【海外のおすすめ卒業旅行先40選】チケット争奪戦はもう始まっている!

新年度が始まり、高校3年生や大学4年生など、最終学年が始まった人も多いと思います。まだ最終学年が始まったばかりで受験も就職活動もこれからという時期ですが、今から卒業旅行の検討を始めませんか?

女性ならわかると思いますが、成人式の振袖や大学の卒業式の袴は早い者勝ちで、人気商品は数年前から予約が埋まってしまうことも珍しくありません。卒業旅行も一緒で、人気スポットの航空券やホテルはあっという間に売り切れてしまいます。就活や受験が落ち着いてから卒業旅行を考え始めた結果、満席・満室続きで旅程全体の見直しが必要になったり、強行して予算をオーバーすることになったりと、元の希望に沿わない結果になってしまうことも多々あります。

そこで、今回は人気ですぐに埋まってしまうこと間違いなしのおすすめ卒業旅行先を、海外に絞って紹介します!

目次

国内より海外の卒業旅行をオススメする3つの理由


もちろん卒業旅行は国内旅行だっていいはずです。冬の北海道でスキーをしてもいいし、温暖な沖縄でのんびり過ごすのもアリだと思います。

ですが、イチ押しはやはり海外旅行です。その理由を3つ紹介します!

海外の卒業旅行がオススメな理由1. 社会人は長期休暇を取りづらい

特に大学4年生の場合、卒業後の進路はほとんどの人が就職になると思います。もちろん理系だと大学院進学のほうが多数派だったり、文系でも大学院に進学する人、医薬系で5年生に進級する人もいるでしょう。

その場合でも卒業後はほぼ全員がばらばらの企業に就職し、場合によっては住む場所も離れ離れになって年に一度集まればいいほうになります。そうした場合、学生時代は毎日のように一緒に過ごしていた友人でも疎遠になってしまいがちです。

また、社会人は長期休暇が取りにくい傾向にあります。もちろん長期休暇を取れる企業はありますが、現在の日本社会においてそうした企業は少数派なのが現実です。

サービス業などカレンダー通りの休日を取れない職種もあり、そうした職種に就くと国内の日帰り旅行ですらなかなか予定が合いにくくなります。他にも「新人は土日祝日に繋げて有休を取得してはいけない」といった社内ルールがある企業もあり、予定が合わないうちに疎遠になる、疎遠になって誘いにくくなる、誘いにくいから会う機会が減る…といった悪循環に陥ってしまいます。

やっとの思いで予定が合ったとしても、企業の休暇の取りやすさやそのときの仕事にもよるため、土日祝日を合わせて2~3日が限度です。そうなると台湾や韓国といった近隣諸国を除き、旅行先は国内に限られてしまいます。とてもヨーロッパやアメリカに行こうという話にはなりません。

学生生活最後の春休み期間は長い時間を一緒に共有できる最後のチャンスといえます。そのため、予定を合わせにくい大人数だったり、職種などの都合で卒業後は予定を合わせにくくなる人ほど学生時代のうちに海外に行ったほうがいいのです。

海外の卒業旅行がオススメな理由2. 学生のほうが貯金しやすい

「え?」と思った方もいるかもしれません。社会人のほうが収入が安定していてなおかつ高収入なイメージがあるためだと思いますが、残念ながら現実は違うのです。

確かに学生時代のアルバイトには限界があります。夜勤や掛け持ちをどんなに頑張っても、授業や卒論の時間を考慮すれば月15万円あたりが限界です。

それに比べて社会人は、2017年度の大卒新卒の初任給平均で20 万6,100 円(厚生労働省 調べ)。税金や社会保険料で3万ほど引かれるので手取り金額は20万円を下回りますが、それでも大学生のアルバイト以上は稼げる計算です。

では、どこで貯金しやすさが決まるのでしょうか?それは、不定期支出の多さです。

社会人になると学生時代以上に周囲の友人・知人の結婚や出産が増えます。そうすると結婚式に出席したり、ご祝儀を包んだりと、突然数万円単位の出費が発生することは珍しくありません。

職場次第ではありますが、飲み会が毎週のように行われることもあります。学生時代の飲み会の相場が1回3,000円程度だとしても、社会人になると約5,000円に跳ね上がります。特に新人は「下っ端だから」という理由で幹事を任されたりと断りにくいことも多く、出費も嵩んでしまいます。

その点、学生時代に何回も知人の結婚・出産に遭遇する人はそう多くありません。そのため、収入のほとんどは自分でコントロールすることができます。飲み会の回数を控える、自炊するなど、工夫次第で旅行代を工面できる学生こそ、お金がかかる海外旅行に行くべきなのです。

他にも、「社会人=自立した一人前の大人」というイメージがあり、金銭面で周囲に助けを求めにくい傾向にあります。ローンを組むのは怖いイメージもあり、お金について頼れるとがいないと感じている人も少なくありません。それも学生なら「学生最後の思い出にどうしても行きたいけどお金が足りない!出世払いで返すから貸してください!」と親に頼み込んで借りることもできます。

海外の卒業旅行がオススメな理由3. 貧乏旅行も楽しめる

最後の理由がこちらです。海外の卒業旅行がオススメな理由2.と矛盾しますが、学生は概してお金がありません。そのため、少ないお金で最大限楽しむ工夫がとても得意です。

しかし、社会人になると「学生じゃないんだから」「彼女の手前ユースホステルなんて」と感じてちょっとランクのいいホテルに泊まったり、「せっかく旅行に来てるんだから」と日本では特別な日でもないと払わないような金額のディナーに行ったりと、同じ海外旅行でもお金をかけてしまいがちです。

学生同士の旅行ならみんなお金がないのは一緒です。しかも、卒業旅行の場合は他のグループでも行く人が多いので、一回の旅行にかける費用をできるだけ抑えたいという気持ちはみんなに共通しています。

貧乏旅行で起きたトラブルやハプニングは、卒業後のいい思い出話になることが多いので、もし「お金がないから行けない」という人がいたら「お金がなくても楽しめる方法を探そう」と提案して、みんなで旅行に行けるようにするといいですよ!

誰と行くかによって準備も行先も異なる

当然、卒業旅行は誰と行くかによって行き先が異なります。同じ3人組での旅行でも、大学のサッカーサークルの男子3人組と茶道部の女子3人組だったら旅程は全然違うはずです。もし目的地が一緒でも、入国後の行動は別物になるのではないでしょうか。

そこで、今回は人数別のメリット・デメリットを紹介します。

一人旅

「卒業旅行で一人旅は寂しくない?」「友達いないの?」と思う方も多いかもしれませんが、一人旅はかなりオススメです。人と行く海外旅行では決して体験できないことが経験できます。

一人旅のメリット:すべてが自由で、現地の人と仲良くなるチャンスも多い

一人旅最大のメリットはすべてが自由ということです。まず旅行先から他の人の意見を聞く必要はなくて、航空券さえ取れればいつでも出国できます。満席にならない限り座席や部屋の確保もできるのは大きなメリットです。

出国前の準備も旅行先に入国してからの行動もすべて自分の意志で決定するので、「あいつがあっちがいいって言ったから」という不満もありません。また、一人で事件やトラブルに対処しなくてはいけないので、短期間の旅行でもちょっとした自己成長を感じることができます。

あと一人旅では常に単独行動なので、現地の人が話しかけてくれることがあります。他の人との旅行だと日本語でその人とばかり話すので、海外で現地の言葉や英語を使ういい機会にもなります。

一人旅のデメリット:感動を共有できる人がいなくて、トラブルも自分で解決しなくてはいけないこと

一人旅最大のデメリットです。どんなに美しい世界遺産や面白い景色を見ても、「きれいだね!」「あれ見て!」とその感動を共有できる人がいないことです。写真や動画を撮って帰国後の話のネタになるように、スマホが手放せなくなります。

ただ、これはメリットで挙げた現地の人や他の旅行者と親しくなれば解消できるデメリットでもあります。

問題は、何かがあったときに相談できる人や頼れる人がいないこと。たとえば財布を丸ごと盗まれたとします。一人旅以外なら一緒にいる人にお金を借りて、帰国後に返済すればいいのですが、一人旅だとそうはいきません。

大使館、家族、クレジットカード会社など、あらゆるところに連絡しなくてはいけません。財布の中の免許証やパスポートなど、身分証明書になるものを紛失すると思いのほかやるべきことが多く、それだけで貴重な旅行時間を浪費してしまいます。

2~4人の少人数旅行

一番多いのがこのパターンではないでしょうか。サークルやバイト、クラスの気心が知れた友人の旅行がこれに該当します。

少人数旅行のメリット:気心知れた友人だけだから遠慮がいらない

少人数旅行の場合はグループ全員が仲いいため、大人数だと遠慮しがちなことも臆せずに意見できることが挙げられます。また、座席決めや部屋割りなどで2対2に分かれる場合も「誰と誰が一緒になっても平気な状態」なことが多いため、揉めたりあまり仲良くない人と一緒になって気まずくなる心配がありません。

一人旅と違って感動を共有できる人がいて、かなり本音に近い意見を伝えられる少人数旅行はメリットが非常に大きいです。

また、スマホ自撮りでもこの人数だとカメラに収まりやすいのもメリットといえます。

少人数旅行のデメリット:喧嘩が起こると気まずくなる

少人数旅行は本音を言いやすい反面、喧嘩になると一気に全体が気まずくなります。すぐに謝って解決する内容の喧嘩ならいいのですが、旅行中や帰国後も尾を引く喧嘩になると最悪です。

旅行のプランはみんなで話し合って決めるのがベストですが、卒論などで忙しい人がいると他のメンバーで決めてしまったり、最悪の場合一人に押し付けられる形になることがあります。忙しいとはいえ話し合いに参加できなかったメンバーに非があるのに、「相談してくれなかった」「勝手にあの子が全部決めた」と、あとから文句が出てしまうこともあるのです。

また、3人組の旅行では2人と1人に分かれることがあると思いますが、1人になる人をローテーションでちゃんと決めないと、その1人に不満が募ってしまいます。これは3人組での旅行が決まった時点で注意することができるので、細心の注意を払いましょう。

5~9人の中人数旅行

授業を一緒に受けていた友人同士や小規模なゼミのメンバーだと、5~9人ほどのグループになることがあります。

中人数旅行のメリット:役割分担がはっきりして、毎回違う人とグループになる楽しさがある

5人以上のグループだと、全員で話し合った結果を複数人が代表して取りまとめてくれる場合が多いので、一人に作業が集中することがありません。10人以下で行動するので、出国ぎりぎりでなければ航空券やホテルも比較的まとまった席が取りやすいです。

他には、レンタカーを借りて移動する場合もこの人数なら免許を複数人が持っている場合がほとんどなので、ドライバーの負担も軽減できます。また、食事ときの席順は工夫すれば毎回違う人と一緒になるので、長期間の旅行でも新鮮な気持ちで過ごすことができます。

中人数旅行のデメリット:常に2グループに分かれがち

5人以上のグループになると、グループ内でさらに小グループができることがあります。部屋割りや座席決めだけでなく、歩くときの順番だけでも小グループに分かれてしまいがちです。

「一緒に旅行に行ったのに、あの人と全然話せなかった」ということが起こりえます。卒業旅行で話せなかった友人とは、卒業後も予定が合わなかったり、グループで会ったらまた仲良しで固まってしまうため、卒業後も話す機会が持てないことが多いです。

卒業旅行でまんべんなく話せれば卒業後に会ったときに話しかけるきっかけもできるので、ぜひ卒業旅行中に話しかけましょう。

10人以上の大人数旅行

大規模サークルや語学のクラスなど、10人以上の仲良しグループでの旅行は社会人になるとほぼ不可能です。スケジューリングも大変だと思いますが、コツは他の卒業旅行が決まる前に予定を決めてしまうこと!

大人数旅行のメリット:団体割引で安く旅行できる可能性あり

メリットは、団体割引がきけば格安で旅行することができることです。団体割引適用の最低人数は旅行会社やパッケージにもよるので一概には言えませんが、団体割引が適用されれば割引なしで行くよりかなり安く行けたり、割引がなくても何かしらのサービスを受けることができたりと、メリットは少なくありません。

大人数旅行のデメリット:早く予約しないと旅行自体が帳消しに

大人数であること自体がデメリットになりかねません。「みんなで同じホテルに泊まりたい」「みんなでまとまって飛行機に座りたい」と言っても、座席には限りがあります。

10人だったらまだ対処できるかもしれませんが、15人以上になる場合はとにかく早めに予約をしないと「みんなで」は不可能になります。複数グループに分かれて別々のホテルに泊まらないといけなかったり、最初から別々の便で出国して現地集合なんてことにもなりかねません。

また、卒業旅行シーズンで人気の高い場所に行きたい場合、席やフライトがばらばらでも人数分の航空券すら確保できない可能性もあります。そうすると、せっかく大人数で行ける旅程が組めたのに、旅行自体がなくなってしまうのです。

カップル旅行

最後はカップル旅行です。就活や卒論で一緒にいられる時間が少なかった分、海外旅行で楽しい思い出を作るのはおすすめです!

カップル旅行のメリット:非日常感が演出できることと、サプライズしやすいこと

付き合いが長いカップルでも、学生同士だと海外旅行はそう何度も出かけられないはずです。そうすると、海外に行くだけで簡単に非日常体験ができ、ただ街中を歩いたりカフェに寄ったりするだけでも特別なイベントの気分になります。

また、お互いに非日常間に浮かれているので、サプライズが成功しやすいのも海外旅行のメリットです。海外でのサプライズに憧れる人も多いので、純粋に相手を喜ばせたいという意味でもメリットになり得ます。さらに、海外の人は日本人よりノリがいいことも多く、成功しても失敗しても誰かしらが声をかけてくれるでしょう。

カップル旅行のデメリット:非日常だからこそ嫌なところが目に付く

非日常空間にいるときは日常を忘れたいもの。ですが非日常空間を堪能しようとアンテナを張り巡らせている分、普段なら気にならないところも目についてしまうのです。

海外のレディーファーストが当たり前の男性を見て「なんでレディーファーストできないの?」と怒る彼女や、そんな彼女を見て「今までそんなこと一言も言わなかったのに何で?」と腹を立てる彼氏なんかが典型例です。喧嘩で済めばいいのですが、特別な旅行なので余計に嫌な面が気になってしまいがちなので、お互いに思いやりの心を持ちましょう。

 

価値観を擦り合わせよう


価値観は人によって異なります。簡単な話だと、どこにお金をかけるかで価値観ははっきりします。極端な話をすると「ビジネスクラスでゆったり寝たい」「ドレスを用意してでも食事は現地の一流のお店で美味しいものを食べたい」「5万円払ってもそこでしかできないアクティビティーを体験したい」という違いが人によってあります。つまり、予算に対してどれだけの割合をかけたいと思うかに違いが現れます。

「宿泊先は寝られればいいから、シャワーと寝床さえあれば1泊1000円以下のユースホステルでいい」という人と「宿泊先はちょっといいところにして、ルームサービスを使ったり併設されているバーでまったりしたい」という人が一緒に旅行する場合、少なくとも片方が譲歩する必要があるのです。

もちろん一緒に旅行したい人と価値観が合うことが一番ですが、そう簡単にはいかないものです。旅行先に到着してからもめ事を起こして最悪の旅行になる前に、話し合いをして価値観のすり合わせをしておきましょう。

特に価値観のずれが発生すると大変なのは移動食事です。移動は直行便と経由便のような、時間をお金で買うものならまだ理解を得やすいのです。しかし、「ちょっといいクラスの席でゆったりしたい」派と「移動時間は変わらないからお金をかけたくない」派は最後まで平行線で、最終的に当日も別々の席に座ることもあります。

食事は個人の価値観によって割いてもいいと思っている予算がかなり異なるので、一番価値観のすり合わせが難しくなります。最終的には平均予算相当かそれよりやや下に収まることが多いですが、カフェはちょっといいところに行くなど、お互いに不満を溜め込まないような工夫をしましょう。

早めに動き始めて、早割で格安卒業旅行に行こう!


当たり前のことですが、卒業旅行は卒論提出や大学受験が終わる2月から3月に渡航者が殺到します。人気都市への航空券は早い段階で埋まってしまうことも多く、メンバー全員の進路が決まってから申し込みを始めるようでは希望の日程で行けなくなることも多いです。

もちろん「内定者研修のスケジュールがわからない」「国立前期が不合格だったら後期も受験する」など、不確定要素もあると思います。ですが、早めに旅行の予定を立てて航空券の座席さえ確保してしまえば、あとは急ぐ必要はありません。一番問題なのは、航空券が確保できず旅行の予定ごとパーになってしまうことです。

旅行会社側も40日前までのキャンセルや変更であれば、料金がかからないことがほとんどです。そこで、大手旅行会社3社の海外ツアーキャンセル料を比較しました。ちなみにキャンセル日は旅行開始日の前日から起算してさかのぼります。

近畿日本ツーリストJTBHIS
40日前~31日前
(ハイシーズンのみ)
旅行代金の10%
(上限は50,000円)
旅行代金の10%
(上限は100,000円)
旅行代金の10%
(上限は100,000円)
30日前~15日前旅行代金が50万円以上
→ 100,000円
旅行代金が50万円未満
→ 50,000円
旅行代金が30万円未満
→ 30,000円
旅行代金が15万円未満
→ 20,000円
旅行代金が10万円未満
→ 旅行代金の20%
旅行代金が50万円以上
→ 100,000円
旅行代金が50万円未満
→ 50,000円
旅行代金が30万円未満
→ 30,000円
旅行代金が15万円未満
→ 20,000円
旅行代金が10万円未満
→ 旅行代金の20%
旅行代金の20%
14日前~3日前旅行代金の20%旅行代金の20%旅行代金の20%
2日前
~当日の旅行開始前
旅行代金の50%旅行代金の50%旅行代金の50%
旅行開始後または
無連絡不参加
旅行代金の100%旅行代金の100%旅行代金の100%

だいたいどこの料金体系も横並びのようですね。10万円以上のツアーを30日~15日前にキャンセルしても20%が上限なので、もし日程がぎりぎりまで確定しない人がいる場合は、近畿日本ツーリストやJTBでの予約がおすすめです!

ちなみにハイシーズンの適用は、旅行開始日が4/27~5/6、7/20~8/31、12/20~1/07(2018年度)の場合だそうです。卒業旅行だと当てはまりにくいですが、就活が早く終わった大学生ならバイト代を貯めて夏の旅行にも行けるので、チェックしておいて損はありません。また、大学生協でも特別な学割や学生限定プランを実施している場合があるので、旅行コーナーはこまめにチェックしましょう!

Airbnbなどお得に旅行するためのアプリを駆使するべし!


観光地や街の中心部へのアクセスが抜群な宿泊先は一泊数万円クラスの高級ホテルか、一泊約1,000円からのユースホステルに二分される傾向があります。宿泊費だけで十何万も払えないけど、かといって見ず知らずの人と同じ部屋で仕切りもなしに寝るのは抵抗がある人も多いはず。

この問題を解決する手段として数年前から人気なのが、Airbnb(エアビーアンドビー)です。日本では「民泊」という言葉が浸透していますが、一言でいえば民泊したい人と民泊できる家屋を持つ人のマッチングアプリです。

普通にファミリーが暮らしている家の一部屋に泊まり、キッチンやトイレ、バスを共有する場合もあれば、ホストは家の管理をするだけで、実際に顔を合わせることなくAirbnb利用期間が終了する場合もあります。

メリットは好立地でも安いところが多いのと、長期滞在をすると割引を受けられることがあること。Airbnbでは宿泊費の価格設定は基本的にホストに委ねているので、割引を設定していないところもあれば、2泊目から割引が適用されるところもあります。また、ハイシーズンであっても値段が跳ね上がらないことが多いように感じます。

卒業旅行でAirbnbを勧めたいもう一つの理由は、少し前にも触れましたが、際にホストと顔を合わせることなくAirbnb利用期間が終了する場合もあること。つまり、別荘やコテージ、コンドミニアムを借りる要領でAirbnbを使うことができるのです。

ホテルだと大人数で集まれる場所がなかったり、集まれても公共スペースだから静かにしないといけなかったりと、宿泊先での思い出が作りにくい傾向にあります。ユースホステルの大部屋を貸切るのは一つの手段ですが、集まれてもベッドばかりでみんなで輪になれるようなスペースがなかったりします。

でもAirbnbだったら友達の家で集まるような感覚で家を使うことができるのです。ホテルだとできないような雑魚寝もできてしまいます。

また、場合によってはホストが現地案内をしてくれたり、人気のアクティビティを紹介してくれたりすることもあります。ホテルのフロントスタッフやツアーの添乗員でも聞けば答えてくれると思いますが、現地で暮らす人だからこそわかる穴場スポットを紹介してもらえるのは、民泊の醍醐味といえます、

近所に住んでいる人に迷惑をかけないように、チェックインしたときの状態と同程度には掃除してから退去するなど、最低限のマナーを守れば大丈夫です。Airbnb以外にも、海外旅行で便利なアプリはたくさんあるので、日本にいる間にインストールしておきましょう。

Airbnb

1週間なら多くて2~3ヵ国に絞ろう!


北海道旅行に行くときに「初日は千歳、次の日は小樽、その次の日は旭川…」と、とても回れないスケジュールを立ててしまうというエピソードはよく聞きますよね。海外旅行でも同じことが言えます。

「せっかく時間とお金を使って遠い海外に来ているのだから、短期間でもたくさんの国を廻りたい!」と思うのは悪いことではありません。ですが、海外では一つの都市がとても一日で観光できないことも多く、それを考えずに旅程を組んでしまって、現地に入ってから泣く泣く宿泊先の変更をする羽目になることも。

卒業旅行に行く前に注意することは、多くの国を廻ることより、いくつかの地域を深く知ること。行く国が多いということは、同じスケジュールでも移動にとられる時間が多くなってしまうので、一カ所の観光時間が少なくなってしまいます。

1週間程度なら多くて2都市または2ヵ国、ヨーロッパの小さな国同士でも3ヵ国くらいに絞るのがベストです。ヨーロッパを周遊する場合は、EU加盟国でもユーロではなく独自通貨を使っている国もまだ多いので、各国の通貨単位の確認をしましょう。現金両替をする場合は土日だと銀行が開いてないことも多いし、一人ひとり両替をすると時間もかかります。何より、違う国に入国するたびに両替をするのは時間の無駄です。

また、フランスからイギリスなど、旅行中に飛行機を使って移動する場合は荷物の重量制限を確認しておきましょう。お土産も買って日本を出る時より重量が増える可能性があるので、パッキング時に持ち物にゆとりを持たせるなどの工夫が必要です。

卒業旅行に行く前に注意すること2つ


卒業旅行前は卒論や旅行代を捻出するためのアルバイトに尽力していて、旅行準備がおろそかになりがちです。大事なポイントを見落としていると、せっかく計画はパーフェクトでも旅行に行けなくなってしまうこともあります。

そこで、卒業旅行前にチェックすべきことを2つ紹介します。他のことは多少疎かになっても、これだけは絶対に注意!というポイントだけをまとめました。

卒業旅行に行く前に注意すること1. パスポートの有効期限は?

まずはパスポートの有効期限は必ずチェックしましょう。10年パスポートを持っている人なら気にする必要はありませんが、10代のうちに5年パスポートを発行した人は有効期限を確かめてください。

もし有効期限が1年未満の場合、早めにパスポートの更新をしておきましょう。今回紹介する国では観光ビザが必要になる国も多く、観光ビザの発行条件にパスポートの残りの有効期限がある場合がほとんどです。「いざビザを発行しよう!」というタイミングでパスポートの期限がビザ発行の条件を満たさないと、当然ビザは発行されず、最悪の場合は旅行にも行けなくなってしまいます。

パスポートは申請から発行まで時間がかかるので、余裕をもって準備しておきましょう。

卒業旅行に行く前に注意すること2. 旅行先の国民の主な宗教は?

日本人は無宗教の人も多いので日常生活で気にすることはあまりないかもしれませんが、海外における宗教問題はわたしたちが思っている以上にデリケートな問題です。宗教によってアルコールや特定のお肉の飲食が禁止されているだけならまだしも、日本では問題ない行為で相手を挑発したり傷つけたりしてしまうこともあります。

こういった問題については慎重になりすぎて損はないので、行く国の宗教はもちろん、食事やそれ以外のマナーについても日本で調べつくしてください。あと、国によっては政治と宗教がかなり密接に関係していることもあるので、現地の人に対して政治と宗教の話は避けましょう。

おすすめの卒業旅行先40選


ここからは、おススメの卒業旅行先40ヵ国を8ジャンル×5ヵ国という形で、次の順に紹介します。

おすすめ旅行先一覧

  • サークルなどの大人数におすすめ!リゾート卒業旅行先5ヵ国

ハワイ(アメリカ)、セブ島(フィリピン)、サイパン(アメリカ)、シンガポール、グアム(アメリカ)

  • まるで秘境!ゆったりくつろげるリゾート卒業旅行先5ヵ国

モルディブ、フィジー、バリ島(インドネシア)、ニューカレドニア、タヒチ

  • 近場で格安!アジアのおすすめ卒業旅行先5ヵ国

台湾、韓国、香港、タイ、カンボジア

  • 一度は行きたいヨーロッパの卒業旅行先5ヵ国

イギリス、フランス、ドイツ、スペイン、イタリア

  • 超定番・ヨーロッパ以外の卒業旅行先5ヵ国

インド、ブラジル、ペルー、ボリビア、南アフリカ

  • SNS映え抜群!エキゾチックな卒業旅行先5ヵ国

トルコ、キューバ、ウズベキスタン、モロッコ、ロシア

  • 旅行好きは行ってる!マイナーヨーロッパの卒業旅行先5ヵ国

クロアチア、チェコ、ルーマニア、マルタ、ベルギー

  • 親の反対もかわせる!治安のいい卒業旅行先5ヵ国

オーストラリア、スイス、デンマーク、オーストリア、カナダ

今回はランキングではないので選考基準はありませんが、各国の表についての表記の統一ルールを明記します。

  • 時差は1月~3月のもの。明記しない限りはサマータイム適用外です。
  • 時差、物価、平均気温など、国内でも差があるものは首都のものを表示しています。
  • 物価、航空券価格ともに2018年4月8日現在のものとします。
  • 物価は2リットルのコカ・コーラペットボトルの値段を基準とし、日本で購入する場合は196円です。
  • 首都は日本語と公用語で併記しています。
  • 航空券はskyscannerで調べたエコノミークラスの往復価格とします。
  • 航空券価格が太字の場合、年間最安月または年間最高月です。
  • 各国の公用語、首都、地図の情報源は外務省ホームページです。
  • ビザについての情報源は、在日大使館か、在現地日本大使館のどちらかです。

サークルなどの大人数におすすめ!リゾート卒業旅行先5ヵ国

最初に紹介するのは、海で遊べるリゾート地です!サークルやゼミの卒業旅行だと大人数になってしまい、海外旅行を諦めてしまいがちです。でも、リゾート地なら大丈夫。

今回紹介するリゾート地は冬でも夏日または真夏日の天候で気持ちよく、ビーチなら大人数でもワイワイ遊べます。それに、もともとリゾート地として人気だから大人数が泊まれるコテージも他の場所に比べたらたくさんあります。

もちろん大人数じゃなくても、アクティブにマリンスポーツを楽しみたい人、エステやショッピングを楽しみたい人など、様々な人が楽しめる旅行先です。

No.1 ハワイ(アメリカ)

時差-19時間
物価
(1アメリカドル=106.91円)
301.49円
直行便あり(羽田、成田、中部国際、関西国際)
公用語英語(事実上の公用語)
首都ワシントンD.C./Washington, D.C.
1月の平均気温
航空券の平均価格
最高気温:28.4℃、最低気温:21.2℃
75,901円(年間最安月)
2月の平均気温
航空券の平均価格
最高気温:27.3℃、最低気温:20.9℃
78,898円
3月の平均気温
航空券の平均価格
最高気温:26.9℃、最低気温:20.8℃
82,361円
ビザ最長90日の観光・商用を目的にビザなしで米国旅行する場合は
ESTA(電子渡航認証)を事前申請する必要があります。

平均気温引用元:国立海洋大気局公式ホームページ

大人数ならメジャーどころが無難!

ハワイ(アメリカ)は根強いリピーターになる人と、一回も行くことなく人生を終えてしまう人が、はっきり別れると思います。ハワイが大好きな人ならコアなところに行きたくなるところですが、大人数向けリゾートの紹介なので、ここではメジャーどころを紹介します。

ハワイ島西部にあるケアラケクア湾は、ハワイを発見したことで有名なジェームス・クック船長が亡くなった場所です。湾の向こう側に記念碑を見ることができますが、彼がいなかったらわたしたちがハワイ観光することはなかったかも…?と思うと、非常に感慨深いものがあります。

また、ハワイに来たのならショッピングもいいけど火山観光もしておきたいところ。キラウエアは小学校や中学校の理科の教科書にも載るほどメジャーな火山です。ハワイ島東部のハワイ火山国立公園では、タイミングがよければ溶岩流が流れるところや煙が立ち込めるところを目の当たりにすることができます。

ハワイはお正月を過ぎると一気に航空券代が下がり、1月が年間を通じて一番安く航空券を買える傾向にあります。もし大学生で3年または4年前期で単位を取り終えていたり、高校生で推薦などで大学が決まっている場合は、フライング気味に1月の卒業旅行もおすすめです。

No.2 セブ島(フィリピン)

時差-1時間
物価
(1フィリピンペソ=2.05円)
117.09円
直行便 あり(成田、関西国際)
公用語タガログ語、英語
首都マニラ/Maynilà、Manila
1月の平均気温
航空券の平均価格
最高気温:30.1℃、最低気温:22.8℃
48,681円
2月の平均気温
航空券の平均価格
最高気温:30.4℃、最低気温:22.8℃
49,227円
3月の平均気温
航空券の平均価格
最高気温:31.5℃、最低気温:23.1℃
51,190円
ビザ30日間以内の滞在ならビザは不要です。

平均気温引用元:weather2visit

ダイビングのライセンスも取れる最も身近なリゾート地

セブ島(フィリピン)は近年英語留学でも非常に注目を集めているほか、リゾート地としてもわたしたち日本人にはとてもポピュラーです。同じアジア圏で、1月~3月は航空券代も比較的安いため、卒業旅行でもセブ島の人気は根強いです。

フィリピンは人口の約8割がカトリック教徒で、過去にはスペインとアメリカの統治領となった歴史もあります。そのため、アジアなのにアジアらしくない建築物などが現代にも残されています。

セブ・シティは1521年のマゼラン上陸と共にキリスト教文化をフィリピン全土へ広めることになった中心地で、セブ・シティを抜きにしてフィリピンを語ることはできません。スペイン語で「幼いイエス」を意味するサント・ニーニョ教会マゼラン・クロスなどキリスト教文化を示す遺物が多く残る中、おすすめは道教寺院。統治時代を終えてもなおキリスト教が広く信仰されるなか、仏教的な建物も共存しているというのは他国の文化ではなかなか見られないので、貴重です。

また、ちょっとリッチなエステでリフレッシュしたり、マーケットで魚介類を食べ歩くのもおすすめ。魚介類はもちろん、フルーツもとても安くて新鮮です。レストランによっては市場で買った魚介類を持ち込めば料理してくれることも。「安い」「お腹いっぱい」「美味しい」の3拍子が揃ったセブのマーケットは一度行ったら病みつきになりますよ!

No.3 サイパン(アメリカ)

時差+1時間
物価
(1アメリカドル=106.91円)
301.49円
直行便なし(※2018年5月6日で廃止)
公用語英語(事実上の公用語)
首都ワシントンD.C./Washington, D.C.
1月の平均気温
航空券の平均価格
最高気温:30.8℃、最低気温:24.7℃
65,343円
2月の平均気温
航空券の平均価格
最高気温:30.6℃、最低気温:24.7℃
74,888円
3月の平均気温
航空券の平均価格
最高気温:31.1℃、最低気温:24.8℃
70,120円
ビザ45日以下の商用または観光で渡航する場合は
「グアム-北マリアナ諸島ビザ除プログラム」を
利用する必要があります。ESTA申請は必要ありません。

平均気温引用元:国立海洋大気局公式ホームページ

常夏の島に行ったらマリンスポーツ!

マリンスポーツは広大な海がフィールドなので、大人数でもみんなで楽しむことができます。初心者でもすぐできるウインドサーフィンはいかがですか?年中穏やかな風が吹くサイパン(アメリカ)はウインドサーフィンのメッカとして知られています。特に卒業旅行シーズンの1月~3月は北東から貿易風が吹くので、絶好のコンディション。

ただ、2月は航空券が高騰しがちで、1月と比較すると1カ月違うだけで約9500円航空券代が余計に必要になります。1月に旅行できれば一番ですが、ダメならLCCを利用するか、3月まで待つか、考えどころです。

日本人インストラクターが初心者でも優しく教えてくれるウインドサーフィン体験は1時間55アメリカドル(約5,880円)なので、値段もとてもお手ごろです。
スキューバダイビングも人気で、3~4日あればライセンスも取得できます。

サイパンは第二次世界大戦のころ日本の統治下にあったのは説明不要ですね。破壊された国家の再建を願って終戦後に建造されたマウント・カーメル教会はおすすめです。

ただ美しいだけでなく、のちにローマ法王から命を受けて、北マリアナ諸島のカトリック教会を統治する大聖堂へと格上げされました。また、教会の裏には統治時代にサトウキビの豊作を願うために作られた神社の鳥居が残されています。カトリックのお墓が並ぶなか佇む鳥居に、この島の歴史を感じます。

No.4 シンガポール

時差-1時間
物価
(1シンガポールドル=81.29円)
211.37円
直行便あり(羽田、成田、中部国際、関西国際、福岡)
公用語英語、中国語、マレー語、タミール語
首都シンガポール/Singapore、Singapura、新加坡、சிங்கப்பூர் குடியரசு
1月の平均気温
航空券の平均価格
最高気温:30.4℃、最低気温:23.9℃
54,787円
2月の平均気温
航空券の平均価格
最高気温:31.7℃、最低気温:24.3℃
53,466円(年間最安月)
3月の平均気温
航空券の平均価格
最高気温:32.0℃、最低気温:24.6℃
57,179円
ビザ一般的な観光の場合、通常30日未満の滞在ならビザは不要です。

平均気温引用元:National Environment Agency

じっくり見て回りたい国際色豊かな都市国家

シンガポールはマレー半島の先端に位置する島国で、大きさは兵庫県の淡路島程度。その気になれば1泊でも観光することは十分可能ですが、せっかくなので2~3日滞在してのんびり廻りたい国です。

代表的なショッピング街がオーチャード・ロード。イギリス・東インド会社の開発計画によって築かれた国ということもあり、昔は果樹園(オーチャード)だったことが名前の由来です。現在は高級ブランド店はもちろん、ローカルの流行を知ることができるスポットになっていて、観光にはもってこいです。

また、イギリスの過去の貿易国の影響か、チャイナタウンリトルインディアブギス&アラブストリートなど、移民街もかなり発展しています。これだけ小さい国に移民街がいくつも存在しているということは非常に異例であり、シンガポールの歴史的背景の独自性を改めて実感します。

他にも、「世界三大がっかり」として知られるマーライオン像やシンガポールの大自然を味わえるシンガポール動物園&ナイトサファリ、屋台街のホーカーセンターなど、1泊で予定を組んだら後悔すること間違いなしのスポットが目白押しです。冬のシンガポールは航空券代も安定しているので、予定が合う日が決まったらすぐに申し込んだほうがいいかもしれません!

No.5 グアム(アメリカ)

時差+1時間
物価(1アメリカドル=106.91円)301.49円
直行便あり(成田、中部国際、関西国際、福岡)
公用語英語(事実上の公用語)
首都ワシントンD.C./Washington, D.C.
1月の平均気温
航空券の平均価格
最高気温:31.1℃、最低気温:25.0℃
65,515円
2月の平均気温
航空券の平均価格
最高気温:30.8℃、最低気温:24.9℃
61,965円
3月の平均気温
航空券の平均価格
最高気温:31.2℃、最低気温:24.8℃
66,691円
ビザ45日以下の商用または観光で渡航する場合は
「グアム-北マリアナ諸島ビザ除プログラム」を
利用する必要があります。ESTA申請は必要ありません。

平均気温引用元:国立海洋大気局公式ホームページ

航空券代も安くて最高気温も高すぎない2月がおすすめ!

グアム(アメリカ)最南端の村・メリッツォは自然豊かで美しい村として有名です。空から見たときにコバルトブルーに見えるココス礁湖に面しています。そのコバルトブルーと対比するように美しい白のサン・ディマス教会は、ヨーロッパの古い教会とは違って見た目も可愛らしく、結婚式にもよさそうです。

他にもグアムの首都・ハガニアは先史時代、スペイン統治時代、日本統治時代を挟んだ2度のアメリカ統治時代といった5つの時代を象徴するスポットを1時間ほどで歩いて回れるエリアです。現代も続く第二次アメリカ統治時代を象徴するエリアには、自由の女神像もあるので、ぜひ探してみてくださいね!

まるで秘境!ゆったりくつろげるリゾート卒業旅行先5ヵ国

次もリゾート地ですが、先ほどのリゾート地と違うのは航空券代の高さ。これから紹介する旅行先の航空券代は先に紹介したリゾート地に比べ、平均1.6倍ほどの金額です。

それでもおすすめしたい理由は、お金がかかるからこそ日本人が少なく、日常世界から離れた異世界の気分を味わうことができます。こちらもリゾート地ではありますが、マリンスポーツでアクティブにというよりは、遠く離れたリゾート地でスパを体験してゆっくりとした時間の流れを感じたい人におすすめします。

No.1 モルディブ

時差-4時間
物価
(1ルフィア=6.87円)
260.88円
直行便なし
公用語ディベヒ語
首都マレ/މާލެ
1月の平均気温
航空券の平均価格
最高気温:30℃、最低気温:25℃
89,513円
2月の平均気温
航空券の平均価格
最高気温:31℃、最低気温:25℃
86,625円
3月の平均気温
航空券の平均価格
最高気温:31℃、最低気温:26℃
82,282円(年間最安月)
ビザ観光目的の場合、到着時に最長30日間有効の観光ビザが発給されます。
日本を出国する際にビザを取得している必要はありません。

平均気温引用元:Climates to Travel

インド洋に浮かぶ楽園

モルディブはスリランカの南に位置する約1200の島からなる国。青い海と水上に浮かぶコテージをイメージする人がほとんどではないでしょうか。

実際にモルディブで街観光をできるのは歩いても1周1時間ほどで回れてしまう首都・マーレくらいで、あとはリゾートホテルが立ち並んでいます。モルディブはイスラム教国家なので、いくら真夏日でも女性が露出の多い格好で出歩くのは観光客でも好まれません。脚が隠れる長さのワンピースを用意したり、街に出るとき用の薄手の羽織物は用意しておいたほうがいいと思います。

モルディブの島は一つ一つが非常に小さく、一つの島に一つのリゾートというのが基本です。そのため、滞在中に滞在場所を変えたいときは島ごと移らなければならず、手間と時間がかかります。つまり、モルディブ旅行ではどこの島に泊まるか(活動拠点を置くか)がかなり重要なのです。

モルディブ南部のほうがリゾート開発は昔から進んでいて、豪華なリゾートやダイビングスポットも点在しています。一方で北マーレ環礁を除く北部は近年リゾート開発が進んでいる地域で、新しいリゾートが多いのが特徴です。北マーレは首都から近いため早くからリゾート化が進んでいます。

1月~3月は航空券代も8万円台で安定しているので、卒業旅行にはお勧めです。

No.2 フィジー

時差+3時間
物価
(1フィジードル=52.32円)
195.17円
直行便あり(成田※2018年7月3日から)
公用語英語
首都スバ/Fiji
1月の平均気温
航空券の平均価格
最高気温:30.1℃、最低気温:22.7℃
127,941円
2月の平均気温
航空券の平均価格
最高気温:30.3℃、最低気温:23.0℃
134,878円
3月の平均気温
航空券の平均価格
最高気温:30.3℃、最低気温:22.7℃
145,383円
ビザ観光の目的で4ヶ月以内の滞在予定の場合、ビザは不要です。

平均気温引用元:weather2visit

インドの香りが漂う南太平洋の秘境

フィジーは南太平洋に浮かぶ島です。リゾートでの誰にも邪魔されないひとときはもちろん、街を歩くのもとても楽しい島です。

フィジーに来る人のほぼ全員がまず訪れるのが、ナンディ国際空港からほど近いナンディという街。島々からなる国・フィジーの中心・ビチレブ島の西部に位置するこの街には、政府の観光局があるほか、民芸品やアクセサリーを販売するハンディクラフト・マーケットなどがあります。

実はフィジーの人口の約半分はインド系移民のため、ヒンドゥー寺院もたくさんあります。なかでもスリ・シヴァ・スブラマニヤ・スワミ寺院はカラフルな外観が目を惹きます。

また、インド移民が多い影響でフィジーはカレー文化が発展している国でもあります。本場インドはもちろん、日本のカレーとの違いも味わってみてください。

ナンディとは真逆のビチレブ島東部に位置するフィジーの首都・スバは南太平洋の国でもかなりの大都市と言われています。とはいえ、何千もの島があって一つ一つの島の人口も多くないため、10万人に満たないとはいえ、とても大きく感じます。マーケットで買い物したり、バーやクラブで夜遊びを楽しんだりしてもいいし、森林公園で自然を満喫するのもありです。

卒業旅行シーズンの1月~3月はフィジーでは雨期に相当するため、レインウェアを用意しておくなど、出国前の準備には気を付けてください。

No.3 バリ島(インドネシア)

時差-1時間
物価
(1インドネシアルピア=0.01円)
124.98円
直行便あり(成田)
公用語インドネシア語
首都ジャカルタ/Jakarta
1月の平均気温
航空券の平均価格
最高気温:30.3℃、最低気温:23.7℃
54,470円
2月の平均気温
航空券の平均価格
最高気温:30.4℃、最低気温:23.6℃
54,163円
3月の平均気温
航空券の平均価格
最高気温:30.6℃、最低気温:23.6℃
54,844円
ビザ観光目的の30日以内の滞在ではVoA(到着ビザ)が必要です。

平均気温引用元:weather2visit

一度は訪れたい「神々の島」

フィリピン・セブ島に並ぶアジアの人気リゾートといえば、バリ島(インドネシア)。島独自のバリ・ヒンドゥー教に基づいた伝統文化が特徴的で、リゾートは当然ながら、舞踏や音楽、自然など様々なものが訪れる人を魅了します。リゾート地ながら比較的安く行けるのも人気のポイントです。

バリ州の州都・デンパサールでジャガッナタ寺院を訪れたり、パザール・バドゥンというバドゥン川の東に位置する市場で安くて新鮮なフルーツや鮮魚を味わうのもいいでしょう。あとはバリ北部のバリ・ヒンドゥー総本山のブサキ寺院はバリの正装をしていないと門の中に入れませんが、外から見ても荘厳なたたずまいに見とれてしまいます。

バリ島に来たからには絶対に見ておきたいのが、バリの伝統舞踊です。島民のほとんどが信仰するバリ・ヒンドゥー教が島民の生活に根付いている様子がわかります。

様々な伝統舞踊の中でもおすすめしたいのは、チャロナランという聖獣バロンと魔女ランダのストーリーを演目にしたもの。バロンは獅子舞、ランダはなまはげに似た見た目をしていて、親近感を覚えます。他にはケチャという松明の日を囲んだ100人以上の男性による合唱劇もおすすめで、見ていて真似をしたくなります。

リゾート地としては、ヌサドゥア&ブノアサヌール、高級リゾートが並ぶジンバランなど、バリ島の南部がおすすめです!

No.4 ニューカレドニア

時差+2時間
物価
(1フレンチ・パシフィック・フラン=1.10円)
495.05円
直行便あり(成田、関西国際)
公用語フランス語
首都ヌメア/Nouméa
1月の平均気温
航空券の平均価格
最高気温:29.1℃、最低気温:22.7℃
94,430円
2月の平均気温
航空券の平均価格
最高気温:29.1℃、最低気温:22.9℃
88,112円
3月の平均気温
航空券の平均価格
最高気温:28.7℃、最低気温:22.6℃
78,510円
ビザ労働をせずに3カ月未満の滞在予定の場合、短期観光ビザが必要です。

平均気温引用元:weather2visit

フランスの文化が所々に見られる南国の島

フランス領のニューカレドニアでは、首都・ヌメアやアンバスタといった、本島であるグランドテール島南端に位置するリゾートが主な観光地です。ヌメア中心部とアンバスタを効率よく観光したい場合は、イエローとレッドのビビッドな配色が目を惹くバンブル・ビー・トレインの利用がおすすめです。

ヌメアのマルシェで行われる朝市もオススメで、マルシェの中のカフェで朝ご飯を食べることもできます。マルシェの中は食料品やお花がメインですが、周辺には土産物市もたくさんあるので、お土産選びのためにも一度は訪れたい場所です。

アンバスタではニューカレドニア・ラグーン水族館がおすすめです。「せっかく南国に来たのに水族館?」と思う方もいるかもしれませんが、光るサンゴやノーチラスなど、珍しい海の生き物を見ることができます。日本周辺の海とは生態系がまったく異なるため、とても面白いと思います。

あともう一カ所おすすめしたいのが、ヌメアから飛行機で30分またはフェリーで3時間の場所にある、イル・デ・パンという小さな島。過去にフランスの政治犯の流刑地として利用されていたとは思えないほど美しい光景に目が釘付けになります。イル・デ・パンの美しい海を眺めて過ごすのもいいし、パリ・コミューンの流刑地跡を見学してフランスの歴史の1ページを体感するのも、とても貴重な経験です。

No.5 タヒチ(フランス領ポリネシア)

時差-19時間
物価
(1フレンチ・パシフィック・フラン=1.10円)
580.38円
直行便あり(成田)
公用語フランス語、タヒチ語
首都パペーテ/Papeete
1月の平均気温
航空券の平均価格
最高気温:31℃、最低気温:24℃
163,096円
2月の平均気温
航空券の平均価格
最高気温:31℃、最低気温:24℃
151,753円
3月の平均気温
航空券の平均価格
最高気温:32℃、最低気温:24℃
141,933円(年間最安月)
ビザ労働をせずに3カ月未満の滞在予定の場合、短期観光ビザが必要です。

平均気温引用元:Climates to Travel

天国に一番近い楽園

フィジーよりもさらに先、日付変更線を超えた先に位置するのがタヒチ(フランス領ポリネシア)。時差は日本のほうが19時間進んでいるので時差が大きいように見えますが、たとえば日本が朝6時のときタヒチは前日の午前中の11時なので、ヨーロッパやアメリカよりは時差を気にしなくていいかもしれません。

観光らしい観光は、ほぼ首都・パペーテでカバーすることができます。タヒチを象徴する女性用の衣装・パレオを纏ってパペーテを歩けば、身も心もすっかりタヒチに入り込むことができます。

観光の見どころとしては、島でもっともメジャーなビーチ・PK18(正式名称はヴェイアヴァ・ビーチ)や、晩年をタヒチで過ごしたフランスを代表する画家・ゴーギャンが水浴びしたといわれるマラア洞窟真珠博物館あたりが候補に挙げられます。

表からもわかる通り、タヒチは物価が高いのでリゾート地でありながらあまりショッピング向けではありません。ですが、世界中で有名なタヒチアン・パールをはじめとするタヒチならではのものは、奮発してもいいかもしれません。タヒチの黒真珠を購入する場合は高額になるので、免税手続きも忘れずに!

近場で格安!アジアのおすすめ卒業旅行先5ヵ国

近場の卒業旅行のメリットは、安さとフットワークの軽さ。今回紹介する5ヵ国で一番航空券代が高くなるカンボジアでも往復60,000円以下で行けるのは、学生にとっては大きいです。

時差も少なく飛行機疲れもあまりない状態で旅行先に入国できるので、うまくスケジューリングすれば到着したその日の朝から旅行を満喫することができます。

No.1 台湾

時差-1時間
物価
(1台湾ドル=3.65円)
189.61円
直行便あり(新千歳、羽田、成田、中部国際、関西国際、福岡)
公用語中国語、台湾語
首都台北/臺北、 台北
1月の平均気温
航空券の平均価格
最高気温:17.3℃、最低気温:11.1℃
31,288円(年間最安月)
2月の平均気温
航空券の平均価格
最高気温:17.6℃、最低気温:11.4℃
34,298円
3月の平均気温
航空券の平均価格
最高気温:20.0℃、最低気温:13.3℃
33,977円
ビザ90日以内の観光目的で滞在の場合、ビザは不要です。

平均気温引用元:weather2visit

すぐにでも何度でも行きたくなる国

台湾は2泊3日の弾丸旅行でも十分楽しめるので、学生時代に何度も行った人もいると思います。ジブリ映画『千と千尋の神隠し』のモデルになった九份(キュウフン)はとても人気の観光スポットで、日本人も多くて旅行気分がそがれることも。今回は少しメジャーどころから外れた台湾の観光地を紹介します。

愛河(アイガ)は日本統治時代に作られた運河で、きれいにライトアップされた夜景がデートスポットとして人気を集めています。九份のような素朴なイメージを台湾に抱いていると、ちょっとびっくりするかもしれません。

遊覧船に乗って愛河をクルージングすることもできます。時期によって値段は変わるものの、だいたい500円ほどと、夜景のクオリティーに比べて安すぎるのも特徴です。クルージングをしなくても、リバーサイドを歩くだけでも十分楽しめます。

九份や愛河、士林夜市(シリンヨイチ)など、実は夕暮れ時から夜にかけてのイメージが強い台湾。昼の観光地として紹介するのが台湾最大の湖・日月潭(リーユエタン)です。台北からのアクセスも良く、台湾の自然を堪能できるスポットとして、人気ランキングの常連になっています。

日月潭の先住民族・サオ族の民族料理に舌鼓を打ったり、遊覧船でゆったりクルージングしたりするのもいいですが、最近のトレンドはスポーツバイクをレンタルしてのサイクリング。遊覧船やサイクリングで一周すると証明書をもらえるそうなので、旅の思い出におすすめです。

No.2 韓国

時差時差なし
物価
(1ウォン=0.09円)
304.54円
直行便あり(新千歳、羽田、成田、中部国際、関西国際、福岡など)
公用語韓国語
首都ソウル/서울
1月の平均気温
航空券の平均価格
最高気温:1.6℃、最低気温:-6.1℃
26,711円
2月の平均気温
航空券の平均価格
最高気温:4.1℃、最低気温:-4.1℃
29,554円
3月の平均気温
航空券の平均価格
最高気温:10.2℃、最低気温:10.2℃
27,444円
ビザ90日以内の滞在の場合、一般観光ビザが必要です。

平均気温引用元:韓国気象庁公式ホームページ

その気になれば日帰りでも行ける!

言わずもがな、お隣韓国は日帰りでも行けちゃう海外として人気です。日帰りで行けちゃう韓国だからこそ、ソウルなどの大都市ばかりになりがち。そこで、いつもより何泊か多めに日数をとって、周りが知らないようなディープな韓国旅はいかがでしょうか?

おすすめなのは、釜山からほど近いところにある西面(ソミョン)。眠らない街として知られる繁華街で、日本でも人気のお菓子メーカー・ロッテの百貨店本店や、アクセサリーやコスメを取り扱う店の多いテヒョン地下商街が立ち並びます。テヒョン地下商街は女子旅の帰国前のお土産購入時にぜひ立ち寄りたいですね!

さらにもう一カ所おすすめしたいのが、珍島という朝鮮半島南端の都市。歌手の天童よしみさんの代表曲『珍島物語』で日本人にも広く知られる…と言われても、若い人だと初耳の人もいるのではないでしょうか。

陰暦の2月末から3月初めにかけて、霊登(ヨンドゥン)サルと呼ばれる神秘の海割れを見に多くの観光客が訪れます。海割れの季節でなくても、珍島犬事業所で愛らしい珍島犬に会いに行くことができるので、癒されに行くのもおすすめです。

No.3 香港

時差-1時間
物価
(1香港ドル=13.62円)
217.94円
直行便あり(新千歳、羽田、成田、中部国際、関西国際、福岡など)
公用語中国語(広東語)、英語
首都中環/中環、Central
1月の平均気温
航空券の平均価格
最高気温:18.5℃、最低気温:13.1℃
36,558円
2月の平均気温
航空券の平均価格
最高気温:18.5℃、最低気温:13.6℃
36,764円
3月の平均気温
航空券の平均価格
最高気温:21.2℃、最低気温:16.2℃
39,718円
ビザ観光目的で渡航する場合、3ヵ月間ビザは不要です。

平均気温引用元:weather2visit

100万ドルの夜景に魅了される

香港は1997年までイギリス統治下にあったため、アジアの中でも指折りの英語が通じる地域です。漢字で書いてあってもやはり日本語と中国語ではイコールでないこともあるので、そういう場合は素直に英語で聞いてみるといいかもしれません。

龍脊(ドラゴンズ・バック)は香港南端部の石澳半島(セックオー半島)に広がるハイキングコース。起伏に富んだ丘の頂上がまるで龍の背中のようだというのが、この名の由来です。山頂まで行くと大浪湾(タイロンワン)などを見渡すことができるほか、パラグライダーを楽しむ人もいたりと、それぞれが香港の自然を楽しむことができます。

夜はあまりにも有名な彌敦道(ネイザン・ロード)へ繰り出して、美味しいご飯やお酒を嗜んだり、ショッピングを楽しんだりと、香港のナイトライフを満喫したいところ。いつ行っても多くの人で賑わっていて、香港らしい混沌とした雰囲気を味わえるのが醍醐味です。楽しさのあまり時間を忘れて遊んでしまう人が多いので、翌日の寝坊や二日酔いには気を付けましょう!

No.4 タイ

時差-2時間
物価
(1バーツ=3.42円)
129.84円
直行便あり(新千歳、羽田、成田、中部国際、関西国際、福岡)
公用語タイ語
首都バンコク/กรุงเทพมหานคร
1月の平均気温
航空券の平均価格
最高気温:32.0℃、最低気温:21.0℃
49,182円
2月の平均気温
航空券の平均価格
最高気温:32.9℃、最低気温:23.4℃
50,620円
3月の平均気温
航空券の平均価格
最高気温:33.9℃、最低気温:25.0℃
52,971円
ビザ30日以内の滞在の場合、ビザは不要です。

平均気温引用元:weather2visit

アジア周回旅行ならタイは外せない!

混沌としたイメージもあるアジアでのんびりした雰囲気を纏う国・タイ。首都・バンコクは全人口の10%が集まる大都市なので、まさしく東京と同じといえます。それでも、東京のように人が慌ただしく満員電車に乗るようなことはなく、バンコクの人はのんびりしています。

バンコクの観光名所として真っ先に名が挙がるワット・アルンは、かつて第1級寺院として名を馳せた由緒正しい寺院です。実は2013年から修復工事をしていて、ワット・アルンに行っても足場が組まれていてよく見えませんでした。しかし、2017年8月に修復工事も終えたばかりで、きれいなワット・アルンを見ることができるのは今だけです!バンコクは仏教寺院やマーケットにばかり注目が行きがちですが、「東洋のベニス」と言われるほど美しい運河も注目です。

ほかにオススメなのは、チェンマイです。国の形が細長くなるところの境目付近にある街です。ビルマ(現ミャンマー)に侵入された歴史を持つため、バンコクや他のタイの地域とは異なる、ビルマの色を残した文化や習慣、言語が未だに見て取ることができます。

オススメはナイトバザールドイ・ステープで、旅行者向けのお土産屋さんがずらっと並んでいるため、夜遅くまで遊んで、宿泊先に戻る前に立ち寄るのにぴったりです。タイのシルク製品や民芸品、スパイスまで様々なものが売られています。

ドイ・ステープは海抜1080mの山で、300段ほどの階段を上るときらびやかなワット・プラタート・ドイ・ステープがあります。頂上からはチェンマイの景色も一望できるので、達成感はすごいはず!

No.5 カンボジア

時差-2時間
物価
(1リエル=0.03円)
166.23円
直行便あり(成田)
公用語カンボジア語
首都プノンペン/ភ្នំពេញ
1月の平均気温
航空券の平均価格
最高気温:31.7℃、最低気温:21.1℃
55,642円
2月の平均気温
航空券の平均価格
最高気温:32.3℃、最低気温:22.2℃
58,452円
3月の平均気温
航空券の平均価格
最高気温:33.9℃、最低気温:23.3℃
57,302円
ビザ観光ビザが必要です。

平均気温引用元:weather2visit

「王家の都市」アンコールワットを中心に旅程を組めば間違いなし!

カンボジアの首都・プノンペンの中心地はドーム形の市場であるセントラル・マーケットです。人はもちろん、ショップの数も非常に多いため、いつ行っても多くの人でにぎわっています。

王宮などの定番の見どころはもちろんですが、アートショップ通りと呼ばれるギャラリーやシルクショップが並ぶお店はおすすめ度かなり高いです。また、プノンペン南部のボンケンコン地区では、フランス植民地時代の建物を改装したホテルが増えています。元々富裕層が住むエリアなので治安もいいので安心です。

カンボジアを語るのに、アンコールワットは絶対に欠かせません。常に観光客でごった返しているエリアですが、「どうせ混んでるし…」と諦めてしまうのはもったいないです。

今から約900年前に建てられたとは思えないような彫刻の緻密さや寺院全体から感じるパワー、そして建立当時から現代までカンボジアの人が大切に守り続けてきた気持ちには圧倒されてしまうでしょう。アンコールワットに行く際に拠点となるシェムリアップもフランス領時代の街並が残っていて素敵なので、シェムリアップとアンコールワットで1泊は押さえておきたいところです。

一度は行きたいヨーロッパの卒業旅行先5ヵ国

誰しも一度は憧れたことがあるヨーロッパ。その中でも特に大きな存在感を示している5ヵ国をピックアップしました。

どの国も有名な観光地が複数都市に存在するため、主にガイドブックに小さく載っているような場所でおすすめの観光スポットをご紹介します!

No.1 イギリス

時差-8時間(サマータイム)
物価
(1ポンド=150.65円)
274.18円
直行便あり(羽田)
公用語英語(ウェールズ語,ゲール語等使用地域あり)
首都ロンドン/London
1月の平均気温
航空券の平均価格
最高気温:6.9℃、最低気温:1.7℃
94,680円
2月の平均気温
航空券の平均価格
最高気温:7.3℃、最低気温:1.7℃
86,813円(年間最安月)
3月の平均気温
航空券の平均価格
最高気温:10.0℃、最低気温:3.0℃
99,557円
ビザ観光目的で通常6ヶ月未満の滞在の場合、ビザは必要ありません。

平均気温引用元:weather2visit

世界が羨む歴史と文化を持つ国

イギリスといえば首都・ロンドン。イギリスに何度か行ったことがある人でも、ロンドンだけでも観光名所が多すぎて他の場所を廻れていない人も多いと思います。そこで今回はイギリスが生んだ名作小説シリーズに焦点を当てて、おすすめの卒業旅行先を紹介します!

コナン・ドイルの『シャーロック・ホームズ』シリーズの主人公・ホームズと助手・ワトソンが、物語中で住んでいる住所「221B Baker Street」に実際に建てたのがシャーロック・ホームズ博物館です。博物館内はホームズとワトソンの生活が見て取れるような内装になっていて、シリーズのファンなら渡航前や飛行機の中で予習しておきたくなります。

続いて紹介するのはオックスフォード大学クライスト・チャーチ・カレッジです。言わずと知れた『ハリー・ポッター』シリーズに登場するホグワーツ魔法学校の食堂のロケ地として使われました。日本の大学同様、基本的には一般の旅行客でも入ることができます。

もし時間があれば飛行機の中で映画をチェックして、実際にハリーやハーマイオニーたちが座ったところに座ってみるのもありかもしれません!

No.2 フランス

時差-7時間(サマータイム)
物価
(1ユーロ131.27=円)
250.73円
直行便あり(羽田、成田、関西国際)
公用語フランス語
首都パリ/Paris
1月の平均気温
航空券の平均価格
最高気温:6.1℃、最低気温:1.6℃
80,004円
2月の平均気温
航空券の平均価格
最高気温:7.4℃、最低気温:1.8℃
75,451円(年間最安月)
3月の平均気温
航空券の平均価格
最高気温:10.5℃、最低気温:3.7℃
85,532円
ビザ就労以外の目的の場合、180日期間内で最大90日間ビザなしで滞在できます。

平均気温引用元:weather2visit

パリ以外の観光地も要チェック!

世界一観光客が多い国として知られるフランス。観光地や世界遺産の数はかなり多いものの、知名度も人気も圧倒的に首都・パリに集約されています。今回はパリ以外のおすすめ卒業旅行先を紹介します!

まず紹介するのは、南フランスのコート・ダジュール地方。イタリアにも近く地中海に面している地域で、ニースアンティーブカンヌ、モナコ公国などが含まれる高級リゾート地です。南仏は冬でも暖かく、1月でも平均最高気温が10℃を超えるので過ごしやすいのが特徴です(※上の図はパリの気温)。

おしゃれなレストランやカフェが多く、料理も地中海の魚介類がメインで、フレンチだけではなくパスタなどのイタリアンも堪能できます。学生の卒業旅行としては物価が高いのが気になりますがその分日本人学生は少ない傾向にあるので、カップルでの卒業旅行など、特別な人と行くにはおすすめです。

次に紹介するのはドイツとの国境付近の街・コルマールです。とても小さな街ですが、ジブリ映画『ハウルの動く城』の舞台となった街として日本では知られています。

ドイツとの国境に近いこともあり、昔から独仏間の領土争いにたびたび巻き込まれ、何度もドイツ領になったりフランス領になったりしました。ドイツが第二次世界大戦の敗北宣言をする数カ月前にフランス領となって現在に至りますが、食文化や建築物など、ところどころにドイツ領時代の名残が見えます。

No.3 ドイツ

時差-7時間(サマータイム)
物価
(1ユーロ=131.27円)
183.78円
直行便あり(羽田、成田、関西国際)
公用語ドイツ語
首都ベルリン/Berlin
1月の平均気温
航空券の平均価格
最高気温:1.8℃、最低気温:-3.0℃
89,706円
2月の平均気温
航空券の平均価格
最高気温:3.4℃、最低気温:-2.4℃
80,526円(年間最安月)
3月の平均気温
航空券の平均価格
最高気温:7.7℃、最低気温:0.3℃
95,943円
ビザ就労以外の目的の場合、180日期間内で最大90日間ビザなしで滞在できます。

平均気温引用元:weather2visit

ビールとソーセージと古城とサッカーと

ドイツも名所だらけの国なので、どこを紹介するか悩みどころではあります。まずおすすめしたいのは、オーストリアとの国境付近に位置する古城・ノイシュヴァンシュタイン城。東京ディズニーランドにあるシンデレラ城のモデルとも言われているお城なので、ご存知の方も多いと思います。

電車の最寄駅から遠いのがネックで、バス、シャトルバス(※冬季は運休)、馬車、徒歩の選択肢がありますが、バスは1時間に1本ほどの運航で、徒歩だと3~40分を要します。タイミングを逃すと徒歩になりますが、徒歩で観に行っても後悔しないくらい美しいので、ぜひとも足を運んでください。場内ガイドツアーでは、日本語ガイドも選べるので、「せっかく上ったのに何一つ説明がわからなかった」ということもありません。

もう一カ所紹介したいのが、ケルンです。ドイツ西部の街で、香水の種類の一つ「オーデ・コロン」は「ケルンの水」という意味だと伝えられています。

ケルン中央駅を出てすぐのところにそびえ立つ世界遺産・ケルン大聖堂のインパクトはかなり大きいです。大聖堂の中にも入れて、タイミングがいいと礼拝にも参加することができます。

ドイツで忘れてはいけないのが、ビールとソーセージ。どちらも絶品です。ケルンではケルシュという地ビールが有名で、200mlくらいのビーカーに近い、縦長のグラスでビールを飲みます。ビールがなくなる頃にウェイターがわんこそばのように新しいビールを持ってきてくれるので、自分でストップをかけるまで飲むという形式です。

また、ケルン中央駅に向かう車窓から見えるホーエンツォレルン橋の鉄骨には恋愛成就のための南京錠がたくさんかけられています。さすがに車窓から南京錠は確認できませんが、カップルでの卒業旅行の際は、ぜひ立ち寄ってみることをおすすめします!

No.4 スペイン

時差-7時間(サマータイム)
物価
(1ユーロ=131.27円)
181.16円
直行便あり(成田)
公用語スペイン語
首都マドリード/Madrid
1月の平均気温
航空券の平均価格
最高気温:10.3℃、最低気温:1.5℃
73,152円
2月の平均気温
航空券の平均価格
最高気温:12.0℃、最低気温:2.4℃
69,318円(年間最安月)
3月の平均気温
航空券の平均価格
最高気温:15.2℃、最低気温:4.0℃
81,432円
ビザ就労以外の目的の場合、180日期間内で最大90日間ビザなしで滞在できます。

平均気温引用元:weather2visit

アンダルシアで伝統に触れてバスクで美食を嗜む

スペインでは首都・マドリードやバルセロナがメジャーですが、今回はアンダルシア地方のロンダという街とバスク地方を紹介します。

スペインのイメージとして真っ先に連想されるような闘牛、フラメンコ、白い壁といったものは、すべてアンダルシアで見ることができます。

ロンダは川の浸食によってできた断崖絶壁の街です。主な見所は絶壁を一望できるヌエボ橋と、スペイン最古の闘牛場。内部見学もできます。また、約800年間イスラム教徒に支配された地でもあるため、アラブ浴場も残されています。

バスクはピレネー山脈西部にある、スペインとフランス両方にまたがる地域。ピレネー山脈の絶景はもちろん、山と海の両方の幸を堪能できるため、美食の地としても知られています。

言語はバスク語が州の公用語になっています。バスク語は若者にも学び継がれ、街中の標識などもバスク語とスペイン語が併記されています。

バスクには内戦がピカソの絵のモチーフになったことで有名なゲルニカや、避暑地として有名なサン・セバスティアンがあります。街の中心アラメダ・デル・ブール・バードの旧市街はバル街になっているので、ワインとピンチョスで乾杯しましょう!

No.5 イタリア

時差-7時間(サマータイム)
物価
(1ユーロ=131.27円)
254.67円
直行便あり(成田)
公用語イタリア語
首都ローマ/Roma
1月の平均気温
航空券の平均価格
最高気温:12.1℃、最低気温:2.9℃
74,619円
2月の平均気温
航空券の平均価格
最高気温:13.3℃、最低気温:3.7℃
69,259円(年間最安月)
3月の平均気温
航空券の平均価格
最高気温:15.5℃、最低気温:5.1℃
80,142円
ビザ就労以外の目的の場合、180日期間内で最大90日間ビザなしで滞在できます。

平均気温引用元:weather2visit

ハズレ知らずの世界一のグルメスポット

見どころがあまりにも多すぎるイタリア。大都市だけでも首都・ローマミラノナポリフィレンツェベネチア…。すべての都市が美しすぎて1カ月は欲しいところですが、今回はアクセスも考えてベネチア、ミラノ、そしてポルトヴェーネレの3カ所を紹介します。

水の都・ベネチアは人が少ない分、冬はかなり狙い目です。地中海に浮かぶイタリアとはいえ、冬場の寒さは東京と変わらないので、その寒さに耐えられるのであればの話ですが…。

サン・マルコ広場の正面にあるサン・マルコ寺院はドーム状の屋根が目を惹きます。寺院の中の宝物パラ・ドーロはライトアップも相まってとても美しく輝いています。寺院右側の宝物庫には、1204年に十字軍がコンスタンティノープルから持ち帰ったとされる戦利品が飾られているので、歴史好きの人は必見です。

ミラノはセリエAの名門チーム・インテルとACミランの本拠地であるのはもちろん、ファッションショーのミラノコレクション、芸術でも有名な街。街の中心にシンボルとしてそびえ立つドゥオーモはゴシック建築の傑作で、外観はもちろん、内装のステンドグラスや宝物庫も、いつ見ても圧巻です。

最後に紹介するのが、イタリア語で「女神の港」を意味するポルトヴェーネレ。高台に建つサン・ピエトロ教会とカラフルな建物の壁、エメラルドグリーンの海の色のコントラストが美しく、いつまでも眺めていられます。

超定番・ヨーロッパ以外の卒業旅行先5ヵ国

旅行好きの人にはヨーロッパのようなきれいに整備されたところより、人の手で触れていない自然や、溢れるくらいの人が集まるカオスな雰囲気の街が好きな人もいます。

今回はアジア・南米・アフリカから今おすすめの国5ヵ国を厳選しました!

No.1 インド

時差-3.5時間
物価
(1インドルピー=1.65円)
130.06円
直行便あり(成田、関西国際)
公用語ヒンディー語
首都ニューデリー/नई दिल्ली
1月の平均気温
航空券の平均価格
最高気温:21.1℃、最低気温:7.2℃
59,830円
2月の平均気温
航空券の平均価格
最高気温:23.8℃、最低気温:9.9℃
58,778円
3月の平均気温
航空券の平均価格
最高気温:29.7℃、最低気温:15.2℃
62,285円
ビザ観光ビザが必要です。

平均気温引用元:weather2visit

一度行ったら病みつきになる、人生を変える国

インドといえば、上の画像のタージマハルが真っ先に思い浮かぶ人が多いと思います。タージマハルは当時のインド皇帝が最愛の妃を亡くした際に作らせたお墓です。ちょっと写真からは分かりづらいのですが、建物の前にいる人と大きさを比べれば、いかに大きなお墓であるかがよくわかると思います。

ヒンドゥー教の聖地として知られるバラナシはインドの北東部にあり、国内外から多くのヒンドゥー教徒が訪れます。街の西側にはガンジス川が流れていて、沐浴する信者や観光客、ヒンドゥー教で神聖な存在の牛でごった返している光景はまさにインドのイメージそのもの。

インド北西部の都市・ジョードプルは通称・ブルーシティーと呼ばれるほどの美しい街並みで人気を博しています。この青い街並みは意図的に作ったものではなく、害虫駆除のために塗布した化学塗料が変色した結果、青くなったようです。

また、ジョードプルは人気漫画『ONE PIECE』に登場する街・アラバスタのモデルになった街と言われています。アラバスタ編は初期のエピソードながら、最新の単行本が90巻に近い現在も人気が高いため、途中で挫折した読者の中にもファンは多いのではないでしょうか。

ジョードプルはこれからもっと知名度と人気が高まってくると予想されるので、早めに行ってトレンドを先取りするのが狙い目です!

No.2 ブラジル

時差-12時間(サマータイム)
物価
(1レアル=31.74円)
190.45円
直行便なし
公用語ポルトガル語
首都ブラジリア/Brasília
1月の平均気温
航空券の平均価格
最高気温:26.7℃、最低気温:17.4℃
134,637円
2月の平均気温
航空券の平均価格
最高気温:26.7℃、最低気温:17.4℃
127,620円(年間最安月)
3月の平均気温
航空券の平均価格
最高気温:27.0℃、最低気温:17.3℃
138,050円
ビザ観光の場合、e-Visa(電子査証システム)が必要です。

平均気温引用元:weather2visit

シーズンど真ん中のリオのカーニバルは必見!

毎年2月~3月にかけて、世界中の人がブラジルに集まります。リオのカーニバルを見るために。年に一度のイベントで交通機関も宿泊先も確保が困難ですが、一度は行く価値があるので、タイミングが合う人はぜひ見に行きましょう。

ブラジル最大の都市リオ・デ・ジャネイロのシンボルは、コルコバードの丘にあるキリスト像。日中の白い十字架に見える姿も、夜のライトアップされた姿もどちらも目に焼き付けておきたいものです。

キリスト教文化のブラジルには、数多くの教会があります。リオでオススメなのは、サント・アントニオ修道院・教会カテドラル・メトロポリターナの、正反対の見た目の2つの教会。サント・アントニオ修道院・教会が17~18世紀に建てられた金一色の内装がきらびやかな教会なのに対し、カテドラル・メトロポリターナは1976年に建造されたばかりで、非常に斬新なデザインの教会です。

世界遺産・イグアスの滝もおすすめスポットです。ブラジルとアルゼンチンの国境にまたがって流れる滝で、アメリカのナイアガラの滝、アフリカのビクトリアと並んで世界三大瀑布に数えられていますが、他の2つとはスケールの大きさが比べ物になりません。もしアルゼンチンに行く機会があったら、ぜひアルゼンチン側からもイグアスの滝を見ることを勧めます!

壮大さやスケール間ではイグアスの滝に敵わないものの、ポルトガル語で「大沼地」を意味するパンタナールをボートやカヌー、馬に乗って進み、鳥や動物をウォッチして楽しむことができます。野生のカピバラやワニは可愛いほうで、ピラニアやオンサ・ピンターダという絶滅危惧種のジャガーの仲間もいるので、必要以上に動物を威嚇するような行為は控えましょう。

No.3 ペルー

時差-14時間
物価
(1ヌエボ・ソル=33.02円)
198.10円
直行便なし
公用語スペイン語(他にケチュア語,アイマラ語など)
首都リマ/Lima(スペイン語)
1月の平均気温
航空券の平均価格
最高気温:26.0℃、最低気温:18.3℃
116,421円(年間最安月)
2月の平均気温
航空券の平均価格
最高気温:26.8℃、最低気温:18.9℃
117,967円
3月の平均気温
航空券の平均価格
最高気温:26.4℃、最低気温:18.4℃
156,187円(年間最高月)
ビザ滞在期間が183日を超えない観光の場合、ビザは不要です。

平均気温引用元:weather2visit

文明が残した大自然を見に行こう

ペルーの二大観光スポットといえば、マチュピチュナスカの地上絵。どちらもペルーの長い歴史の中で作られた遺跡で、とても神秘的という共通点があります。

ナスカの地上絵はその名の通りナスカ文明の遺跡で、長い間研究・調査が専門家によって行われていますが、誰が何のために描いた絵なのか、詳しいことはわかっていません。その一方で、描かれているのはコンドルやハチドリ、リャマといった古代ペルー人の生活のそばにいた動物だということがわかっています。

科学的に物事を解明できるようになった現代においても解明できない謎のミステリアスさは、かえってわたしたちを魅了してやみません。

マチュピチュはインカ帝国の遺跡で、およそ100年前に発見されました。ナスカの地上絵ほどではないものの、マチュピチュも未だ解明されていない謎が多い遺跡として知られています。インカ文明での信仰対象は太陽と言われ、空中都市・マチュピチュは少しでも神の近くに行くための神聖な場所だったと考えられています。

マチュピチュに足を踏み入れた途端に伝わる独特のパワーは、インカ帝国が滅びた今を生きる私たちにも変わらず伝わっています。

そのインカ帝国の首都・クスコも観光スポットとしては外せません。マチュピチュを訪れる人はクスコが拠点になると思うので、アルマス広場市場などの観光スポットは押さえておきましょう。

ペルーの自然でマチュピチュとナスカの地上絵に次いで最近話題沸騰中なのが、レインボーマウンテンです。レインボーマウンテンもクスコを拠点に数多くのツアーが組まれています。

ツアーに参加しなくてもレインボーマウンテンに行くことは可能ですが、ツアーに参加することが一般的なようです。クスコからハイキングのスタート地点までの移動とハイキングが各3~4時間と、非常に長丁場ですが、色とりどりのレインボー模様を見ると、疲れが吹っ飛びます。山を作る地層が虹のようにカラフルで、とても自然に作られたものとは思えません。

今回紹介した場所に行く際は、くれぐれも高山病に注意しましょう。ナスカの地上絵の標高約600mはそうでもありませんが、マチュピチュは約2300m、クスコで約3400m、レインボーマウンテンが約5100mと、いずれも標高が高い場所にあります。高山病を発症した際の対処のためにも、多少高額なお金を払っても個人手配でなくツアーを利用することを勧めます。

No.4 ボリビア

時差-13時間
物価
(1ボリビアーノ=15.47円)
139.26円
直行便なし
公用語スペイン語、ケチュア語,アイマラ語、先住民言語36言語
首都ラパス(憲法上はスクレ)/Nuestra Señora de La Paz(スペイン語)
1月の平均気温
航空券の平均価格
最高気温:12.7℃、最低気温:1.8℃
138,690円
2月の平均気温
航空券の平均価格
最高気温:12.6℃、最低気温:1.6℃
144,370円
3月の平均気温
航空券の平均価格
最高気温:13.0℃、最低気温:1.5℃
185,967円(年間最高月)
ビザ30日間未満の滞在予定の場合、ビザは不要です。

平均気温引用元:weather2visit

ウユニ塩湖だけがボリビアだと思うと損をする!

ボリビアの観光スポットとしては、ウユニ塩湖が非常に有名です。あの鏡張りのような風景は特定の時期しか見られないのをご存知でしたか?

あの風景は雨期に降った雨によってできています。つまり、あの風景は雨期にしか見られません。そしてその雨季は1月~4月ごろ、すなわち卒業旅行シーズンなのです!

ただ、きれいな鏡張りを見るためには「雨が降る」「雨水がたまる」「翌日は快晴」の3条件をすべて満たす必要があります。せっかくあの景色が見れる時期にボリビアに行くのであれば、ウユニ塩湖は絶対見に行ったほうがいいです。

ウユニ塩湖以外では、憲法上の首都・スクレがおすすめです。いまでも16世紀の建物が残っているため街全体が世界遺産になっています。街の条例で白く塗ることが定められている壁と赤い屋根のコントラストが美しく、目を惹きます。

スクレを訪れた際はカテドラルマリア像を見に行くことをおすすめします。金や銀はもちろん、宝石でデコレーションされたマリア像は「豪華絢爛」そのもの。見学できる日は限られていますが、これだけ豪華な聖母像を見ることができたら何か幸運が訪れそうです。

もう一カ所おすすめするのは、事実上のボリビアの首都・ラパス。スクレのカテドラル同様、非常にゴージャスに飾られた祭壇などが見どころで、常に観光客でごった返しています。他にも首都の中心にして国政の中心地であるムリリョ広場は大統領邸宅と国会議事堂、カテドラルが一堂に会しています。

No.5 南アフリカ

時差-7時間
物価
(1ランド=8.89円)
142.20円
直行便なし
公用語英語,アフリカーンス語,バンツー諸語(ズールー語,ソト語ほか)の合計11言語
首都プレトリア/Pretoria
1月の平均気温
航空券の平均価格
最高気温:28.4℃、最低気温:16.0℃
147,002円(年間最高月)
2月の平均気温
航空券の平均価格
最高気温:28.1℃、最低気温:15.8℃
124,481円
3月の平均気温
航空券の平均価格
最高気温:26.9℃、最低気温:14.1℃
136,834円
ビザ観光または短期業務が目的かつ90 日以内の滞在であれば、ビザは不要です。

平均気温引用元:weather2visit

アフリカならではの自然やサファリを満喫!

アフリカ大陸最南端に位置する南アフリカ。大陸有数の世界都市・ケープタウンや大都市・ヨハネスブルグを持つ一方で、まだ人の手がついていない大自然を擁する一面も持ち合わせ、様々な表情で多くの人を魅了します。

まず南アフリカ最大の都市・ヨハネスブルグはネルソン・マンデラ元大統領が人種隔離政策・アパルトヘイト撤廃を求めて闘った場所であり、彼が5年前に亡くなった場所です。また他の大都市と同様にショッピングや夜遊びを楽しむこともできる、多様性に富んだ都市でもあります。

ヨハネスブルグでおすすめなのは、アパルトヘイト博物館。入館チケットを購入すると裏面には「BLANKES WHITES(白人)」「NIE-BRANKES NON-WHITES(白人以外)」のどちらかが書いてあり、入口もその2種類に分かれているので、チケットに書いてあるのと同じ入口から入館します。

ここで誤解してほしくないのは、チケットは完全ランダムであること。そのため、明らかにアジア系の顔をした私たち日本人が「白人」チケットをもらう可能性もあるし、逆に白人が「白人以外」のチケットをもらう可能性もあります。

この2種類のチケットの意図は、当時南アフリカの黒人が実際に体験したアパルトヘイトを体験してもらうことです。別のチケットを持っている人とも、入口をすぎれば合流できます。それに極端な話、チケットをもぎるスタッフがいるわけではないので、どちらから入っても問題ありません。

 

次に紹介したいのが、クルーガー国立公園です。アフリカ大陸全体でも最大級のサファリで、なんと四国もすっぽり入ってしまいます!

公園内には数えきれないほどの野生動物が生息していますが、なんとしてもビッグ5と呼ばれる動物はコンプリートしてほしいものです。ビッグ5は南アフリカで流通しているランド紙幣に描かれているほど特別な動物で、次の動物たちがそれに該当します。

  • 10ランド紙幣 → サイ
  • 20ランド紙幣 → ゾウ
  • 50ランド紙幣 → ライオン
  • 100ランド紙幣 → バッファロー
  • 200ランド紙幣 → ヒョウ

ビッグ5の他にもわたしたちが知る動物の大半はここで観ることができるため、「動物の楽園」と呼ばれる所以も納得です。国立公園内に宿泊施設も充実しているので、四国より広いこのサファリだけで何日か費やすのもありだと思います!

最後に紹介するのは、南アフリカが誇る世界都市・ケープタウンです。観光はもちろん、食事処もファストフードから高級店まで充実しています。レトロ可愛い雰囲気が特徴のビクトリア&アルフレッド ウォーターフロント・ショッピングモールでは、ここでしか買えない地元のブティックから高級ブランドまで幅広く取り揃えていて、誰もがショッピングを楽しむことができます。

SNS映え抜群!エキゾチックな卒業旅行先5ヵ国

最近はスマホできれいな写真を撮ることができるため、その場で加工してSNSにアップすることも当たり前になってきました。ヨーロッパのおしゃれな街並みやカフェの写真は撮り飽きたという人もいるかもしれません。

そこで、Twitterに投稿してもInstagramに投稿しても大反響間違いなし!というオススメの国を紹介します。模様や形が特徴的な建物など、ヨーロッパとはまた一味違った可愛さがあなたを待っています!

No.1 トルコ

時差-6時間
物価
(1トルコリラ=26.39円)
99.26円
直行便あり(成田)
公用語トルコ語
首都アンカラ/Ankara
1月の平均気温
航空券の平均価格
最高気温:2.9℃、最低気温:-4.7℃
65,896円
2月の平均気温
航空券の平均価格
最高気温:5.3℃、最低気温:-3.3℃
65,659円
3月の平均気温
航空券の平均価格
最高気温:10.8℃、最低気温:-0.2℃
80,870円(年間最高月)
ビザ90日間未満の滞在予定の場合、ビザは不要です。

平均気温引用元:weather2visit

ヨーロッパとアジアの架け橋

フレンチ、イタリアンと並んで世界三大料理に数えられるのがトルコ料理です。都心のフェスでお馴染みのケバブから「伸びるアイス」として知られるドンドゥルマなど、食べ物についてはまったく心配いりません。

2020年の夏季五輪の開催地を最後まで東京と競ったトルコを代表する大都市・イスタンブールは、ボスポラス海峡によってアジア側(旧市街)とヨーロッパ側(新市街)に分かれ、名実ともにヨーロッパとアジアの懸け橋となっています。スルタンアフメット・ジャーミィアヤソフィアといったイスラム色の濃い歴史的建造物は旧市街にあります。これらの見どころが目白押しのスルタンアフメット地区の建築の見学だけでも丸1日確保したいくらいです。

一方で新市街の魚市場イスティクラール通りの風景はヨーロッパそのもの。博物館や美術館なども立ち並び、旧市街とは違う一面を見ることができます。とはいえ、まったくイスラム建築がないわけではなく、バロック様式とオスマン様式の折衷が美しいドルマバフチェ宮殿など、イスラム教も見え隠れします。

イスタンブール以外ではトルコ中央部に位置する大自然が広がる岩地帯・カッパドキアがおすすめです。雄大な風景を気球で空から堪能してもよし、自分の足でトレッキングするのもよし、バギーや馬の力を借りて散策するのもよしと、楽しみ方は人それぞれ。

ただし、カッパドキアで公共交通手段を使おうとすると、1駅間が十数分というのも珍しくないため、行きはよくても疲れ切った帰り道にとても苦労します。レンタカーや二人乗りできるスクーターを利用するのが一番賢いかもしれません。

No.2 キューバ

時差-13時間(サマータイム)
物価
1兌換クック=106.92円)
161.46円
直行便なし
公用語スペイン語
首都ハバナ/La Habana
1月の平均気温
航空券の平均価格
最高気温:27.1℃、最低気温:17.6℃
125,555円
2月の平均気温
航空券の平均価格
最高気温:29.2℃、最低気温:18.5℃
124,417円
3月の平均気温
航空券の平均価格
最高気温:28.6℃、最低気温:18.4℃
136,649円
ビザ「ツーリスト・カード」を購入して入国審査時にパスポートと一緒に提出すると、
原則1回30日以内(30日間の延長可能)の滞在が認められます。

平均気温引用元:キューバ気象庁公式ホームページ

1つの国に2つの通貨単位があるので注意!

キューバは非常にエネルギッシュな国です。世界遺産に登録されている旧市街(ラ・アバーナ・ビエハ地区)は街中全体が美しく、1940~1950年代のマニアはたまらないクラシックカーが当たり前に街中を走っているため、どこかの世界にタイムスリップしたような気持ちになります。

新市街(ペダード地区)の革命広場には、有名なチェ・ゲバラやフィデル・カストロの肖像があります。旧市街には革命博物館があるなど、彼らの功績を称えるものがハバナには多く見られます。

他には、キューバ中東部に位置するカマグエイという都市が見所です。首都ハバナ、サンティアゴ・デ・クーバに続く第3の都市で、54の建物が世界遺産に登録されています。街は広場を結んで迷路状になっていて、世界遺産に登録されたものを含めていくつもの教会があり、それぞれの教会の違いを見ているだけでも楽しめます。

キューバで注意しなくてはいけないのが、通貨が人民ペソ兌換クックの2種類あること。人民ペソはキューバ国民が使う通貨で、兌換クックがわたしたち観光客が使う通貨です。

ちなみにレートは1兌換クック=25人民ペソかつ、1兌換クック=1アメリカドルです。観光地などだと観光客が人民ペソを使える場合もあるそうですが、人民ペソと兌換クックはすぐに区別がつきます。

No.3 ウズベキスタン

時差-4時間
物価
(1スム=0.01円)
104.18円
直行便あり(成田)
公用語ウズベク語
首都タシケント/Toshkent
1月の平均気温
航空券の平均価格
最高気温:5.8℃、最低気温:-2.8℃
76,098円
2月の平均気温
航空券の平均価格
最高気温:8.1℃、最低気温:-1.1℃
80,500円(年間最高月)
3月の平均気温
航空券の平均価格
最高気温:14.7℃、最低気温:4.5℃
75,086円
ビザ入国日から30日間未満の滞在予定の場合、ビザは不要です。

平均気温引用元:weather2visit

海のない国でブルーに囲まれる

中央アジアに位置するウズベキスタンは馴染みがない人も多いと思います。ですが、最近SNSで話題沸騰中なのはご存知でしょうか?

そのきっかけとなったのが、常にシルクロードの中心地として栄えてきたサマルカンド。キルギスとの国境付近に位置する都市です。

サマルカンドが脚光を浴びるようになった理由は、「ブルーモスク」にあります。レギスタン広場を中心にウルグベク・メドレセシェルドル・メドレセティラカリ・メドレセの3つのメドレセが並んでいて、その景色は壮観です。

サマルカンドが青の都として非常に夢いですが、ウズベキスタン西部の二重の城壁で囲まれた城塞都市・ヒヴァのカルタ・ミノルクフナ・アルクなども青がとても美しい建物です。ヒヴァは城塞都市だったことから町全体が古い時代の街並が残っていて、イチャンカラという地区全体が博物館として世界遺産に登録されています。

古い町並みを残すヒヴァに対して現代の国際的な環境問題を訴えるのが、北西部に位置するアラル海です。アラル”海”といっても実態は湖です。しかし、かつては世界第4位の面積を誇った巨大な湖はソ連時代に灌漑用水として使われたことや温暖化が理由で、今は見る影もありません。

また、アラル海がある地方はカラカルパクスタン共和国と呼ばれる、ウズベキスタン国内の共和国(※主権国家ではない)に含まれています。膨大な数の遺跡が残る都市でもあるので、太古の歴史から現在の地球が抱える問題まで、たくさんのことを学べる魅力にあふれた街です。

No.4 モロッコ

時差-8時間(サマータイム)
物価
(1モロッコ・ディルハム=11.60円)
127.62
直行便なし
公用語アラビア語、ベルベル語
首都ラバト/الرباط‎ 、ⵕⵕⴱⴰⵟ
1月の平均気温
航空券の平均価格
最高気温:17.1℃、最低気温:7.7℃
76,388円
2月の平均気温
航空券の平均価格
最高気温:17.9℃、最低気温:8.5℃
72,630円(年間最安月)
3月の平均気温
航空券の平均価格
最高気温:19.3℃、最低気温:9.2℃
82,346円
ビザ3ヶ月(90日)以内の滞在の場合、ビザは必要ありません。

平均気温引用元:weather2visit

美しい世界遺産とどこまでも続く砂漠に感動間違いなし!

北東アフリカに位置し、スペイン・ポルトガルの目と鼻の先にあるのがモロッコ。誰もがその名を知るサハラ砂漠はもちろん、モロッコ最初のイスラム王朝の都だったフェズ、首都ラバドやモロッコの大都市・マラケシュなど、訪れるべきところはたくさんあります。

中でも注目すべきはマラケシュとシャウエン。マラケシュはモロッコの中心部に位置し、自然はもちろん、建物や歴史においても重要都市となっているので、モロッコを初めて訪れるなら必ず観光したい場所です。

特にジャマ・エル・フナ広場は夕方には屋台が出ていて、土産物店はもちろん、カフェや食料品売り場、大道芸など様々な見どころがあり、お祭り騒ぎになっています。天気がいい日は馬車に乗ってゆっくりと街巡りをするのもおすすめです。

モロッコ北部に位置したシャウエンはスペインから逃れたイスラム教徒によって発展し、外部からイスラム教を守るために異教徒には閉ざされ続けました。しかし、一時的にスペイン領になったこともあってスペイン語が他の都市に比べてかなり通じるなど、モロッコでも独特の色彩を放っています。

とりわけおすすめなのが、青と白の迷路の世界です。一面の白い壁にブルーのアクセントがおしゃれで、とてもアフリカにいるとは思えないようなメルヘンな雰囲気です。女子旅ではぜひ訪れたいスポットですが、シャウエンの街自体が山間部にあり、坂や階段も多いため、疲れにくい格好で行くことをおすすめします。

No.5 ロシア

時差-6時間
物価
(1ロシア・ルーブル=1.83円)
173.86円
直行便あり(成田)
公用語ロシア語
首都モスクワ/Москва́
1月の平均気温
航空券の平均価格
最高気温:-6.5℃、最低気温:-12.6℃
71,186円
2月の平均気温
航空券の平均価格
最高気温:-4.5℃、最低気温:-11.5℃
66,724円(年間最安月)
3月の平均気温
航空券の平均価格
最高気温:1.2℃、最低気温:-6.0℃
74,103円
ビザ観光ビザが必要です。

平均気温引用元:weather2visit

国内時差が大きいため、移動の際は要注意!

言わずもがな世界一の国土面積を誇る国・ロシア。首都・モスクワの旧ロシア帝国宮殿のクレムリン赤の広場はあまりにも有名で、ここで紹介せずとも訪れると思います。そのため、今回はちょっと変わったロシアの教会を紹介します。

まずはキジ島の木造教会。キジ島はモスクワの北のほうにあるオネガ湖に浮かぶ非常に小さな島です。この島にあるプレオプラジェンスカヤ教会は木造の教会で、日本の校倉造と同様に釘を一切使っていません。

また、ロシアの教会といえばカラフルな色合いがトレードマークですが、プレオプラジェンスカヤ教会は木の色をそのまま活かした色合いになっています。

次に紹介するのは、モスクワから数十キロ北西に進んだところにあるセルギエフ・ポサードという街にあるトロイツェ・セルギエフ大修道院です。「赤の広場」や「血の上の救世主教会」など赤を連想させる名前の観光地や国立歴史博物館のような本当に真っ赤な建物が目立つロシアで、爽やかなブルーとホワイトを基調としたレア度がやや高めの教会です。

旅行好きは行ってる!マイナーヨーロッパの卒業旅行先5ヵ国

ヨーロッパ旅行のメリットは、小さい国が多いため1回の旅行で複数の国を廻る周遊旅行ができること。「興味はあるけどその国の公用語がわからないから」と尻込みしてきた人もいるはず。

ですが、ヨーロッパの人は日常会話レベルなら英語を喋れる人もたくさんいます(※特に観光地)。英語が通じなくても翻訳アプリがあればどうにかなります。

スマホ時代のいま、短期の旅行くらいなら「言葉がわからないから」で諦めてしまうのはもったいないですよ!

No.1 クロアチア

時差-7時間(サマータイム)
物価
(1クーナ=17.69円)
212.23
直行便なし
公用語クロアチア語
首都ザグレブ/Zagreb
1月の平均気温
航空券の平均価格
最高気温:2.7℃、最低気温:-3.5℃
99,727円
2月の平均気温
航空券の平均価格
最高気温:5.9℃、最低気温:-1.3℃
76,024円(年間最安月)
3月の平均気温
航空券の平均価格
最高気温:11.3℃、最低気温:1.9℃
114,994円(年間最高月)
ビザ就労以外の目的の場合、最大90日以内の滞在予定の場合はビザなしで滞在できます。

平均気温引用元:weather2visit

アドリア海の美しすぎる景色に時間を忘れそう

近年日本人人気が急速に高まっているのがクロアチア。旧ユーゴスラビアの国では一番観光地化が進んでいます。

クロアチアを訪れる人のほとんどが行くのは、人生の楽園とよばれるドブロブニク。ジブリ映画『紅の豚』に登場する街のモデルとして有名です。さらに、同じくジブリ映画『魔女の宅急便』の主人公・キキが魔女修業をした街のモデル候補の1つとしても名前が挙がります。

建物の壁の白と瓦屋根のオレンジ、アドリア海の深い青のコントラストがとても美しく、時間を忘れて眺め続けてしまいそうです。ドブロブニクを囲む城壁の上に登れば、白・オレンジ・ブルーの景気が一望できるので、フォトスポットとしてもとてもおすすめです。

首都・ザグレブはオーストリア・ハンガリー帝国の影響を受けていた歴史的背景を感じさせる街並で、聖マルコ教会の屋根のモザイク模様は、オーストリアの首都・ウィーンのシュテファン寺院を彷彿させます。

他にもアドリア海の島へ行くときの拠点となるクロアチア第二の街・スプリットや、ザグレブの真南のアドリア海沿いの街・シベニクなど、観光地は他にもあります。スプリットにはローマ帝国時代の遺跡、シベニクには世界遺産・聖ヤコヴ大聖堂など歴史的価値のある建物がたくさんあり、観光客を飽きさせません。

No.2 チェコ

時差-7時間(サマータイム)
物価
(1チェココルナ=5.18円)
170.85
直行便なし
公用語チェコ語
首都プラハ/Praha
1月の平均気温
航空券の平均価格
最高気温:-1.7 ℃、最低気温:-8.3 ℃
56,757円
2月の平均気温
航空券の平均価格
最高気温:5.8℃、最低気温:-1.4℃
56,619円
3月の平均気温
航空券の平均価格
最高気温:12,2℃、最低気温:2.1℃
56,658円
ビザ就労以外の目的の場合、180日期間内で最大90日間ビザなしで滞在できます。

平均気温引用元:チェコ水蒸気研究所公式ホームページ

世界一美しい街で水より安いビールを飲む

ドイツ、ベルギーと並ぶヨーロッパのビール大国・チェコ。スーパーでは水より安くビールが買えるほどビールはチェコ人の生活に根付いています。

チェコはヨーロッパの中でも建造物の美しさに定評があり、毎年世界中から多くの観光客が押し寄せます。首都・プラハの象徴ともいえる石橋のカレル橋では、観光シーズンは大道芸や人形劇など、様々なパフォーマンスが行われています。

また、夜のプラハ城も非常に美しいので非常におすすめです。最寄駅から歩こうとすると思いのほか坂がきついのと、夜のプラハは暗いので、トラムを利用するのがおすすめです。

他にもカラフルな建物が可愛く街ごと世界遺産になっているテルチやチェコ第2の都市・ブルノもおすすめですが、イチ押しは世界一美しい街と称されるチェスキー・クルムロフ。街自体は1泊すれば十分堪能できる程度の広さですが、ルネサンス時代からの街並がそのまま残っているため、じっくり観光したくなります。

今回紹介したプラハ以外の都市はいずれもオーストリアとの国境付近の街です。行ける場合は思い切って3都市すべてを廻ると、チェコのよさを余すことなく味わえるでしょう。

航空券代が往復5万円台は破格ですが、チェコの冬は寒さのあまり観光地が冬季まるまる営業していないということも珍しくありません。観光地が営業していない分、観光客も少ないので混雑を避けて観光したい人には打ってつけかもしれません。

No.3 ルーマニア

時差-6時間(サマータイム)
物価
(1ルーマニア・レウ=28.14円)
150.27円
直行便なし
公用語ルーマニア語
首都ブカレスト/București
1月の平均気温
航空券の平均価格
最高気温:1.4℃、最低気温:-5.8℃
74,296円
2月の平均気温
航空券の平均価格
最高気温:4.3℃、最低気温:-3.3℃
78,864円
3月の平均気温
航空券の平均価格
最高気温:10.5℃、最低気温:0.1℃
99,120円
ビザ3カ月以内の滞在予定の場合、ビザなしで滞在できます。

平均気温引用元:weather2visit

絵本から抜け出したような東欧の秘境

ヨーロッパの中でも穴場スポットといわれるのがルーマニア。物価もかなり安いので、卒業旅行が立て込んでいて一回の旅行に費用をかけられない人にはお勧めです。

ルーマニア中央部に位置するトランシルバニア地方にあるブラン城は、ドラキュラ伯爵のモデルとなったヴラド3世が住んでいたお城です。ドラキュラ伝説の絵本にそのまま出てきそうな外観はとてもメルヘンチックです。

同じくトランシルバニアにあるシギショアラ歴史地区は世界遺産に登録されている城塞都市です。中世の街並をそのまま残していてとても可愛く、女子旅にはぴったりです。

ルーマニア北西部のウクライナとの国境沿いの街・サプンツァには「陽気な墓」と呼ばれる墓地があります。コバルトブルーの墓石に故人のイラストや人生、生前の職業がカラフルに書かれたお墓が印象的で、アクセスが悪いにもかかわらず観光客が絶えないそうです。

ブラン場があるトランシルバニアから車で2時間ほどの街・シビウは12世紀ごろから増えたドイツ移民によってできた街。シビウ旧市街にはドイツ移民が宗教改革後にルター派になったことから建てられたプロテスタント教会(福音教会)と、東方教会に属するルーマニア正教の教会(正教聖堂)が並んでいます。屋根がドーム状になっているほうが正教聖堂です。

No.4 マルタ

時差-7時間(サマータイム)
物価
(1ユーロ=131.27円)
217.92円
直行便なし
公用語マルタ語、英語
首都バレッタ/Valletta
1月の平均気温
航空券の平均価格
最高気温:15.2℃、最低気温:9.3℃
92,977円
2月の平均気温
航空券の平均価格
最高気温:15.4℃、最低気温:9.3℃
85,691円
3月の平均気温
航空券の平均価格
最高気温:16.5℃、最低気温:10.1℃
120,699円(年間最高月)
ビザ就労以外の目的の場合、180日期間内で最大90日間ビザなしで滞在できます。

平均気温引用元:weather2visit

地中海の宝石と呼ばれる島

イタリア南部に浮かぶ島国・マルタは冬でも比較的暖かく、過ごしやすいのが特徴です。暖かいといってもコートは必要な寒さなので、防寒対策はしっかりしましょう。また、公用語が英語なので近隣のヨーロッパ諸国のようにほかの言語を覚える必要がありません。

まず紹介するのは、青の洞窟。青の洞窟といえばイタリア・カプリ島のものが有名ですが、それと比べるとやや小規模なものがマルタにもあります。小型ボートで20分ほど洞窟巡りをします。

小型ボートは波が高かったり海が荒れていると危険なため、天気が悪いと運休になってしまうことも珍しくありません。天気がいい日のボート観光はとても気持ちがいいので、天気がいい日にちょっと時間が余った場合などはおすすめです。

首都・バレッタは言わずもがなおすすめの観光地です。街全体が世界遺産になっていて、淡い茶色のような、ベージュのような色で統一された建物は様々な建築様式が取り入れられていて、色には統一感があるものの、それぞれの建物が互いの邪魔をせずに存在感を主張し合っています。

ホテルやレストラン街、お土産物屋さんなど、観光で訪れることが予想されるスポットはだいたいバレッタに揃っています。パレス広場国立考古学博物館国立図書館など、建物自体に歴史的価値があるところも多く、その美しさに見とれてしまいます。

ヨーロッパの美しい街並みとは違い、紀元前4500年~紀元前2000頃に建築された巨石神殿群もとても神秘的でおすすめです。エジプトのピラミッドよりも古く、世界遺産にも登録されています。

No.5 ベルギー

時差-7時間(サマータイム)
物価
(1ユーロ=131.27円)
307.18円
直行便あり(成田)
公用語オランダ語、フランス語、ドイツ語
首都ブリュッセル/Brussel 、Bruxelles、Brüssel
1月の平均気温
航空券の平均価格
最高気温:4.9℃、最低気温:-0.3℃
79,454円
2月の平均気温
航空券の平均価格
最高気温:6.4℃、最低気温:0.4℃
82,847円
3月の平均気温
航空券の平均価格
最高気温:9.6℃、最低気温:2.0℃
89,181円(年間最高月)
ビザ就労以外の目的の場合、180日期間内で最大90日間ビザなしで滞在できます。

平均気温引用元:weather2visit

一度は訪れたい食と芸術の都

ベルギーは食と芸術の国です。ポテトフライ、ムール貝、ビール、チョコレートと、食べ物、飲み物、デザートすべてに名物がある国はなかなかありません。

絶対に訪れてほしいスポットは首都・ブリュッセルにある、世界一美しい広場と称されるグラン・プラス。360度すべてを美しい歴史的建造物が囲み、いつ行っても多くの人で賑わっています。卒業旅行シーズンではありませんが、8月に隔年で開催される花のカーペットはあまりにも有名。偶数年に開催されるので、今年も開催予定です。就活が終わった大学生の最後の夏休みにはイチ押しです!

グラン・プラスから少し歩くと、あの小便小僧像も見つけることができます。実物はかなり小さいので、人が群がっていないとスルーしてしまう可能性もあります。

もう一カ所おすすめしたいのは、ブリュッセルから電車で1時間ほどのところにあるブルージュという都市。「天井のない美術館」「北のベニス」などの異名をとる、非常に美しい街です。中世から変わらずに残された街並はもちろん、旧市街のマルクトで教会や塔から聞こえる美しい鐘の音色にうっとりしてしまいます。

運河クルーズは冬季は運休の可能性もあるので、事前に調べたり、当日も電話確認をするなど、細心の注意をしてください。

ベルギーは3月が航空券代のピークとなるので、早割適用期間に予約するか経由便を使うなど、節約したい場合は工夫が必要です。

また、公用語はオランダ語、フランス語、ドイツ語ですが、地方によって第一言語が異なり、ブリュッセルやブルージュはオランダ語圏です。「北半分がオランダ語圏(フランドル地域)、南半分がフランス語圏(ワロン地域)」というとわかりやすいと思います(ドイツ語圏は東部の一部)。

親の反対もかわせる!治安のいい卒業旅行先5ヵ国

海外卒業旅行というと大学生のイメージですが、近年は高校生でも海外に卒業旅行に出かける人は多いみたいです。特に中高一貫校で中学生から6年間一緒に過ごした友達とは大学4年間以上の長い付き合いになります。

高校生が旅行に出かけるための最大のハードルが親の許可。テロなど予測不可能なことが起こり得るので親が心配する気持ちはわかるし、未成年なので親の許可が下りないとさすがに強行突破するわけにもいかず、旅行自体がなくなってしまうこともあるようです。

そこで、両親を説得させるための手段の一つとして、治安がいい国を厳選して紹介します。高校生の卒業旅行だけでなく、女性の場合も親が心配して難色を示す場合もあるので、行先が危ない場所ではなく安全な場所であることをアピールすることで卒業旅行への近道としてください。

No.1 オーストラリア

時差+1時間(サマータイム)
物価
(1オーストラリアドル=82.05円)
255.19円
直行便あり(羽田、成田)
公用語英語
首都キャンベラ/Canberra
1月の平均気温
航空券の平均価格
最高気温:28.5℃、最低気温:13.6℃
99,879円
2月の平均気温
航空券の平均価格
最高気温:28.1℃、最低気温:13.8℃
87,411円
3月の平均気温
航空券の平均価格
最高気温:24.7℃、最低気温:11.5℃
87,636円
ビザ3か月までの短期観光の場合はETA(電子ビザ)が必要です。

平均気温引用元:オーストラリア気象庁公式ホームページ

南半球で自然や動物と触れ合おう!

オーストラリア旅行のメリットは時差がほとんどないことと、南半球の国なので卒業旅行シーズンは夏ということ。1月はテニスの全豪オープンメルボルンで開催されている関係から航空券代はかなり高騰していますが、2月以降は落ち着いてきます。

住みやすい都市ランキング7年連続1位のメルボルンのほか、アデレード(5位)、パース(7位)とトップ10の常連の国としても有名で、治安の良さはお墨付きです。

オーストラリアは一国一大陸で非常に広大なため、おすすめスポットも数を絞るのに一苦労しますが、まず最初におすすめしたいのはケアンズです。ケアンズはオーストラリアの北東部に位置する街で、シドニーよりもインドネシアのほうが近いような場所なので、上の表の最高気温が標準くらいに思ってください。

ケアンズをおすすめする理由は、グレートバリアリーフコアラです。グレートバリアリーフはディズニー映画『ファインディング・ニモ』の舞台となったことでもよく知られる世界自然遺産です。クルーズやダイビングなど、様々なイベントが開催されているので、予算に余裕がある人はぜひ世界最大の珊瑚礁群を自分の目で確かめてください。

もう一つ、オーストラリアの象徴ともいえるコアラですが、すべての動物園やパークで自由に触っていいわけではありません。コアラを抱けるかどうかは州の法律によって決まっているのです。シドニーやメルボルンでは抱くことができないので、要注意です。

もう一カ所おすすめしたいのは、オーストラリア南東部のメルボルンです。言語をはじめ、オーストラリアを象っている多くのものがイギリス由来なのはご存知かと思います。そのイギリス色を一番強く残している街がメルボルンなのです。

ルネサンス調のフリンダース・ストリート駅建物のすぐ先に近代的なフェデレーションスクエアの建物があったりと、歴史的なものと近代的なものが非常にうまく調和している街です。

オススメ観光地は、旧メルボルン監獄。昔は本当に監獄として使われていたところを一般開放し、見学できるようになっています。拷問道具やムチ、首つりロープなどが並んでいて、昔の犯罪者の様子がよくわかります。たまに監獄内の一般公開していないところを廻れるツアーも行っているので、タイミングが合ったらぜひ参加してみてください!

No.2 スイス

時差-7時間(サマータイム)
物価
(1スイス・フラン=111.42円)
260.73円
直行便あり(成田)
公用語ドイツ語、フランス語、イタリア語、ロマンシュ語
首都ベルン/Bern、Berne、Berna(イタリア語、ロマンシュ語)
1月の平均気温
航空券の平均価格
最高気温:10.6℃、最低気温:-3.4℃
87,165円
2月の平均気温
航空券の平均価格
最高気温:5.2℃、最低気温:-9.8℃
83,286円(年間最安月)
3月の平均気温
航空券の平均価格
最高気温:8.5℃、最低気温:-2.1℃
103,635円
ビザ就労以外の目的の場合、180日期間内で最大90日間ビザなしで滞在できます。

平均気温引用元:スイス気象庁公式ホームページ

アルプスの大自然を満喫する

スイスといえばアルプス山脈、アルプス山脈といえばスイス」というほど、アルプス山脈はスイスにとって欠かせない観光地の一つです。中でも標高4,478mで山頂はスイスとイタリアの国境が通っているマッターホルンは、登頂成功率が20%とも言われるほど険しい山です。

そんなマッターホルンを途中まで、しかもハイヒールでも登れる方法があります。それはロープウェイやゴンドラを利用してマッターホルン・グレーシャー・パラダイス展望台へ行くこと。展望台とはいえ、富士山の山頂よりも標高は高く、そこからの景色は絵画のよう。

注意すべきは防寒対策で、一般的に標高が100m高くなると気温は-0.6℃下がるといわれています。単純計算でも標高0m地点より23.3℃も気温が低くなるので、真夏に訪れる際も気温が一桁のときの防寒対策が必要になります。

ほかにもスイス最大の都市・チューリッヒにあるプロテスタント教会のグロス・ミュンスターや、フランス語圏でチューリッヒに次ぐ都市・ジュネーブの花時計など、大都市にもみどころはたくさんあります。

また、ジュネーブは様々な国際機関の拠点が置かれる国際都市であり、国際連合世界貿易機関 の本部も見ることができます。こうした国際機関の本部が置かれるのも、治安の良さからくる信頼の表れです。世界経済が動く現場に足を踏み入れるチャンスはそうないので、タイミングが合ったらぜひ内部見学ツアーに参加しましょう。

No.3 デンマーク

時差-7時間(サマータイム)
物価
(1デンマーク・クローネ=17.63円)
370.23円
直行便あり(成田)
公用語デンマーク語
首都コペンハーゲン/København
1月の平均気温
航空券の平均価格
最高気温:3.2℃、最低気温:-0.9℃
82,636円
2月の平均気温
航空券の平均価格
最高気温:3.1℃、最低気温:-1.2℃
83,568円
3月の平均気温
航空券の平均価格
最高気温:6.6℃、最低気温:0.4℃
90,236円(年間最高月)
ビザ就労以外の目的の場合、180日期間内で最大90日間ビザなしで滞在できます。

平均気温引用元:デンマーク気象庁ホームページ

雑貨屋・フライングタイガーやおもちゃのレゴ発祥の国

北欧から唯一のランクインです。北極圏も含む北欧は卒業旅行シーズンは寒さが厳しく、日照時間も短いため、北欧のなかでは南端に位置するデンマークのみのランクインとなりました。

毎年イースターの約40日前にデンマークの伝統行事・ファステラウンが行われます。子供のためのイベントとなっていて、ハロウィンのように好きな格好に仮想した子供たちがファステラウンバンズと呼ばれるパン早食い競争をしたり、木樽叩きをします。

それぞれの種目で優勝すると男の子には「猫の王様」、女の子には「猫の女王様」という称号が与えられます。称号のために一生懸命になっている子供を見ると、寒空の下で見ているだけでも元気をもらえる気がします。

「子供のためのイベント」とはいえ、日本のハロウィンと同様に近年は大人も楽しむイベントになっているようです。

首都・コペンハーゲンでおすすめなのはストロイエ通りコペンハーゲン市庁舎コンゲンス・ニュートー広場を結ぶ道で、世界初の歩行者天国としても知られています。歩行者で通りがごった返しても何も起きず、現在まで歩行者天国の先駆者であり続けたことが、治安の良さを証明しています。

夜も賑やかでショッピングをするのもカフェで休憩するのもすべてストロイエ通りで賄うことができるので、魅力に取りつかれてしまうと丸一日ストロイエ通りだけで終わってしまうかも?

次に紹介するのは、デンマーク北部の街・オールボーにあるオールボー国防博物館。かつて守備隊駐屯都市だったオールボーや、デンマーク空軍の歴史を学ぶことができる観光スポットです。

第二次世界大戦中にドイツに侵略されたときの軍服や兵器、ドイツ軍の地図などを見ることができます。特に人気なのは戦車や飛行機などの展示コーナーで、実際に載ることもできるそう。ヨーロッパと聞くと可愛い建物ばかりで女子旅のイメージが強いですが、少年心をくすぐるスポットもあるのです。

ほかにも、世界三大がっかりの残り一つ・人魚姫像があるのもこのデンマーク。コペンハーゲン中央駅から徒歩数分の場所にあるので、アクセスは絶好です。

No.4 オーストリア

時差-7時間(サマータイム)
物価
(1ユーロ=131.27円)
266.49円
直行便あり(成田※2018年5月15日から)
公用語ドイツ語
首都ウィーン/Wien
1月の平均気温
航空券の平均価格
最高気温:16.1℃、最低気温:-4.2℃
93,267円
2月の平均気温
航空券の平均価格
最高気温:7.8℃、最低気温:-15.8℃
88,721円(年間最安月)
3月の平均気温
航空券の平均価格
最高気温:16.6℃、最低気温:-14.2℃
96,319円
ビザ観光など非営利活動目的による6か月以内の滞在の場合、通常はビザや滞在許可は不要です。

平均気温引用元:オーストリア気象庁公式ホームページ

歴史的な国で伝統と自然を堪能する旅

オーストリアはハプスブルク家が栄華を極めた地であり、歴史的に重要な国として世界中で知られています。また、音楽家のモーツァルトを輩出したのもオーストリアで、どこのお土産屋さんに入ってもマリー・アントワネットとモーツァルトが所狭しと並んでいます。

住みやすい都市ランキングの2位に首都・ウィーンがランクインするなど、治安のいい国としてオーストリアも高い評価を受けています。

ウィーン旧市街中心部の歩行者天国になっているリンク内側は、どこを歩いても歴史的建造物に突き当たります。鮮やかなターコイズが美しいハプスブルク家王宮はもちろん、シュテファン寺院国立オペラ座など、見るべき場所はいくらでもあります。

モーツァルト以外においても、ウィーンは音楽の都として世界中の音楽を牽引しています。楽友協会の通称「黄金のホール」はウィーン・フィルハーモニック・オーケストラの本拠地としても知られ、ウィーン・フィルが行う公演のチケットはプレミアチケット化します。日本人指揮者・佐渡裕さん率いるトーンキュンストラー・オーケストラの公演も月1回ほど黄金のホールで行われます。それと、ウィーンで音楽と言ったら、ウィーン少年合唱団を忘れてはいけません。合唱団は定期的にコンサートを開催しているので、興味がある人はホームページなどをチェックしましょう。

また、ウィーンはチョコレートケーキ・ザッハトルテ発祥の地ということはご存知でしょうか?それを知ると「ザッハトルテ誕生の地でザッハトルテを食べなくては!」と思う人も多いはずです。

ですが、厄介なことにザッハトルテの発祥といわれるお店が2カ所あるのです。一つが国立オペラ座の近くにあるカフェ・ザッハー。もう一つが王宮の近くにあるデーメル。10年に及ぶ裁判の結果、どちらの店にもザッハトルテの生産・販売が認められることになりました。

両店舗に足を運んで食べ比べをするのもよし、片方のお店だけに行って食べるのもよし。両方を食べ比べた筆者の感想としては、デーメルのほうが甘さが控えめで日本人が好きそうな味です。

もう一都市紹介したいのが、正真正銘のモーツァルトの生誕地・ザルツブルク。生家や彼の名が付いた広場など、モーツァルトにまつわる観光地はいくらでもあります。

ですが、彼の故郷としてだけでなく、映画『サウンド・オブ・ミュージック』(以下:SOM)の舞台としても知られるザルツブルクには美しい山や湖が広がり、同じオーストリアでもウィーンとはまったく違う表情を見せてくれます。ザルツブルク中央駅から少し歩けばたどり着けるミラベル庭園はSOM劇中の「ドレミの歌」のラストに登場する場所。天気がいい日に訪れることができれば、思わず歌って踊りたくなること間違いなしです。

また、ザルツブルク郊外の方に行くと、ドイツとの国境沿いにあるウンタースベルクという山や、ザルツブルクに本社を置くレッドブルが運営するミュージアム兼イベントホールにも行くことができます。レッドブル・ハンガー7ではエアレースで用いられるような航空機やヘリコプター、レーシングカーが展示されています。

No.5 カナダ

時差-13時間(サマータイム)
物価
(1カナダドル=83.64円)
217.47円
直行便あり(羽田、成田)
公用語英語、フランス語
首都オタワ/Ottawa
1月の平均気温
航空券の平均価格
最高気温:11.4℃、最低気温:-28.8℃
114,247円
2月の平均気温
航空券の平均価格
最高気温:9.7℃、最低気温:-20.5℃
100,563円(年間最安月)
3月の平均気温
航空券の平均価格
最高気温:8.5℃、最低気温:-18.2℃
110,635円
ビザカナダに6か月以内の滞在予定勝つ空路で入国する際は
ビザは免除されますが、航空機搭乗前にeTA(電子渡航認証システム)の
オンライン認証を受ける必要があります。

平均気温引用元:カナダ政府公式ホームページ

北極圏で大自然を堪能しつくす

カナダバンクーバー(3位)、トロント(4位)、カルガリー(5位)は住みやすい都市ランキングの常連で、治安のいい国として有名です。唯一のデメリットは冬の寒さなので、防寒対策はしっかりしましょう。

そんな寒い時期だからこそおすすめしたいのは極北・イエローナイフでのオーロラ鑑賞です。自然現象なので必ず見れる保証はありませんが、見れたときの感動は一生ものです。ツアーで申し込むのが一般的で、ツアー会社によっては犬ぞりでオーロラ鑑賞へ出かけることもできます。

また、広大な自然を持つカナダの絶景としてバンフ国立公園ジャスパー国立公園ヨーホー国立公園クート二ー国立公園、3つの州立公園(ハンバー州立公園アシニボイン山州立公園ロブソン山州立公園)からなる、カナディアン・ロッキーの自然公園群を挙げます。‎どこの公園に行っても絵画のような美しい風景が立ち並び、目を離すことができなくなります。

バンフ国立公園がある街・バンフは温泉地でもあり、アッパー温泉という水着で入れる入浴施設もあるので、自然公園を歩き回ったあとのリフレッシュにおすすめです。

まとめ


卒業旅行に行くような友達の多くは卒業後も連絡を取り合う関係にはなりますが、一緒に旅行できるかどうかは別の話です。これが一緒に行った最初で最後の旅行なんてことも珍しくはありません。

最高の思い出を作るためにも、ガイドブックやインターネットで最新情報の入手は怠らないようにしましょう。もしわからないことがあったら、地球の歩き方のホームページのQ&Aコーナーで質問するのがおすすめです。旅行マニアばかりが集まる掲示板なので、旅行分野に関してはYahoo!知恵袋教えて!gooよりずっと濃い情報を得ることができます。

一生の思い出に残る最高の卒業旅行を楽しんでください!