年間1000食パンを食べる僕が選んだ最強のホームベーカリー

「ホームベーカリーが気になっているけど、使うのがめんどくさそう…」と思っている人も多いはず。
ホームベーカリーは自宅で手軽に本格的なパンが作れる画期的なアイテムです。
めんどくさがりな人も、パン屋さん派の人も、使ってみるとドハマりすること間違いなし!
今回は、まだホームベーカリーを使用したことのない人にもおすすめできる最強のホームベーカリーを、年間1000食もの食パンを食べる自称パン好きの僕が実体験を元にご紹介していきます。

ホームベーカリーに興味がある・どんな機能があるのか知りたいなど、少しでも気になる人はチェックしてください!

年間1000食パンを食べる僕が選んだ最強のホームベーカリー


僕は年間1000食もパンを食べるのですが、ホームベーカリーを使うことで毎回格別に美味しいパンを食べることができています。
では、おすすめのホームベーカリーとはどのようなものなのでしょうか。
ホームベーカリーは家で簡単にパンを作ることができる機械です。
材料を入れてタイマーをセットするだけなので、面倒な工程が一切なくパンを焼きあげることができます。
結論から言うと複数のホームベーカリーを徹底比較した結果、本当におすすめできると感じた商品は「パナソニックSD-MB1-W」です。
「パナソニックSD-MB1-W」は、価格が安いのにもかかわらず、ホームベーカリーとしての機能がしっかりと付いています。
そのため、初心者から上級者までパン作りを楽しめますし、メニューが豊富なこととタイマー機能も付いていることから手順がよくわからないと言う人にも向いています。
https://panasonic.jp/bakery/products/SD-MB1.html
しかし、何を求めるのかにもよって、その目的に合うホームベーカリーも違ってきます。
そこで、今回はホームベーカリーを購入した僕の体験談を元に最もおすすめできると感じたホームベーカリーを余すことなくご紹介します。

ホームベーカリーで僕のパン生活が変わった


ホームベーカリーを購入する前は、パン屋さんで買った方が美味しいに決まっているし、手間がかからない分楽なんだから良いだろうと考えていました。
しかし、毎日パン屋に通うのが面倒だと思うようになって、いっそ自分でパンを作れるようになろうと思ってホームベーカリーを使うことにしました。
それからはホームベーカリーでパンを焼くようになると人生が豊かになり、僕のパン生活は大きく変わりました。

毎日劇的に美味しいできたてパンが食べられる


ホームベーカリーを購入したことで毎日劇的に美味しいパンが食べられるようになりました。
ホームベーカリーを使うまではスーパーで購入した食パンや、パン屋さんのパンを前日に買っておいて朝に食べることがほとんどでした。
しかし、ホームベーカリーを使うようになってからはタイマー機能を使うことで毎日焼きたてのパンが食べられるようになりました。
そして、ホームベーカリーで焼いたパンは柔らかさや温かさ、味などが圧倒的に違います。
今ではホームベーカリーで作ったパンを食べるのが毎日の日課になっています。

自分で作るので健康に対する意識が変わった

ホームベーカリーを買ったことで健康に対する意識が変わりました。

市販で販売されているパンの中には、砂糖や保存料を多く使用しているものもあり、毎日食べるとなると体に良くありません。
その点、ホームベーカリーは自分で材料を調整してパンを作ることができます。
一般的に、パンといえば小麦粉を使用しますが、米粉を使用してパンを作れるホームベーカリーもあるので、小麦粉アレルギーの方も安心して美味しいパンを味わえます。
ホームベーカリーは材料を自動で投入することもできますし、甘さや具材の量を調整できるので、体に良いパンが作りやすいです。

パンマニアの僕が選んだ2019年おすすめホームベーカリーランキングTOP5

ここまでは、ホームベーカリーのおすすめポイントを実体験を元に紹介してきました。

続いては、パンマニアの僕が選んだ2019年におすすめするホームベーカリーを5つ厳選して詳しく紹介していきます。

第1位 パナソニック【SD-MB1-W】


最初に紹介するおすすめのホームベーカリーは、パナソニックの「SD-MB1-W」です。
こちらのホームベーカリーは値段が1万4000円代と安く購入できます。
メニュー数は20種類で一通りのパンは作れるため、価格重視の方・ホームベーカリー初心者にぴったりです。
タイマー機能やパン・ド・ミという本格的なパンを作ることができるため、十分美味しいパンを食べることができます。

ホームベーカリーにお金をそこまでかけたくないと思っている人、美味しいパンを食べれれば機能面にはこだわらない人であれば十分すぎるほどのスペックを持っています。

1台で料理のバリエーションが豊富に!


通常の食パンの他にも米粉パン・アレンジパンなどパン作りのメニューを20種類搭載しているため、ホームベーカリーとしては優秀です。
パンをメインで作りたい人は「パナソニック SD-MB1-W」があれば十分満足できるでしょう。

基本情報

製品仕様
タイプ:1斤タイプ
消費電力:370W
質量:5.8kg
コードの長さ:1.0m
メニュー数:20
予約タイマー:あり

第2位 パナソニック【SD-MDX101】


次に紹介するホームベーカリーは、パナソニックの「SD-MDX101」です。
こちらのホームベーカリーは、とにかく簡単に美味しいパンを作れることでユーザーからの評価も高いですし、メニューの数は40種類と豊富です。

パンに限らず甘酒なども作ることができるので、料理の幅を広げたいと考えている人にもおすすめです。
ホームベーカリーとしては必須のタイマー機能も付いていることから朝に焼きあがるように設定しておけば、できたてのパンが毎日食べられます。「中身のパン」という意味のフランス語である「パン・ド・ミ」を作ることができるので、パン屋よりも美味しいパンを毎回食べられるのは非常にお得感があります。
やり方は材料を入れてメニューからボタンを選んで押すだけなので、ホームベーカリー初挑戦の方にもおすすめです。

・有名店「乃が美」が監修した最高のホームベーカリー


パナソニックの「SD-MDX101」 有名店「乃が美」が監修したホームベーカリーでもあります。
「マイねり」という機能が搭載されており、5パターンの生地を練るパターンを記憶できることからお気に入りのパターンに変更してパンを作ることもできます。
パンだけではなく、生チョコレートやケーキ、もち、ジャムなども作れるので、お菓子作りにも興味のある人にはさらに使いやすいホームベーカリーと言えるでしょう。
コードも1メートルの長さがありますし、レシピブックまでついているので作りたいパンのイメージが固まっていない人も、レシピブックを参考にしながら美味しいパンを作れます。

基本情報

製品仕様
タイプ:1斤タイプ
電源:100V・50Hz/60Hz
消費電力:430W
質量:6.1kg
コードの長さ:1.0m
マニュアル機能:あり
メニュー数:40
用量(食パン):ハーフ食パン、1斤
予約タイマー:あり

第3位パナソニック【SD-BH1001-R】


第3位として紹介するのがパナソニッックの「SD-BH1001-R」です。
サンドイッチ好きには堪らない「サンドイッチ用の食パンコース」が搭載されているのが特徴。
出来上がったパンは包丁で切りやすく具材も挟みやすい形状になるため、普通の食パンでサンドイッチも作るよりも穴が空きにくく綺麗に仕上げられます。
ピクニックや子どもの遠足や運動会シーズンにも大活躍のホームベーカリーです。

音も静かで使い勝手楽チン!


パナソニッックの「SD-BH1001-R」でパンを作るためのメニューは23種類あり、タイマー機能や材料の自動投入など基本的な機能は付いています。
ナッツやレーズンを入れる際は自動投入と言われていますが、音で入れるタイミングを教えてくれるだけなので、少し手間がかかるのが他のホームベーカリーに比べると難点です。
また、起動音が静かなので、寝ている間いに起動してもうるさく感じないのがポイントです。
さらに、食パンやパン・ド・ミコースなどの基本的なパン作りの場合は、材料を入れるだけでできるので初心者向きでもあります。
簡単にサンドイッチやパンを作りたいと考えている人にはおすすめです。

基本情報

製品仕様
タイプ:1斤タイプ
消費電力:370W
質量:6kg
コードの長さ:1.0m
メニュー数:23
予約タイマー:あり

第4位 シロカ【SHB-712/722】


シロカのホームベーカリーもユーザーから評価が高く、パナソニックに次いでおすすめです。
その中でもシロカの「SHB-712/722」は、2斤まで焼き上げられるのも魅力の一つです。
基本的なホームベーカリーというのは一度に1斤までしか焼けないものが多く、1斤というのは4人家族の1食分程度の量にあたります。
そのため、大家族だったり、パーティーで一度に多くのパンを焼きたいと考えている人にとってはとても便利です。
さらに、タイマーも13時間までセットできると言うのは、他のホームベーカリーに比べても長いので、夜にあまり時間が取れない人にはうってつけのホームベーカリーと言えるでしょう。

クックパッドにレシピ多数!初心者におすすめ!


シロカの「SHB-712/722」はあらゆる種類のパンの作り方が掲載された「もっとおいしいレシピ」が付属しています。
料理レシピサイトの定番であるクックパッドにもシロカの「SHB-712/722」を使ったレシピがたくさん掲載されています。
普段よくクックパッドを利用していて、パン作りを考えている人には相性抜群と言えるでしょう。
さらに、こちらのホームベーカリーは、パン以外にもパスタやうどんなどの麺類・チーズやヨーグルトなどの乳製品を作れます。チーズやヨーグルトを作れるホームベーカリーは珍しいので、乳製品好きで自分で作りたいという人には特におすすめです。

基本情報

製品仕様
電源:100V・50Hz/60Hz
消費電力:ヒーター500W/モーター50W
質量:4.15kg
コードの長さ:1.4m
予約タイマー:あり

第5位パナソニック【SD-BMT1001】


最後に紹介するおすすめのホームベーカリーは、パナソニックの「SD-BMT1001」です。

さらに、時短に繋がる「8分スピード生地コース」というものがあります。
普通であれば45分程度かかってしまう生地を練る作業をわずか8分に短縮できるのであっという間に仕上がります。
だからといって味が落ちるわけではないので、スピードを重視したい人には特に向いているでしょう。
主婦の方であれば一日中家事や仕事に追われてなかなか時間が作れないと困っている人も多いと思います。
しかし、こちらのパナソニックの「SD-BMT1001」を使えば、忙しくても美味しいパンを作れるので朝食作りを楽に済ませることに繋がります。

・誰でも失敗せずにふわふわのパンを作れる!


パナソニックの「SD-BMT1001」では生地を練る速さを変えることで、パンのもちもち度合いやふわふわ度合いを変えることができます。
これにより高品質のパン・ド・ミやサンドイッチに合う食パンなど好みに合うパンが作れて初心者にも簡単に扱えます。
麺類も作ることができるので初心者~本格的に料理を作りたい人まで幅広い人に向いています。

基本情報

製品仕様
タイプ:1斤タイプ
消費電力:430W
質量:5.6kg
コードの長さ:1.0m
メニュー数:36
予約タイマー:あり

自宅でふわふわのパンを作るためのたった3つのコツ


ホームベーカリーの説明書を読んだうえで、その内容通りに材料を入れてセットするだけでも美味しいふわふわのパンを作ることができます。
しかし、ある3つのコツを知っておくことでさらに美味しく、ふわふわのパンを作れるようになります。
コツを知っているのと知っていないのでは大きな差があるので 詳しく見ていきましょう。

水や材料はできるだけ冷やしておく

ふわふわのパンを作ることにおいて水の温度と言うのは非常に重要です。
特に夏場などは冷水を入れなくてはならない場合や、氷を入れなくてはならないのにすぐに水が温まってしまいます。
そうなると、急に美味しくないパンになってしまうので注意が必要です。
なので、水や材料を含めて温度管理が大切です。
冷たい方がパン作りには適しているので、部屋をクーラーで涼しくしたり、ホームベーカリーに冷水や具材を入れるまではなるべく冷蔵庫で冷やすように心がけましょう。
ちょっとした手間をかけるかどうかで味やふわふわ度合いも大きく変わってきます。

材料の分量は必ず守る


料理を普段からする人は当たり前のように感じるかもしれませんが、料理をする時にはその料理に適した適切な分量の材料を入れなくては美味しくなりません。
特にパンの場合はイースト菌や小麦粉の量などを間違えてしまうと食感が悪く食べづらいカチカチ・パサパサのパンに仕上がってしまいます。良いホームベーカリーを使っていていても材料の入れる量を間違えると失敗して作り直すことになる。
だからこそ目分量ではなく、作りたいメニュー通りの分量に従って使用しましょう。
最初は適切な量を入れて作っていき、慣れてきたら自分のオリジナルの分量や甘みを加えるための砂糖の量など調整し、アレンジしてみるのもおすすめです。

焼きあがったら早めに取り出すことでさらに美味しい


ホームベーカリーを使う際にタイマーで自動的に焼きあがる時間をセットする人も多いです。
美味しくてふわふわのパンを食べたいのであれば、取り出すタイミングは、焼きあがってからすぐがベストです。
ホームベーカリーの中で長時間パンを置いたままにしてしまうと、熱で固くなってしまったり、熱気による水分でパンが濡れてベチャべチャになってしまいます。
濡れたパンは焼き立てに比べると味も食感も落ちてしまうので、朝にホームベーカリーでパンが焼きあがるようにしたい場合は、焼きあがったらすぐに取り出すことを心がけましょう。
取り出してから少し放置しておくと水分が飛んでよりふわふわの美味しいパンが食べれるようになるのでおすすめです。

パナソニック「SD-MB1-W」をお得に買う方法


ここまで複数のホームベーカリーを見てきましたが、価格帯や機能面から見ると初心者にも上級者にもおすすめできて買いやすいのは、パナソニックの「SD-MB1-W」だと言えます。
パナソニックの「SD-MDX101」も機能としては格上ですが、普通にパンを焼くだけならばパナソニックの「SD-MB1-W」で十分です。
では、このパナソニックの「SD-MB1-W」を手に入れたい場合どのように買うのが良いのでしょうか。
すぐに手に入れたい場合と安く手に入れたい場合に分けて紹介していきます。

すぐ手に入れたい場合

すぐに手に入れたい場合は、近くの家電量販店に探しに行くのが一番でしょう。
どの商品かを言えば店員さんがすぐに案内してくれますし、使い方なども説明してくれるのでおすすめです。
近くに家電量販店が無い場合やすぐにいけない場合は、Amazonなどのネットで購入しましょう。
住んでいる場所にもよりますが、注文して次の日から数日で届くのですぐに手に入れることができます。

安く手に入れたい場合


安くパナソニックの「SD-MB1-W」を手に入れたい場合は、コジマネットかヤマダウェブコムでの購入がおすすめです。
多くのネットショップでは、1万4千円代もしくは1万5千円代で売られているのに対し、コジマネットとヤマダウェブコムは、11,631円で販売しています。
比較的安い値段で売られていることが多いAmazonでさえも、わずかですが11,644円で売っているので、コジマネットとヤマダウェブコムは、13円お得です。
地元の家電量販店の場合などはセールなどで季節によってはより安い場合もあるかもしれませんが、それでも確証は得られないことからコジマネットかヤマダウェブコムで購入するのが一番安く手に入れられる方法と言えるでしょう。

おすすめはパナソニック「SD-MB1-W」ぜひ出来立てのパンをご自宅で!


今回はおすすめのホームベーカリーについて紹介しました。
機能的な観点だけで言えば、パナソニックの「SD-MDX101」がおすすめです。
しかし、パンを作るだけであればパナソニックの「SD-MB1-W」で十分すぎる機能を持っていますし、1万円程度で購入できると言うのも魅力の一つです。
特にこれからホームベーカリーを使い始めたいと言う人は様々な機能がありすぎても扱いきれない場合も多いので、パナソニックの「SD-MB1-W」が良いでしょう。
操作も扱いやすく、初心者向けと言えるのでパナソニックの「SD-MB1-W」でパン屋さん顔負けのできたてのパンを堪能しましょう!
https://panasonic.jp/bakery/products/SD-MB1.html