【2019年最新版】メンズの人気バッグブランド20選!20代向けのオシャレで外さないブランドを紹介!

20代向けのメンズバッグブランドってめちゃめちゃ数があってどれを選んだらいいかわからないですよね。
私もかつてメンズバッグブランドについて「どれがかっこいいんだろう?」と悩んだものです。

私の場合はそれぞれのブランドの特徴を比較することで各ブランドの良さを知ることができました。

そんなバッグが大好きな私の経験から導いた「メンズバッグのおすすめブランド」を、当記事では用途別に合計20ブランドご紹介します。
参考にしていただければ、メンズバッグブランド選びに失敗することはないでしょう。

今回ご紹介するブランドからあなたにぴったりなブランドが見つかれば幸いです。

メンズバッグブランドの選び方


具体的なメンズバッグブランドについてご紹介する前に、「ブランドの選び方」についてお話しします。
なぜならメンズバッグブランドの予備知識がない状態でバッグを買ってしまうと、「理想とかけ離れたバッグを購入する」という失敗をしてしまうからです。

バッグを購入する前に、「バッグブランド選びに関する予備知識」をつけてからバッグブランドを選択しましょう。

予算で選ぶ


メンズバッグブランドを選ぶ上で最初に重要なのは「予算」です。

バッグブランドには安いものから高いものまであり、予算が数千円で済むブランドから数万円もするブランドがあります。

やはり値段によってバッグの質や機能性は非常に変わってきます。

具体的には、安すぎると作りが雑ですぐに破損してしまいますし、逆に値段が高すぎると「汚してはいけない」「特別な場面で使わなきゃ」と思ってしまい普段使いが非常にしにくく、扱いづらいです。

あなたにとって適切な価格帯のバッグブランドを選択しないと上記のような失敗をしてしまいます。

私もかつて安すぎるバッグ、高すぎるバッグを購入して、「失敗したなぁ」と感じたことが多々ありました。

私のような失敗をしないためにも、あらかじめ予算を決めておくことで適切なブランドを選択することが可能になります。

  • メンズバッグブランド選びには「予算」を決めておくことが重要。
  • 安すぎると作りが雑ですぐに使えなくなるためNG
  • 高価すぎると気を使いすぎて使いにくいためNG

TPOで選ぶ


次に気をつけるべきは「TPO」です。
TPOとは「時、場所、場合」の意ですが、バッグはTPOに合わせたものを使用するのが重要です。

例えばスーツで出勤する際、「ド派手なアウトドアリュック」で出勤したら周囲から変な目で見られてしまいますよね。
スーツに限らず、私服やアウトドアなどTPOに合わせたバッグブランド選びが非常に重要になってくるのです。

あなたがバッグを使うシーンをよく頭に思い浮かべてから、バッグブランドを選択するようにしましょう。
ちなみに私は出勤時と私服、アウトドアで3つ以上のバッグを使い分けています。

あなたもバッグブランドを選ぶ際はTPOを意識してみてください。

  • バッグブランドを選ぶ際はTPOを意識して、周囲から浮かないブランドを選択しよう

好み(デザインや歴史、ブランドコンセプト)で選ぶ


最後に紹介するのは「メンズバッグブランドの好み」です。
予算を決めて、用途(TPO)を設定したらあとは好みで選びましょう。

好みといっても選び方は無数にありまして、「デザインがかっこいいから」「機能性が高いから」「流行しているから」「ブランドの歴史に興味があるから」などなど色々な要素があります。

当記事では上記のニーズに応えるため用途別に合計20個のバッグブランドをご紹介いたします。
ぜひ参考にしてください。

  • 予算と用途が決まったら好みのブランドを見つけよう!
  • ブランド選びには機能性やデザイン、流行、ブランドの歴史など様々な要素がある

大学生の通学におすすめのメンズバッグブランド

では具体的なメンズバッグブランドのご紹介をしていきましょう。
まずは大学生の通学におすすめのブランドから解説していきます。

大学生はお金がないことがほとんどだと思いますので、できるだけ低価格帯で高品質なメンズバッグブランドを選択しました。
また大学生なら異性の目も気になる年頃だと思いますので、機能性だけでなくデザイン面でも「お洒落でモテる」バッグブランドをご紹介いたします!

第1位:ポーター(PORTER)


学生におすすめのメンズバッグブランド第1位は「ポーター」です。

ポーターとは

ポーターは1962年に創立され、日本のカバンメーカー「吉田カバン」がリリースしているバッグブランド。

ポーターは高い技術力と現代的なデザイン、そして高い機能性や収納力を誇るバッグを生産している老舗のバッグブランドです。

ブランド詳細
予算:15,000円〜40,000円
TPO:通勤・通学・タウンユース

ポーターのおすすめ理由


ポーターのおすすめ理由はなんといってもバッグの種類の多さ
同じ型でも素材違いで多くの商品をリリースしており、本当にバリエーション豊かな製品展開をしています。

もちろん機能性やデザインも一流のものですし、価格帯も高すぎないことから大学生にも手が出しやすいブランドです。
リュックはもちろん、パソコンを持ち運ぶトートバッグ、ボディバッグやウエストバッグなどを手がけており、「全てのバッグがポーター」なんて人も多いくらいの人気を誇ります。

リュックや大きめのボストンバッグも取り揃えていますので、参考書や辞書を持ち運ぶ大学生が手に入れるには最適なブランドといえるでしょう。

  • バリエーション豊富な製品展開
  • 高い技術による高品質なカバンを生産
  • 値段もそこそこで大学生にぴったり


第2位:ロリンザ(LORINZA)


学生におすすめのメンズバッグブランド第2位は「ロリンザ」です。

ロリンザとは

ロリンザは2003年にスタートしたブランド。
ブランドの歴史はまだ若いですが、確かな縫製技術と高いデザイン性を誇るため、若者を中心に人気が高まっているブランドです。

またロリンザはPCやタブレットなどの電子機器を持ち運ぶことを考慮されたデザインとなっており、現代のタウンユースに最適なバッグを生産しています。

ブランド詳細
予算:30,000円〜40,000円
TPO:通勤・通学・タウンユース

ロリンザのおすすめ理由


ロリンザのおすすめ理由は単純にかっこいいデザインでしょう。
非常に凝ったデザインをしていてるため、デザインを重視する学生には特におすすめできるブランドです。

またデザインだけでなく、機能性の面でもバリスティックナイロンを使用しているため機能性の面でも秀でています。

  • ナイロンの5倍の強度を誇る特殊なナイロン
  • デュポン社が開発した特殊素材

ただし予算が3万円以上と少し高い印象を受けるため今回は第2位にランクインしました。

一方でポーターよりも高いデザイン性を誇りますので、デザイン重視の方には最適なバッグブランドと言えるでしょう。

  • 高い縫製技術を持っているブランド
  • バリスティックナイロンなどの特殊素材を使用
  • 非常にデザイン性の高いバッグを生産している


第3位:マンハッタンポーテージ(Mahattan Portage)


学生におすすめメンズバッグブランド第3位は「マンハッタンポーテージ」です。

マンハッタンポーテージ とは

マンハッタンポーテージは1983年にスタートしたブランドです。

ブランドルーツでもあるニューヨークの雰囲気を大切に製品をリリースし続けています。
また、マンハッタンポーテージはバッグの素材に強いこだわりを持っており、耐摩耗性、耐久性の高い「コーデュラナイロン」を使用しています。

  • デュポン社が開発し、インビスタ社が販売する特殊なナイロン素材
  • ナイロンの7倍の強度を誇る
  • 「 PU(ポリウレタン)加工」によって防水性を持つものもある

コーデュラナイロンを使用していながらも比較的安価で商品提供をすることから人気のブランドです。

ブランド詳細
予算:6,000円〜20,000円
TPO:通学・タウンユース

マンハッタンポーテージのおすすめ理由


マンハッタンポーテージをおすすめする理由はコストパフォーマンスの高さです。
値段が安いにも関わらず、特殊素材のコーデュラナイロンを使用しており、高い機能性を期待できます。

コーデュラナイロンを使用する他のブランドに比べて半額程度で手に入れることができるので、安く高機能なバッグを手に入れたい時にはもっともおすすめできるブランドといえるでしょう。

ただし高級感があるブランドではないので、ブランドの高級感を求める場合は避けた方がいいでしょう。
上記の理由から第3位へランクインとなりました。

  • 安く高機能な製品提供をするブランド
  • 低価格帯なので学生におすすめできるブランド
  • 高級感には欠けるので高級感を求めるならNG


第4位:ケルティ(KELTY)


学生におすすめメンズバッグブランド第4位は「ケルティ」です。

ケルティとは

ケルティは1952年、南カリフォルニアにてスタートしたバッグブランドです。
ブランド創立者のケルティ自身が熱狂的なアウトドアマンであり、妥協しない製品作りをモットーに製品の制作に注力してきました。

その意思は今も受け継がれており、アウトドアからタウンユースに使用できる高機能かつ高品質なバッグを生産するブランドです。

ブランド詳細
予算:4,000円〜15,000円
TPO:通学・タウンユース

ケルティのおすすめ理由


ケルティのおすすめ理由はカジュアルさと独特なブランドロゴです。
カラーバリエーションが豊富で、 カジュアルなバッグを数多く生産しています。

また三角形の独特なブランドロゴが印象的で、一目でケルティのバッグとわかるのも魅力的なポイントといえるでしょう。
お値段も安価でマンハッタンポーテージより手に取りやすいため、お金に余裕の無い学生にはおすすめのブランドです。

一方で高級感にはやや欠けるため第4位にランクインしました。
カジュアルで目立つデザインのアイテムが欲しい場合はマンハッタンポーテージよりおすすめですので、検討してみてください。

  • カジュアルなデザイン
  • 特徴的な三角形のロゴ
  • 高級感にはやや欠ける


第5位:オロビアンコ(Orobianco)


学生におすすめメンズバッグブランド第5位は「オロビアンコ」です。

オロビアンコとは

オロビアンコは1996年、ジャコモ・ヴァレンティーニーとエリサ・ロバティが創立したブランド。

オロビアンコはイタリア語で「黄金、貴重なるもの」という意味を持ちます。
イタリア製にこだわり、高品質な製品を作り続けています。

ブランド詳細
予算:30,000円〜60,000円
TPO:通勤・通学・タウンユース

オロビアンコのおすすめ理由


オロビアンコのおすすめ理由は「値段と機能性のバランスの良さ」です。

お値段はポーターより少し高いですが、機能性、素材の耐久性に関しては最高級。
イタリア製にこだわるブランドで、高いデザイン性・機能性の両立が実現されています。

高品質なバッグであることは間違いないのですが、少し値段が高い印象を受けますので、今回は第5位にランクインしました。

  • 高いデザイン性と高品質を両立
  • カジュアルなデザインで私服に落とし込みやすい


会社員の通勤におすすめのメンズバッグブランド


会社員の通勤におすすめのメンズバッグブランドについて紹介していきます。
通勤に使用するバッグのポイントは以下の3点です。

  1. PCの持ち運びができるか
  2. 値段が高すぎないこと
  3. シックでスーツに似合うデザイン

これらの条件を満たすバッグブランドは会社員の通勤に最適といえるでしょう。

カバンの素材がくたっとしていてはPCの持ち運びに不便で、不安です。
また値段が高すぎると手に取りづらいですよね。
そして何よりデザインが派手ですとスーツに合わず、ちぐはぐな印象を与えてしまいます。

会社員の通勤用バッグには「PCの収納、値段、シックなデザイン」を意識しましょう。

第1位:インケース(Incase)


会社員におすすめのメンズバッグブランド第1位は「インケース」です。

インケースとは

インケースは1997年、カリフォルニアにてスタートしたブランド。
電子機器専用のアクセサリーブランドです。

特にApple製品の収納や持ち運びに特化したブランドで、Appleから公認を受けています。
MacやiPadなどの持ち運びに最適なブランドといえるでしょう。

ブランド詳細
予算:6,000円〜20,000円
TPO:通勤・通学

インケースのおすすめ理由


インケースのおすすめ理由は電子機器の保護に最適なデザインと機能性を持っていることです。
Appleから公認を受けるほどに高い機能性を有するバッグはパソコンの持ち運びで活躍するでしょう。

パソコンを持ち運ぶ会社員の方に特におすすめできるブランドです。
お値段も高すぎず、コストパフォーマンスにも優れているため会社員におすすめのメンズバッグブランド第1位にランクインしました。

  • Apple社公認のブランド
  • 電子機器の持ち運び、収納に最適なデザインと機能性


第2位:サムソナイト(Samsonite)


会社員におすすめのメンズバッグブランド第2位は「サムソナイト」です。

サムソナイトとは

サムソナイトは1910年にアメリカのコロラド州でスタートしたブランド。
ブランドネームは聖書に登場する怪力の大男「サムソン」が由来です。

スーツケースを得意とし、ビジネスマンに安価で高品質なバッグを提供するため、人気のブランドとなっています。

ブランド詳細
予算:5,000円〜40,000円
TPO:通勤

サムソナイトのおすすめ理由


サムソナイトのおすすめバッグはキャリーバッグです。
確かな品質に対して値段のバランスがよく、コストパフォーマンスに優れた商品展開をしています。

またリュックなどもPCの持ち運びにちょうどいい機能性を有しており、まさにビジネスマンにおすすめのバッグブランドといえるでしょう。

ただし、Apple公認のインケースには機能性の面で一歩及ばず第2位のランクインとなりました。

  • キャリーバッグが有名
  • PCの持ち運びに便利なバッグが多数
  • 機能性の面ではインケースに一歩劣る


第3位:アニアリ(aniary)


会社員におすすめのメンズバッグブランド第3位は「アニアリ」です。

アニアリとは

アニアリは2008年にスタートした若手のバッグブランドです。
レザーを中心とした製品作りを得意としています。

ビジネスマンはナイロンのバッグを使いがちですが、レザーのバッグを使うことで周囲とは一味違う印象を与えることができるためおすすめです。

ブランド詳細
予算:20,000円〜70,000円
TPO:通勤・タウンユース

アニアリのおすすめ理由


先ほども述べましたがアニアリはレザーでのバッグ作りを得意としています。
ビジネスバッグでレザーを使用していると一目置かれますので、目立ちたい人にはおすすめです。

またレザーの経年変化も期待できますので長く愛用したい場合はアニアリのバッグを選択するとよいでしょう。
ただし、バリスティックナイロンなどの特殊素材でないため、雨に弱く、値段も少々お高いため今回は第3位にランクインしました。

晴れの日に使用する分には問題ないブランドですので、天気によってバッグを使い分けるのもいいかもしれませんね。

  • 高品質のレザーを使用したバッグを生産
  • 一目置かれるデザイン
  • 天気の悪い日には使用を避けるのが無難


第4位:タケオキクチ(TAKEO KIKUCHI)


会社員におすすめのメンズバッグブランド第4位は「タケオキクチ」です。

タケオキクチとは

タケオキクチは1984年にスタートしたファッションブランド。
ファッションだけでなくバッグも高い評価を受けているブランドです。

日本人では初のパリでの店舗を開店し、ショーを行ったことでも有名。

ブランド詳細
予算:20,000円〜40,000円
TPO:通勤・タウンユース

タケオキクチのおすすめ理由


タケオキクチのおすすめポイントは私服でも落とし込みやすい比較的カジュアルなデザインです。
カジュアルといってもビジネスでの使用にもマッチするデザインですので、オンでもオフでも使用できるという点が嬉しいポイント。

お値段は決して安くはないですが、私服でも使用できるという点を考慮すれば高い買い物ではないのではないでしょうか。

ただビジネスに関してカジュアル要素が強いと若干使いづらいかもしれませんので今回は惜しくも第4位のランクインです。

  • ビジネスとカジュアルのバランスの取れたデザイン
  • 私服にも使用できるためコストパフォーマンスに優れる


第5位:ラガシャ(LAGASHA)


会社員におすすめのメンズバッグブランド第5位は「ラガシャ」です。

ラガシャとは

ラガシャは1988年にスタートした老舗のバッグブランドです。
「革新という伝統」をコンセプトに丁寧なバッグ作りに取り組んでいるブランド。

スーツによく合うデザインのバッグを数多くリリースしています。

ブランド詳細
予算:15,000円〜40,000円
TPO:通勤

ラガシャのおすすめ理由


ラガシャのおすすめ理由はとにかくスーツとの相性の良さです。
これまで紹介してきたどのブランドよりもスーツスタイルと相性が良く、スタイリッシュに馴染みます。

スーツでかっこよく決めたい時はラガシャのバッグを使うといいでしょう。

ただしバリスティックナイロンやレザーといった素材を使用しているモデルが少ないため、耐久性や経年変化を期待できないという点から今回は第5位にランクインしました。

  • スーツにマッチするデザイン
  • 特殊な素材をあまり使用していないため、耐久性や経年変化はそこまで望めない


アウトドアにおすすめのメンズバッグブランド


次はアウトドアにおすすめのバッグについてご紹介していきます。
アウトドアのバッグを選ぶポイントは以下の3点です。

  1. 大容量
  2. 派手なデザイン
  3. 高い機能性

アウトドアでは本格的な機能性や、ぱっと見で存在を主張するデザイン性、そしてたくさんの荷物を運ぶことができる容量が重要になってきます。

そこでここからはそれらの点を踏まえた上でおすすめのバッグブランドをご紹介していきましょう。

第1位:ザノースフェイス(THE NORTH FACE)


アウトドアでのおすすめメンズバッグブランドは「ザノースフェイス」です。

ザノースフェイスとは

ザノースフェイスは1968年カリフォルニア州でスタートしたアウトドアブランド。
「真の機能性の追求と自然との共存」をテーマに製品作りを行っています。

本格的なアウトドアに対応できるよう、高機能なバッグを生産しており、アウトドアシーンで活躍すること間違いなしなブランドといえるでしょう。

ブランド詳細
予算:4,000円〜30,000円
TPO:アウトドア・通学・タウンユース

ザノースフェイスのおすすめ理由


ザノースフェイスがおすすめの理由はコストパフォーマンスの良さです。

本格仕様のアウトドアバッグを3万円以下で手に入れることができるので、これからアウトドアを始めたい人には最適なブランドといえます。

特にアウトドアの初心者にはおすすめのブランドです。
アウトドアを始めようと思っている人がいきなり何万円もするバッグをぽんと買うことは難しいですよね。

ザノースフェイスなら15,000円程度で機能性抜群の本格的なバッグを手に入れることができるので、初心者にも嬉しいのではないでしょうか。

手に取りやすい価格、高い機能性からアウトドアにおすすめのバッグブランド第1位にランクインしました。

  • 手に取りやすい価格
  • 高い機能性
  • アウトドア初心者には特におすすめできるブランド


第2位:ミステリーランチ(MYSTERY RANCH)


アウトドアにおすすめのブランド第2位は「ミステリーランチ」です。

ミステリーランチ とは

ミステリーランチは2000年にスタートした本格アウトドアブランド。
米軍の部隊でも採用されている究極のバッグブランドです。

独特なY字のジップが特徴的なルックスをしています。
見た目だけでなく機能性もとことん追求したバッグを製造するブランドです。

ブランド詳細
予算:10,000円〜40,000円
TPO:アウトドア・タウンユース

ミステリーランチのおすすめ理由


ミステリーランチのおすすめ理由は非常に高い機能性でしょう。
高い収納力や背面のフィット感、耐久性の高い素材などまさに最高峰の機能性を備えています。

オーバースペックともいえる機能性で、アウトドアを本格的に楽しみたい人にはぴったりなバッグを取り揃えています。
また商品展開もバリエーション豊富で、用途別にバッグを選べるのも嬉しいポイントでしょう。

ただし本格仕様なためお値段が高く、手に取りにくいため今回は第2位にランクインしました。
お金を出しても本格的なバッグを手に入れたい場合はザノースフェイスよりもおすすめと言えるかもしれません。

  • 米軍も認めた非常に高い機能性
  • バリエーション豊富な商品展開
  • 少々値段が高いので本格的にアウトドアを楽しみたい人向けなブランド


第3位;グレゴリー(GREGORY)


アウトドアのおすすめメンズバッグブランド第3位は「グレゴリー」です。

グレゴリーとは

グレゴリーは1977年にアメリカでスタートしたブランド。
人間工学に基づいたバッグ作りを得意としており、体に絶妙にフィットするためファンが多いです。

ブランド詳細
予算:5,000円〜25,000円
TPO:アウトドア・通学・タウンユース

グレゴリーのおすすめ理由


グレゴリーは非常に多彩なデザインのアイテムをリリースしています。
特に派手なデザインのものが多く、パッと目を引くこと間違いなしです。

もちろんデザインだけでなく機能性にも富んだバッグを生産していますので、「アウトドアで目立ちたい!」という思いがある場合は最適なブランドといえるでしょう。

デザイン面は非常に優秀ですが、機能面ではザノースフェイスとミステリーランチに一歩及ばないため、今回は惜しくも第3位にランクインしました。

  • 豊富なカラーバリエーション
  • 派手なデザイン
  • 人間工学に基づいたデザイン


第4位:パタゴニア(Patagonia)


アウトドアのおすすめメンズバッグブランド第4位は「パタゴニア」です。

パタゴニアとは

パタゴニアは1957年にスタートしたブランド。
もともとはロッククライミング用の製品を開発するブランドでした。

現在は登山からスキー、スノーボード、サーフィン、トレイルランニングなど幅広いアウトドアスポーツに対応するギアやウェアを生産しています。

ブランド詳細
予算:10,000円〜30,000円
TPO:アウトドア

パタゴニアのおすすめ理由


パタゴニアは真摯にアウトドアに向き合うブランドです。
そのためパタゴニアのバッグは本格仕様となっています。

本格的にアウトドアを楽しみたい人にはたまらない機能性とデザインになっているでしょう。
中にはコーデュラなどの特殊素材を使用しているモデルもあり、耐久性にも富んでいます。

一方で値段が少し高い印象を受けますので今回は第4位のランクインとなりました。
ただし本格的なアウトドアバッグを求めていてお金をある程度出せるのであれば、おすすめできるブランドです。

  • 本格派のアウトドアブランド
  • コーデュラナイロンなどの特殊素材を使用したバッグもある
  • 少し値段が高いので本格的にアウトドアを楽しみたい人向けのブランド


第5位:アウトドアプロダクツ(OUTDOOR PRODUCTS)


アウトドアのおすすめブランド第4位は「アウトドアプロダクツ」です。

アウトドアプロダクツとは

アウトドアプロダクツは1973年にアメリカ・ロサンゼルスでスタートしたブランド。
デイバッグからダッフルバッグなど様々なバッグを生産しています。

ブランドコンセプトは「お客様の要望を最優先に」です。
コンセプト通り、ユーザーが満足できるようなバッグをリリースするブランドです。

ブランド詳細
予算:3,000円〜10,000円
TPO:アウトドア・通学・タウンユース

アウトドアプロダクツのおすすめ理由


アウトドアプロダクツの特徴は価格の安さと豊富な種類のデザインです。
特に価格帯は安く、学生でも手に取りやすいものといえるでしょう。

アウトドア初心者におすすめできるブランドです。
またデザインがポップなためアウトドアだけでなく、通学やタウンユースにも向いている点がおすすめのポイント

特に若者におすすめしたいブランドといえます。

ただし機能性の面で特筆する点がないため今回は第5位のランクインとなりました。

  • 豊富なバリエーションのデザイン
  • 安く、手に取りやすい価格帯
  • 若者向けのブランド


流行のおしゃれなメンズバッグブランド

ここまで「通学」「通勤」「アウトドア」のおすすめバッグを解説してきましたが、最後に「流行」のバッグについても紹介しましょう。

デザインがかっこよくおしゃれで、持っているだけで目を引くような、今流行りのバッグブランドについてここからはお話ししていきます。

第1位:アークテリクス(ARC’TERYX)


流行のメンズバッグブランド第1位は「アークテリクス」です。

アークテリクスとは

アークテリクスは1991年、カナダのバンクーバーでスタートしたブランド。
ブランド名は「始祖鳥」の学名からとられています。

本格的なアウトドアブランドでありながら、高いデザイン性を持ったバッグやウェアをリリースする高感度なブランドです。

ブランド詳細
予算:15,000円〜80,000円
TPO:アウトドア・通学・タウンユース

アークテリクスのおすすめ理由


アークテリクスのおすすめ理由はなんといってもデザイン性の高さ
アウトドアブランドのハイスペックな機能性と両立したデザインはタウンユースしても非常に映えます。

もちろん本格的なアウトドアブランドなので、コーデュラナイロンを使用しているバッグもあります。
高いデザイン性と機能性をあわせ持つ最高峰のバッグブランドです。

人気のモデルですと約3万円程度で手に入るので高すぎないのもおすすめのポイントといえるでしょう。

  • 高いデザイン性
  • コーデュラナイロンなどの特殊素材を使用
  • お値段も高すぎずお手頃


第2位;マスターピース(master-piece)


流行のメンズバッグブランド第2位は「マスターピース」です。

マスターピースとは

マスターピースは1994年に日本で誕生したブランドです。
日常使いを重要視して使いやすく、そしてデザイン性も高いおしゃれなバッグを生産しています。

また国内外からセレクトした特殊な機能素材を使用し、国産にこだわったバッグ作りをしています。

ブランド詳細
予算:15,000円〜50,000円
TPO:通勤・通学・タウンユース

マスターピースのおすすめ理由


マスターピースのおすすめポイントは素材のコンビネーションです。
レザーとナイロンを切り替えて使用することにより、独特の風合いを演出しています。

他のアウトドアブランドでは出せない独特な雰囲気を持っているのがマスターピースです。
まさに「街で使用する」ことに長けたブランドといえるでしょう。

とにかく高いデザイン性を誇るブランドで、持っているだけでおしゃれに思われること間違いなしです。

ただし、マスターピースはやや定番化してしまっている点もあり、流行という面ではアークテリクスに軍配が上がるため今回は第2位にランクインしました。

  • レザーとナイロンのコンビ素材が特徴
  • タウンユースにぴったりのデザイン


第3位:イルビゾンテ(IL BISONTE)


流行のメンズバッグブランド第3位は「イルビゾンテ」です。

イルビゾンテとは

イルビゾンテは1970年、イタリアのフィレンツェにてスタートしたブランド。
バッグを中心に革を使用した製品を制作しています。

耐久性が非常に高い革を使用しており、経年変化を楽しむのもブランドのコンセプトです。

ブランド詳細
予算:25,000円〜50,000円
TPO:通勤・通学・タウンユース

イルビゾンテのおすすめ理由


イルビゾンテのおすすめ理由は高級感のある革の質感です。
使い込むにつれて味の出てくる経年変化を楽しむことができます。

また、バッグのデザイン自体は奇抜でもなくベーシックで、人を選ばず誰にでも似合うデザインとなっています。

高機能なバッグが人気の昨今、あえて革を使用したベーシックなバッグが逆に流行するでしょう。
他人と差をつけたいならイルビゾンテのレザーバッグを手に入れることをおすすめします。

ただし革なのでケアや取り扱いに注意を払わなければならないという点から、扱いやすさに欠けるため今回は第3位にランクインしました。

革の質感が好きという方にとっては1位、2位にひけを取らないバッグでしょう。

  • レザーを使ったバッグ
  • 使用とともに経年変化を楽しめる
  • 取り扱いにやや注意が必要


第4位:バッグジャック(bagjack)


流行のメンズバッグブランド第4位は「バッグジャック」です。

バッグジャック とは

バッグジャックは1993年、ドイツのベルリンで「メッセンジャーのためのバッグを」という思いでスタートしたバッグブランドです。

バッグジャックのバッグは非常に高いクオリティーで、プロのメッセンジャーの間で話題となり、世界的に有名になりました。

ブランド詳細
予算:20,000円〜80,000円
TPO:通勤・通学・タウンユース

バッグジャックのおすすめ理由


バッグジャックはもともとメッセンジャーバッグの中では有名でしたが、昨今某youtuberが動画内で紹介したことから人気に火がつき、特に流行しています。

現在は国内で取り扱っているお店で相次いで売り切れになっており、人気が再燃しています。

高いデザイン性と機能性を兼ね備えたバッグジャックですが、欠点は値段が高いこと。
リュックで50,000円近くするためなかなか手が出にくく、今回は第4位のランクインとなりました。

  • プロのメッセンジャーの間で愛された高機能バッグ
  • youtuberが紹介したことで人気が再燃
  • 値段がかなり高いので手が出しづらいのが欠点

第5位:プラダ(PRADA)


流行のメンズバッグブランド第5位は「プラダ」です。

プラダとは

プラダは1913年にスタートしたラグジュアリー皮革ブランド。
現代ではレザーだけでなく高機能な特殊素材を使用したバッグもリリースしています。

レディースのイメージが強いですが、メンズもかっこいいバッグを数多く制作しており、注目するべきブランドです。

ブランド詳細
予算:100,000円〜200,000円
TPO:通勤・通学・タウンユース

プラダのおすすめ理由


プラダのおすすめポイントはなんといっても高級感でしょう。
他のバッグブランドとは一線を画すデザインと印象的なブランドロゴ

持っているだけで一目置かれること間違いありません。
値段が高いだけでなく、機能性も十分で使いやすいバッグでもあるため、お金が出せるなら一押しのバッグブランドです。

ただどうしても値段が張るため、今回は第5位のランクインとなりました。

  • 高級感溢れるデザイン
  • 高い機能性
  • 値段が非常に高いのが欠点


お気に入りのバッグを見つけて毎日の生活を楽しもう

以上、おすすめのメンズバッグブランドについてご紹介してきましたが、お気に入りのバッグブランドは見つかったでしょうか?

今回ご紹介した20ブランドはどれも素敵なバッグを制作しているブランドです。
用途や予算、TPOをよく考えて、あなたにぴったりのバッグブランドを見つけてください。

素敵なブランドのバッグを手に入れることができたら毎日のお出かけが楽しくなり、より人生が豊かになるでしょう。
ぜひお気に入りのバッグを手に入れて人生を楽しんでくださいね!