【メーカー別おすすめビデオカメラはコレ】2019年おすすめビデオカメラランキング

様々な場面で活躍するビデオカメラ。性能やデザインも増え続け、撮りたいものを撮りたいように映像として残してくれるものが数多く普及しています。お店に足を運んでもどれが自分に合っているか、どんな機能が付いているかなど細かく知ることがなかなかできませんよね。店員さんに話を聞いてみても、結局どれを買うか決めることができずに帰ってしまった経験はありませんか?

ビデオカメラといっても、ただ動画を撮ってくれる機械ではなくなっている今、高価なものを買ったけど動画を撮る・写真を撮る以外の細かい性能を使いこなせていない人も多いのではないでしょうか?「SONY」「Panasonic」「JVC」など、メーカーによって仕様も様々なので、ビデオカメラを買うにあたってそれぞれの性能や特徴をしっかりと知っておくことも重要です。

今回はそれぞれのメーカーの特徴をとことん追及したビデオカメラを紹介するとともに、一緒に買っておきたいものなどもご紹介します。

ビデオカメラを選ぶ時の重要ポイント!

何を重視してビデオカメラを選ぶかが、購入時のポイントとも言えます。どんなカメラが欲しいのか、どんな機能が付いていると嬉しいのかなどを頭のなかでまとめておくとよいでしょう。一つ一つのカメラには様々な性能・機能が搭載されているので、理解しておくことも重要です。

手ブレ補正

特にハンディカメラの場合、常に三脚を持ち歩いて行動することはできないので、ビデオカメラを片手に撮影する人も多いと思います。そんな時重要視される「手ブレ補正」。今発売されているビデオカメラにほとんどの商品に手ブレ補正が搭載されています。

手ブレをカメラ自体が動いて修正してくれる「光学式手ブレ補正」や、画像処理をしているときに内臓されたコンピュータで自動的に手ブレを修正してくれる「電子式手ブレ補正」があります。又、光学式手ブレ補正と電子式手ブレ補正を組み合わせた「ハイブリッド補正」が搭載されているビデオカメラも販売され始めており、どちらかでは補正しきれなかったブレをもう一つの機能がフォローして手ブレがない映像を完璧に近い状態まで補正してくれます。

ズーム機能

ズーム機能で最も注目したいのが「画質」。ズームをすると画質が少し落ちてしまうと思ったことはありませんか?ズーム機能には大きく分けて「光学ズーム」と「電子ズーム」があります。光学ズームはカメラのレンズが焦点距離を自動的に変えてズームする性能なので、、遠くの対象物もズーム前と変わらない画質で撮ることができます。電子ズームは撮影した映像の中にあるズームしたい対象物を自動的に切り取り拡大するので、画質が荒くなってしまいます。ズーム機能をポイントにする場合は倍率もチェックしておくと良いですよ。

ビデオカメラのサイズ

1番に知っておきたい「ビデオカメラのサイズ」。いくら画質が良くても性能が良くても機能が沢山ついていても、ビデオカメラのサイズが大きいと手軽に持ち運べないですよね?又、自分の手に持ったときのしっくりした感じも大切です。ビデオカメラを発売している会社全てが統一されたサイズではないため、自分に合ったものを選びたいですね。

撮影可能時間

子供の行事等で主にビデオカメラを使う人はやっぱり気になる「撮影可能時間」。撮影可能時間にも大きく分けて「連続撮影時間」と「実撮影時間」があります。連続撮影時間とは電源が切れるまで止めることなく撮影を続けた場合の時間になります。

実撮影時間は、その名の通り実際に撮影できる時間になります。一度電源を入れたあと電源が無くなるまで撮影し続けることは日常ではなかなかありませんが、ビデオカメラを立ち上げた時やズームなど搭載された機能を使うことでも充電は少しずつ消費されており、動画や写真を撮る機能以外の機能を使うことによる充電消費を踏まえた上での撮影時間になっています。

何分かごとの細かい撮影を行なう場合には「実撮影時間」を、発表会など長時間の撮影を行なう場合には「連続撮影時間」を重視することがポイントになります。

防水機能

夏になるとプールや海などでの撮影機会も多くなり、そんな場面では水に濡れてしまうことも多々あるのではないでしょうか。そんな時に欲しい「防水機能」。防水機能が搭載されたビデオカメラは普通のビデオカメラよりも数が少ないですが、少しずつ増え始めているため店頭などでも見かけることは多くなりつつあります。

ビデオカメラに搭載されている防水機能は、水中でも撮影することができるなど強い防水機能になっています。もちろん機械なので、何mまで・何分までとそれぞれのビデオカメラに縛りはありますが、防水機能が搭載されているだけで、ビデオカメラを使う世界が広がりますね。

これからメーカーごとの特徴とおすすめのビデオカメラをご紹介します。

ビデオカメラの人気メーカーの特徴とメーカーごとにおすすめのビデオカメラランキング

おすすめのビデオカメラメーカー1:SONY

SONY独自の研究から生まれた新しい技術を搭載したビデオカメラが続々登場しています。アクティブな動きに合わせて撮影することができるカメラや、子供の運動会・発表会に最適かつ便利な機能が満載!

SONYの特徴

・空間光学手ブレ補正
・4K高画質技術
・広角性能
・撮影後も転送機能で楽々再生

空間光学手ブレ補正」を搭載しているビデオカメラ。ズーム機能を利用すると、通常の撮影時よりもブレやすく感じたことがある人も多いのではないでしょうか。空間光学手ブレ補正機能が搭載されているビデオカメラは、ブレるはずの動きでもなめらかに撮影でき、映像全体を綺麗に残すことができます。

SONYでしか体感できない、「4K高画質技術」。映像を映像としてだけ残すのではなく、その時しか感じることのできない被写体の質感を感じられるような映像を撮影することができます。暗い場所でも、しっかりと被写体を写しだし誕生日会などのシャッターチャンスも逃しません。

基本的な撮影技術も充実しています。今までは撮れなかった幅も、搭載されている広角性能を利用することで被写体も撮影者も動くことなく全体を写すことが可能になっています。ズームや動きに合わせた撮影時には、ピント調節に多少時間がかかることもしばしば。SONYのビデオカメラは瞬時にピントを合わせてくれる「ファストインテリジェントオートフォーカス」や、撮りたい被写体にピントを合わせ続けてくれる「ロックオンオートフォーカス」も搭載されています。

テレビとカメラを繋ぐだけで、撮影した映像を大画面で楽しむことができます。またWi-Fi転送機能で、カメラから直接スマホなどに転送も可能!撮影したあとの映像処理も充実しています。4Kのカメラで撮影したものをフルハイビジョンのテレビで再生することも可能で、4Kで撮影された情報を自動変換してフルハイビジョンでも納得の高画質で映像を楽しむことができます。

SONYならではの特徴が搭載された、自分に合った商品を見つけてみてください。

SONYでおすすめのビデオカメラ

9.HDR-PJ680

本体質量325g
総画素数251万画素
内臓メモリ64GB
連続投影可能時間約1時間35分
ズーム光学ズーム

8.FDR-AX55

本体質量535g
総画素数857万画素
内臓メモリ64GB
Wi-Fi(内臓)スマートフォン操作・転送/マルチカメラコントロール/ライブストリーミング
ズーム光学ズーム

7.HDR-AS300

本体質量84g
総画素数857万画素
ブレ補正機能光学式
連続投影可能時間Wi-Fi OFF時 約135分
記録メディアメモリースティックマイクロ/マイクロSD/SDHC/SDXCメモリーカード

6.FDR-AX45

本体質量510g
総画素数857万画素
内臓メモリ64GB
手ブレ補正機能空間光学方式
ズーム光学ズーム

5.FDR-AX40

本体質量510g
総画素数857万画素
内臓メモリ64GB
手ブレ補正機能空間光学方式
ズーム光学ズーム

4.FDR-AX700

本体質量935g
総画素数2,1000万画素
最短距離撮影約1cm
手ブレ補正機能光学式
ズーム光学ズーム

3.FDR-AX60

本体質量535g
総画素数857万画素
内臓メモリ64GB
手ブレ補正機能空間光学方式
ズーム光学ズーム

2.HDR-CX680

本体質量305g
総画素数251万画素
内臓メモリ64GB
手ブレ補正機能空間光学方式
ズーム光学ズーム

1.HDR-CX470

本体質量190g
総画素数251万画素
内臓メモリ32GB
手ブレ補正機能光学式
ズーム光学ズーム

おすすめのビデオカメラメーカー2:Panasonic

Panasonicでは新機能の「ワイプ撮り」機能や「あとから補正」機能が仲間入りしています。動画の撮影をより楽しいものにしてくれるPanasonic独自の機能が充実!新しい映像の撮影をお楽しみください。

Panasonicの特徴

・あとから性能
・4KPhotoで撮影後に編集が可能!
・ワイプ撮り
・保存も再生も楽々

4K技術が搭載されたビデオカメラでは、撮影したあとから映像を編集することができます。被写体の動きに合わせて撮った映像を、ズームや手ブレ補正を利用して自動でなめらかな映像に編集してくれます。「あとから」性能で失敗も成功に!

4K Photoが搭載されたビデオカメラでは、撮影した動画の中から最高の一瞬を写真として保存することができます。もちろん、手動だけでなく自動でセレクトしてくれる機能も搭載されているので、見逃しなし!

注目の「ワイプ撮り」!テレビの様にワイプの映像をメイン映像とともに撮影できるため、2つの映像を同時に撮影することが可能になっているので、アクティブなシーンでもいつもとは違った撮影で、撮る側・撮られる側の表情を同時に楽しむこともできます。ワイプカメラでは全体を写し本体カメラではアップを写すなど撮り方も色々!同時撮影でより楽しい映像を残すことができるでしょう。

Wi-Fi機能でワイヤレス再生も可能に!パソコンやUSBでの保存も楽々!さらに、スマホアプリでは撮影した写真を簡単にフォトコラージュすることができます。

Panasonicならではの機能が充実したビデオカメラをご紹介します。

Panasonicでおすすめのビデオカメラ

5.HC-W580M

本体質量266g
総画素数251万画素
内臓メモリ32GB
手ブレ補正機能光学式
ズーム光学ズーム

4.HC-WX995M

本体質量360g
総画素数1891万画素
内臓メモリ64GB
手ブレ補正機能光学式
ズーム光学ズーム・iAズーム・EX光学ズーム・デジタルズーム

3.HC-V480MS

本体質量213g
総画素数1752万画素
内臓メモリ32GB
手ブレ補正機能光学式
ズーム光学ズーム・iAズーム・EX光学ズーム・デジタルズーム

2.HC-VX985M

本体質量352g
総画素数1891万画素
内臓メモリ64GB
手ブレ補正機能光学式
ズーム光学ズーム・iAズーム・EX光学ズーム・デジタルズーム

1.HC-V360MS

本体質量213g
総画素数1752万画素
内臓メモリ16GB
手ブレ補正機能光学式
ズーム光学ズーム・iAズーム・EX光学ズーム・デジタルズーム

おすすめのビデオカメラメーカー3:JVC

アウトドアに最適なモデルが多数取り揃えられた「JVC」。どんなシーンでも活躍してくれるほかカラーバリエーションも豊富!撮影のみならずボディの色からもビデオカメラを楽しんでみてはいかがですか?

JVCの特徴

・洗える性能!

JVCだからこそ可能になった、「洗えるビデオカメラ」。ビデオカメラの高性能や高機能はそのままに、優れた防水性をプラスしてまるごと洗える性能でアクティブな撮影にも最適なビデオカメラが続々と登場しています。

JVCの特徴を存分に使うことのできるビデオカメラをご紹介します。

JVCでおすすめのビデオカメラ

4.GZ-E880

本体質量195g
総画素数251万画素
内臓メモリ8GB
手ブレ補正機能電子式
ズーム光学ズーム・ダイナミックズーム・デジタルズーム

3.GZ-F200

本体質量286g
総画素数251万画素
内臓メモリ32GB
手ブレ補正機能電子式
ズーム光学ズーム・ダイナミックズーム・デジタルズーム

2.Everio GZ-F270-W

本体質量296g
総画素数251万画素
内臓メモリ32GB
手ブレ補正機能電子式
ズーム光学ズーム・ダイナミックズーム・デジタルズーム

1.HELLY HANSEN×JVC GZ-HH140

本体質量302g
総画素数251万画素
内臓メモリ32GB
手ブレ補正機能電子式
ズーム光学ズーム・ダイナミックズーム・デジタルズーム

その他の人気ビデオカメラ

SONY、Panasonic、JVC以外のメーカーからも多くのビデオカメラが発売されています。その中でもコンパクトな上、使う場所を選ばないおすすめのビデオカメラをご紹介します。

他メーカーおすすめビデオカメラ

2.GoPro CHDHX-502

本体質量118g
総画素数1200万画素
画面サイズ2インチ
記録メディアmicroSD
スマホ接続Wi-Fi/Bluetooth

1.GoPro CHDHX-601

本体質量118g
総画素数1200万画素
画面サイズ2インチ
記録メディアmicroSD
スマホ接続Wi-Fi/Bluetooth

2018年買いたくなる!使いたくなる!おすすめのビデオカメラランキング!

季節によって撮りたいシーンも様々!そして毎回残しておきたい瞬間も様々です。ビデオカメラの新しいモデルや商品が登場するたびにワクワクする人も多いのではないでしょうか。2018年におすすめしたいビデオカメラをご紹介します。

10.JVC/GZ-F100

本体質量286g
総画素数229万画素
内臓メモリ32GB
手ブレ補正機能電子式
ズーム光学ズーム

約5時間の連続撮影が可能になったビデオカメラJVCの「GZ-F100」。スマホだけでは撮ることができない長時間の動画を撮影することができます。子供が主役の一日をメインの瞬間だけでなく、それまでの流れやその後の楽しみなども思う存分撮影することができます。内臓されているバッテリーは今までのモデルよりも約4倍も長持ちするように改良され、さらに32GBの内臓メモリで1度充電しておけば、一日中カメラの時間を気にすることなく思い立った時に撮影できるようになっています。

9.JVC/GZ-L500

本体質量286g
総画素数229万画素
内臓メモリ32GB
手ブレ補正機能電子式
ズーム光学ズーム

8.Besteker HD1080P

本体質量399g
画素数2400万画素
外形寸法幅2.6cm×高さ5.6cm×奥行12.7cm
液晶ディスプレイ2.7インチ
ズームデジタルズーム

7.JVC/GZ-RX670

本体質量
総画素数229万画素
内臓メモリ64GB
手ブレ補正機能電子式
ズーム光学ズーム

6.Panasonic/HX-A1H

本体質量45g
総画素数354万画素
外形寸法幅26.0mm×高さ26.0mm×奥行83.1mm
記録メディアmicroSD/microSDHC/microSDXC
ブレ補正・傾き補正

5.JVC/GZ-R400

本体質量290g
総画素数229万画素
内臓メモリ32GB
手ブレ補正機能電子式
ズーム光学ズーム

4.SONY/HXR-NX80

本体質量
総画素数
内臓メモリ
手ブレ補正機能
ズーム

3.JVC/GZ-R470

本体質量304g
総画素数229万画素
内臓メモリ32GB
手ブレ補正機能電子式
ズーム光学ズーム

2.Campark

本体質量748g
総画素数2000万画素
防水深度30m
手ブレ補正機能+5軸補正
ズーム光学ズーム

1.JVC/GZ-E109

本体質量195g
総画素数229万画素
内臓メモリ8GB
手ブレ補正機能電子式
ズーム光学ズーム

ビデオカメラと一緒に購入しておきたいもの!

ビデオカメラは様々な場面で活躍してくれるコンパクトな機械です。外出先で・思わぬ瞬間に・初めて記念日など購入したらなにかと撮ってみたくなりませんか?ハンディカメラは手軽に持ち運ぶことができ、手軽に撮影できますが、ビデオカメラを買う瞬間はビデオカメラだけに集中しがちなところはありませんか?様々な場面で活躍してくれるからこそ、一緒に購入しておくと便利なものを紹介します。

三脚

子供の行事等では必須品!伸縮性が良いものも多く、立ち位置や座った位置で固定できる便利グッズです。自分で撮る場合どうしても左右上下に動いてしまったりちゃんとカメラ内に収まっているか心配で、カメラの画面を通して目の前の景色を見ていませんか?三脚を使うことによって画面にちゃんと入っているかなどの心配も少なくなります。

ビデオカメラに対して三脚の決まりはありません。どの三脚でもほとんどのビデオカメラと合うように作られているので、ビデオカメラに三脚で設置する用の穴があるのかだけチェックしておくと良いでしょう。

カメラケース

ビデオカメラを購入する際、お店で購入した場合は店員さんにおすすめされた経験がある人もいると思いますが、ネットで購入予定の人も要チェック!ビデオカメラをそのまま持ち歩くと思わぬ衝撃などにより破損などの原因にもなりかねません。持ち歩く場合や使わないときに片付けておく場合などはカメラケースに収納することをおすすめします。クッション性に優れているものがほとんどなので、小さな子供がいても安心ですよ。

予備バッテリー

必須品とまではいかないものの、持っておくとより便利な「予備バッテリー」。旅行などの遠出や長時間の外出時など、使っていたバッテリーの充電が切れてしまった場合には重宝します。外出前に本体と予備の充電を満タンにしておけば怖いものなし!充電が切れた後に「撮りたかった場面に遭遇するかもしれない!」「撮りたい瞬間なのに充電がない!」とならない為にも予備バッテリーは持っておくと良いかもしれませんね。念には念を入れ..ですね。

SDカード

ビデオカメラは撮影した映像を本体に保存するものが多く、本体に保存できる容量には上限があります。そんな時に必要になるのが「SDカード」。本体に保存した映像をSDカードに移して保存する人も少なくありません。またUSBなどがない場合パソコンに取り込む方法としてもSDカードを使用することがあります。ビデオカメラにSDを差し込んだあと設定をするだけでコピーしてくれるので、1枚でも2枚でも持って置くといざと言う時に便利ですよ。

SDカードには時間に合わせた容量や転送速度などもあるので、購入する際には注意も必要です。また壊れやすいのもSDカード。映像を保存したSDが壊れてしまうと内容も全てなくなってしまうので、こちらも予備を持っておくか、パソコンなどに移動する手段の一つとして利用するのをおすすめします。

まとめ

いかがでしたか?それぞれのメーカーによって独自の新機能がどんどん搭載され、かゆいところに手が届くようなビデオカメラが続々と販売されています。使い方によって様々なシーンをその瞬間らしく撮影することができます。アクティブに使いたい人は、シーンに合わせて使い分けるのも長持ちさせる方法の一つです。一つの機能や性能を比べるなどお店ではできない事をこちらにまとめてみましたので、参考にしていただけたらと思います。