彼氏持ちでも大丈夫!女性が出す脈ありサインを知って恋を成功させよう!

恋は落ちるものというように、誰かを好きになる気持ちは突発的に起こるもので、仕方のないものです。

だから、恋した相手に彼氏がいたとしても、仕方ありません。

問題は、そこで諦めるか、その恋を成就させようとするか、どちらを選択するかでしょう。

ここでは、たとえ恋した相手に彼氏がいたとしても諦めない、そういった人たちにとって、まさに恋を叶えるヒントとなる情報を紹介していきます。

せっかく抱いたあなたの恋心を成就させるためにぜひ役立ててください。

目次

彼氏持ち女性でも脈ありサインを出すことがある!「諦めるのはまだ早い理由」

世の中の多くの男性は、好きになった人に彼氏がいても諦めがつかない一方で、それでも想いを捨てられずに鬱屈とした日々を過ごしがちです。

心では諦めなければならないと思いつつ、諦めきれない気持ちに苦しい想いをした経験は誰だって一度や二度あり、それがまた次の恋愛への障害になることも少なくないでしょう。

しかし、実のところ女性にとって彼氏がいる状態というのは、それほど安定した状態ではありません。

それどころか、付き合っていたとしても、それは付き合っている彼氏を見定めている状態でしかないということも珍しくなく、より良い相手がいればその関係を終わらせて、別の男性と付き合うことにためらいがないのです。

そうでなくても、女性には男性とは異なる特有の「移り気」があります。

だからこそ、好きになった女性に彼氏がいても諦める必要がないといるのですが、それでも「まさか、そんなにうまい話があるわけがない」という人のために、諦めなくて良い具体的な理由を紹介していきます。

彼氏がいるのと夫がいるのとでは意味が違う

多くの人が思い違いをしているのですが、好きになった女性に彼氏がいることで諦めなければならない理由はありません。

たとえば、相手の女性が結婚しているのであれば、その好意は不貞行為を求めるものであり、相手の家族など多くの人を不幸にするため、諦める必要があるでしょう。

昨今、女性の多くが不倫に興味があり、実際に不倫をしているという情報が話題になることもありますが、それはあくまで一部の人について切り取って、都合よく編集した情報にすぎません。

婚姻とは法律で定められた契約関係であり、それほど単純なものではないのです。

しかし、恋愛関係はそうではありません。

恋愛関係はあくまで両者の好意の結びつきでしかなく、そこに何ら契約があるわけでもないため、言ってしまえば、どちらかの気持ちが冷めてしまえばそれまでの関係です。

つまり、結婚という一つのゴールに到着するまでは、女性にしても男性にしても、第三者と恋人の奪い合いが発生するのは自然なことですし、いかに好意を持続させたまま結婚まで至れるか、付き合ってからも気が抜けないのが恋愛関係といます。

だからこそ、もし好きになった相手に彼氏が既にいたとしても諦める必要はありません。

女性にとって彼氏がいることはゴールにならない

先述したように、女性にとっても男性にとっても、恋人関係になることはゴールといません。

もちろん、結婚もゴールではないのですが、一つの区切りとはいるでしょう。

昨今、婚姻という結びつきを煙たがる人が増えつつあることが多くのメディアによって報じられ、半ば認識も広がりつつありますが、それでも結婚に憧れを抱く人は少なくありません。

たとえば、日本全国で結婚式場の運営などを行っているアニヴェルセル株式会社によれば、全国の23歳から39歳までの男女に結婚願望をきいたところ、全体の65%もの男女が結婚願望を持っていることが明らかになっています。
参考:独身男女600人の本音をリサーチ。 「あなたは結婚願望、ある?ない?」

その一方で、婚姻数は国民全体の5.0%と減少の一途をたどっていることが、厚労省の発表によって分かるでしょう。
参考:平成 28 年(2016) 人口動態統計の年間推計

これは、ひとえに結婚願望はあるが、結婚相手は慎重に選ぶ人が多いことを表しているといます。

つまり、誰もが付き合ったとしてもそのまま結婚までいくわけでなく、結婚に向けてより良い相手を選んでいるのです。

そして、この傾向は、実のところ女性の方が強い。

なぜそのようなことがいるかというと、たとえば、先ほど例にあげたアニヴェルセル株式会社が行った別の調査から窺い知ることができるためです。

同社では、結婚に関する様々な調査を行っており、その中に結婚するにあたり相手に求める年収についての調査があります。

それによると、男性の場合、「好きになったら年収は関係ない」という回答が上位にあげるのですが、一方で女性の場合は明確な金額が上位にあげります。
参考:結婚相手に求める年収、男性と女性ではこんなに違う!

これは、女性の方が情緒的な判断だけでなく、総合的に男性を自分にふさわしい相手かどうか精査することを示しているといるでしょう。

つまり、長い目で見れば、男性と比較して女性はより良い相手を探す傾向が強いといるため、たとえ好きになった相手に彼氏がいたとしても、それだけで諦めるのは早く、結婚さえしていなければ、まだ十分にチャンスがあるのです。

女性は「寂しがり屋」が多い

マイナビウーマンによる調査によれば、調査対象の半数以上が独身であることに寂しさを感じると回答するなど、女性は表面上分かりにくくてもどこか寂しさに敏感なところがあるものです。
参考:独身は寂しい!? 独身女性が孤独な瞬間

ところで、多くの人が誤解しがちなのですが、この寂しさというのは、心が満たされていなければ簡単に生じる感情であり、たとえ恋人関係にある人がいたとしても感じるものといます。

むしろ、恋人関係にある人がいるからこそ、ちょっとしたことで寂しさを感じる瞬間は多くなるといるでしょう。

そして、そのほころびはいともたやすく広がってしまい、関係の破綻につながります。

これは、言い換えれば、たとえ好きになった女性に彼氏がいたとしても、それだけチャンスがあるということです。

男は油断で女性の心を離しやすい

気を悪くして欲しくはないのですが、男性というのはとても単純で浅はかな生き物であることはよく知られていることです。

好きな人にちょっと褒められただけで、すぐ有頂天になってしまうことからもそれは分かることでしょう。

ここまで書いてきたように、女性というのはたとえ恋人関係になったとしても、その後も継続的に男性が自分と付き合うのにふさわしい相手なのか、慎重に判断することは分かっていただけたと思います。

ところが、男性は恋人関係になると、とたんに油断しやすい生き物であり、この油断が多くの女性に不満を感じさせてしまいます。

女性はどれだけそっけない態度をみせていても、心のどこかでは構って欲しいと思っていることが多いのですが、男性はその単純さと油断から、つい面倒だと思ったり、突き放したりして、女性の不満を膨らませるものです。

結果的に、せっかく付き合ったとしても、すぐに振られてしまうということが少なくなく、だからこそ、そこにチャンスが発生します。

満足できない女性の心理

男性が一人の女性で満足せず、ついつい浮気をしてしまうということは、今では誰もが知っているところでしょう。

しかし、実のところこれは女性も変わりありません。

結局のところ、人間も他の生物と同様により自分の種を多く残したいという本能を持っているのです。

男性の浮気性ばかりが多く目につくのは、男性と女性では隠す能力に大きな違いがあったり、同時に複数人と付き合う器量の大きさが異なったりするからといます。

また、女性は男性と違い、子孫を残すということについて、出産する側であることから、男性以上に、優れた種を残したいという本能が強い。

そのため、浮気や不倫というものに関して、男性はより多くの種を残そうという本能で複数の女性を相手にするのですが、女性の場合はより良い種を残そうという本能に従い、複数の男性を相手にするという違いがあります。

結果的に、より良い男性、より自分を認め、高めてくれる男性を女性は求めがちになるため、今の相手では満足しないということが多いのです。

ボタンの掛け違いで飽きる女性たち

男性と女性は、全く違う生き物といっても過言ではありません。

価値観がまるで異なるのです。

こればかりは、どれだけ相手を理解しようとしたところで、避けようがないといって良いでしょう。

だからこそ、恋人たちはよくすれ違い、喧嘩をし、別れてしまいます。

別れず結婚までたどり着く恋人たちは、そのすれ違いに対して、適切なフォローができたり、どちらか一方が我慢できたりしているだけなのです。

しかし、人にはフォローするにも我慢するにも限界があります。

すれ違いも何度となく繰り返されれば、さすがにどれだけ我慢強い女性といっても飽きるでしょう。

この相手は自分にふさわしくない。

そういう思いが高まり、結果的に別れることになります。

そして、こういうことは珍しくありません。

婚姻数のデータからも分かる通り、結婚までいくカップルはそう多くないのです。

好きになった人に彼氏がいると諦めてしまう男性は多いのですが、そういう男性はこの事実を理解するべきでしょう。

いくら彼氏がいたところで、別れる可能性は高いですし、自分がその彼氏よりふさわしい相手だと認められる可能性は高いのです。

そして、女性は今の彼氏よりもあなたを選びたいというサインをいつも出しています。

彼氏持ち女性が出している脈ありサイン!「会話編」

女性にとって、彼氏がいる状態というのは、安心できる状態でも安定した状態でもありません。

彼氏に不満を抱いていたり、彼氏よりも良い相手がいれば、より強く好きになってくれたりしますし、自分を彼氏から奪って欲しいと思っています。

ここからは、そういった女性があなたに向けて出しているサインを紹介します。

まずは、ちょっとした会話の間に発しているサインを見ていきましょう。

「誘い方」で見分ける脈ありサイン

彼氏がいたとしても、遊びや仕事など何かしら男性を誘う機会が女性にもあります。

男性の場合は、下心があることも少ないですが、実は女性もその点について変わりありません。

また、誘いを受けたときに、ちょっとした言葉をかけることで、脈があるかを確認することもできます。

ここでは、その方法やサインを見ていきます。

「彼氏がいるか」をきいて分かる脈ありサイン

彼氏のいる女性が、あなたに何か誘いをかけるとき、実はこれ自体が少なからず脈ありを伝えている行為だと気付いているでしょうか?

男性と異なり、女性は内心何を考えていたとしても、表面上は身持ちの堅さを取り繕うものです。

だから、彼氏ができたとたんにに、なるべく彼氏以外の男性を避ける傾向があります。

そんな女性が、何かしら個人的に誘うというのは、何気ない行為だと感じるかもしれませんが、実はそれほど軽々しいものではないのです。

だからこそ、実際どれだけ脈があるのかを確認するには、この機会がうってつけといます。

どうすれば良いか?

とても簡単なことです。

誘いを受けたときに、相手に彼氏がいることを知っていたとしても、「彼氏がいるか」を確認してみましょう。

もしもこの質問をして、「いない」と答えたり、「いる」と答えつつもどこか言葉を濁したりするようなことがあれば、その反応を見逃してはいけません。

それは、遠回しに今の彼氏とはうまくいっていない、あるいはあなたに彼氏がいることをあまり伝えたくないという気持ちの表れです。

つまり、少なからず脈があるといます。

さすがにこの反応を見ただけで奪おうとするのは先走りすぎですが、自分にも可能性があると内心飛び跳ねることくらいはしても良いでしょう。

「話をしない」のは脈があることを告げている

付き合っていることを周囲に知られたくない。

こういった初々しい思い出を持っている人もいるかもしれませんが、実は女性が彼氏の存在を隠したり、彼氏がいながらあえて彼氏の話をしないようにしたりするのは、脈ありサインです。

これは、あなたが好意を寄せるハードルを下げるために、障壁を意識的あるいは無意識的に排除している行為にほかならないのです。

たとえば社内恋愛のように、付き合っていることがバレると困るという状況はあるかもしれません。

けれど、そういった場合であっても彼氏がいないことにする必要まではないわけです。

厄介なのは本人がこれを自覚して行っている場合、無自覚で行っている場合があることですが、自分にもまだチャンスがあることを確認する意味では、貴重なサインといるでしょう。

「どこでも行ける」を見過ごしてはならない

女性の中には、異性との交流に積極的な人もいて、一緒に遊びや旅行に出かけることに抵抗のない人もいます。

しかし、彼氏同伴ではなく、彼氏と行く方が良さそうな場所が行き先だったとしたら、それは脈ありサインにほかなりません。

本来、彼氏がいる女性は彼氏と過ごせる時間やその場所、そこでの過ごし方などをとても大切にします。

つまり、彼氏と過ごせることによって得られる満足感を前提として行き先を決めることが多いのです。

ところが、そのような彼氏と行く方が満足感を得られそうな場所に、彼氏ではなく、あなたと行こうとする。

これは、遠回しにあなたと過ごす時間の方が、彼氏よりも上であると伝えているのも同然なのです。

脈ありサインの中でも、強めのシグナルとして、受け取っても良いでしょう。

「相談」は内容によって脈ありサインを示す

彼氏のいる女性は、男心を知るために男性に相談ごとをする場合があります。

実は、この相談内容が脈ありサインだったということが少なくないのです。

ここでは、あなたが好意を寄せる相手に相談ごとをされたとき、脈ありサインを逃さないように、ケースごとにそのサインを紹介します。

「別れ話」は大きなチャンス

女性の中には、別れ話を相談してくる人がいます。

なぜわざわざ別れ話を相談するのかと思う男性は多いかもしれません。

実のところ、これは「私を奪ってくれないか」「今の彼氏と別れたら、あなたとの時間が増やせるのに」といった女性からの願望が裏に潜んでいます。

女性の多くは、とにかく一分一秒でも満たされていたいという欲求があります。

しかし、別れというのは、たとえそれが自分の意志で行われたことだとしても、彼女たちにとっては大きな喪失にほかなりません。

喪失がある限り、人は満たされないのは自明です。

だからこそ、事前に別れをちらつかせることで、その喪失を和らげたり、すぐに埋めたりできるように、あなたに伝えておくのです。

これは、脈ありサインの中でも非常に重要なサインですので、絶対に見逃さないようにしましょう。

「共有」が脈ありを伝える

情報や時間の共有は、人との親密さをあげると昔からいわれています。

今でこそ減ってきましたが、男性社会の中で、煙草休憩や会社帰りの飲み会がコミュニケーション手段として活用されていたのは、特定の空間で情報と時間を共有することができるからです。

女性との交流においても、この共有が大きな価値を持ちます。

とくに特定の情報の共有は、女性からあなたに対するラブコールともいる脈ありサインですので、見逃さないようにしましょう。

秘密の意図に気付きましょう

男女の間でよく共有される情報は、なんといっても「秘密」です。

とくに彼氏持ちの女性が、あなたに対して「彼氏には秘密」や「彼氏が知らない情報の共有」をほのめかしたとき、これはあなたに好意を寄せていることの証明といます。

そもそも女性というのは、表面上は口が軽いようにみせて、秘密の類いは絶対に表に出さない生き物なのです。

それにもかかわらず、あなたに「秘密」を持ち出す場合、これはあなたに対する絶対的な信用や好意があるか、遠回しに彼氏と距離を離したいと伝えているかのどちらかといるでしょう。

女性にとって、彼氏との関係は、将来自分をより幸せにするための試験期間のようなものではありますが、それと同時に今の自分を満たすためのかけがえのない時間でもあります。

それを過ごす相手に対して秘密にすることをあなたに伝えるというのは、彼女たちの心理にのっぴきならない変化が起こっていることを意味しているといるでしょう。

だからこそ、もし秘密などの共有を持ち出されたら、それは脈ありサインとして、強く認識しておくことが大切です。

実は「褒める」に込められている真の意図

男性は他人を褒めるのがあまり得意ではありません。

一方で、女性にとって褒めることはコミュニケーション手段の一つといって良いほど自然にできることです。

男性よりも女性の方が社交的だといわれるゆえんにもなっているこの性差による違いですが、実はこの「褒める」という行為にも脈ありサインが隠れています。

彼氏と自分の立ち位置をかぎ分けられるか?

女性にとって褒めることは日常茶飯事ですが、その内容がたとえば「彼氏より」という内容になったら、それは脈ありサインと捉えても良いでしょう。

先述したように、女性はたとえ恋人関係になったとしても、自分にとってより優れた相手を求め続けます。

もしあなたが、彼氏より何かしら優れていると褒められるようになったとすれば、それはすなわち、その女性にとってそこが彼氏に対する不満でもあるということ。

その褒める点が徐々に増えていったとしたら、それだけその女性は彼氏よりもあなたに好意を寄せているといって良いでしょう。

女性が最終的に選ぶのは、より自分を満足させられる相手です。

褒められるところが増えれば増えるほど、あなたはその女性にとって理想の男性になりつつあると思って良いでしょう。

彼氏が理由にならない

女性との会話から察することのできる脈ありサインの中でも、とくに強烈なのは、何かをするにあたって、彼氏が理由にならなくなることです。

女性とは、表面上は義理が深いことから、付き合い始めると彼氏を理由にした「お断り」が増えます。

これまで何気なく遊んでいた男性との交流を減らす人は多いですし、中にはすべて断ち切るという人もいるほどです。

しかし、そういった中で、付き合いが続いていくにつれて、彼氏を理由にした「お断り」が減っていくことがあります。

つまり、それまでは彼氏が特別な存在だったからこそ、彼氏が様々な誘いを断る理由になっていたわけですが、その特別感が薄れていくに従って、彼氏が理由にならなくなる。

そうこうしている内に、あなたと過ごす時間が増え、彼氏という言葉すらも出さなくなっていく。

ここが、大きな脈ありサインであり、もしその女性に好意を持っているのであれば、まさに攻め時といるでしょう。

見逃せない「彼氏の不在」

前述したように、彼氏を理由にあらゆる誘いを断ったり、特定の行動を避けたりしていた女性が、突然彼氏の存在を消し始めることがあります。

そればかりか、あたかも彼氏などいないかのように振る舞い、頻繁に連絡をよこしてくるといった行動に出ることも増えていくのです。

これは、いわゆる別れるための準備に入ったといます。

もし、あなたがその女性に好意を持っていたとしたら、このタイミングは絶対に見逃せないタイミングです。

なぜならば、その女性は、今付き合っている彼氏よりもあなたを選びたいという思いからそのような行動に出ています。

あるいは、今の彼氏と別れる前提で、次の相手として、あなたに脈があるか確認している最中といるでしょう。

ここを逃すと、その女性は完全にフリーとなり、恋愛関係を築くにはゼロから関係を深めていくことになってしまいかねません。

女性にとって、別れとは、ある意味リセットなのです。

そのリセットを切らせる前に、自分とのつながをつておく、これはまさにそういうタイミングといるでしょう。

彼氏持ち女性が出している脈ありサイン!「LINE編」

メールよりも電話よりも連絡手段として当たり前のものになったLINE。

このやりとりでも、彼氏持ちの女性は脈ありサインを出していることがあります。

日頃から頻繁に交わされるやりとりであるとともに、二人きりの時間ともなるLINEですから、この脈ありサインは確実につかんでものにしたいところです。

「返信」のタイミングで判断できる脈ありサイン

LINEの返信するタイミングは、人によってバラバラだったり、駆け引きに使われたりします。

LINEは、相手からのメッセージを読んだことが「既読」として伝わる特徴を持っていたり、スタンプによって相手の想像力をかき立てたり、駆け引き材料に事欠かないことから、恋愛においても、様々な心理戦が繰り広げられるのです。

一方で、そんなLINEも利用しているのは人間ですので、どれだけ駆け引き材料に事欠かないといっても、結局のところ、感情がダイレクトに表れるということを忘れてはいけません。

要するに、誰だって好きな人とは少しでも早く話したいですし、コミュニケーションを取りたいということです。

だから、もし彼氏持ちの女性があなたとのLINEにものすごいスピードで返信を送ってくるようであれば、それは脈ありサインだと思って良いでしょう。

彼女は、あなたと少しでも早くやりとりがしたくてたまらないのです。

また、レスポンスが早いということは、それだけ他の人よりもあなたを優先しているということにほかなりません。

つまり、あなたへの想いが、他の人よりも優先度が高いということです。

もしそれだけのリアクションが見られるようなら、その女性は今の彼氏よりもあなたを選ぶ可能性が高いといるでしょう。

「回数」で見分ける脈ありサイン

先ほどの話に通じますが、LINEのやりとりがより多く、より長く続くというのは、それだけ相手があなたへの想いを募らせているということです。

感情は速度にも出ますが、それ以上に回数に出ます。

LINEは短い言葉のやりとりを行うのが一般的ですので、やりとりの回数が多いということは、それだけ自然に対話できる間柄ともいるでしょう。

つまり、その女性はあなたとそれだけ自然なやりとりができるほど、あなたに安心感を持っていますし、より長く、言葉を交わしたいと思っているということです。

これは、恋愛感情のような劇的で強い感情に深みが加わった愛情に近いものであり、とくに将来的に結婚を考えている女性にとっては、何よりも相手に求めるものでもあります。

もし、相手の女性に彼氏がいながら、それでもLINEでこのようなやりとりが続くのであれば、あなたは結婚相手として脈ありのサインを伝えられているといっても過言ではありません。

「送信」は思いを寄せている脈ありサイン

あなたに好きな人がいた場合、たいていLINEはあなたの方から送ることになるでしょう。

そのとき、あなたはどのような感情を抱いているでしょうか?

「恐れ」「緊張」「激情」「恋慕」「欲求」といった、とにかく相手の言葉や想いを求める強い感情やもし相手に嫌われたらどうしようというネガティブな不安が占めているはずです。

これは、何もあなただけではありません。

もちろん、男性特有のものでもありません。

つまり、もし彼氏がいながら、相手の女性の方からあなたにLINEが送られるようになったら、それは脈ありサインだと思った方が良いでしょう。

相手の女性からしても、LINEを自分から送信するというのは、それだけの気持ちの変化があるのです。

まして、彼氏がいた状態ならばなおのこと。

「軽い女だと思われるかもしれない」「不誠実な女だと思われるかもしれない」といった、更に重い感情を抱きながら、それでも送信してくれるのです。

それだけの勇気を出している以上、これは脈ありサインの中でも強いサインといます。

彼氏持ち女性が出している脈ありサイン!「行動編」

人間という生き物は、どれだけ取り繕うとしても、思っていることが行動に出てしまいがちです。

ですから、たとえ彼氏がいたとしても、別の人を好きになってしまったり、気になってしまったりすれば、それはたちまち行動として出てしまいます。

何気ない「二人きり」は脈ありサイン

「彼氏がいるはずなのに」

彼氏がいる女性と二人きりになる瞬間が増えたとしたら、それは脈ありサインだと思って良いでしょう。

ここまで紹介したように、女性は彼氏ができたらなるべく相手に義理立てをしようとします。

つまり、二人きりになるということは、もし相手に見つかったり、あるいは他の誰かに見つかって相手に伝わったりするのはばつが悪いと感じ、避けるようになるのです。

それにもかかわらず、二人きりになるということが増えるというのであれば、それはその女性にとって彼氏がもはや特別ではなくなっている証拠といるでしょう。

それでいて、あなたと二人きりになる時間を作っているのであれば、それだけ相手にとってあなたと一緒にいることが好ましいということにほかなりません。

ですから、もし二人きりになる時間が増えたとしたら、あなたにも大きなチャンスが来ていると思った方が良いでしょう。

LINEだけじゃない「通話」が伝える脈ありサイン

連絡手段として、LINEが一般的になってきたからこそ、男女の間で通話の価値が高まっています。

普段のコミュニケーションはLINEで、特別なコミュニケーションは通話で行うというのが、どこか暗黙の了解になりつつあるのです。

これはなぜかというと、メッセージのやりとりは基本的に文字になるので、気軽にできますし、時間や場所を選びません。

しかし、通話となると、直接自分の声を届ける必要がありますし、時間や場所にもある程度配慮する必要性が生じます。

つまり、LINEによってメッセージのやりとりが気軽になった反面、通話はより手間をかけることになり、それによって通話は特別な相手と特別な時間を過ごすためのツールとして、重要度があがったのです。

そのため、もし彼氏のいる女性との通話の機会が増えたら、それだけ相手はあなたに特別な想いを抱いていると思って良いでしょう。

「服装」から発せられる脈ありサイン

誰でもデートには気合いが入るものです。

それは、特別な相手と特別な時間を過ごすのですから当然のことでしょう。

たとえば、彼氏持ちの女性が、彼氏でもないあなたと会うために、オシャレに気を遣うようになったら、彼女の気持ちがあなたに向かい始めていると思った方が良いかもしれません。

もちろん、その女性は誰と会うときでもファッションにこだわりを持っている場合もあります。

けれど、誰でも何かしら特別なときにしか身につけない服やアクセサリーというものを持っており、もしそれをあなたと会うときに身につけるようになったとしたら、それは間違いなく脈ありサインです。

そのため、普段から女性と会うときには、身につけている服装に注意し、少しでも違ったものを感じたら、その点を褒めてみてください。

その反応が、何かしら特別感を表すものだったとしたら、彼女はあなたに想いを寄せ始めていると見て間違いありません。

「体」は何よりも正直

感情の変化は、体に強く表れます。

それは恋愛感情も同様です。

ここまでは、行動や態度、外見に言及してきましたが、ここからはより肉体的な面での脈ありサインを紹介します。

見逃してはいけない「目」の合図

人の感情というものは、目に強く表れます。

彼氏持ちの女性の目を見てください。

もしあなたと会ったり、話したりしているときに、彼女の瞳が潤んでいるとすれば、それは脈ありのサインです。

目は口よりものをいうというように、そのときの感情によって大きく変化します。

とくに瞳を潤ませているときや目を合わせてくるときというのは、相手に強い興味や関心を抱いているときに出る反応です。

この反応が出るということは、その女性があなたに対してなみなみならない関心を抱いているということであり、少なくとも恋愛関係に発展させるための第一ステップはクリアしているといるでしょう。

自然とできている「空間」が送るサイン

人には、パーソナルスペースというものがあり、それぞれ他人が近づいても良い距離というものがあります。

これは相手によって変わってくるのですが、もし彼氏持ちの女性が、あなたと近づいても大丈夫だとしたら、それだけあなたに気を許しているといるでしょう。

恋愛関係に発展させる上で、安心感というのは重要で、とくに女性は包容力のある男性を好むため、この距離をどこまで縮められるかどうかというのは、相手を見定める上で重要な指標になるのです。

とくに接触できるほどの距離を保てるような場合、それは多くの場合彼氏など深い関係の相手に対してしか許さない距離であることから、あなたに対して脈ありであることを伝えるサインだと考えて間違いありません。

ふれあいが発するシグナル

スキンシップが大好きな女性も稀にいますが、他人に触れるというのは、誰でも多少気を遣うものです。

もし、彼氏持ちの女性が、あなたに対してボディータッチを含むスキンシップをよく行ってくるのであれば、それは脈ありサインだと思って良いでしょう。

誰かに触れたいというのは、ある種寂しさの表れであり、自分とその人をより近づけたいという願望の表れでもあります。

つまり、ボディータッチを含むスキンシップをしてくるというのは、相手がそれだけあなたとふれあいいたいと思っていることの表れであり、その一方で彼氏とあまりうまくいっておらず、寂しさを抱えていることを伝える行為でもあります。

女性だって、自分に触れるのは誰でも良いわけではありません。

そういった中で、あなたを選んで触れようとしているのですから、これは脈ありサインの中でも最も強いサインだと考えて良いでしょう。

彼氏持ち女性の脈ありサインをつかんで自分の彼女にするために注意したい行動

せっかく彼氏持ちの女性から脈ありサインを伝えられても、それをものにできないのであれば全く意味がありません。

脈ありサインというのは、あくまで付き合っても良いというサインではなく、将来付き合う相手候補として考えている程度のものであることがほとんどです。

そのため、脈ありサインを感じたからといって、すぐに告白などの求愛行為に至るのは好ましいことではありませんし、もちろんそのサインを無視してしまうのもいけないことです。

脈ありサインは、お互いを恋愛関係に発展させるきっかけとして捉えて、なるべく中長期の戦略を立てて、二人の想いを育むとともに、最終的に恋人関係になれるような道筋を作る必要があるといます。

相談のときに自分の欲望は抑える

略奪愛の多くは、相談から始まるといっても過言ではありません。

相談というのは、そのベースに信頼があるため、その後の恋愛関係に発展しやすいのです。

そうはいっても、相手は何もすぐにあなたと恋愛関係になりたくて相談するわけではありませんので、自分の欲望を抑えることが何より大切です。

相談している時点であなたに脈があり、将来的に付き合っても良いといってくれているようなものなのですから、ここで焦ってしまって台無しにしてしまっては元も子もないでしょう。

まずは、相手があなたに抱いている信頼に応えることを第一にして、信頼できる男性としてより強固な立場を築くべきです。

そうしていれば、信頼が恋慕に変わり、相手はどんどんあなたの虜になっていくでしょう。

中には、そんなにうまくいくものかと思う人もいるかもしれません。

しかし、あなたに相談している時点で、相手はあなたに何かしら好ましい想いを抱いており、あなたにだったら抱えている想いを話して良いという考えがあるのです。

これは、ある種恋愛感情よりも強固なものであり、だからこそ、そこでがっつきすぎず、落ち着いて対応すればするほど、その想いは強くなり、あなたなしではどうにもならなくなります。

そうなってしまえば、その女性はあなたと付き合う以外の選択肢がなくなるでしょう。

だからこそ、相談されたら自分の欲望は置いて、まずは彼女の悩みに真摯に向き合うべきなのです。

LINEは内容だけではなく返信のタイミングにも注意する

彼氏持ちの女性から、早く、多くのメッセージが来るのは、あなたに脈があることの現れですが、だからといってあなたまでそのペースに合わせて早く、大量に返信する必要はありません。

LINEは、メッセージツールであるとともに恋の駆け引きをするツールなのです。

女性にしろ、男性にしろ、人というのは逃げるものは追い、追われれば逃げるという習性を持っています。

これは単純にいえば、求められるよりも求める方が、より強い想いを持ちやすいという話です。

そのため、たいていの場合、返信は可能な限り早くすべきですが、時折相手に待たせる時間を与えてやきもきさせることが重要になります。

こうすることで、相手はよりあなたに執着するようになり、今付き合っている相手よりもあなたにより大きな価値を感じるようになるでしょう。

アプローチはしっかりしながら押しすぎない

脈ありサインというのは、ある種の予防線です。

それを受け取る側からすれば、もしかして自分にもチャンスがあるのかなと思える素敵なメッセージに感じるかもしれませんが、相手からすれば、それは一つの確認作業なのです。

つまり、「今付き合っている相手からあなたに乗り換えられるのだろうか」というのを知っておきたいからこそ発するサインといます。

なぜこのようなことをするかといえば、やはり誰だって喪失や孤独が怖いため。

今の彼氏とは別れたいけど、そのあとで一人になるのは避けたい。

だから、事前に脈ありサインを出すことで、自分が求められるのか、すぐに今気になっている人と付き合えそうかを確認するのです。

そのため、脈ありサインを見つけたからといって有頂天になるのは避けたいところですが、無視してしまうのもよろしくありません。

その女性は、あなたが自分に好意を持っているのか確認したがっているのですから、たとえば「今彼女を募集している」「あなたみたいな女性なら最高なのに」程度で良いので、自分も好意を持っていることを遠回しに伝える努力はしましょう。

そうしておけば、その女性も安心して今付き合っている彼氏と別れて、あなたとの関係に集中することができるようになるのです。

諦めるのはまだ早い!彼氏持ち女性の脈ありサインをつかんで恋愛を成功させよう!

どうしても彼氏がいる相手となると、多くの男性は身構えたり、諦めたりしがちです。

しかし、ここまで書いたように、女性にとって結婚にいたるまでの付き合いは、より自分にふさわしい相手や将来を一緒に築いていけるような相手探しの期間であり、彼氏がいることがすなわち相手選びのゴールではありません。

そのため、あなたがより良い相手であることを伝えられれば十分にチャンスはありますし、実は相手の女性が、あなたに対して脈ありサインを出していたなんてことも珍しくないのです。

ぜひ、ここで知った女性の脈ありサインを覚えて、あなたも素敵な彼女をゲットしましょう。