スーツの洗濯はクリーニング?自宅?スーツの洗濯を考えたときに知っておきたい情報をまとめました

オフィスカジュアルが広まってきた昨今ですが、それでもビジネスやパーティー、式典などにおいて、スーツを着る機会はまだまだ多いものです。

仕事で毎日スーツを着るという人も多いことでしょう。

しかし、スーツはある程度値段が張ることから、一般的な洋服のように何枚も用意することが現実的ではありません。

そうはいっても、毎日着る以上、洗わないというのも気が引けます。

そんなとき、「果たして洗濯機で洗って良いものなのか?」「クリーニングに出す余裕がないので、どうにかして自宅で洗えないものか」「可能な限りホームクリーニングで済ませたい」と考える人は多いことでしょう。

そこで、ここではスーツの洗濯方法について、必要な考え方や洗濯する際の洗い方など幅広い視点で紹介していきます。

ぜひ参考にしてください。

基本的にスーツは自宅で洗濯してはいけない

スーツは自宅で洗濯するものではないというイメージを持っている人も少なくないかもしれませんが、それは正解です。

一般的な洋服と異なり、スーツの多くは自宅で洗濯するのに向いていません。

それはなぜか?

スーツの製造に用いられている素材の多くが、洗濯機や乾燥機はもちろん、水分そのものに弱いことが多いためです。

そのため、スーツを洗濯してしまうと、多くのトラブルが発生する原因になってしまいます。

スーツを自宅で洗濯することで発生するトラブル

それでは、スーツを洗濯することで発生するトラブルにはどのようなものがあるでしょうか?

大きく分けると以下の3点があげられます。

  • 型崩れ
  • 色落ち
  • 風合いの変化

ここからはこれらのトラブル一つ一つについて見ていきます。

型崩れ

着たときのフォルムが重要視されるスーツですが、洗濯をすることでそのフォルムが大きく崩れる原因になります。

その理由は、スーツの素材として多く使われているウール。

ウールは、ケラチン(タンパク質)によって構成されており、その表面にキューティクルを持っています。
(参考:衣服について

このキューティクルは、水分を含むことで開いてしまい、その状態で摩擦が起きるとキューティクル同士で絡まり、生地を縮ませてしまいます。

ウールには元々熱伝導率の低さや吸湿性、しわになりにくいとう特性があるのですが、洗濯によって生地がまばらに縮むことで、しわもできてしまい、スーツの見た目を台無しにしてしまうのです。

また、スーツの裏地にはよくキュプラという素材が使われているのですが、この素材は吸水性の高い植物性の素材であり、変形しやすく、アイロンなどによって簡単に小じわができ、見た目が崩れます。

色落ち

色落ちもスーツの洗濯トラブルの一つとして大きいものです。
スーツはビジネスや式典といったかしこまった場で着られることが多いため、色あせた状態で着続けるのは非常に難しい服といえます。

一見単調な色に見えるスーツですが、だからこそ少しでも色落ちが見られれば、それは非常に目立ち、第三者に汚れた印象を見せかねません。

スーツの用途を考えると、汚れた印象を与えることは、スーツを着る意味すら失わせてしまうため、これは絶対に避けたいところです。

風合いの変化

あまり気にしないという人もいるかもしれませんが、スーツには独特の光沢や色合いがあり、それがフォルムだけでなく、着たときの印象を際立たせるのに一役買っています。

スーツはフォーマルな印象を与える目的で着られることが一般的であることから、外見の印象をより格式高いものにするために風合いを維持するのは非常に重要なこと。

風合いが損なわれると、よれよれの印象や疲れた印象を与えてしまうことから、スーツを着たときの印象を台無しにし、仕事面でもプライベート面でも第三者からの評価を下げることにつながりかねません。

洗濯をすることにより、先述の通り、ウールの表面にあるキューティクルが絡まり、乱れることで生地が毛羽立ち、ぼさぼさした状態になってしまうため、この光沢が失われてしまいます。

結果的に、スーツの風合いが損なわれ、全体的に野暮ったい印象を与える衣服になってしまうのです。

スーツは基本的にクリーニングへ

洗濯することで、気品や価値が失われてしまうスーツですが、毎日着るものでもあるため、洗わないという選択肢は取りにくいことでしょう。

しかし一般的に、自分で洗濯してしまうと、先述したように、スーツそれ自体をダメにしてしまいかねません。

そこで考えたいのが、プロによるクリーニングです。

プロの手による洗濯であれば、このようなスーツを洗うことによって発生するトラブルを防ぎながら、スーツを清潔に保つことが可能です。

この理由は、クリーニング店は、衣服に用いられている素材に合わせた洗濯方法を採用することができるため、市販の洗剤や洗濯機を使用した洗濯意外に選択肢がない一般家庭よりも高度な洗濯ができるから。

しかし、クリーニングというと、時間がかかるという印象も強く、忙しいサラリーマンやOLといったビジネスパーソンには利用しにくいというイメージを持つかもしれません。

そこでお勧めしたいのが、即日仕上げのクリーニングです。

即日仕上げクリーニングがあるので安心

これまで、クリーニングといえば、早くても依頼後2~3日程度の時間が必要になるというものでした。

ところが、技術の進展や時代の需要もあり、昨今では依頼したその日に仕上げてくれる即日仕上げメニューを用意しているクリーニング店も増えています。

即日仕上げを取り扱っているクリーニング店は今や全国に広がっており、みなさんの地域でも対応しているところがある可能性が高いでしょう。

ただし、即日クリーニングにはメリットとデメリットがあるため、その点については注意が必要です。

即日仕上げクリーニングのメリット

即日仕上げクリーニングのメリットは、なんと言っても依頼したその日にクリーニングが完了するという点です。

とくにスーツや制服のような自宅で洗うことが難しいながら、数もなく、だけど仕事で頻繁に使うため、短い期間で洗濯する必要があるものについては、まさにうってつけのサービスといえます。

また、梅雨どきのように悪天候が多く、外で洗濯物を干すことができない時期は、たとえ自分で洗うことができたとしても乾かすことができないことから、洗濯の機会自体を作りにくいもの。

そういった場合にも、即日で洗濯から乾燥までを済ませてくれる即日仕上げのクリーニングは強い味方になってくれます。

即日仕上げクリーニングのデメリット

即日仕上げクリーニングには明確にデメリットがあります。

そのため、便利なサービスではありますが、利用にあたっては留意する必要があるでしょう。

デメリットとしてあげられるのは、主に以下の点についてです。

  • シミが取れにくい
  • 衣類の生地に対して負担がかかりやすい
  • 料金が若干高くなる

これらのデメリットは、単純に即日で仕上げる必要があるため、洗いに時間がかけられないということに起因するものです。

料金については、特急料金という形で取っているところと取っていないところがあるため、全ての店舗において高くなるというものではありません。

しかし、シミ取りや急いで洗うことによる生地に対する負担は、現状どのクリーニング店においても防ぐことが難しいため、ある程度念頭においておく必要があるでしょう。

一方で、だからといって家庭で洗うよりも預けた衣服がダメになるということはそうそうありませんので、とくにスーツのように通常の洗濯では状態を悪化させてしまいかねない繊細な衣類については、充分に検討に値します。

それでも自宅でスーツを洗濯したい人へ!自宅での洗濯方法とその手順

ここまで書いたように、スーツは基本的に洗濯に向いている衣類とはいえません。

しかし、いくら即日仕上げのクリーニングがあるといっても、着る頻度、汗や水溶性の汚れ程度を洗うためにクリーニングを使うのは躊躇われますし、移動の手間を考えると、自宅で洗う方法があるのであれば、可能な限り自宅で洗いたいという人も多いことでしょう。

また、昨今では自宅で洗えることを強みにした商品も数多く出ていることから、スーツを自宅で洗う方法を知りたいという人も少なくないかもしれません。

そこで、ここからは、自宅でスーツを洗う方法とその際に注意したい点などを紹介していきます。

洗濯前の確認

スーツを洗濯する上では、他の衣類以上に事前にしっかりと確認すべき点がいくつかあります。

どれもスーツを洗う上では、仕上がりやスーツをより長く着るために必要なことなので、忘れずに確認するようにしましょう。

水洗いできるかどうか

スーツを自宅で洗濯するにあたり、最初に確認する必要があるのは、その製品が水洗いできるものかどうかという点です。

確認方法としては、スーツの裏側についているタグに表記された洗濯表示を見る方法があげられます。

本来、生地に使われている素材の特性を理解して、それに合わせた洗い方をするのが好ましいですが、その道の人でもない限り、そのような高度な方法は取ることが難しいため、洗濯表示を確認し、そこに書かれている指示に従うだけで問題ありません。

なお、自宅で洗濯可能なものは、洗濯機洗い可能の表示か手洗い可能の表示がついているため、判断するのに困ることはないでしょう。

洗濯表示の意味が分からないという人は、消費者庁が表示の意味について解説しているため、そちらを一度確認すると良いかもしれません。
(参考:家庭用品品質表示法に基づく繊維製品品質表示規定の改定について

洗濯表示を確認したところ、洗濯機での洗濯も手洗いでの洗濯も不可能だった場合、自宅での洗濯は難しいため、クリーニング店に持ち込むことを検討しましょう。

色落ちの心配はないか?その確認方法

洗濯可能かどうかを確認した後、次に確認する必要があるのは、色落ちするかどうかについてです。

他の衣類に色がついてしまうことを避けるためにはもちろん、色が落ちて、せっかくのスーツがみすぼらしい色合いになってしまっては、決して安くないスーツが台無しになってしまうため、この点もしっかりと確認するようにしましょう。

中には色落ちするかどうか確認などしたことがないため、どのように行えば良いか分からないという人もいるかもしれません。

専門的な知識や技術が必要なのではないかと困る人も少なくないことでしょう。

ところが、色落ちするかどうかの確認は、誰にとっても身近にある物を使って、どのような人でも簡単に確認することができます。

これは、スーツに限らず使える方法でもあるため、ここでしっかり覚えましょう。

衣服の色落ちを確認するために用意する物と確認手順

衣服の色落ちについて確認するために必要となるものは、洗濯に利用する洗剤とティッシュペーパーです。

確認手順は以下の通り。

  1. ティッシュペーパーに洗剤(原液)を染みこませる
  2. 洗剤(原液)を染みこませたティッシュペーパーを衣服の目立たない場所に当てる
  3. 5分間程度その状態で待つ
  4. ティッシュペーパーを衣服から離し、色落ちの確認をする

万が一ティッシュペーパーに色がつくようであれば、それは色落ちすることの証左なので、自宅での洗濯は諦めてクリーニングに出すことを検討してください。

なお、洗濯洗剤の原液がないという場合は、粉末状の洗剤を一旦お湯に溶かして、それを利用して色落ちの確認を行いましょう。

洗濯機を使わずに洗う

ここからは、実際に洗濯する手順について解説します。

まずは、洗濯機を使わずに手洗いでスーツを洗濯する場合についてです。

用意する物

スーツを手洗いするために用意するものですが、主に以下のものがあげられます。

  • おしゃれ着用の中性洗剤
  • 洗濯に使用するタライなどの容器
  • 水分を吸い取るためのタオル

最低でもこれだけあれば、スーツを手洗いするのに困ることはありません。

ここでは、お勧めの洗剤を紹介します。

プロ向けに作られたドライクリーニング衣類を洗えるお勧めの洗剤


ブランドケア ドライマーク用洗濯洗剤『ウールシャンプー』

一般的に洗濯するのが難しいといわれているウールやカシミヤ、ニットといった素材が用いられた衣服を洗う上で、プロ向けに作られた洗剤。

市販のおしゃれ着用洗剤に不安を感じる人も安心して使える内容になっており、スーツやコートといった、自宅で洗濯するのが推奨されていない衣類を洗濯するのに活躍します。

獣毛繊維の洗濯にも使用できるウールシャンプーであり、洗った後に吊っておくだけで、ほぼアイロンなしでそのまま着られる洗い上がりにすることも可能。

シワを作りにくく、縮みや傷みをあまり発生しない点で、プロにも選ばれています。

主成分として界面活性剤(ポリオキシエチレンアルキルエーテル)を用い、繊維保護剤、繊維潤滑剤が組み合わされた日本国産の中性洗剤です。

洗濯手順

スーツを手洗いする場合の手順ですが、実は非常に簡単です。

手洗いというと、洗濯板などを使ってゴシゴシ泡を立てながら、手でこすり洗いやもみ洗いをするような大きな手間を想像するかもしれませんが、そのような手間もありません。

  1. スーツを洗濯容器に入る程度の大きさにたたむ
  2. 洗剤を溶かしたお湯などが入った容器にたたんでスーツを入れる
  3. 手で軽く押す形で押し洗いをする
  4. 10分から15分程度つけおきにする
  5. 洗剤を水でしっかりとすすぐ
  6. タオルなどを利用して、水分を取り除く

これだけです。

時間にして30分かかるかどうかといった程度になるでしょう。

洗濯機などを使用することで、シワやよじれなどができるのではないかと心配な人や洗濯機洗いができないものを洗うのであれば、それほど大きな手間にはならないため、この方法がお勧めです。

ただし、手荒れがひどいという人や敏感肌の人の場合は、ゴム手袋などを使用すると良いかもしれません。

洗濯機を使って洗う

昨今は、洗濯機で洗えるスーツも増えています。

自宅でスーツを洗う上で、手洗いと比べて、手間がかからない洗濯機での洗濯を好ましいと感じる人も多いことでしょう。

ここからは、洗濯機でスーツを洗う際に用意する物と洗う手順を解説します。

用意する物

洗濯機でスーツを洗うために用意する必要があるものは、主に以下の2つです。

  • おしゃれ着用の中性洗剤
  • 洗濯ネット

洗濯ネットは、スーツの大きさに合ったものが必要になることに注意してください。

普段、下着などを洗うために使うものでは大きさが合わず、スーツを洗濯するのには不向きであるため、大きめの衣類を洗濯するための専用の物を用意するようにしましょう。

お勧めの商品はこちらです。

洗濯機でスーツを洗濯するのに使う洗濯ネットならこれ!


東和産業 洗濯ネット 洗えるスーツ 専用ネット

通常、スーツを洗濯機で洗う場合、洗濯ネットは上下それぞれの分を用意する必要が生じます。

しかし、この商品は、一度にスーツの上下を洗える設計になっており、リーズナブルであるのはもちろん、上下それぞれの分を用意する手間が省ける作りになっているのです。

ダブルメッシュによって衣類を守るだけでなく、型崩れを抑えるのにも役立つため、ぜひ使用したい一品といえるでしょう。

洗濯手順

洗濯機でスーツを洗う手順は以下の通りです。

  1. ボタンやファスナーをしめて、スーツをたたむ
  2. たたんだスーツを洗濯ネットに入れる
  3. 洗濯機の「手洗いコース」や「ドライコース」といった衣類に負担の少ない洗濯モードを選択して洗う
  4. 脱水する

特別注意点はなく、洗濯ネットに入れることと、洗い方を衣類に負担がかかりにくいものにする点以外は、普段の洗濯と大きな違いはありません。

乾燥させる

上記の方法で洗濯した後は、通常の洗濯物と同じく乾かしましょう。

スーツを乾かす上で気をつけたいのは、型崩れを避けるために、しっかりとハンガーにかけて、可能な限り風通しが良く、日の当たらない場所で陰干しするということです。

スーツは太陽の下で干すことで、日焼けしてしまいかねませんので、日陰で干すということを忘れないようにしましょう。

また、肩口の部分など、乾きにくい場所があるため、干すにあたってタオルを入れておくのもポイントといえます。

ズボンやスカートは、ピンチハンガーなど可能な限り筒状に干せるようになるアイテムを使って、中まで風が通るように干すのがポイントです。

裏返した状態で干すことで、乾きやすくなるということも押さえておくと良いでしょう。

ここでは、とくにズボンやスカートを干すのに使えるハンガーを紹介しておきます。

ズボンやスカートを干すならこれ!用途が多くて便利なピンチハンガー


【N.M.JAPAN】 ステンレス ピンチハンガー 洗濯物干し 洗濯ピンチ 錆びない 絡まらない 室内 屋外 ベランダ 52ピンチ 収納袋付き

ピンチハンガーといわれても、どのようなハンガーなのか分からない人もいるかもしれません。

ピンチハンガーというのは、洗濯ばさみがたくさんついたようなハンガーのことで、恐らく一般的な家庭にも1つか2つあるものです。

この商品は、スーツのズボンやスカートを干すにあたって、ある程度適した大きさなのに加えて、錆びにくいステンレス製なので、長く使うことができます。

360度回転するネックのおかけで干したり取り外したりする際に負担が少なく、汎用性の高さから使い勝手が良い商品といえます。

アイロン

一度洗濯してしまうと、スーツは至る所にシワがついてしまうことでしょう。

そのため、アイロンをかけるのは必須といえます。

スーツにアイロンをかける際に注意したいのは、アイロンの温度。

これは、スーツの裏側についているタグに洗濯表示と合わせて適温が書かれているため、その指示に従ってください。

ただし、中にはアイロンが禁止されているものもあるため、そのようなスーツに関しては、やはり自分で洗濯してアイロンをかけるよりも、最初からクリーニングに頼んだ方が良いといえるでしょう。

なお、スーツにアイロンをかける際ですが、スチーム機能がある場合は、可能な限りスチームを利用してアイロンをかけるようにしましょう。

これによって、シワ伸ばしが楽になるのはもちろん、脱臭効果も期待できます。

ただし、スーツの素材に占めるウールの割合が多い場合、ウールは先述したように水分に弱いため、軽く湿らせる程度にしてください。

スーツにアイロンをかける際のコツ

スーツにアイロンをかける際にはコツがあります。

  • 当て布を使う
  • シワ伸ばしをするときはハンガーを活用
  • パーツごとに丁寧にかける

主にこの3点です。

スーツにアイロンをかけるときは当て布を使う

スーツに使われている生地は非常にデリケートであるため、シワ伸ばしをするとき以外は、必ずアイロンとスーツの間にタオルやハンカチのような当て布を使用しましょう。

これによって、直接布を傷めずにしっかりとアイロンをかけることができるようになります。

スーツのシワ伸ばしでアイロンをかけるときはハンガーを活用

アイロンというとアイロン台に乗せてかけるのが常識だと思われがちですが、スーツのシワ伸ばしなどをする場合は、ハンガーにかけた状態で行う方がスムーズに行えることもあります。

スーツのシワは驚くほど至る所にできるため、ハンガーにかけた状態の方がシワを発見しやすく、また、普段着ている状態を見ながらシワ伸ばしができるため、見落としを減らすことができるようになるのです。

スーツにアイロンをかけるときは面倒でもパーツごとにかける

スーツはその作りの関係で、切り返しや接合部分など、一面的にアイロンをかけようとすると、でこぼこしてかけにくい衣服といえます。

また、部位ごとによって使われている素材やそのバランスが異なることも少なくありません。

そのためアイロンをかける際には、袖口、背中、ラペル、裏地、表面などそれぞれに対して別々にアイロンをかけるようにしましょう。

アイロンを強くかけようとすると、シワを作ることにつながる場合もあるため、力加減に注意しつつ行うのがコツです。

スーツの洗濯だけで終わらせてはダメ!スーツを長持ちさせる手入れ方法

スーツは一般的な衣類以上にフォルムや外観が重要視される服です。

そのため、洗うだけではなく、その後の手入れや普段の管理方法にも気を配る方が好ましいといえます。

また、スーツはしっかりと扱えば、その金額にかかわらず長持ちさせることができるため、手入れを身につけることで家計の負担を減らすことにもつなげることができるのです。

休ませる

スーツは同じ物を毎日着るという人も多いと思いますが、実のところ毎日着ることは避けた方が良い衣類といえます。

日差しによる刺激が素材を傷めるのはもちろん、汗も染みますし、ほとんどの部位が繊細な素材を使うことで作られているため、毎日着て、動かすことで、生地が傷みやすくなってしまうのです。

また、虫なども好む素材が少なくないことから、手入れをせずに毎日着続けることで、虫の繁殖を許し、虫食いによる穴があいたり、不衛生な状態になったりと、良いことがありません。

そのため、1日着たら、その日の内に手入れをして、1日程度休ませるというのが、保存方法としては適しているといえます。

アイロン

アイロンは洗濯後に使う物というイメージがあるかもしれませんが、日々の手入れでも充分に使用価値があるものです。

とくにスーツは細かいシワがつきやすい服でもあるため、可能な限り毎日脱いだ後にスチームアイロンをかけることで、シワが残らないようにシワ伸ばしをしておきたいところ。

日々の管理程度であれば、ハンガーにかけた状態で、軽く全体的にアイロンをかけるだけでも手入れとしては充分ですので、若干手間に感じるかもしれませんが、長持ちさせるためにもぜひ行ってください。

スチームアイロンをかけることは、シワ伸ばしに効果があるだけでなく、1日着たことで染みつきそうになったにおいやスーツについた虫の除去にも役立つため、お勧めです。

ブラッシング

実は、スーツの汚れは繊維の奥の方に入り込んでいる場合もあります。

そういった繊維の奥に入り込んだ汚れを除去するのに役立つのがブラッシングです。

気付いたときにスーツに嫌なにおいが染みこんでいたという経験を誰もが一度は経験したことがあるかもしれませんが、その多くは知らず知らずの内にため込んだ繊維の奥の汚れだったということは珍しくありません。

そのため若干面倒だと感じるかもしれませんが、一度ハンガーにかけたスーツに対して、専用のブラシを用いてブラッシングを行うことが望まれます。

これによって、繊維の奥に入り込んだ汚れを除去して、においの元となる菌や虫を取り除くことも可能になるでしょう。

洗濯できるスーツ3選

ここまで、スーツを自宅で洗濯する方法などについて見てきましたが、その中でもやはり肝心なのは、自宅で洗えるスーツかどうかという点です。

洗濯表示さえ見れば、それが洗えるかどうかはある程度把握することが可能ですが、それでも本当に洗って良いものなのか、自分の技術レベルで洗って大丈夫なものなのか心配だという人は少なくないはず。

そこでお勧めしたいのが、元々自宅で洗うことを念頭に作られたスーツを利用するということです。

昨今、洗えることを強みにしたスーツは増えており、これらは自宅で洗うことを前提に作られているため、誰にとっても気兼ねなく洗えます。

また、自宅で洗えることから、汚れることについて神経質にならなくて済むようになるというメリットもあり、たとえば日常的にスーツを着るような人にとっては、汚さないように注意するストレスから解放される大きなメリットがあることでしょう。

ここでは、普段使いに最適な洗えるスーツとして、3種類の商品をお勧めします。

着心地の良い長持ちスーツ!(プラモニー)Pramonyのツーパンツスーツ


ツーパンツスーツ 段返り3ツボタン ビジネススーツ メンズ パンツウォッシャブル プリーツ加工 洗えるスラックス2本付きSC61

ウォッシャブル機能のある断返り3つボタン型のツーパンツスーツです。

段返りであることから、見た目に高級感があり、中一つ掛けスタイルで着ることでスタイリッシュに見せることもできます。

パンツは腰回りにゆったりとした余裕を持たせるツータックパンツ採用しているため、長い時間はき続けても違和感や不快感に悩まされることがありません。

通常、パンツはジャケットと比較して消耗しやすく、すぐに傷んで新しいものを購入するといった場面に遭遇することも少なくありませんが、夏用と冬用の2本セットであることから、季節ごとに履き替えることで損耗を抑えることが可能です。

虫食いに強いスーツが欲しいならこれ!ノータック ツーパンツ スリム スーツ


秋冬 洗濯機で洗える スペアパンツ付き メンズ 2ツボタン ノータック ツーパンツ スリム スーツ

スーツというと、衣服の中でもなるべく長く着続けたい服の代表格といえるでしょう。

この商品は、繊維技術の進化によって作られたシワや虫食いに強い新素材を用いることで、より長く、清潔に着続けることのできるスーツになっています。

手触りも滑らかで心地よく、日常的にスーツを着る人にとっては満足のいく製品になっていることでしょう。

スペアパンツがついていることから、1本だけ履き続けることよって発生する損耗を抑え、より長く使用し続けることが可能。

裾はシングルとダブルの両方を使い分けることができるため、靴やブーツなどに合わせた履き方ができます。

着丈がやや短く、脚部の露出面積がやや大きくなることから、脚長に見せる効果もあります。

ジャケットは、ラペルがナロータイプであるため、若々しい印象を与えるだけでなく、両脇のスラントポケットが視覚効果によるスタイルアップを演出することから、着たときの印象をより好ましいものにしてくれることでしょう。

安さと品質を考えるならこのスーツ!


CEEN 高品質 新着 メンズ スーツ ジェントルマン 1つボタン スリーピース ベスト付き 上下セットスーツ スリムスーツ スタイリッシュスーツ ビジネス/結婚式/パーティー/入学式

ジャケット、ベスト、パンツの3点セットでありながら、1万円程度で購入できるスーツとして人気が高いのがこちら。

落ち着いた色合いとデザインによって、安さを感じさせず、ビジネスだけでなくパーティーや結婚披露宴といった機会にも着ることができます。

シャイニーなスリムタイプの製品もあり、体型をスタイリッシュに見せるため、着るだけでラグジュアリーな雰囲気を漂わせた大人な印象を与えることができるようになるでしょう。

スーツの洗濯方法を身につけ、適切な管理をしよう!

スーツは基本的にはクリーニングで洗濯することが望ましいですが、昨今洗えるスーツの登場もあり、自宅で洗濯することのできるものも増えていることから、その洗濯方法を知っておくことは重要です。

何より、普段から自分で洗えるようになることで、スーツを常に良い状態で保てるようになります。

スーツは、清潔に保ち、しっかりと手入れすることで、より長く使うことができるようになるものです。

ここまでで知ったことを参考に、あなたもスーツをより長く、美しく着続けられるようになりましょう。