ること。つまり、絶版になった本や非売品のレアグッズなど、どんなにお金を積んでもお店では買うことができないものが手に入る可能性があるということです。

しかも、自分にとっては喉から手が出るほど欲しい商品でも出品者にとっては在庫処分にすぎないため、格安で手に入ることも少なくありません。

4. 購入者のデメリット:騙される可能性がある

届いた商品が偽物だったり、故障していて自費で修理に出さないと使えない状態だったりと、お店の保証がない分出品者に騙される可能性は否めません。

対策は難しいですが、出品者の過去の取引評価を参考にすると信頼できるユーザーか怪しいユーザーかどうかがわかります。

実際にあったトラブル4選

フリマアプリではインターネット上のみでのやり取りということもあり、トラブルが頻発しています。アプリ運営元に通報されるだけなら可愛いもので、警察沙汰になったり裁判にまで発展することもあるそうです。また、商品発送後のトラブルだと出品者は購入者の住所などの個人情報を把握していることになるので、ストーカーなどの事件が起こることもあります。

今回は、実際に起こったトラブルを4つ紹介します。

1. 欲しかった商品が先に購入されたけど、諦められなくて交渉したら横取り扱いされた!

Aさん:トラブルの相談者

Bさん:商品の出品者

Cさん:商品の購入者

AさんはBさんがある商品を安く販売しているところを見つけましたが、少し迷っている間に他の人に購入されてしまいました。そこで、AさんはBさんに「少し高くてもいいからその商品を購入したい」とBさんにメッセージしました。

Bさんからは「先に購入した人を優先する」と返事があり、Aさんは諦めました。

そのあと、Bさんはその商品のCさん専用ページが作られました。そのときの販売価格がAさんが提示した価格に変更されていたので、Aさんはなんとなく「BさんとCさんが交渉して、Cさんもその価格で買いたいと申し出たんだろう」と思いました。

(※専用ページ:特定の人のみが購入できるように設定したページ。見出しに「〇〇様専用」と購入者の名前が入ることが多い)

ですが、実はBさんがAさんをだしにしてCさんに値上げ交渉をしていたことが発覚し、Cさんは「わたしが先に購入したのに横入りしようとした」として、Aさんに対して差額を支払うよう要求しました。

このケースに関しては、責められるべきは勝手にAさんの名前を出してCさんに交渉したBさんであって、CさんがAさんを責めるのは違います。ただ、BさんとCさん間で交渉成立したあとに割り込みしようとしたAさんにも問題はあります。

欲しかった商品が他の人に先に購入されてしまった場合は、縁がなかったとして諦めましょう。今回のCさんの立場として「もっと高く買ってくれる人がいるから取引は白紙にしましょう」と言われたらたまったものじゃありません。

Bさんの立場に立てば利益は多いほうがいいのは当たり前ですが、一度成立した交渉は守りましょう。本名を名乗っていない、顔も知らない人とのやりとりでも信頼関係や最低限のマナーは必要です。

2. 交渉中に他の人に購入された!

Aさん:トラブルの相談者(出品者)

Bさん:商品の交渉者

Cさん:商品の購入者

Aさんは自分が出品した商品について、Bさんと交渉をしていました。Bさんが値下げを希望し、Aさんも承諾したので、Bさん専用ページを作成していました。

Aさんが元の商品ページの削除を忘れ、結果として二重出品状態になっていたところ、第三者であるCさんがその商品を購入してしまいました。AさんはCさんにBさんとの交渉について説明して謝罪し、キャンセルをお願いしましたが、Cさんは「詐欺だ!被害届を出す!」と応じる気配がありません。

このケースの場合、Aさんは自分の落ち度を完全に認めています。

このケースは無在庫転売にあたるので、言うまでもなくAさんに100%落ち度はあります。Cさんが応じないのであれば、Bさんに商品をCさんに譲ってもらうように頼むのが一番穏便に済ませる手段です。ただ、Bさん側としても「自分が先に交渉していたのに」という思いもあるはずなので、Bさんが応じなくても文句は言えません。

難しいのはAさんのもとに商品があり、Cさんは払おうと思えば支払いまで先にできるので、入金の既成事実を作れること。こうしたケースは運営事務局に問い合わせるのが一番無難ですが、専用ページを作る際は元のページの削除を忘れずに行いましょう。

専用ページを作るとき以外にも、特に大手のアプリでは最新商品がどんどん出てくるため、自分が投稿した商品がページの下に押しやられてしまうことも多いです。そうしたときに、上に表示されるように再出品する人もいます。ですが、2つ以上同じ商品がないのに複数投稿をするのは、このケース同様無在庫転売に当たるので、再出品する場合も古いページは削除しましょう。

3. 欲しい商品を見つけてすぐ購入したら出品者に怒られた!

Aさん:トラブルの相談者(購入者)

Bさん:商品の出品者

Aさんはフリマアプリでずっと探していた商品を見つけ、値段や商品状態も許容範囲内だったので即購入しました。購入者と出品者の取引画面(第三者から閲覧不可)で挨拶をしたところ、出品者であるBさんから「挨拶なしでの即購入は失礼。そんな礼儀をわきまえていない人には売れない」と言われました。

Bさんのプロフィールや商品説明文を見ても事前に挨拶してほしい旨はどこにも書かれていませんでした。

購入前の挨拶は必ずしも必要なわけではありません。事前に「購入してもいいですか?」という挨拶がないとマナー違反だと捉える人もいる一方、「買ってほしいから出品しているんだし、不要なやり取りがめんどくさいから逆に挨拶は時間の無駄」と考える人もいます。

要するに個人差になってしまうので、難しいところではあります。ただ、挨拶してほしいと書く人には複数のフリマアプリで同じ商品を出品する人(同時出品)がいます。そういう人にとっては即購入されると2.のようなダブルブッキングになりかねないので、調整時間を取る意味も込めて挨拶してほしいそうです。多重出品はどのアプリも禁止していますが、実際にはかなり横行しています。

また、こうした独自ルールによるトラブルが多いことから、アプリ運営側も呼びかけをしています。メルカリの例がこちらです。

メルカリには「コメントなし購入禁止」や「プロフィール必読」「いいね!不要」といったルールはありません。

お取引を円滑にする目的であっても、メルカリのシステムが対応していないお客さま独自のルールを強要することはトラブルの原因になることがあります。

安全のため、ガイドに沿って取引を進めてください。

(引用元:メルカリ公式サイト

つまり、無断購入も「いいね!」なしの購入も公式ルール上は問題ありません。ですが、結局のところ個人間取引になるので、マイルールを強要しない範囲でお互い気持ちよく取引できるように心がけましょう。

4. 商品画像が加工されていて、傷も補正されていた!

Aさん:トラブルの相談者(購入者)

Bさん:商品出品者

AさんはBさんから商品を購入しました。商品説明文に傷があることは明記されていて、複数枚掲載された写真の1枚にも小さい傷が確認できていました。

ですが、実物が届くと写真と全然違う傷だらけの商品が届きました。Bさんに問い合わせたところ、画像を加工したことを認めたので、返品したいと伝えたところ音信不通になってしまいました。

Aさんが警察に相談したところ、その警察官も「これは騙される」と答えたそうです。

Bさん側に落ち度があるのは言わずもがな。音信不通はフリマアプリではよくある話だそうですが、運営事務局に問い合わせても当事者間で解決するように言われることが多いようです。

これから商品を出品する場合、加工は控えましょう。加工しなくてもいいような状況で写真を撮ればいいだけです。もしどうしても加工する場合は、無加工の写真は取引終了まで捨てずに保管しておきましょう。

購入者側は、商品説明にない傷や折れがある商品が届いた場合、返品することができます。ただ、商品到着時点ですでに説明と現物に落差があることを証明できないため、泣き寝入りになることも少なくありません。

それを防ぐためには、届いた商品を開封する際に動画を撮って、開封時の商品状態を目に見える証拠として残しておくことです。仮に警察や裁判でもめることがあっても有利に働きます。また、激しい加工が見られると思ったら、無加工の写真の提示を要求してみましょう。応じない場合は交渉決裂もやむをえません。

いい取引パートナーの見分け方

どうせ取引をするなら気持ちよく取引できる相手としたいのは、販売者も購入者も同じ。そこで、販売者から見たいい購入者と、購入者から見たいい販売者の見分け方を3つ教えます!

いい取引パートナーの見分け方1. レスポンスが速い

レスポンスの速さはフリマアプリではかなり重要です。購入希望者のレスポンスが遅いと、出品者は他に欲しい人がいればだらだら交渉しているのをやめて少しでも早く取引ができる人に購入してほしいと思います。対する購入希望者は、出品者のレスポンスが遅いと発送もだらだらして商品が届かないんじゃないかと不安になります。

仕事などもあるので即レスは難しい場合もあると思いますが、出品中や交渉が始まったら少しスマホを気にする頻度を増やすと重要なお客様を逃さずに済みます。

いい取引パートナーの見分け方2. 過去のマイナス評価が少ない

お互い安全に取引できる相手かを確かめる方法の一つとして、相手の過去の取引評価を確認するという方法があります。各種フリマアプリでは、取引が終わると大体の場合「良い」「普通」「悪い」の3段階で相手を評価します。

過去に相手がどのような評価をつけられたかによって、相手がスムーズに取引できる相手かどうかを確かめましょう。特にチェックしてほしいのは、悪い評価がついている場合です。

大体のユーザーはよほどの不手際やトラブルがない限り、自分も相手も気持ちよく取引を終えたいので良い評価をつけます。悪い評価がついているということは、明らかに何かしらの問題があった場合が多いので、良い評価を見るよりは悪い評価をチェックする方が失敗がありません。

ただし、ごく稀にとても理不尽な理由で悪い評価をつける人もいます。例えば、プロフィールや商品説明文に「入金確認翌日から4日以内に発送します」と書いてあるのに、「入金の次の日に届かなかったから最悪です」とバツがつく場合もあります。

こうした場合は明らかに購入者側にの認識に問題があるので、これで出品者の評価を落とす必要はありません。また、購入と出品両方を行うユーザーの場合は双方の評価コメントがありますが、これは今回どちらの立場にいるか関係なく両方見るようにしましょう。

いい取引パートナーの見分け方3. 誤字・脱字がない

これはフリマアプリでのやり取りをする上で重要なのは、安心して取引できること。実物を見たり触ったりできずに商品のやりとりをする以上、取引相手には丁寧さやミスのなさを店頭での商品売買以上に求めます。

そのため、ちょっとした誤字・脱字も信用がガタ落ちする原因になってしまいます。特にスマホのフリック入力だと誤変換もしやすくなるので、投稿前にちゃんと見直しをしましょう。

おすすめフリマアプリランキング TOP15

ここからは、おすすめのフリマアプリベスト15を紹介します!ランキングの基準は、以下の5つの観点を100点満点で採点しています。同点の場合はより使いやすいアプリを上位にしています。

月額利用料金…10点満点

以下の項目に該当することによって点数を付与。

  • 月額使用料無料…10点

購入時の手数料(一番高い場合)…10点満点

以下の項目に該当することによって点数を付与。

  • 手数料無料…10点
  • 手数料10%未満…8点
  • 手数料10%…5点
  • 手数料20%未満…3点
  • 手数料20%以上…0点

利用可能デバイス…30点満点

以下の項目に該当するごとに加点。

  • Androidアプリ対応…10点
  • iOSアプリ対応…10点
  • パソコンで出品・購入可能…10点

支払方法…40点満点

以下の項目に該当するごとに加点。

  • American Express対応…5点
  • Master Card対応…5点
  • VISA CARD対応…5点
  • JCB CARD対応…5点
  • PayPal対応…5点
  • 銀行振込(Pay-easy含む)対応…5点
  • コンビニ支払い対応…5点
  • キャリア決済対応…5点

※アプリによっては、これらの支払方法以外にもおサイフケータイや郵便払いにも対応していたり、支払対応しているコンビニが異なったりするので、利用するアプリの支払方法を個別にチェックしてください。

売上金の入金…10点満点
以下の項目に該当することによって点数を付与。

  • 取引終了次第入金/手数料無料…10点
  • 手数料200円台…8点
  • 手数料500円以下…5点
  • 手数料1000円以下…3点
  • 手数料1000円以上/入金までに時間がかかる…0点

第15位 SELLBUY

総合点50点
スマホ対応OSiOSのみ対応
パソコンからのショッピング
月額無料
出品手数料(最大)売上の10%
クレジットカードMaster・VISA
タイプ特化型

釣り道具に特化したフリマアプリ!

SELLBUY(セルバイ)は釣具に特化したフリマアプリです。海釣り、川釣りなどの釣りのジャンルに関係なく、釣りに関係する商品は幅広く扱っています。

取扱商品はルアーや疑似餌が多く、リールや釣り竿、ライン(釣り糸)も取り扱っています。また、欲しい商品が見つからない場合は掲示板で「●●を探しています」と投稿すれば、譲ってくれる人が見つかるかもしれません。

難点は、出品者が売上を受け取るのに楽天銀行のメルマネというサービスを使うしか方法がないことと、Androidアプリに対応していないこと。釣り人にはニーズが高そうなアプリなので、サービスの拡大が待たれます。

セルバイ 釣具専門フリマアプリsellbuy

第14位 golfpot

総合点50点
スマホ対応OSAndroid・iOS両方対応
パソコンからのショッピング不可
月額無料
出品手数料(最大)売上の10%
クレジットカードMaster・VISA
タイプ特化型

ゴルフ好きに知らない人はいない!?ゴルフ商品特化型フリマアプリ

神アプリとしてゴルフ好きから熱い視線を集めるのはgolfpot(ゴルフポット)。フリマ機能だけではなく、ゴルフのノウハウ記事やレッスン動画を毎日更新しているのもポイント。

ゴルフクラブは出品する際にどう撮ればいいのか迷いますよね。そういうときは撮影補助機能があるので、画面の点線の中にクラブのヘッドが入るように撮影すれば、難しいコツもいりません。

また、新品やレア商品、値下げなどの交渉ができる品にはタグが付くので、とても分かりやすいです。レディースのゴルフウェアなども取り扱っているので、女性のユーザーも増えています。

難点はパソコンでショッピングできないことです。ゴルフ商品は溝の削れ方が少し違うだけでもショットに大きな影響が出るような商品なので、パソコンの大画面で確認したい人も多いはず。

ゴルフ専用フリマアプリ‐golfpot(ゴルフポット)

第13位 Snapmart

総合点53点
スマホ対応OSiOSのみ対応
パソコンからのショッピング
月額無料
出品手数料(最大)売上の70%
クレジットカードMaster・VISA
タイプ特化型

スマホの写真を売っちゃおう!

Snapmart(スナップマート)が取り扱う商品はスマホの写真です。ストックフォトで購入できるようなプロが撮った計算しつくされた写真よりも、素人のスマホで撮影したリアルさがSnapmartの商品の売りです。

出品者にはユーザーランクがあり、その一定条件をクリアするごとに上がるランクに応じて売上の報酬率が変わります。写真の出品を始めた当初は売上の70%が会社に持っていかれ、手元には30%しか残りません。この記事を執筆している2018年3月4日現在で最高ランクのレベル7だと、倍の60%が手元に残るようになっています。

難点はAndroid非対応であることと、手数料の高さだと思います。1枚の売上も高額ではありませんが、塵が積もれば山となるので、できるだけ早めにユーザーランクを上げるのが収益化のポイントです。

スナップマート(Snapmart)-フリマ感覚で写真が売れる

第12位 ブクマ!

総合点53点
スマホ対応OSAndroid・iOS両方対応
パソコンからのショッピング不可
月額無料
出品手数料(最大)売上の10%
クレジットカードMaster・VISA
タイプ特化型

本を売るならブクマ!で売ろう

街中の書籍の中古買取店で本を売ったところ、びっくりするほど安くてがっかりしたことがある人は多いのではないでしょうか。そんな人におすすめしたいのがブクマ!です。

本の裏表紙にあるISBNバーコードを読み込めば本のタイトルや出版社、著者を手入力する必要はありません。あとは出品価格と商品状態(とても良い、可など)を選択するだけ。学生で1年間しか使わない教科書や読み終わった話題の本など、きれいな状態の本が多いのも嬉しいポイントです。

難点はクレジットカード支払い一択ということ。コンビニや銀行ATMが使えないと、未成年には使いにくいといえます。親や成人した兄弟のカードを借りるしかありません。18歳になればクレジットカードを持つことができますが(※高校生不可)、それでも未成年の場合は保護者の許可が必要になるので、親バレしたくない人は使えません。

フリマアプリ – ブクマ!本専用のフリマアプリでオークションよりかんたん

 

第11位 SHOPPIES

総合点73点
スマホ対応OSAndroid・iOS両方対応
パソコンからのショッピング
月額無料
出品手数料(最大)売上の10%
クレジットカードMaster・VISA
タイプ特化型

マネキン買いがネットでできちゃう便利なスマホアプリ

SHOPPIES(ショッピーズ)は女性向けのファッションアプリです。特徴は何と言っても、コーディネート売りをしていること。例えばセットアップのトップスとボトムスを一回の購入手続きで買うことができるので、わざわざトップスを買ってお揃いのボトムスを探し回る必要がありません。

おすすめしたいのはハイヒールとパンプス。クリスチャン・ルブタンやグッチといった正規品を買えば数十万円はくだらないブランドの新品が格安で販売されているので、掘り出し物が見つかるかもしれません!

SHOPPIES(ショッピーズ) – フリマアプリ

第10位 KANTE

総合点73点
スマホ対応OSAndroid・iOS両方対応
パソコンからのショッピング
月額無料
出品手数料(最大)売上の15%
クレジットカードMaster・VISA
タイプ特化型

ブランド品を鑑定士が事前査定!ハイブランドならこのアプリ

ハイブランドの商品をインターネットで売るのは勇気がいりますよね。中古とはいえ他の商品に比べたら大金が動きます。それに、ちょっとした傷でも販売価格に大きな影響を与えるので、トラブルが起こりやすい商品ジャンルの一つといえます。そんな高級ブランドのインターネットフリマでおすすめなのはKANTE(カンテ)です。

KANTEは2017年11月にローンチしたばかりのまだ新しいフリマアプリで、購入時にブランド品の真贋判定も行ってくれます。これはオプションなので、判定を頼まない代わりに購入価格が安くなるという選択肢もあります。ただ、その際は偽物だとわかっても保証範囲外になります。

アプリの歴史は数カ月と浅いですが、運営会社は創業70年の老舗で、東証・名証の上場企業でもあるKOMEHYO(コメヒョー)。大都市を中心に30店舗以上の実店舗を構えているので、高額商品や大金を安心してフリマアプリで動かすことができます。

ブランド品のフリーマーケットアプリ「KANTE(カンテ)」

第9位 ジモティー

総合点75点
スマホ対応OSAndroid・iOS両方対応
パソコンからのショッピング
月額無料
出品手数料(最大)無料
クレジットカード不可
タイプ特化型

地域密着型!地元で物々交換アプリ

ジモティーは”地元の掲示板”です。つまり、地元の人同士での直接的なやり取りを目的としたアプリなのです。例えば「引っ越すからソファー不要です!」と投稿すれば、近所に住むソファーが欲しい人が反応してくれます。商品の引き渡し場所やお金の支払方法については当事者に任せているので、ジモティーでは一切関与していません。

ジモティーがすごいのは、ソファーのような商品だけではないこと。ペットの里親やバンド仲間、さらには求人情報まで、地域を軸にしたネットワークならなんでもありです。「今から飲みに行きませんか?」というリアルタイムなお誘いまで、様々です。また、タダで譲る前提の商品も大量に出回っているので、家具などお金がかかるものが欲しいけど金欠な人は必見です。

地元の掲示板ジモティー 手数料0円掲載料0円でフリマよりもお得 近所でカンタン取引

第8位 ラクマ

総合点75点
スマホ対応OSAndroid・iOS両方対応
パソコンからのショッピング
月額無料
出品手数料(最大)無料
クレジットカードAMEX・Master・VISA・JCB
タイプ総合型

“ラクマ”と”フリル”が1つのアプリになった!

2018年2月26日、楽天のフリマサービス「ラクマ」(以下:「旧ラクマ」)と「フリル」は「ラクマ」(以下:「新ラクマ」)に統合されました。ここで注意してほしいのは、名前は”ラクマ”に統一されましたが、アプリ自体は「フリル」に集約され、「旧ラクマ」はサービスを縮小し、最終的に終了することになっています。

「フリル」が女性にターゲットを絞っていた分、「旧ラクマ」は男性もターゲットにしていたので、「新ラクマ」では男性女性問わず商品を扱うことになります。嬉しいのは出品手数料無料なのと、最短で即日売上を出金できること。出金に2カ月近くを要するアプリもある中で、すぐにお金が受け取れるのはポイントが高いです。あと、運営元が楽天なので、楽天アカウントと楽天ポイントも使えます。

ラクマ(旧フリル) – 販売手数料0円の楽天のフリマアプリ

第7位 BASE

総合点76点
スマホ対応OSAndroid・iOS両方対応
パソコンからのショッピング不可
月額無料
出品手数料(最大)売上の6.6%
クレジットカードAMEX・Master・VISA・JCB
タイプ総合型

簡単にネットショップを開設できる!

BASE(ベイス)はフリマアプリというよりは、ネットショップを開設できるアプリです。フリマアプリよりもオフィシャル感を演出することができるので、ハンドメイド製品のブランディングをしたい人などにおすすめです。

決済などの面倒なところはアプリに丸投げできるのは個人でECサイトを開設するよりずっと楽ですし、BASEライブでのライブ動画配信もできるので、そのときアプリを使っているユーザーにまんべんなくアプローチできるのも嬉しいポイントです。取扱商品も、ワインやおせんべいから絵画まで幅広く展開しているので、ショップを見ているだけでとても楽しいですよ!

BASE(ベイス)- 45万店舗から探せる通販・ショッピング

第6位 mercari

総合点78点
スマホ対応OSAndroid・iOS両方対応
パソコンからのショッピング
月額無料
出品手数料(最大)売上の10%
クレジットカードAMEX・Master・VISA・JCB
タイプ総合型

誰もが知っているフリマアプリの代名詞

「フリマアプリといえば?」という質問に恐らく全員が名前を挙げるのはmercari(メルカリ)くらいでしょう。フリマアプリとしての規模は、ユーザー数も出品数も当然国内最大なので、使いやすさやトラブルへの対応もピカイチです。

登録者数・利用者数も多いので、それに比例してルール違反をしたりマナーに反する行動をするようなユーザーも多いのは事実です。ですが、フリマアプリはメルカリしか使っていない人も多いので、ほかのアプリでは出回っていないレア商品を目にする機会も多いはず!

フリマアプリ-メルカリ フリマでかんたんショッピング

 

第5位 minne

総合点80点
スマホ対応OSAndroid・iOS両方対応
パソコンからのショッピング
月額無料
出品手数料(最大)売上の10%
クレジットカードAMEX・Master・VISA・JCB
タイプ特化型

ハンドメイド専門フリマアプリ!

ハンドメイド作品を専門で扱うフリマアプリといえばminne(ミンネ)。手掛ける商品は衣服、雑貨から家具まで様々です。ハンドメイドということもあり数に限りがあったり、注文から手元に届くまでに時間がかかったりしますが、世界に一つだけのアイテムだと思うととても嬉しくなります。

“ハンドメイド”というと「素人の趣味で作ったものが出品されている」という偏見を持たれてしまうこともありますが、販売されている作品のレベルは高いです。SNS上で簡単に作れると話題のレジンアクセサリー一つをとっても、街中のお店で見かける商品と互角です。「他の人と同じものを持ちたくない!」という人にはおすすめのアプリです。

minne – ハンドメイドマーケットアプリ

第4位 フリママ

総合点80点
スマホ対応OSAndroid・iOS両方対応
パソコンからのショッピング
月額無料
出品手数料(最大)無料
クレジットカードMaster・VISA
タイプ特化型

すぐ使えなくなるからこそ嬉しい!子ども・ベビー用品専門フリマアプリ

フリママは子供・ベビー用品専門のフリマアプリです。小さな子供はすぐに身体が大きくなり、服も1年で着れなくなってしまうことが当たり前。毎年買い替える洋服代は実は結構高くつきます。また、ベビーカーやベビーベッドなどのベビーグッズも買うときは数万円するのに、2、3年もしたら使わなくなってしまうのはもったいないですよね。

フリママはママさん社員が考えたアプリで、メルカリなどの大手フリマアプリと比較するとかなりシンプルで使いやすい画面デザインになっています。また、子供服のサイズは大きいものだと140cmと、かなり大きな子供に対しても対応しています。

子供・ベビー用品専門とありますが、当然マタニティーグッズも取り揃えているので、妊娠中のママが欲しい品物も手に入ります。

フリマアプリ「フリママ」無料で楽しむママ・パパ向けアプリ

第3位 モバオク!

総合点80点
スマホ対応OSAndroid・iOS両方対応
パソコンからのショッピング
月額324円(税込)
出品手数料(最大)無料
クレジットカードMaster・VISA・JCB
タイプ総合型

安心して取引するための有料会員制!

今回紹介するアプリで唯一有料制なのがモバオク!です。無料アプリで一部ユーザーのマナーの悪さが問題になっている中、同じサービスをわざわざお金を払って使いたい人だけが集まるので、比較的トラブルが起こりにくくなっています。

実はモバオクでは、他のフリマアプリで出品者が負担する出品手数料を購入者が負担する仕組みになっています。そのため、販売者は設定した販売価格そのままを手取りにすることができるのです。送料の計算がいらない分、出品者にとってはとても優しいアプリになっています。

モバオク 手数料無料の簡単オークションアプリ・フリマアプリ

第2位 オタマート

総合点83点
スマホ対応OSAndroid・iOS両方
パソコンからのショッピング
月額無料
出品手数料(最大)売上の10%
クレジットカードMaster・VISA
タイプ特化型

オタクグッズを売買するなら必見!

オタマートはアニメ・漫画・ゲーム・コスプレ・同人誌などのグッズ売買・通販に最適なフリマアプリです。フィギュアやプラモデル、円盤やコスプレグッズ、非売品の漫画雑誌の付録やノベルティグッズまで、オタクなら何時間でも見ていられる商品ラインナップが並んでいます。

オタマートが他のフリマアプリと比べても優秀なのは、支払方法の選択肢の広さ。クレジットカードはMaster CardとVISA CARDのみ使えるとしていますが、セゾンカードに限りJCB CARDも利用可能です。また、セゾンカード以外のJCBやアメリカン・エキスプレスを使いたい場合はPayPalで支払うことができます。要するに、支払方法はほぼ何でもOKなのです。

プリペイドカードやデビットカード、携帯料金と一緒に引き落とされるキャリア決済も対応しています。クレジットカードの場合、利用明細には「otamart」とだけ表記されて商品名が記載されないのも嬉しいですね。

アニメのフリマアプリ「オタマート」オタクグッズに最適なフリマ

第1位 Creema

総合点88点
スマホ対応OSAndroid・iOS両方対応
パソコンからのショッピング
月額無料
出品手数料(最大)売上の14%
クレジットカードAMEX・Master・VISA・JCB
タイプ特化型

上質な一点物を手軽に買えるフリマアプリ

栄えある第一位はCreema(クリーマ)です!ハントメイド製品に特化したアプリで、minneの後発アプリと思われがちですが、じつはCreemaのほうが2年くらい開設が先なのです。販売されている商品は数百円のものから数万円のものまで幅広い商品を取り揃えています。たとえ数百円の商品でも、クオリティーは非常に高く、”手作り”というよりは”職人技”という印象です。

Creemaで買った商品は「それどこで買ったの?」と複数の人に聞かれるくらいのクオリティーで、人へのプレゼントにもぴったりです。特にハンドメイド製品のアプリではピアスなどのアクセサリーが非常に豊富で、Creemaでは素材ごとの検索もできるので、お気に入りのアイテムが見つけやすいのも嬉しいポイントです。

実は2018年2月から8年目にして初めてのテレビCMも放送しているので、はどんどんユーザーが増えると思われます。minneに比べるとユーザーが少なく、人と被らないものが買えたので、ユーザーが増えると購入ボタンから家に届くまでの時間が長くなったり、同じアイテムを持つ人が増えてしまうのは懸念ポイント。ですが、アプリの市場規模が拡大されることは素直に喜ばしいことです!

Creema(クリーマ)- ハンドメイドマーケットプレイス

まとめ

様々なアプリを紹介しましたが、どのアプリにもそのアプリならではの特徴があります。購入者はアプリによってはクーポンを頻繁に配布しているところもあるので、有効活用すればかなりお得に買い物できます。また、アプリによって売れ筋商品は違うので、売りたい商品ごとにアプリを分けたり、購入者の年齢層などに応じて売り方を変えるなど、売るための工夫をしましょう。

今回紹介したフリマアプリ以外にも、様々なフリマアプリがあります。それぞれのアプリのいいところを活用して、みなさんもフリマアプリでより楽しいフリマライフを送りましょう!