【婚活の強い味方!】結婚相談所の選び方とおすすめランキング

今回は結婚相談所をご紹介します。日本人の晩婚化が囁かれるようになって随分経ちますが、この傾向は今後も続きそうです。「結婚しない」というのは一つの選択で、それは尊重されるべきものですが、本心では結婚したいのに「結婚できない」のなら、それは悲劇です。

「結婚したい」という気持ちがあるのに、「出会いがないから結婚できない」という人は、結婚相談所を利用することも考えてみてください。結婚相談所に入会するのはハードルが高いと感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、早期の結婚を実現するためには一番の近道です。

この記事では、結婚相談所の選び方とおすすめの結婚相談所をご紹介しています。これを参考に自分に合った結婚相談所を見つけて、幸せな結婚につなげてください。

【なぜ結婚相談所を利用するべきなのか?】メリットとデメリット

選び方についてお話しする前に、様々な婚活サービスがある中で「そもそも、なぜ結婚相談所を利用すべきなのか」について、メリットとデメリットの観点から簡単にご説明します。

【結婚相談所を使うと何が良いのか】結婚相談所を利用するメリット

結婚相談所を使うメリットの1つ目は、「登録者の多くが本気で婚活をしている」ということです。単に出会いを求めているだけなら、いわゆる出会い系サイトやネット婚活(婚活サイトや婚活アプリ)といったものもあります。これらは手軽に利用できますが、その分軽い気持ちで始める人も多くなります。婚活パーティなどに参加した場合でも、相手の本気度にはバラつきがあります。本気で結婚を望んでいる相手と出会いたいなら、結婚相談所が一番です。

メリットの2つ目は、普通では出会えない相手に出会えることです。婚活をしている人(あるいは、これから始めようとしている人)の多くは、身近に結婚したいと思える異性がいないという人が多いと思います。身近にいないからといって、いざ交友関係を広げようとしても、自分ひとりでできることには限界があります。結婚相談所を利用すれば、多くの人、それも普段の生活では出会う機会がない人との出会いが提供されます。

メリットの3つ目は、プロのアドバイスが受けられることです。カウンセラーやコーディネーター、婚活アドバイザーなど結婚相談所によって呼び方はまちまちですが、結婚相談所には専任のアドバイザーがいます。一人ひとりに担当者が付くのが普通です。申し込んだプランにもよりますが、お相手を紹介してくれることはもちろん、婚活をしていく上での悩み全般の相談にものってくれます。

婚活が上手くいかないと自分だけが取り残されたような孤独感におそわれることがあります。こんなとき相談にのってくれるカウンセラーがいれば、「一人じゃない」「一緒にがんばる」気持ちにさせてくれます。婚活を続けていく上で、これはとてもありがたいものなのです。

結婚相談所を使うデメリット

これらのメリットに対して、デメリットはあまり多くありませんが、以下のようなものがあります。

一つは、言うまでもなく費用がかかることです。基本的にサービスが充実している結婚相談所・プランほど高額になります。結婚相談所の費用は、婚活費用の中でも特に大きなものです。お金をかけているだけに、婚活が上手くいかないとストレスを強く感じることもあります。

もう一つは、自分をデータで評価されてしまうことです。男性の場合は正社員でなければ入会自体できない場合が少なくありませんし、年収で評価されます。女性の場合は年齢が大きな評価ポイントになります。どんなに人柄が良い人でも、データ的に劣った面があるとお見合いをするところまで行きつけないということになりかねません。そんな残酷な面が結婚相談所にはあります。

【あなたに合うのはどんなところ?】後悔しない結婚相談所の選び方

日本には非常にたくさんの結婚相談所があります。例えば、日本結婚相談会連盟という団体に加盟している結婚相談所だけでも1,645社にもなります。これだけ多くの結婚相談所から自分に合ったところを見つけるためには、押さえておくべきポイントがあります。ここでは、どんな基準で結婚相談所を選べば後悔せずに済むのかご説明します。

【2つのタイプに分かれます】まずは結婚相談所のタイプを知る

結婚相談所を選ぶときは、どんなサービスがあるかに着目すべきですが、その際には結婚相談所の2つのタイプについて知っておくとよいでしょう。

一口に結婚相談所といっても、そのサービス内容は様々です。相談所に登録している会員の情報を教えてくれるだけで、後は基本的に本人が自由に活動するところもあれば、カウンセラーが親身になって色々とお世話をしてくれるところもあります。

結婚相談所を選ぶ際には、その相談所がどんなサービスを提供しているのか、しっかり確認してから申し込む必要がありますが、結婚相談所を大きく2つのタイプ【仲人型】【データマッチング型】に分けて把握すると分りやすくなります。ただ、この2つのタイプは現在ではお互いに相手の長所を取り入れた中間的なものが多くなっています。両者の区別は絶対的なものではなくなっていますから、大まかな傾向として把握するようにしてください。

【手厚いサービスがウリ】仲人型

2つのタイプのうちの1つは、仲人型と呼ばれるタイプです。これは昔からある結婚相談所のスタイルで、相談所のカウンセラーが一人ひとりの会員の希望や相性などを見極めて、希望条件に合ったお見合い相手を紹介してくれるというものです。カウンセラーとの距離が近く、色々な相談にのってもらえます。

一方で、カウンセラーとの相性が悪いと、カウンセラーとのコンタクトがストレスになって婚活が辛く感じられてしまうこともあります。カウンセラーについては変更の希望を出せる場合が多いので、「この人ととは合わないな」と思ったら、早めに変更してもらいましょう。

またこのタイプの結婚相談所では、自分のことを相手に紹介してもらう際には、性格・人柄なども含めて上手にアピールしてくれます。データだけでは表面に出ない、二人の相性なども考えてマッチングしてもらえることもあります。コンピューターで機械的に行うマッチング以上のものが期待できるのが仲人型の結婚紹介所です。

【自分で積極的に動ける人におすすめ】データマッチング型

仲人型に対して、最近の主流になっているのがデータマッチング型と呼ばれる結婚相談所です。文字通り、登録されているデータを元に、コンピューターを駆使してマッチングを行います。冷たい印象を受けるかもしれませんが、多数の会員の中から沢山の項目のデータを元にマッチングを行うことができるので、仲人型以上に相性がピッタリの相手を選び出せる可能性もあります。

そして、このタイプの結婚相談所は申し込んだプランにもよりますが、基本的には自分から積極的に相手を探してアプローチしていくことになります。自分から積極的に動けるタイプの人におすすめです。

しかし、データマッチング型の結婚相談所でもカウンセラーのサポートがないわけではありません。多くの場合はプランによってカウンセラーがどの程度婚活に関わってくれるかが変わってきます。シンプルでリーズナブルなプランでは、基本的にカウンセラーは受動的に相談にのってくれるだけですが、より高額のプランではカウンセラーが仲人型のようなマッチングまで行ってくれます。カウンセラーのサポートが有料のオプションになっている結婚相談所もあります。

データマッチング型の結婚相談所で充実したサービスを求める場合は、当初の想定よりも費用が高くなることがありますから、オプションサービスの価格なども検討した上で、入会を検討するようにしてください。

【初期費用、月会費etc】費用についてはしっかり調べよう

入会前には費用についてもしっかり調べておきましょう。結婚相談所の費用は、入会時に初期費用としてある程度まとまった費用がかかり、その後も月ごとに月額費用・月会費がかかるのが普通です。結婚相談所によって、初期費用が高めでも月会費がかからないところ、初期費用は抑え目でも月会費が高いところなどがありますから、自分の都合に合わせて選びましょう。

その他に注意すべきなのは、お見合い料がかかるか否かです。お見合い料は無料という結婚相談所もありますが、お見合いが成立する度に料金が発生するところもあります。「料金が発生するからお見合いを控える」というのでは本末転倒ですから、お見合い料の発生が気になる人は、お見合い料が発生しない結婚相談所を選ぶか、最初から想定されるお見合い料を費用の計算に含めておくといいでしょう。

また料金に関しては、休会制度があるか否か、あったとして休会中の月会費はいくらになるのかというのもポイントです。休会制度というのは、お付き合いする相手が見つかっても結婚に至る確信までは持てないといった場合や、忙しくて婚活をする時間が取れないといった場合に一時的に活動を休止するものです。この制度がない場合には無駄に月会費を払うことになりますし、休会制度がある場合でもその間に費用が発生するか、発生する場合はいくらかといったことは相談所によって違います。この点も良く調べておきましょう。

そして、成婚料の有無も大きな違いです。成婚料というのは、成婚退会の際に結婚相談所に支払う費用のことをいいます。晴れて成婚に至った後、つまり婚活が終了した際に支払う費用なので、「何だがもったいない気がする」負担感が大きい費用です。最近では成婚料0円というところも多くなっています。

成婚料がかからないのは魅力的ですが、一方で成婚料というのは成婚退会のときに初めて支払うことになるものです。つまり、結婚紹介所の側から見れば、成婚料というのは結果を残した際の成功報酬という意味があります。結婚相談所も営利企業ですから、成功報酬が発生する方が真剣に活動してくれる可能性が高まります。結婚相談所に手厚いサポートを求める人は、あえて成婚料があるところを選んだ方が、丁寧なサポートが期待できるかもしれません。

【やっぱり数字は気になる!?】会員数や成婚率は気にするべきか

結婚相談所を選ぶとき、会員数や成婚率は気になるところだと思います。これらの数字は直接比較しやすいので、是非参考にしたいところです。ただ、これらの数字だけで結婚相談所を選ぶと失敗してしまうかもしれません。その理由をご説明します。

まず会員数は、基本的には多ければ多いほどいいものです。多くの会員から交際相手を選べた方が、自分に合う人を選びやすくなるからです。大手の結婚相談所の多くが会員数が多いことをウリにしているのもこのためです。

しかし、現在は中小の結婚相談所であっても、それぞれの会員を相互に紹介し合うシステムがあるので、こういったものに加入している相談所であれば、その相談所が独自にどれだけの会員を集めているかはほとんど問題になりません。このため現在では結婚相談所の会員数は、相談所を選ぶ際の絶対的な基準にはならないのです。

また、結婚相談所の中には、入会者の数を制限して、その分一人ひとりの会員のフォローを丁寧に行うことをモットーにしているところもあります。こういった結婚相談所の場合は、たとえ会員数が少なめだったとしても必ずしもマイナスとは言い切れません。会員数については「多い方が良いことには間違いないが、あまりこだわり過ぎない」ようにするのが良いと思います。

そして、成婚率については、別の理由でやはり絶対視はできないものとなっています。その理由というのは、各結婚相談所が発表している成婚率には決まった定義がないということです。成婚率として全会員数と成婚退会者の割合を出しているところもあれば、一定期間の退会者の中での成婚退会者の割合を出しているところもあります。

また、成婚退会者というのも、その結婚紹介所の会員同士だけでなく会員以外との成婚の場合も数に含まれている場合もあります。成婚率を基準に結婚相談所を選ぶ場合には、こういった実情があることを踏まえて、算定基準まで把握した上で比較することが必要になります。

【この条件だけは絶対に譲れない!】対象者限定の結婚相談所を選ぶ

ここまでは一般的な結婚相談所の選び方についてお話してきましたが、結婚相談所には対象者を限定した特殊なところもあります。「これだけは譲れない」という確固とした希望がある人は、自分の希望にあった結婚相談所がないか探してみるといいでしょう。

このタイプの結婚相談所には、入会者の資格について、医師・歯科医師限定といった職業を限定したところや、オタク限定といった特定の趣味を持った人に限定したものなどがあります。

この記事では、一般的な結婚相談所のランキングをご紹介した後に、こういった対象者限定の結婚相談所についてもいくつかご紹介していますから、どんな結婚相談所があるのかの例として参考にしてください。

【たった一人の相手を見つけるために】おすすめの結婚相談所ランキング

ここからは、おすすめの結婚相談所をランキング形式でご紹介します。自分に合った結婚相談所を見つけるための参考にしてください。

第10位 マリックス

会員数
成婚率・成婚者数
初期費用コンサルティングコース:180,000円【登録費:30,000円+入会金:150,000円】 i(アイ)セレクトコース:180,000円【登録費:30,000円+入会金:90,000円+セレクト料金:60,000円】 フリープラン:250,000円【登録費:30,000円+紹介料:220,000円】 スピーディコース:100,000円【登録費:30,000円+入会金:20,000円+スピーディ料金:50,000円】
月会費コンサルティングコース:10,000円【月会費:8,000円+データ管理費:2,000円】 i(アイ)セレクトコース:2,000円【データ管理費】 フリープラン:12,000円【担当料:10,000円+データ管理費:2,000円】 スピーディコース:6,000円【月会費:4,000円+データ管理費:2,000円】
お見合い料0円
成婚料各コース:50,000円

創業48年の老舗。親子二代での利用者も

1970年創立の老舗。親子2代や兄弟姉妹での利用も多い、信頼性が高い結婚相談所です。データマッチングの手法も取り入れてはいますが、カウンセラーによる一人ひとりの要望に合った相手探しや、カウンセラーが間に入った口添えといったサービスを重視しています。

また出会いを重視するという立場から、お見合い料は0円となっています。マリックスでは、お見合いをする度に料金が発生するといったことはありません。休会制度もあり、休会中はデータ管理費のみの支払いで済むのも良心的です。

親世代からの支持が多いのも特徴で、当事者に代わって親が婚活を行う「親おや交流会」も積極的に実施しています。注意点として、この交流会では親同士の間で写真や身上書の交換が行われますが、本人同士のお見合いにはマリックスは関与しません。あくまでも「親同士が出会う場」を提供する会に留まります。

なお、マリックスは支店によって設置しているコース・費用が異なります。上記の費用については東京支店の場合です。大阪・名古屋・福岡の各支店をご利用の場合は、別途ご確認ください。

第9位 ブライダル

会員数
成婚率・成婚者数
初期費用Aタイプ:210,000円【登録料:30,000円+会員サポート費:60,000円+月会費12回分:120,000円】 Sタイプ:300,000円【登録料:30,000円+会員サポート費:60,000円+月会費12回分:210,000円】
月会費入会時に12回分を一括払い
お見合い料Aタイプ:5,000円 Sタイプ:0円
成婚料Aタイプ:150,000円 Bタイプ:0円

紹介後のサポートも充実した「成婚主義」の結婚相談所

「出会いだけでは終わらせない!」というキャッチコピーからも分かるように、成婚にこだわった結婚相談所です。会員一人ひとりに専任のコーディネーターが担当としてつき、退会までしっかりとフォローしてくれます。

ブライダルが成婚にこだわることの一つの表れが、会員限定のセミナー「あいスクール」です。このセミナーは、全8時間が21,600円で受講でき、「自分を知る」ことから始まって、自分の魅力を表現する方法や自分に合ったパートナーはどんなタイプなのかといったことを知ることができます。婚活の第一歩として、是非利用したいサービスです。

申し込むコースには、初期費用を抑えたAタイプと、お見合い料や成婚料がかからず追加費用の心配がないSタイプがありますから、自分の都合に合わせて選んでください。

第8位 ウェブコン

会員数
成婚率・成婚者数
初期費用男性(ウェブコース):324,000円(税込)【提供サービス料】 男性(エクセルコース):540,000円(税込)【提供サービス料】 女性(プリンセスコース):0円
月会費男性:0円 ※登録日から1年間は上記の提供サービス料でサービスが受けられる。 女性:0円 ※登録日から1年間。延長あり。
お見合い料男性:- 女性:0円(自分で相手を選ぶ場合は、10,800円(税込))
成婚料男性:0円 女性:216,000円(税込)

男性向けのフォーローが手厚い。女性は格安。

ウェブコンは、男性と女性でかなり条件が違う点が特徴です。まず女性については、提供サービス料が無料です。成婚に至った場合には成婚料が発生しますが、成婚に至らない場合は基本的に費用が発生しません。写真撮影の費用や相手探し、お見合い料なども無料で、お見合いパーティにも無料で参加できます。ただし、女性の側から相手を選んでお見合いをする場合は、お見合い料が発生します。

このように、ウェブコンでは女性は基本的に費用がかからないので、費用の問題を気にせずに婚活が始められるというのが大きなメリットになります。

これに対して、男性の側は費用が発生します。他社と比べても費用は高めですが、カウンセラーを相手にお見合いの練習が出来る「お見合いシミュレーション」があったり、2ヶ月に1度の定期的なカウンセリングがあったりと手厚いサービスが受けられます。

多少費用はかかっても手厚いサービスが受けたい男性。費用を抑えて婚活を始めたい女性のどちらにもおすすめの結婚相談所です。

第7位 エン婚活

会員数18,737人(2017年12月1日現在)
成婚率・成婚者数
初期費用9,800円(登録料)
月会費12,000円
お見合い料0円
成婚料0円

ネットで完結する結婚相談所。費用が格安

実店舗がない結婚相談所。オンラインで全て完結しますので、店舗に足を運ぶ手間がありません。費用もかなり安いので、気軽に始めることができる結婚相談所です。

オンラインで完結とはいっても結婚相談所ですから、婚活サイトとは異なり「登録したら後は情報を受け取るだけ」というものではありません。きちんと専任のコンシェルジュがメールや電話で問い合わせや相談に応じてくれます。また婚活にあたって必要な知識を学べる講座も全50種類用意されています。これもオンラインで受講します。

異性との出会いの機会がなくて婚活を始める人には、仕事などが忙しくて時間が取れない人も多いと思いますが、オンラインで完結するエン婚活なら、時間に縛られずに婚活を始められます。費用も安く抑えられるので、直接スタッフと対面してのサポートにこだわらない人にはおすすめの結婚相談所です。

第6位 ノッツェ

会員数
成婚率・成婚者数
初期費用ベーシックコース:77,500円【入会金:30,000円+活動初期費用:47,500円】 お見合いアシストコース:77,500円【入会金:30,000円+活動初期費用:47,500円】
月会費ベーシックコース:4,500円~ ※毎月の紹介人数で月会費は変動 お見合いアシストコース:19,500円
お見合い料お見合いアシストコース:10,000円
成婚料100,000円

年代や状況に応じたプランやサポートが豊富

ノッツェは様々なプランやサポートを展開している結婚相談所です。例えば、20代女性限定のプラン「さっとさっとコース」や、他社からの乗りかえプラン「もっともっとコース」、シングルマザーのための限定プランなどがあります。シングルマザーのための料金プランは期間限定とのことですから、対象の方は申し込む前に実施期間が終了していないか確認してください。

変わったところでは、2人一緒に申し込むと割引になる「ペア割」というものもあります。この場合の2人はどんな関係でも良いとのことなので、親戚関係などがない友人同士でも対象になります。入会後に他の人を紹介すると商品券がもらえるというサービスもあります。乗りかえ割とか、ペア割、紹介特典といったものは、脱毛サロンなどではよく見かけますが、結婚相談所では珍しいサービスですね。

色々なプランがありますから、ノッツェに申し込む場合は、まず無料見学会に行ってみて婚活カウンセラーに自分にはどんなプランが合っているか相談してみると良いかもしれません。占星術や九星占いなどの占いの結果で相性が良い相手を探すというサービスもあり、この点もノッツェならではの特徴といえるでしょう。

第5位 ツヴァイ

会員数30,293人(2017年2月20日現在)
成婚率・成婚者数5,613人(成婚退会者数 2016年3月~2017年2月)
初期費用パーソナルサポートプランアクティブ:105,000円【登録料30,000円+情報選択料50,000円+活動サポート費25,000円】 パーソナルサポートプラン:145,000円【登録料30,000円+情報選択料50,000円+活動サポート費65,000円】 エリア限定サポートプラン:80,000円【登録料30,000円+情報選択料50,000円】
月会費パーソナルサポートプラン:9,500円~ ※年間の紹介人数で月会費は変動 エリア限定プラン;9,900円【運営費1,500円+情報提供料8,400円】
お見合い料0円 ※ペアメイキングを利用する場合は有料
成婚料0円(沖縄限定マリッジサポートプラン除く)

自分の婚活のスタイルに合わせて選べるプラン

ツヴァイでは、自分の婚活のスタイル・ペースに合わせたプランの選択が可能です。まず大きく分けて2つ。「パーソナルサポートプラン アクティブ」と「パーソナルサポートプラン」があります。この2つは、「出会いのセッティング」のサービスの有無が違います。

「出会いのセッティングサービス」は、会いたいと思った相手にツヴァイのスタッフが連絡して、出会いの場をセッティングしてくれるサービスです。奥手で上手く申し込みができないといった人には、ありがたいサービスです。申し込みは自分でできる(やりたい)という人は「アクティブ」プランで申し込んだ方が費用が安く済みます。

また月会費は、年間の紹介人数によって費用が変わります。いくつか例を挙げると、12人以上の場合は9,500円ですが、36人以上で12,600円、72人以上の場合は13,800円といった形になります。ここに挙げた以外の料金区分もあり、自分の婚活のペースに合わせて選ぶことが可能です。

そして、もし中々自分に合っていると思える人が見つからないときや、自分で申し込んでも相手からの承諾が得られにくいといった場合は、「ペアメイキング」というサービスもあります。ペアメイキングには別に料金が発生してしまいますが、ツヴァイのマリッジコンサルタントが希望に沿った相手とマッチングをして、引き合わせてくれます。

このようなプランの中から自分に合ったものを選択できるのがツヴァイの魅力ですが、そもそもどんなプランを選べばよいのか悩むという人には、マリッジコンサルタントによる婚活相談が無料で受けられます。他の業種でいう無料体験にあたるものですから、まずはこちらを体験してみるもの良いと思います。

第4位 ゼクシィ縁結びカウンター

会員数約23,400人【約8,700人(ゼクシィ縁結びカウンター会員)+約14,700人(コネクト会員)】
成婚率・成婚者数
初期費用各プラン:30,000円(入会金)
月会費シンプルプラン:9,000円 スタンダードプラン:16,000円 プレミアプラン:23,000円
お見合い料0円
成婚料0円

ゼクシィから生まれた婚活エージェント

結婚を意識する年代の方でゼクシィをご存じない方は少ないのではないでしょうか。ウェディングや結婚準備に関する情報がふんだんに掲載された情報誌や情報サイトがゼクシィブランドで運営されています。「ゼクシィ縁結びカウンター」は、ゼクシィから生まれた結婚相談所です。

ゼクシィ縁結びカウンターはシンプルでリーズナブルな価格設定に特徴があります。シンプルプランの場合、入会金30,000円と月会費9,000円だけしかかかりません。シンプルプランでも電話やメールでのサポートは受けることができますが、更に充実したサポートを受けたい場合は、スタンダードプランやプレミアプランもあります。

ゼクシィ縁結びカウンターには、「サービス合同説明会」というものがあります。個別相談には気後れがするという人でも、多人数で行われる説明会ならハードルが低くなります。入会手続は別日なので、強引に入会を迫られるといった心配もなく、安心してゼクシィ縁結びカウンターのことや、もっと広く婚活についての疑問について質問することもできます。ゼクシィ縁結びカウンターに興味がある人は、まずはこの合同説明会に参加されてみてはいかがでしょうか。

ちなみに、「ゼクシィ縁結びカウンター」を運営するリクルートグループには、「ゼクシィ縁結び」というサービスもあります。こちらはメールアドレスやFacebookアカウントで登録できる婚活サイトです。一応、コンシェルジュが間に立ってデートの日程・場所の調整をするというサービスがありますが、それ以上の成婚に向けたサポートがあるものではありません。いわゆる結婚相談所の類ではないので、混同しないように気をつけてください。

第3位 婚活支援サービス パートナーエージェント

会員数11,815人(2017年12月現在)
成婚率・成婚者数28.6% 3,476人(2016年1月~12月の実績)
初期費用コンシェルジュコース:125,000円【登録料:30,000円+初期費用:95,000円】 イベントコース:55,000円【登録料:30,000円+初期費用:25,000円】
月会費コンシェルジュコース:16,000円 イベントコース:7,000円
お見合い料
成婚料両コース:50,000円

活動1年以内の成婚実績が高い

パートナーエージェントのコンセプトは「あなたと一緒に1年以内の結婚を目指す 婚活支援のエージェントです」というものです。婚活をする場合、特に結婚相談所を利用する場合には、多くの人が早い時期の結婚を目標にしているはずです。パートナーエージェントの特徴は、成婚実績が高いこと、中でも活動1年以内の成婚者が多いことですから、短期で結婚を目指す人におすすめの結婚相談所です。

具体的には上のグラフを見ていただければ分かるように、活動期間1年以内での成婚者の割合は65.6%にもなります。これは「成婚者退会者の中で」の数字ですから、パートナーエージェントで活動した人全体の数字ではないのですが、短期間で成婚している人の率が高いことはお分かりいただけるのではないかと思います。ちなみに、全体の成婚率は28.6%で、これもかなり高い数字です。

このような高い実績を上げるために、パートナーエージェントでは「成婚KPI」という独自の指標を用いています。KPIというのは、Key Performance Indicators(重要業績評価指標)の略で、もともとは企業・学校などの組織体の目標達成度を測る指標です。パートナーエージェントでは、過去の成婚退会した会員のデータをもとに独自の成婚KPIを作成して、データに基づいた婚活プランを設計してくれます。

そして、どんな優れたプランであっても、プランというものはそれを作成して終わりでは意味がありません。活動中はPDCAサイクルを繰り返して、婚活の成功確率を高めていきます。PDCAというのは、企業の生産管理などに用いられる手法で、Plan(計画)・Do(実行)・Check(評価)・Act(見直し)を繰り返すことで、継続的な業務改善を行うものです。パートナーエージェントでの婚活の場合も、常に最善の活動ができるように自分の活動が見直せる仕組みが作られています。

「データに基づいた婚活」というのは冷たい感じを受ける方もいらっしゃるかもしれませんが、もちろんデータが全てではなく、専任のコンシェルジュが婚活設計のアドバイスもしてくれますし、定期的な面談もあります。コンシェルジュは200時間以上のコーチングスキルの研修を受けたスタッフですから、パートナーエージェントはコンシェルジュによるサポート体制も十分に整っている結婚相談所であるといえます。

第2位 婚活ラウンジ IBJメンバーズ

会員数約60,000人
成婚率・成婚者数成婚率:55.4%(IBJメンバーズ主要コース2016年4月~9月実績)
初期費用エントリーコース:165,000円 スマートコース:220,000円 スマートプラスコース:240,000円 プライムコース:380,000円
月会費各コース:15,000円
お見合い料各コース:0円
成婚料200,000円

成婚=婚約。結婚が決まるまでしっかりサポート

「成婚=婚約」というと、なんだか当たり前のことのように思う方もいらっしゃるかもしれませんが、結婚相談所では、成婚というのは「結婚を前提にした真剣な交際を始めたとき」と定義しているところも多くあります。つまり、結婚相談所の役割は相手を見付ける(引き合わせる)ところまでで、そこから実際に結婚にまで至るか否かは当事者次第というところも多いのです。

この点、IBJメンバーズでは、成婚を婚約(会員同士がお互いに結婚すると決めること)としています。そのため、交際が始まって以降のサポートも充実していて、これはIBJメンバーズの特徴となっています。

例えば、デートの重ね方、交際の進め方、結婚観を共有するためにはどうすればいいか、そしてプロポーズのプランまで丁寧にサポートしてくれます。ここまでのサポートは要らないという方もいらっしゃるかもしれませんが、これまで異性と交際してきても中々結婚の話にまでは至らなかったといった人には、嬉しいサービスではないでしょうか。

交際相手の紹介については、コースごとに充実度が違っていて、エントリーコースでは月10人までの申し込みが可能。スマートコースでは20人まで。スマートプラスコースでは申し込み20人までに加えて、カウンセラーから自分に合った相手を月3人まで紹介してもらえます。プライムコースでは、紹介は3人までで変わりませんが、申し込みは30人まで可能になります。

紹介人数以外では、カウンセラーとの面談の回数や婚活パーティへの参加費用などが異なっています。プライムコースでは面談が年間12回まで受けられますし、パーティーへの参加も年間4回まで無料です。その分費用は高くなりますが、充実したサポートを希望する人はプライムコースの利用を検討してください。

プラムコースの場合は特に顕著ですが、IBJメンバーズは費用の面ではやや高めの結婚相談所です。費用がかかってもサポートが厚い方がいいという方におすすめです。

第1位 楽天オーネット

会員数48,848人(2018年1月1日現在)
成婚率・成婚者数5,990人(会員同士での成婚退会の数) 11,783人(会員同士+会員外成婚退会者の数) ※2017年1月~12月実績
初期費用入会金:30,000円 活動初期費用:76,000円
月会費13,900円
お見合い料有料のコンタクトサービス有り
成婚料0円

業界最大級の会員数で多くの出会いがある

楽天オーネットは会員数が多く、交際申し込み可能な人数が多いことに特徴があります。「下手な鉄砲も~」というと表現が良くありませんが、出会いの機会が多いということは、それだけ成婚に至る可能性も高まるといえます。実際に、成婚退会者の数で見ると、楽天オーネットは他社を超える実績を誇っています。

楽天オーネットの会員になると、毎月データマッチングで双方の条件を満たした相手6人分の紹介書が届きます(年間72人)。また、自分で会員誌やマイページで検索して毎月8人まで交際申し込みをすることができます(年間96人)。写真付きのプロフィールで選びたい場合は、各支社に置かれている端末で検索することができ、1回利用ごとに10人に申し込みができます(計30人まで)。結果として、年に198人に申し込みが可能です。これは数多くある結婚相談所の中でもかなり多い数字になります。

ここまでお読みになってお分かりかもしれませんが、楽天オーネットはいわゆるデータマッチング型の結婚相談所です。紹介書は自動的に届く仕組みですが、成婚者数が最も多いのはWEBや会員誌での検索です。自分から積極的に相手を探して申し込むことをしなければ、楽天オーネットでの婚活は上手くいきません。

こういった活動が苦手で、なかなか成果が出せないという人には、アドバイザーが相手を紹介してくれる「コーディネートサービス」があります。こちらは別途料金がかかります。

楽天オーネットは、豊富な出会いの機会を提供してくれる結婚相談所です。楽天オーネットでは、「Webで婚活計画」という婚活の経験や結婚を希望する時期などを入力すると、おすすめの婚活プランやそれにかかる費用を教えてくれるサービスが提供されていますので、まずはこれを試してみてはいかがでしょうか。

【この条件は譲れない!】対象者限定の結婚相談所ランキング

ここからは、対象者を限定して、特別な出会いを提供している結婚相談所についてご紹介していきます。ここに挙げた以外にも様々な特徴を持った結婚相談所がありますから、「これだけは譲れない」という条件がある人は、自分の要望に応えてくれる結婚相談所がないか探してみてください。

第5位 とら婚

会員数
成婚率・成婚者数
初期費用マイペースプラン:98,000円 とら女子プラン:90,000円 オタク応援プラン:150,000円 恋愛ビギナーズフルサポートプラン:210,000円
月会費マイペースプラン:10,000円 とら女子プラン:10,000円 オタク応援プラン:15,000円 恋愛ビギナーズフルサポートプラン:15,000円
お見合い料
成婚料マイペースプラン:100,000円 とら女子プラン:200,000円 オタク応援プラン:200,000円 恋愛ビギナーズフルサポートプラン:200,000円

趣味と結婚を両立させる結婚相談所

いわゆるオタクと呼ばれる方を対象にした結婚相談所。「趣味を変えず、出会いを変える結婚相談所」というキャッチコピーが付けられています。一般的に言っても、結婚する上で趣味が合うというのはとても重要なことですが、趣味にはまっている人にとってはなお更です。とら婚では、入会にするにあたって「独自のオタク診断テスト」を実施、基準を満たした人のみに入会手続をするという体制をとっています。

実際の入会者には、アニメ・漫画・ゲームなどのファンが多いようですが、これら以外の趣味の方でも入会できます。また、自分自身がオタクでなくても、趣味に理解がある人であれば入会できます。基本的なサポート内容は一般的な結婚相談所と大きくは異なりませんが、オタク割引やクリエイター割引といった独特の割引制度があるなど、オタクの婚活の強い味方になってくれる結婚相談所です。

そして、サポートの内容は一般の結婚相談所と大きくは違わないと書きましたが、マッチングの際に趣味のジャンルや作品を考慮してくれるといった「とら婚」ならではのサービスもあります。また別料金にはなりますがオプションサービスにはかなり個性的なものが多く、デートコースを事前に巡ってアドバイスをしてくれたり、デート当日にアドバイスを受けられたり、インドア派の人向けに自宅のインテリアや料理に関するアドバイスを受けられたりといったものがあります。

入会するかどうか迷っている人には、事前に登録しておくと、とら婚が主催するパーティの情報を教えてくれる「フレンズプラン」というものがあります。これは入会金や月会費などはかかりませんから、興味がある人はここから始めてみるといいかもしれません。

第4位 自衛隊プレミアムブライダル

会員数
成婚率・成婚者数
初期費用男性自衛隊員:0円 女性Aプラン:8000円~40,000円 ※年齢に応じて4段階 女性Bプラン:無料
月会費男性自衛隊員:0円 女性Aプラン:1,000円~4,000円 ※年齢に応じて4段階 女性Bプラン:2,000円~8,000円 ※年齢に応じて4段階。Bプランは6ヶ月契約で、途中退会の場合でも6ヶ月分の月会費が発生
お見合い料男性自衛隊員:5,000円【お見合いセッティング料】 女性A・B両プラン:5,000円【お見合いセッティング料】 ※日時・場所の調整、仲介の費用
成婚料男性自衛隊員:0円 女性Aプラン:0円 女性Bプラン:10,000円~40,000円 ※年齢に応じて4段階

男性自衛隊員と結婚したい女性のための結婚相談所

男性自衛隊員と一般女性との結婚を支援する結婚相談所。結婚相手として考えると、肉体的に逞しく、経済的には公務員で安定している、自衛隊員はかなり魅力的です。そう考える女性が多いのか、この自衛隊プレミアムブライダルは女性会員の比率が高く、入会条件や費用は男性自衛隊員の側に有利になっています。

男性自衛隊員は基本的に無料で婚活をすることができる一方で、(一般的な結婚相談所と比べて特に高いわけではありませんが)女性はそれなりの費用がかかります。また女性は入会のハードルが高く、年齢は20代・30代限定、写真審査もあります。絶世の美女でなければ入会できないというわけではないと思うのですが、写真審査があるというだけでも心理的にはかなり抵抗を感じる女性も多いのではないでしょうか。

このようなハードルを乗り越えて入会すると、毎月5人が自動的に紹介されます(紹介相手を自分で選ぶことはできません)。紹介された相手に対して、男性あるいは女性からアプローチして、相手が承諾すればお見合い成立となります。自衛隊員との出会いの機会は普通に生活しているだけでは中々訪れることはありませんから、自衛隊員と結婚したい女性にとっては魅力的な結婚相談所です。

なお、自衛隊プレミアムブライダルは結婚に直結するサービスですが、直ぐに結婚というのではなく、自衛隊員の交際相手を見つけたいという女性には、同じ会社が運営している「自衛隊プレミアムクラブ」というサービスもあります。こちらは写真審査はありますが、登録は無料です。

第3位 フェリーチェ

会員数
成婚率・成婚者数
初期費用男性(医師・歯科医師):0円 女性:337,000円【入会登録費:30,000円+サービス提供料:297,000円】
月会費男性(医師・歯科医師):0円 女性:0円
お見合い料男性・女性とも:10,000円~20,000円(医師とのお見合いの場合は20,000円)
成婚料男性(医師・歯科医師):200,000円 女性:0円

男性会員は、医師または歯科医師100%

こちらも男性会員の職業が限定された結婚相談所。フェリーチェは、男性会員は全て医師か歯科医師です。医師というのは大変な仕事ですから、パートナーになる側も楽でないと思うのですが、やはり医師というのは結婚相手として人気の職業です。

医師が人気の職業のため、フェリーチェも男性に有利な条件の結婚相談所です。男性は基本的に無料で活動ができるのに対して、女性は30万円以上の費用がかかります。ただ月会費はかかりませんから、最初にまとまった額を支払った後は、追加費用は少なくて済むというメリットはあります。

またフェリーチェでは、コンピュータによるマッチングではなく、コーディネーターが一人ひとりのマッチングを行っています。機械的なマッチングではないので、コーディネーターとしっかりコミュニケーションを取って、自分の希望を伝えた上でお相手を紹介してもらうことができます。

フェリーチェの難点としては、口コミの評判などを見ると、あまり真剣に婚活をしていない男性が含まれているということです。男性が無料で利用できるフェリーチェのような結婚相談所では、どうしてもこういった男性が含まれてしまうようです。女性がフェリーチェで婚活をするときには、この点には注意しましょう。

第2位 M’sブライダル・ジャパン

会員数
成婚率・成婚者数
初期費用スタンダードAコース:100,000円 スタンダードBコース:200,000円
月会費スタンダードAコース:10,000円 スタンダードBコース:0円
お見合い料スタンダードAコース:5,000円 スタンダードBコース:0円
成婚料両コース:200,000円

30代・40代、50代以上を対象とした結婚相談所

会員資格に年齢で制限をかけている結婚相談所には、「○歳以下」といった形で上限を区切っているところが多いのですが、M’sブライダル・ジャパンは、下限が区切られています。つまり、一定の年齢に達していないと入会できない結婚相談所です。

男性は30代後半から、女性は30代から入会できます。初婚・再婚は問いません。M’sブライダル・ジャパンでの出会いの方法は、「良縁ネット」による会員検索、参加者限定のパーティ、専任カウンセラーによるコーディネートの3つです。これらは一般的な結婚相談所と同様ですが、M’sブライダル・ジャパンではコーディネートサービスに力を入れていることに特徴があります。

カウンセラーからは、どうすれば男性(女性)から見たときの印象が良くなるのか、男性目線(女性目線)からのアドバイスも受けられますから、お見合い・交際に進める可能性が広がります。料金も比較的安めで良心的ですから、大人の出会いを求めている人は、入会を検討してみてはいかがでしょうか。

第1位 クラブオーツー

会員数
成婚率・成婚者数
初期費用プレミアムコース:145,000円【入会登録費:30,000円+ホットメールカウンセリング:115,000円】 セレブリティコース:30,000円【入会登録料】 ※プレミアムコースは、オーキッド(男性25歳~45歳・女性20歳~37歳)とオーク(男性46歳~・女性38歳~)に分かれますが初期費用は同じ。セレブレティコースはオーキッドのみの受付。
月会費プレミアムオーキッド:12,000円 プレミアムオーク:15,000円 セレブレティオーキッド:0円
お見合い料プレミアムコース:10,000円【アレンジメント費用】 セレブレティコース:15,000円【アレンジメント費用】 ※時間・場所を設定するための取次ぎ費用。歓談費などは別に自己負担
成婚料各コース:100,000円

ハイクラスな出会いを提供する結婚相談所

クラブオーツーは、「厳正な入会基準を満たした一部の男性・女性だけで構成された会員制クラブ」です。入会基準には「本クラブ独自の入会審査基準」という項目があり、詳細は明らかにされてはいませんが、「厳正な基準」であることが強調されているので、誰にでも入会できるというわけではないようです。公開されている「クラブメンバーのご紹介」を見ると、男性女性ともに有名大学を卒業、男性の場合は年収600万円以上といった条件があるのでないかと想像できます。会社経営者(いわゆる社長)との出会いもあるかもしれません。

会員数を絞った「少数精鋭」を保ち、一人ひとりの会員にきめ細かなサポートすることを特徴にしています。「総合マリッジプロデュース」を理念として持っていて、メイクアップアーティストやカラーコーディネーター、フォトグラファーといったスタッフも揃えています。

クラブオーツーには、もう一つの特徴としてプライバシーの保護に厚いことがあります。クラブオーツーは結婚相談所の連盟・団体に加入をしておらず、他の結婚相談所では一般的なネットでの会員情報の検索も導入していません。個人情報が漏れる危険性が極めて小さくなっています。出会いのきっかけはコーディネーターがマッチングした相手の経歴紹介書を月に2回郵送する「ホットメールサービス」がメインです。

これ以外には、小規模(参加者20人)・大規模(100人)のパーティや、スポーツを楽しむイベントなどが提供されています。また定期的に開催される「プライムセレクション」では、専用のプライベートルームで、プロフィールファイルを閲覧してお相手を選ぶこともできます。

上質な出会いを求める方のための、ハイクラス限定の結婚相談所です。

まとめ

結婚相談所の選び方とおすすめをご紹介しました。結婚相談所は自分に合ったところを選べば、婚活の強い味方になってくれます。

色々なタイプの結婚相談所がありますから、この記事も参考にして自分に合ったところを見つけてください。